Tag Archives: イベント

OPEN HOUSE Pop-Up Shop by John Lewis @ N1 Shopping Centre, Islington

House by John Lewisという新しい家庭用品・家具ブランドの販促のために、大手デパートチェーンのジョン・ルイスが10月18日、イズリントンのN1 shopping centreに「Open House by John Lewis」というpop up shop(期間限定ショップ)をオープンさせた。

House by John Lewisは、最新のデザイン製品を手頃な価格で提供する、新しい自社ブランド。IKEAやHabitatと同じコンセプトで、見た目も似ている。IKEAは郊外に店舗があるから客の奪い合いにはならないかもしれないけれど、繁華街に店舗を持ち、既に経営危機にあるHabitatにとっては、強力なライバル出現だ。以前、色々お世話になったHabitatには同情するが、弱肉強食の社会、力と金があるものが勝つのが世の習いだから仕方ない。

11月10日まで、Open Houseは店内のコーヒー&ジュースバーと共に、毎日朝10時から営業している。店ではまた、映画上映(火曜日)、ストリートフード料理教室、カクテル等のドリンクがタダのOpen House Party(毎金曜日)など各種イベントが催され、全て無料。日曜日は、ボードゲームで遊ぶことも出来る。さすがイギリスが誇るジョン・ルイス。太っ腹だ。

On October 18th, Department store chain John Lewis opened a temporary pop up shop, ‘Open House by John Lewis’, in Islington’s N1 shopping centre, to promote its House by John Lewis homewares and furniture range.

House by John Lewis is a range of modern but affordable products for a contemporary home. Look exactly like IKEA or Habitat. IKEA shops in suburbia don’t have to go on a turf war with John Lewis, but already troubled Habitat stores on high street must see it as a new powerful competitor. As once a fun, I feel very sorry for Habitat, but this is life.

Open House, as well as a coffee and juice bar in the shop, is open from 10am every day until November 10. The shop also hosts free events regularly, such as Tuesday night film screening, a street food workshop, and Open House Party every Friday with free drinks. On Sundays shoppers can enjoy board games and Bloody Marys. How generous they are!

地下の映画上映用スペース。デッキチェアはあまり座り心地が良くなさそうだが、まあ無料だし文句は言えないか。

Film screening space downstairs. The deck chairs look a bit uncomfortable but it is free at the end and can’t demand too much.

House by John Lewis製品は、John Lewisのウェブサイトで購入可能。最寄りのジョン・ルイスや提携スーパー・Waitroseでの商品受け取りは送料無料。

House by John Lewis products are available on John Lewis’ website. Click & collect service from John Lewis and Waitrose supermarket is free.

Advertisements

Frieze Art Fair 2013 @ Regent’s Park

今年11回を迎える、 10月恒例のアートイベント・Frieze Art Fair(10月17日〜20日)に行ってきた(参考:2010年2011年)。今年は世界中から152のコンテンポラリーアート・ギャラリーが集結、2000人の有名・新進気鋭アーティストの作品が会場を彩った。

商業アートフェアであるから、気に入った作品があれば買う事は可能。値段は書かれていないが、新聞等の記事によれば、とても私たちの手の届く額ではないらしい。展示されている作品は、美術館に展示されていてもおかしくないクオリティだし、参加ギャラリーは、多くの時間と金を費やして、自慢のコレクションをわざわざロンドンにまで持ってくる訳だから、そりゃ安物は売らない。このアートフェアは金持ち、しかもただの金持ちじゃなく大金持ちをターゲットにしてるのだ。だから会場内には、大金を投資、または鑑賞用に作品を買おうというお金持ちがウロウロしている。もちろん、私を含め、クオリティの高いコンテンポラリーアートを見たいがために来る人もたくさんいる。フェアには、£32(Frieze Londonのみ)か£50(Frieze London + Frieze Masters)を払ってチケットを買えば、誰でも入場できる。経費をある程度チケット代で賄うと言う意味もあるけれど、金持ち相手の金儲けビジネスと批判されないために一般人も入れているという噂も。

I went to see the annual art event in October, 11th Frieze Art Fair (reference: 2010 / 2011). This year, the fair brings 152 renown contemporary galleries from 30 countries with work of 2,000 known and emerging artists.

It is a commercial fair and you can buy one of the works exhibited if you like, but there is no price tag and it is not cheap, as you can imagine. The fair obviously targets rich, not just rich but very rich. Works you see at the fair are museum-level quality, and galleries have spent a lot of money and efforts traveling to London with their collection of expensive artworks. In fact the fair is full of people looking for something to spend their fortunes for investment or just for fun, though there are also many people like me just there to appreciate vast number of contemporary artwork. The fair do accepts normal people with a ticket (£32 Frieze London only or £50 Frieze London + Frieze Masters) to pay off some expenses, and also probably because they believe that they wouldn’t be criticized that it is just for millionaires / billionaires.

