Tag Archives: アメリカ

Kara Walker Exhibition @ Camden Arts Centre

アフリカ系アメリカ人女性アーティスト・Kara Walker(カラ・ウォーカー)のイギリスで初めての個展が、Finchley Road駅近くにあるCamden Arts Centreで、10月11日から翌年1月5日まで開催されている。彼女の作品は正直好きではないのだが、Mが同じ学校卒、友人が彼女の元彼だった縁で多少彼女のことを知っているので、見に行ったのだ。

展示室3室はそれぞれ、ウォーカーお得意の切り絵を使った壁画、ドローイング、人形劇を撮影したビデオに分かれて展示されている。アメリカの奴隷制度がテーマのウォーカーの作品は、切り絵や人形劇といった可愛いイメージとは裏腹に、暴力とセックスのオンパレード、グロテスクで攻撃的、怨恨に溢れたネガティブオーラに満ちている。主に白人である観客に罪の意識を抱かせるための、彼女なりの罰、仕返しなのか?

当時、奴隷が受けた残忍でひどい仕打ちは到底許されるものではないし、忘れてはいけないことだと思う。しかし、私がアートに求めるものは美しいもの、感動したりポジティブになれる経験で、歴史を学ぶためではない。本やドキュメンタリーの方がより多くの知識を得ることが出来るし、実際、ウォーカーの作品よりアウシュビッツ収容所を見学した時の方が、よっぽど心を動かされた。そもそも彼女はどうしてあんなに強烈な怒りを表現するのか?奴隷制を経験した訳でもないし、聞くところによると彼女自身はリベラルでアカデミックな環境の中で、何不自由ない中流階級の人生を過ごしており、奴隷の苦しみを語っても説得力に欠ける。Guardian紙のインタビューでは、「人々が黒人アーティストに期待するような作品は作りたくない」と言っているが、彼女のやっていることはそのまんまだ。メディアでも時折、アメリカ南部の人種差別はひどい等と語っているが、主観的すぎるきらいがあり、彼女の元彼(白人)もウォーカーが差別で苦しんでいたなんて話は聞いてないという。以前ウォーカーが何かのインタビューで、その元彼が性差別主義で人種差別主義者、しかもサディストだと言ったと知って、元彼はショックを受けたというが、私も元彼に会ったことがあるけれど、上記のイメージとは正反対のいい人だ。だから私には、ウォーカーが南部に対する人々のステレオタイプを満足させることを言っているようにしか思えないのだ。

*****

イギリスメディアは時折、アメリカの人種差別はまだまだ根強いようなことを言っているが、イギリスだってどっこいどっこいか、それ以上だと思う。人種差別的発言をすれば逮捕させる事もあるし、差別はいけないと頭に刷り込まれているから、表立っては差別的なことは言わないが。アメリカは確かに奴隷制があったが、そもそもイギリス、スペイン、ポルトガル、フランス、オランダのヨーロッパ諸国が奴隷貿易でアフリカからアメリカ大陸に奴隷を連行してきたのだから、同罪だ。アメリカ人は奴隷制の暗い過去と向き合い、そこから学んでいるが、イギリス人はどうなのか?テレビの歴史番組は、ナチスドイツのことばかりで、奴隷貿易や植民地支配、搾取といった自国の行為はあまり取り上げない。それでアメリカばかりを責めるのは、ちょっとアンフェアだと思う。

The first major UK show of African American artist Kara Walker is held at Camden Arts Centre near Finchley Road station, from Oct 11 to Jan 5, 2014. I knew her work is not my cup of tea, but we went see the show, solely because M went to the same school with her and knows her a little via his friend.

Each three rooms shows a different type of work — Walker’s best known folkloric cut-paper; drawings; and a video work featuring a puppet show. Her work is all about America’s gruesome history of slavery, and is full of violence and sex, filled with negative auras such as aggression, grudges, and grotesques. Does she wants to punish the viewers, predominantly white audience, to make them feel bad about what they did in the past??

