Tag Archives: イギリス人

The Unilever Series: Tacita Dean @ Tate Modern

一昨年の「Miroslaw Balka: HOW IT IS」、昨年の「Ai Wweiwei: SUNFLOWER SEEDS」に続き、テート・モダンの第12回Unilever Series(ユニリーバ・シリーズ)作品は、イギリス人ヴィジュアル・アーティストTacita Deanの映像インスタレーション(10月11日〜翌年3月11日)。ユニリーバ・シリーズ初の動画作品だそうだ。

めまぐるしく移り変わる、白黒、カラー、そしてその上に手で彩色が施された様々な映像を紡いだ、音声・音響なしの35mm作品(11分)が、タービン・ホールに設置された13mもの高さの一枚岩に写し出される。近年のデジタル化に対し、アナログ映像技術の高さと美しさを誇示した、スケールの大きい作品。一枚岩は、スタンリー・キューブリックの名作「2001年宇宙の旅」に登場するミステリアスな黒い一枚岩を喚起させる。ビジュアル的には面白い部分もあるけれど、次々と現れるイメージの関係性が私には残念ながら全く分からない。

After “Miroslaw Balka: HOW IT IS“, “Ai Wweiwei: SUNFLOWER SEEDS“, Tate Modern‘s twelfth commission in the Unilever Series is British visual artist Tacita Dean’s visual installation (October 11  –  March 11, 2012). It is the first work in the Unilever Series devoted to the moving image.

This 11-minute silent 35mm film with a sequence of every changing black & white, colour, and hand-tinted images is projected onto a 13m tall white monolith at the end of a darkened Turbine Hall. The large scale work shows us a beauty of analogue film as well as its skilful techniques as opposed to recent overpowering digital images. It also evokes the gigantic mysterious black monolith from the Kubrick‘s science fiction masterpiece “2001: A Space Odyssey (1968).” Visually interesting at the beginning, but I got a bit bored soon as I couldn’t see a connection between each image, unfortunately…

Julian Opie Installation @ Barbican Centre

Vodpod videos no longer available.

バービカン・センターの屋外テラス・Lakesideに置かれている、イギリス人ビジュアル・アーティストJulian Opieジュリアン・オピー)のLEDインスタレーション作品。イギリスを代表する現代美術家のジュリアン・オピーは、フラットでポップな色使いに、太線と点で描かれた、ディテールを省いたシンプルな人物ポートレートが作風の、Michael Craig-Martin(マイケル・クレイグ・マーティン)と並んで、私のお気に入りのアーティストの1人。

この作品は、今年夏にバービカン・センターで開催されていた、「Watch Me Move: The Animation Show」の一環らしい。オレンジ色のLEDディスプレイ2台に、女性(左/写真)と男性(右/写真)が歩く姿が写し出されている。催眠術のように、ずーっと見ていても飽きない。

This is a LED installation by British visual artist Julian Opie, placed on the Lakeside outdoor terrace at the Barbican Centre. His signature portraits are characterised by minimal details composed of black outlines and circle and flat colours. He is one of my favorite artists, together with Michael Craig-Martin.

I believe that this work is a part of this year’s summer show “Watch Me Move: The Animation Show” at Barbican. Two orange LED displays, woman on the left (photo) and man on the right (photo), are showing them walking. It is hypnotic and I can watch them all day!

A Life of an Average British Family

住宅、結婚、仕事、宗教をメインに調査する政府の国勢調査とはまた別の角度から、現代の平均的なイギリス人家庭を描き出した調査が今日発表された。2000家族を対象に聞き取り調査した結果は以下の通り(テレグラフ紙記事より抜粋)。カッコ内は私の日常生活や、結果について思ったこと。子供がいないせいもあるけれど、全然イギリスの平均的な生活をしていないことを実感。

An ‘alternative census’ of British family life, interviewing 2,000 families, is published today. The government’s census shows us statistics on housing, marriage, work and religion, but this research shows us more down-to-earth modern life of average family in Britain. Here are the results of the research (Telegraph article), and in the parenthesis () is my everyday life and what I think about it – I realize that I am not really a typical British, probably because we don’t have any kids.

