Tag Archives: アフリカ系アメリカ人

Kara Walker Exhibition @ Camden Arts Centre

アフリカ系アメリカ人女性アーティスト・Kara Walker(カラ・ウォーカー)のイギリスで初めての個展が、Finchley Road駅近くにあるCamden Arts Centreで、10月11日から翌年1月5日まで開催されている。彼女の作品は正直好きではないのだが、Mが同じ学校卒、友人が彼女の元彼だった縁で多少彼女のことを知っているので、見に行ったのだ。

展示室3室はそれぞれ、ウォーカーお得意の切り絵を使った壁画、ドローイング、人形劇を撮影したビデオに分かれて展示されている。アメリカの奴隷制度がテーマのウォーカーの作品は、切り絵や人形劇といった可愛いイメージとは裏腹に、暴力とセックスのオンパレード、グロテスクで攻撃的、怨恨に溢れたネガティブオーラに満ちている。主に白人である観客に罪の意識を抱かせるための、彼女なりの罰、仕返しなのか?

当時、奴隷が受けた残忍でひどい仕打ちは到底許されるものではないし、忘れてはいけないことだと思う。しかし、私がアートに求めるものは美しいもの、感動したりポジティブになれる経験で、歴史を学ぶためではない。本やドキュメンタリーの方がより多くの知識を得ることが出来るし、実際、ウォーカーの作品よりアウシュビッツ収容所を見学した時の方が、よっぽど心を動かされた。そもそも彼女はどうしてあんなに強烈な怒りを表現するのか?奴隷制を経験した訳でもないし、聞くところによると彼女自身はリベラルでアカデミックな環境の中で、何不自由ない中流階級の人生を過ごしており、奴隷の苦しみを語っても説得力に欠ける。Guardian紙のインタビューでは、「人々が黒人アーティストに期待するような作品は作りたくない」と言っているが、彼女のやっていることはそのまんまだ。メディアでも時折、アメリカ南部の人種差別はひどい等と語っているが、主観的すぎるきらいがあり、彼女の元彼(白人)もウォーカーが差別で苦しんでいたなんて話は聞いてないという。以前ウォーカーが何かのインタビューで、その元彼が性差別主義で人種差別主義者、しかもサディストだと言ったと知って、元彼はショックを受けたというが、私も元彼に会ったことがあるけれど、上記のイメージとは正反対のいい人だ。だから私には、ウォーカーが南部に対する人々のステレオタイプを満足させることを言っているようにしか思えないのだ。

*****

イギリスメディアは時折、アメリカの人種差別はまだまだ根強いようなことを言っているが、イギリスだってどっこいどっこいか、それ以上だと思う。人種差別的発言をすれば逮捕させる事もあるし、差別はいけないと頭に刷り込まれているから、表立っては差別的なことは言わないが。アメリカは確かに奴隷制があったが、そもそもイギリス、スペイン、ポルトガル、フランス、オランダのヨーロッパ諸国が奴隷貿易でアフリカからアメリカ大陸に奴隷を連行してきたのだから、同罪だ。アメリカ人は奴隷制の暗い過去と向き合い、そこから学んでいるが、イギリス人はどうなのか?テレビの歴史番組は、ナチスドイツのことばかりで、奴隷貿易や植民地支配、搾取といった自国の行為はあまり取り上げない。それでアメリカばかりを責めるのは、ちょっとアンフェアだと思う。

The first major UK show of African American artist Kara Walker is held at Camden Arts Centre near Finchley Road station, from Oct 11 to Jan 5, 2014. I knew her work is not my cup of tea, but we went see the show, solely because M went to the same school with her and knows her a little via his friend.

Each three rooms shows a different type of work — Walker’s best known folkloric cut-paper; drawings; and a video work featuring a puppet show. Her work is all about America’s gruesome history of slavery, and is full of violence and sex, filled with negative auras such as aggression, grudges, and grotesques. Does she wants to punish the viewers, predominantly white audience, to make them feel bad about what they did in the past??