What happened to the slaves at that time is unacceptable and unforgiven, and everybody should’t forget about it. But learning history is not what I expect from art, and I rather read a history book or to watch a documentary. I want positive energy from art, not disturbance. In fact I was moved much more by visiting Auschwitz than Walker’s work. I don’t understand the reason of her massive anger she expressed in her work. She hasn’t experienced slavery, but has lived middle-class life in liberal and academic atmosphere, and her work is not convincing but pretentious to me. She says how racist American south is, but her claim is a bit too subjective – does she say these things to meet an expectation of people with stereotype against the south?? Waker said, ‘I don’t want to do what’s expected of me as a black artist’ in Guardian’s interview, but to me, that’s exactly what she does.

*****

British media often portray that racist is still strong in America, but I think UK is the same or even worse. Politically incorrectness is deeply imprinted in their mind, and never say anything face to face or in public just to avoid the trouble. You can even get arrested by making racial remarks here! America had slavery in the past, but British, Spanish, Portuguese, French and Dutch were the ones traded the slaves from Africa to the Americas, so they are equally guilty. Americans do talk about the slavery and learn from it, but British? I seldom see the documentaries and movies about the slave trades nor colonialism and exploitation, but much more about Nazis. I think It’s not fair.

American Burger Chains Come to London: Five Guys

お次は、同じくコヴェントガーデンのロングエイカーにあるFive Guys。1986年にバージニア州で創業したFive Guysは、アメリカ国内に1000店舗、さらに1500店舗が計画中とアメリカで急成長を遂げているチェーンで、Shake Shackに比べて規模は格段に大きい。多くの都市やメディアで「ベストバーガー」の呼び声も高く、あのオバマ大統領もここのハンバーガーが好物だそうだ。

NY生まれの洗練されたShake Shackに比べ、Five Guysはいかにもアメリカのハンバーガー店や国道沿いにあるダイナーと言った趣で、赤白チェックが基調のインテリアはお世辞にもお洒落とは言えない。見た目は超アメリカンなFive Guysだが、時節柄ヘルシー志向は取り入れている。店内には冷蔵庫のみで冷凍庫は置かず、冷凍食材は使っていない。品質の高い生の牛肉を使い、油もピーナッツオイルのみ使用しているという。カロリーや脂質、糖分、塩分等、商品の栄養表示も、ウェブサイトで見ることが出来る。でも、無骨なアルミホイルに包まれて出てきたハンバーガーは脂っこく、食べるうちに手が油や肉汁でベチャベチャに。Shake Shackの小さめのバーガーに比べると(ダブルと指定しないとシングルが出てくる)、こちらの普通サイズのバーガーは巨大。女性なら「little burger」で充分お腹が膨れそう。カウンターの前においてある大きな箱に入った殻入りピーナッツは無料だそうだが、ハンバーガーにピーナッツは合わないと思うのは私だけ?

Next is Five Guys on Long Acre. Founded in Virginia in 1986, Five Guys is the fastest-growing fast food chain in the United States with 1,000 locations nationwide and over 1500 units in development, and is much bigger chain than Shake Shack. Five Guys has received many awards as “best burger” in US, and even Barack Obama is known to be the fan of their burger.

In compare to more sleek Shake Shack shop, Five Guys is more rough and represents stereotypical American burger shops or roadside diners. Inside is decorated with red-and-white checkered design and can’t be called fashionable, even compared to recently rebuilt McDonald’s.

Five Guys claims that they use only fresh roll stamped prime beef, and there are no freezers but just coolers and nothing is ever frozen. Only Peanut oil is used, and you can even check nutrition information (calories, fat, sugars, salt etc.) online! However, their burger, wrapped with bare aluminium foil, was messy and greasy, and made my hand full of oil and meat juice. In compare to petit-size Shake Shack‘s burger (served single unless you order double), their ‘normal’ burger is double the size, and women would be full with just “little burger”. Their complimentary peanuts in shells can be a good service for some (you can find in a big box in front of the counter), but I don’t think peanuts and burger would create a good harmony – at least to me.