平均的な一日/Average Day Schedule

  • 起床:6.57am(私は恥ずかしながら、もっと後。。。)
  • 家族と一緒の朝ご飯:週2回(ほぼ毎日)
  • 仕事からの帰宅時間:5.15pm(え、残業なし+5時終業後15分で家に帰れるってこと?!日本じゃ普通無理だよね。。。)
  • 夕食:5.50pm、平均週3回家族と一緒(私はその頃つまみ食いタイム。夕食6時前ってなんぼなんでも早過ぎ)
  • テレビ鑑賞:1日9時間(ちょっと長過ぎない?こんなに見てたら、何にも出来ないよー)
  • 就寝:10.39pm(私はまだまだ活動中)
  • Wake up: 6.57am (me: much later, embarrassed to say…)
  • Breakfast meals together : twice a week
  • Get home from work: 5.15pm (They don’t have to work overtime + can come back in 15 minutes?! Japanese would envy you!)
  • Dinner together at 5.50pm, 3 nights a week (me: much later – 6pm is my snack time)
  • Watch TV: 9 hours a day (me: much less. People spend most of their spare time watching TV?!)
  • Go to bed: 10.39pm (me: much later. I am still very active at the time)

アクティビティ/Activities

  • 洗濯:週平均5.3回洗濯機をまわす(私は2回。子供いないし)
  • 家事:週平均4時間24分。西洋は家事平等と言うイメージがあるけれど、イギリスでも主に女性が担当。でも、光熱費節約の為に、家中のいらない電気を消したりするのは主にお父さん。(うちはMも大いに活躍。でも電源を切るのは私)
  • 娯楽:テレビ。好きな番組はドクター・フー(SFは嫌いなので見たことなし。てっきりイーストエンダーズが一番人気と思ってた)
  • エクササイズ:週2.5回(私もそれぐらい)
  • 親密なひととき:週2時間(「Quality time」は一緒に時を過ごすと言う意味だと思うのだけれど、何か含みあり?)
  • 口論:週1.6回(私はもっと、かな。。。)
  • 友人と夜外出:月2回
  • カップルで夜外出:数ヶ月に1回ぐらい(ヨーロッパ人は子供を置いて夫婦で外出、ってイメージがあったけどそうでもないよう)
  • 家族で外出:月1回
  • 親戚を含む家族の集まり:週1回
  • ホリデー:10日間の国内旅行を年に2回(各安航空会社も多いし、スペインやフランスとか、海外ホリデーが多いと思ってた)
  • Laundry: 5.3 loads per week (me: twice, as I don’t have kids)
  • Houseworks: 4 hours & 24 minutes per week – mum does the majority, but dads were the most likely to go around turning off lights and standby switches worrying about utility bills
  • Best entertainment: watching TV and favourite show: Dr Who – I have never seen it. I thought it must be East Endersthough I’ve never seen it either)
  • Exercise: 2.5 times a week (me: around the same)
  • Quality time together: 2 hours a week
  • Arguments: 1.6 times a week (me: much, much more!)
  • Nights out with friends: twice a month
  • Nights out as a couple: ‘Every few months’ (Japanese believe that Europeans have a couple culture, leaving children at home and going out alone, but I guess it is a myth?)
  • Big family outing: Once a month
  • Wider family: Once a week gathering
  • Holiday: 2 x 10 days in the UK (I thought British like go abroad for holiday such as Spain and France)

支出/Spending

  • 食費:週£76.02(家族で一日約£10って、少なすぎる気が。。。)
  • アルコール代:週£12(飲み助の多いイギリスでこんなに少ない?)
  • 娯楽費(DVD、映画、ゲーム):週£15
  • 家の修繕やDIYなど:年£559(昨年トータル)
  • お財布の中身:£10.31(どこでもクレジットカードが低額でも使えると言っても、こんな少額で出かけるのは不安)
  • Weekly grocery shopping: £76.02 (About £10 a day? Sounds a bit too low for an entire family)
  • Weekly Alcohol bill: £12 (so little??)
  • Entertainment such as DVDs, cinema, games: £15 a week
  • Home improvements: £559 in the last year
  • Cash in wallet/purse: £10.31 (I need cash for a peace of mind, even carrying credit cards).