What happened to the slaves at that time is unacceptable and unforgiven, and everybody should’t forget about it. But learning history is not what I expect from art, and I rather read a history book or to watch a documentary. I want positive energy from art, not disturbance. In fact I was moved much more by visiting Auschwitz than Walker’s work. I don’t understand the reason of her massive anger she expressed in her work. She hasn’t experienced slavery, but has lived middle-class life in liberal and academic atmosphere, and her work is not convincing but pretentious to me. She says how racist American south is, but her claim is a bit too subjective – does she say these things to meet an expectation of people with stereotype against the south?? Waker said, ‘I don’t want to do what’s expected of me as a black artist’ in Guardian’s interview, but to me, that’s exactly what she does.

*****

British media often portray that racist is still strong in America, but I think UK is the same or even worse. Politically incorrectness is deeply imprinted in their mind, and never say anything face to face or in public just to avoid the trouble. You can even get arrested by making racial remarks here! America had slavery in the past, but British, Spanish, Portuguese, French and Dutch were the ones traded the slaves from Africa to the Americas, so they are equally guilty. Americans do talk about the slavery and learn from it, but British? I seldom see the documentaries and movies about the slave trades nor colonialism and exploitation, but much more about Nazis. I think It’s not fair.

Advertisements

Rivington Place @ Shoreditch

ショーディッチにあるRivington Place(リビングトン・プレイス)は、ビジュアル・アートの文化的多様性を促進するため、アーティスト/キュレーター/ライターを代表する機関のIniva(Institute of International Visual Art)と文化的アイデンティティや人権問題を提唱する国際写真アート・エージェンシーのAutograph ABPが共同で建設した、ビジュアル・アート・センター。1968年のHayward Gallery(ヘイワード・ギャラリー)以来、約40年ぶりに公的資金で設立されたこのセンターは、ガーナ系イギリス人建築家David Adjaye(デイヴィッド・アジャイ)がデザイン、2007年10月5日にオープンした。センターには、無料で入れるギャラリー・スペース、Stuart Hall Library(スチュワート・ホール図書館)、そしてInivaとAutograph ABPのオフィスが入っており、1階にはカフェLati Riもある。

Rivington Place is a visual arts center built by Iniva (Institute of International Visual Art / arts institution that represents artists, curators and writers) and Autograph ABP (international photographic arts agency that addresses issues of cultural identity and human rights), to reflect and promote cultural diversity in visual arts. This is the first publicly funded build of its kind since the Hayward Gallery’s opening in 1968 more than 40 years ago. It was designed by Ghanian British architect David Adjaye, and opened on 5 October 2007. The Rivington Place houses gallery spaces (free entry), the offices of Iniva and Autograph ABP, and the Stuart Hall Library, as well as a café Lati Ri on the ground floor.

明後日27日には終わってしまうけれども、1階ギャラリーでは「Ever Young: James Barnor」展が開催中。1940年代後半から70年代初頭まで、独立へと向かうガーナと多民族化が進むロンドンとイングランドを舞台に撮影された、カラーとモノクロの写真が展示されている。上の階の「The Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois」展は、アメリカで奴隷制度が廃止されてまだ35年しか経たない1900年のパリ万博で、アフリカ系アメリカ人のポートレート写真を展示した「American Negro Exhibit」の中から選んだ200枚を展示したもの。

Although ending soon on 27th, just the day after tomorrow, the ground floor gallery hosts “Ever Young: James Barnor,” introducing Barnor’s street and studio photographs, both color and black&white, taken in two societies in transition from the late 1940s to the early 1970s; Ghana which was moving towards its independence, and England, especially London, which was becoming a cosmopolitan, multicultural metropolis. On the upper floor, “the Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois” showcases a selection of 200 portraits from the American Negro Exhibit at the 1900 Paris Exposition Universelle, only thirty five years after the abolition of slavery.

「Ever Young: James Barnor」展の立派な大型カタログ(16ページ/無料)と、少し見栄えが劣る「The Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois」のインフォメーション、そしてリビングトン・プレイスの秋/冬のイベント情報冊子。シンプルだけれどインパクトのあるデザインもいい。

A good-looking large size catalogue of “Ever Young: James Barnor” (16 pages / free), a lesser-cost information leaflet of “the Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois” and the Rivington Place’s Autumn/Winter brochure. All of them are designed nicely – simple but eye-catching and good color choice.