American Burger Chains Come to London: Shake Shack

今年7月、偶然か否か、2つのアメリカのハンバーガーチェーンが同時期に、しかも共にコヴェントガーデンのそう離れていない場所に、共に初のロンドン支店をオープンさせた。私たちはイギリスに来る前にアメリカに住んでいたので、時々向こうのハンバーガーの味が恋しくなる。何がどう違うと言えないのだが、イギリスのハンバーガーとは微妙に違うのだ。これ幸いと早速、この2店を食べ比べてみた。

最初は、2004年にマンハッタンのマディソン・スクエア・パークにホットドッグの屋台として誕生したのが始まりのShake Shack。2005年には、New York magazineの「ベストハンバーガー」に選ばれた。現在、ニューヨークを中心にアメリカに20店舗、アメリカ国外にロンドン店を含む9店舗を展開する。

ロンドン店は、コヴェントガーデンのど真ん中、旅行者の集まるコヴェント・ガーデン・マーケット内にある。注文には列が出来ていたがスムーズに進み、待ち時間はそんなにかからなかった。注文の後は、カウンターで待つ必要はなく、注文の品が準備できると、手渡された手の平サイズの機器が知らせてくれるので、外のピックアップカウンターで食べ物を受け取る。マーケット内の建物内に大きな座席エリア、そして反対側の建物の外にもいくらか席が用意されているので、席探しに困ることもない。

さすが、デザイン・コンシャスなニューヨークのチェーンだけあって、ロゴもパッケージも洒落ており、防水加工した白いシンプルな紙のラッピングやシルバーのトレイも可愛い。そして、健康志向のニューヨーカーに支持されるよう、食材にも気を遣っている。パテは、ホルモン剤や抗生物質を使っていない100%ナチュラルなアンガスビーフを使用。お好みで、レタス、トマト、ピクルス、オニオンをトッピングできる。サイズはシングルとダブルがあるが、シングルはかなり小さいので、空腹の場合はダブルを。フレンチフライの揚げ油も、体に悪いトランス脂肪酸を含まない大豆油のみを使っている。フワフワの柔らかいバンズに挟まれたバーガーはフレッシュでジューシー、これぞアメリカ風ハンバーガー。結構好きかも。

Two popular American burger chains, Shake Shack and Five Guys, opened their first UK venues, both in July this year and both in Covent Garden, only few minutes away with each other, coincidentally or not. We lived in US before we came to UK and miss American burgers (I can’t explain, but something is different from British counterpart), so we tried them both.

First, Shake Shack from New York, started in 2004 as a hot dog cart in Madison Square Park in Manhattan. It was named “Best Burger 2005” by New York magazine. As of 2013, the chain has 20 restaurants in USA and 9 international locations including London.

London brunch is located at the heart of Covent Garden in the Market Building. There was a cue to order, but it moved quite fast. You don’t have to wait at the counter to pick up your food – you are given a small device that beep when your food is ready at pick-up counter outside. Very practical system. They have huge seating area inside the Market where you can feel al-fresco but protected by the roof, as well as smaller space on the other side, outside the building. Plenty of seats so that you don’t have to dash when you spot an empty table.

As you can imagine that the chain is from design-conscious New York, their logo and food packaging are cute, as well as the presentation of the food such as simple white grease-proof paper wrapping and silver tray. Healthy food is important for health-conscious New Yorkers, like Londoners. Their burger is made of freshly grounded 100% all-natural Angus beef cooked medium, and you can add lettuce, tomato, pickle or onion on your choice. Single size is rather small, so choose double if you are hungry. Their fries are 100% free of artificial trans fats and cooked in 100% soybean oil. Their burger with traditional soft bun is fresh and juicy, and real American. I like it.