資産/Property

  • 所有車台数:1.5台。最多はシルバーのフォード・フォーカス
  • 家:通りに面したセミ・デタッチト・ハウス
  • 貯金:£3,280
  • 住宅ローン:53%が保有、平均32%は返済済み
  • Number of cars: 1.5, most popular car is Silver Ford Focus
  • House: Semi-detached on a main street
  • Savings: £3,280
  • Mortgage: 53% have a mortgage and have paid off 32%

その他/Miscellaneous

  • 話をするご近所さん:2人(ロンドンのフラットに住む私たちは、あまりご近所さんを見かけないし、名前も知らない。家持ちなら、2人は少し少ない気も)
  • 80%の人が自分は「とても幸せ」または「幸せ」と解答(そりゃ素晴らしい。私もまあ幸せかな)。
  • 70%の人たちが自分は「普通」と感じている(30%は普通じゃない?どういう訳だか是非聞いてみたい)
  • Neighbours: Two that we speak to (me: none…I rarely see any neighbours in my building)
  • 80% think that they are ‘happy’ or “very happy” (Good for them! I can say I am happy myself too)
  • 70% claim they are ‘normal’ (It means that 30% are not normal? I would love to know why they think they are not)

調査によると、多くの家族は週のどの日に何を食べるかが決まっているそう。私はその日に冷蔵庫にあるものを食べるので、特に決まってない。

  • 月曜日:スパゲッティ・ミートソース
  • 火曜日:パスタ・ベイク(オーブンで焼いたパスタ)
  • 水曜日:チキン・パイ
  • 木曜日:コテージ・パイ
  • 金曜日:テークアウトのフィッシュ&チップス
どうして人は同じものを同じ日に食べるんだろう?なぜ月曜日はスパゲッティ・ボロネーゼ?心理学者か社会学者に分析してみて欲しいところ。

The study also found that families are creatures of habit, and often eat the same meals every week (I don’t, I just cook anything in a fridge on the day);

  • Monday: spaghetti bolognese
  • Tuesday: pasta bake
  • Wednesday: chicken pie
  • Thursday: cottage pie
  • Friday: Takeaway fish and chips

Very interesting to know why they do. Why spaghetti meat sauce on Monday?? I want a psychologist or sociologist to analyze the reason.

Ben Eine “PRO PRO PRO” / “ANTI ANTI ANTI” Graffiti @ Redchurch Street

Change」に続いて、Ben Eineベン・アイン)の作品「ANTI ANTI ANTI」「PRO PRO PRO」を紹介。ショーディッチにある広告会社「Mother」の建物にカラフルな色使いで「PRO(賛成)PRO PRO」が、そしてその向かいの「Londonnewcastle」プロジェクトのスペースに、対照的にモノトーン(と少しの赤)で「ANTI(反対) ANTI ANTI」が描かれている。「ANTI ANTI ANTI」は、London Design Festival(ロンドン・デザイン・フェスティバル)の一環として、9月18〜26日にショーディッチ周辺で行われた「Anti Design Festival」のために、ベン・アインが制作。「PRO PRO PRO」はその反対語として、真向かいに描かれた。

Anti Design Festivalのことは全然知らなかったけれど、調べてみたら、イギリス人タイポグラファー/グラフィック・デザイナーのNeville Brody(ネヴィル・ブロディ)が、「money=商業的成功」に囚われず、創造力とインスピレーションを自由に発揮できる場として立ち上げたイベントだそうだ。でも、いくら枠にはまらないデザインと言っても、文字が重なりあったウェブサイトは、読みにくいったらありゃしない!

This is another of Ben Eine‘s work, “ANTI ANTI ANTI” and “PRO PRO PRO”, created around the same time as “Change” in this autumn. Cheerful and colorful “PRO PRO PRO” was painted on a building of an advertising company “Mother“, on the opposite of “ANTI ANTI ANTI”  in black, white and gray with a little bit of vivid red,  on the Londonnewcastle project space. Ben Eine created “ANTI ANTI ANTI” for “Anti Design Festival,” held from 18 to 26 September around Shoreditch area as a part of London Design Festival. Antonym “PRO PRO PRO” came after, to make a contrast.

I’ve never heard of “Anti Design Festival,” but it was founded by a British typographer and graphic designer Neville Brody, to create an opportunity to showcase design with unrestricted creativity and inspiration, which have been replaced by money and commercialism in the last 25 years. I understand the concept of free-spirited design, but I was so annoyed by reading the words overlapped with each other on their website!!

Vodpod videos no longer available.

Enhanced by Zemanta