Enhanced by Zemanta

Precious: Based on the Novel “PUSH” by Sapphire

Vodpod videos no longer available.

話題の映画続きで、今日もバービカン・シネマで映画「プレシャス」を見た。原作は、作家で詩人のSapphireが、自身の教師やソーシャルワーカーとしての体験を元に書いた小説「Push」(1996年)。「チョコレートMonster’s Ball)」「 The Woodsman」(ケビン・ベーコン主演、前科1犯のペドファイル/児童性愛者の心の葛藤を描く秀作。日本未公開)等のプロデューサーであるリー・ダニエルスが監督、そしてアメリカ・トークショーの女王、オプラ・ウィンフリーがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。また、マライア・キャリーレニー・クラヴィッツ等のスターが脇役を固める話題作で、サンダンス映画祭カンヌ映画祭等数々の映画祭で絶賛を浴び、今年度アカデミー賞の台風の目になると予想されている。

舞台は1987年のニューヨーク・ハーレム。主人公プレシャスは16歳のアフリカ系アメリカ人の女の子で、かなり太っていて友人もいない。生活保護を受け、毎日何もせずテレビを見ている母親は、何かにつけ、プレシャスに肉体的・精神的虐待を加える。プレシャスは、常に不在の実父に2回目の妊娠をさせられるが(一人目の女の子はダウン症を持っている)、ある日、妊娠を知った校長から退学処分を受ける。彼女は9年生まで進学しているにも関わらず、実は読み書きができない。彼女は、オルタナティブ・スクールを紹介され、そこの先生であるMs. Rain(ミズ・レイン)の助けと激励で、読み書きだけでなく、自分を愛し、信じることを学んでいく。そこで友達も初めてできた。ミズ・レインやクラスメイト、第二子を出産した病院の男性看護士(レニー・クラヴィッツ)、そしてソーシャルワーカー(マライア・キャリー)のサポートを受け、プレシャスは、無力で辛い子供時代と虐待的な母を過去のものとし、2人の子供を守るため、そして自分の人生を自分の力で生きるための第一歩を踏み出していく。

映画館は、テーマがテーマだからか、主な出演者を女性が占める映画だからか、女性客が大多数。映画に行く前に読んだ映画批評から、お涙ちょうだいの人気トーク番組・The Oprah Winfrey Show(オプラ・ウィンフリー・ショウ)を彷彿させるメロドラマを念頭に観に行ったのだが、なかなか真実味のある硬派な作品に仕上がっている。ストーリー自体は、これでもか!というぐらい不幸のオンパレードで、目新しいものではないけれど、これがデビュー作となる、主人公を演じたGabourey Sidibe(ガボレイ・シディビー)と、母親役のMo’Nique(モニーク。女優でコメディアン)が、とてもいい。シディビーは、辛い経験の中でも、彼女の想像の中でスターになった自分を思い描くことで、けなげに乗り越えていくプレシャス役を好演。諦めきった表情が何とも陰気なんだけれど、実は芯が強くて、笑うと可愛い。母親役のモニークは、フライパンを手にプレシャスを追いかけ回したり、物を投げつけたり、果てはテレビを階段の上から落として殺しそうになったりと、その迫力と言ったら、観ているこちらも身震いする。でも最後に、ソーシャルワーカーに問いつめられて、プレシャスの実父の行為を黙認、そしてプレシャスを虐待した理由を告白するシーンは、同情を誘い、憎みきれない。だからといって虐待を正当化してはいけないけれど、彼女も結局被害者で、プレシャスをそのはけ口にしていたのだ。いつも体を露出した格好で、ばっちりメークを決めている彼女からは想像できないけれど、すっぴんで熱演したマライア・キャリーも、ハスキーボイスでいい味出してる。先生役のPaula Patton(ポーラ・パットン)は、ハーレムの、しかもオルタナティブ・スクールの先生にしては綺麗すぎて、そしていい人過ぎてちょっと嘘っぽいけれど、生徒やその他の俳優たちは、ぴったりはまり役だった。