Rotary Bar & Diner @ Old Street

Old Street駅の上のロータリーのすぐ南に位置するこの商業スペース、駅から至近距離という一等地にありながら、ここ何年間の間に何回もテナントが変わっている。私たちがお気に入りだったピザレストラン・Meter(写真下3枚)が数ヶ月でクローズした後、今年2月には、Rotaryというバー&レストランがオープンした(地下のRotary Roomはメンバー制)。でもRotaryも今年末までという期限付き営業なので、来年にはまた違う店になっているんだろう。

クラーケンウェルにある姉妹店・Giant Robot同様、Rotary(アメリカ英語。イギリスではroundaboutという)もアメリカンスタイルのお店で、インテリアは70代風のキッチュなアメリカを体現し、ハンバーガーやチキンウィング、バーベキュー(近日提供予定)など典型的なアメリカ料理がメニューに並ぶ。私たちは、希少種の牛肉、ベーコン、チーズ、タマネギの入ったRotary burger(フライドポテト付きで£10 / 写真上)を注文。写真からも分かるように、色んなものをバンズに挟んでいるので崩壊寸前、しかもソースが多すぎるため、下のパンがソースを吸ってべたべたになっている。ミディアムの焼き具合の筈のパテは、80%が赤身で生肉を食べているよう。はっきりいって合格点以下。Meterの本格ピザ(写真下)が恋しい。。。

Tenants of a commercial property just south of Old Street roundabout have changed several times during the last few years, despite of its premium location with proximity to busy Old Street Tube station. After our favorite pizza restaurant Meter (3 photos below) had closed just after several months in business, this all-day until late-night bar & diner Rotary came in this location this February, with members-only Rotary Room downstairs. Rotary is a temporary venue and will close at the end of this year, so next year the place will be under someone else’s hand again.

Like their sister venue in Clerkenwell Giant Robot, Rotary (American word of roundabout) is also US style bar with the ambience of 70s American kitsch, serving American favorites such as burgers, chicken wings, and BBQ (coming soon). We had Rotary burger (£10 / photo above) with rare breed beef, bacon, cheese, onions, bun sauce, coming along with chips. As you can see in the photo it was falling part as so much stuffs between the buns, and the bottom bun was immersed with too much sauce. The meat should be medium cooked but was undercooked and 80% red. Disappointing. We miss the Meter’s yummy pizza (photo below)…

 

Lichtenstein: A Retrospective @ Tate Modern

春の訪れをちょっぴり期待させる気持ちのいい陽気の今日、遠足がてら、テート・モダンで開催中の「Lichtenstein: A Retrospective」展(2月21日〜5月27日)を見に行った。ご存知の通り、ロイ・リキテンスタインアンディ・ウォーホルとともにアメリカのポップ・アートを代表するアーティスト。広告や漫画を題材に、大胆な色使いと、手描きのBen-Day dots(印刷インクのドット/点)が特徴の作品で知られる。

Lichtenstein: A Retrospective」展は、20年以来のリキテンスタインの大規模回顧展で、代表的作の他、Rowluxの錯覚フィルムアクリルフィルムや鉄に描かれた絵画や、セラミックや銅を用いた彫刻、初公開のドローイングやコラージュなど計125点の作品が、テーマ毎に13の展示室に展示されている。入口から順に、

  1. 抽象表現主義のパロディとされるBrushstrokes(筆遣い)シリーズ
  2. Look Mickey(1961)等、コミック画をベースにしたEarly Pop(初期のポップアート)
  3. Tyre (1962)等をはじめとするBlack & White(白黒画)
  4. Whaam! (1963)など、彼を有名にした二つの主題を描いたWar and Romance(戦争とロマンス)
  5. 伝統的な芸術のテーマを独自のスタイルで描いた、Landscapes/Seascapes(風景画/海景画)
  6. 1930年代のニューヨークで流行したアールデコをテーマにしたModern(モダン)シリーズ
  7. 過去の芸術家の作品を模したArt about Art(アートに関するアート)
  8. 過去の自身の作品を構図に組み込んだ、Artist’s Studios (1973–4) (アーティストのアトリエ)シリーズ
  9. 視覚と認識をテーマとしたMirrors and Entablatures(鏡とエンタブラチュア/柱頭の上の水平部)シリーズ
  10. 多彩な色の幾何学的図形を用いたPerfect/Imperfect(完成/未完成)
  11. Blue Nude (1997)など、古来からのアートの一分野に挑戦的で新しいアプローチを用いたLate Nudes(後期のヌード画)
  12. ラフな筆遣いと幾何学的フォルムを組み合わせた、Early Abstractions and Late Brushstrokes(初期抽象画と後期運筆)
  13. 宋時代の中国画の簡潔さに影響を受けた、Chinese Landscapes(中国の風景画)シリーズ

リキテンスタインの作品とテーマをより理解したい方には、 シカゴ美術館のウェブサイト英語)がお薦め。テートでの展覧会の写真はBBC newsで。

最初の4部屋、War and Romanceまでは、リキテンスタインの鮮やかな色使いや、シンプル且つ大胆な筆致に引き込まれたのだが、それも段々食傷気味に。タイヤやノート、ラジオといった、ありきたりのオブジェや漫画をモチーフにした作品は好きだけれど、正直、テーマや主題は違えど変化の少ないスタイルに、最後の方は少々退屈してしまった。それに彼の作品は見るには楽しいけれど、底が浅いというか深みがなく、心に訴えるもの、考えさせられるものがないのだ。

Today was an unusually warm & sunny day in London, so we decided to go out and see “Lichtenstein: A Retrospective” (February 21 – May 27) exhibition at Tate Modern. As many of you already know, Roy Lichtenstein is one of the most celebrated American pop artist, together with Andy Warhol. He is renowned for his works based on advertising and comic strips, and coloured with his signature hand-painted Ben-Day dots on his painting.

This exhibition is the first full-scale retrospective of Lichtenstein in over 20 years, and brings together 125 of his paintings and sculptures with a wide range of materials, including paintings on Rowlux and steel, ceramic and brass sculptures and a selection of previously unseen drawings, collages and works on paper. Total of 13 rooms showcase his works in different themes:

  1. Brushstrokes series which are usually seen as parodies of abstract expressionism
  2. Early Pop with cartoon imagery such as Look Mickey (1961)
  3. Black & White series including Tyre (1962)
  4. War and Romance, such as Whaam! (1963), two subjects that would make him famous
  5. Landscapes/Seascapes, traditional art themes in Lichtenstein style
  6. Modern series inspired by NY’s art deco style in 1930s
  7. Art about Art, replications of great artists of the past
  8. Artist’s Studios (1973–4) which incorporated elements of his previous work
  9. Mirrors and Entablatures, dealing with issues of vision and perception
  10. Perfect/Imperfect, playing with geometric fields of colours
  11. Late Nudes, like Blue Nude (1997), new and provocative approach to the ancient genres of art
  12. Early Abstractions and Late Brushstrokes, hand-painted, loosely applied brushstrokes juxtaposed with geometric forms
  13. Chinese Landscapes, his fascination with the simplicity of Chinese art of Song dynasty.

If you learn more about Lichtenstein and his work, Art Institute of Chicago’s website would be the excellent resource. Check BBC news for more photos of the Tate exhibition.

I was fascinated by Lichtenstein’s use of vivid colours and simple & bold brushstrokes at first four rooms up to War and Romance, but then I got indigestion. I like some of his works about banal objects such as notebook or radio, but I got bored of looking at his style at the end though themes and subjects are varied. His paintings are fun to look at, but they are shallow in a way and not emotional or thought-provoking….