この映画は、昔、シディビーも通ったニューヨークのコミュニティー・カレッジで1学期間、週1回のインターンシップをした時のことを思い出させる。そこは、マイノリティーや移民の貧困家庭出身の生徒が大多数の学校で、プレシャスほどひどい状態じゃないにしても、家庭に問題があったり苦労している学生がいっぱいいた。でも彼らやプレシャス、そして彼女クラスメイトたちに共通することだが、皆精神的に強いのだ。弱音を言ったり文句を言ったりはするけれど、どんな状況にあっても、最後はあるがままを受け入れ、その日その日をたくましく生きている。苦労していて打たれ強いから、彼らは多少のことでは鬱とかになったりしない。所詮、自分でコントロールできないや過ぎたことをくよくよ悩むだけ損。前を向いて生きるしかないのだ。

We saw a new movie “Precious” at Barbican Cinema – we’ve been there for three week in a row. Precious is an adaptation of the award-winning 1996 novel Push by Sapphire, an American author and performance poet, based on her experience as a social worker and a teacher. The movie is directed by Lee Daniels, who is a producer of Monster’s Ball and The Woodsman, and Oprah Winfrey joined the team as one of the executive producer. Superstars and singers such as Mariah Carey and Lenny Kravitz played the supporting roles in the movie. Applauded in numerous film festivals in the world, including 2009 Sundance Film Festival and the 2009 Cannes Film Festival, Precious is one of the frontrunners for upcoming Academy Awards nomination tomorrow.

Set in Harlem in 1987, it is the story of Claireece “Precious” Jones (Gabourey Sidibe), a sixteen-year-old African-American girl, who is obese and has no friend. She lives with her physically and emotionally abusive mother (Mo’Nique) who is doing nothing but watching TV and living off social welfare. Precious is expelled from her school because she is pregnant for the second time by her absent father. She has reached the ninth grade but actually she can neither read nor write. Precious is offered the chance to transfer to an alternative school, Each One/Teach One, where Precious learns not only to read and write but also to believe in and love herself, with help and encouragement by her literacy teacher Ms. Rain (Paula Patton). She also makes friends at school for the first time. With all the support from Ms. Rain, her class mates, a male nurse (Lenny Kravitz) at the hospital she gave a birth, and her social worker (Mariah Carey), she takes her first step to to be a strong woman and a mother of two children, leaving her malicious mother and her powerless and painful childhood behind.

Probably because of the subject matter and the film’s mainly female cast, the majority of the audiences in the cinema were women. I expected the movie to be tear-jerking The Oprah Winfrey Show-ish melodrama, according to some of the movie reviews, but Precious was better than that. The story line itself, with all kinds of tragic incidents happened to the teenager, is nothing new, but the screen debuted Sidibe and an comedienne and actress Mo’Nique did a excellent job. Sidibe tactfully played the role of Precious who deals with horrible experiences by fantasizing herself as a star, when a bad thing happen to her. Although she looks miserable and quite depressing at the beginning, but as the movie progress, she starts to look more attractive and her smile is quite lovable and cute. Mo’Nique is quite scary and punchy in the scene of abuse, chasing Precious with frying pan on her hand, throwing things, and even dropping TV on Precious from the top of the stairs. But she grabbed my heart when she confesses to a social worker the reason why she didn’t intervene when her boyfriend sexually abused Precious and later she started to abuse Precious herself – although she can’t justify her dreadful acts, she is also a victim on her own eyes. Mariah Carey, who is always in a skimpy dress with perfect make-up, performed impressively with no make-up and a husky voice. Although Paula Hatton is too beautiful to be an alternative school teacher in Harlem, but other casts are all perfectly realistic and fit in their roles.

This movie reminds me of my weekly internship experience for one term at the New York’s community college, where Sidibe used to attend. Majority of the students there were minorities and immigrants from a poor family, and they had more or less troubles, though the problems might not be as bad as Precious’. But they were all tough, as Precious and her classmates – they complained or whined sometimes, but at the end, they accepted the situations without being depressed or gloomy and kept going. I learned from them, which is quite useful to cope with hardships, that it is useless to worry about something you cannot control or something already happened – don’t look back and just move on.

Reblog this post [with Zemanta]