Groovy Spiral by Dan Graham with a price tag of $600,000 (£375,000).

Cat on a clothes line (left) by Jeff Koons

Portrait of the Artist by Jennifer Rubell

Untitled (Endless war/You will live forever) by Barbara Kruger

Project Voyage and Le Monde en Miniature et la Mode en Miniature by Meschac Gaba

Gary Hume

奈良美智や村上隆作品も / Ceramic work by Yoshitomo Nara and pop art painting by Takashi Murakami (left)

“Art Everywhere” Public Art Event

Art Everywhereは、一般投票で選ばれたイギリスのアート作品57点のポスター22,000枚を、イギリス全土の屋外広告やバス停などに「展示」する、公共アートイベント。期間は8月12日から25日までと、残念ながら終わってしまったのだが、まだ取り外されていないポスターもあるかもしれない。イギリスの成人90%がポスターを見ると試算。資金£30,000はテートやThe Art Fund、人々からの寄付でまかなわれ、ポスターをはる場所は広告業界から提供された(詳細)。ウィリアム・ホガースジョン・エヴァレット・ミレージョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナージェームズ・マクニール・ホイッスラーフランシス・ベーコンデイヴィッド・ホックニーピーター・ドイグギャリー・ヒュームダミアン・ハーストマーティン・クリードなど、古典からコンテンポラリーまで、イギリスが誇るアーティストの作品が街を彩った。

ポスターは文字通りeverywhere、そこかしこにあり、多くの人が見たとは思うが、どれぐらいの人がこのイベントのことを知っていたか疑問。私はBBCニュースでちらっと見たけれど告知も少なく、周りでこれらのポスターのことを話題にした人はいなかったし、ポスターにもイベントの詳細は書かれていない。コンセプトは面白いが、イベントが周知されていなければ人々も気にとめないだろうし、せっかく作った大量のポスターが勿体ない、とちょっと思う。

Art Everywhere is public art event, showcasing 57 British artworks selected through a public vote on 22,000 billboards, bus stops and other sites across the UK. Unfortunately it had been running from August 12–25 and now it’s over, but you may be able to spot some of them still not removed. It was estimated that 90% of the UK’s adult population would see the posters. Cost of the event £30,000 was funded by Tate, The Art Fund and a public funding campaign, and advertising industry had donated poster sites (more details). The list of artists are varied from young to old and from classic to contemporary, including William Hogarth, John Everett Millais, J. M. W. Turner, James Abbott McNeill Whistler, Francis Bacon, Peter Blake, David Hockney, Peter Doig, Michael Craig-Martin, Gary Hume, Damien Hirst, and Martin Creed (full list).

The posters were everywhere, literally. I am sure many people had seen some of those posters as well, but the I am not sure how many of them had known about the event and why the posters were there. I haven’t met anyone talking about it and there was no details about the event written on a poster, as you can see. The concept is interesting, but it is a bit of a waste if people don’t notice it.

Happy 150th Anniversary, London Tube!!

長かった休み明け。しばらくブログを書いていないので、どうも調子が出ない。なので、助走期間で少しの間、手抜き記事になるかもしれませんが、ご容赦を。

Hello, again! I hope all had a wonderful holiday season. Now I am back. But I am rusty. I am not really in writing mood, so I need some time to get back on track, so bare with me for a while.

世界最古の公共鉄道ネットワークであるロンドン地下鉄(愛称Tube)は今年、1863年1月10日の開通から150年を迎えた。2013年は、記念切手や2ポンド硬貨2種の発行を含む、様々な記念イベントが予定されているが、その一環で、昨日12日、1898年製造の蒸気エンジンを搭載した蒸気機関車「Met Locomotive No 1.」が、当時のルート(現在ハマースミス&シティー線)を乗客を乗せて走行した。世界最古の地下鉄ネットワークであるメトロポリタン鉄道は、開通当時、パディントン駅ファリンドン駅間約6.5km足らずを運行。開通当日の乗客数4万人から150年を経た今、Tubeは、一日平均乗客数400万人を誇る、世界有数の巨大地下鉄ネットワークに成長した。

最古の地下鉄は、当然幾多の修繕・改善を要する。このためか、運賃も高い。昨年のロンドン・オリンピックもあって、近年ロンドンはネットワーク改善に多大な努力とお金をつぎ込んでいる。実際、地下鉄に乗ると、あちこちで修理が行われていて、迷惑を被る事も多い。でもその結果、ジュビリー線ヴィクトリア線は走行時間短縮・乗客数増を達成したし、Blackfriars駅も立派に改装された。メトロポリタン線にはエアコン付き車両が導入され、ここ数年のうちには40%の地下鉄車両にエアコンがつく予定だ。夏は空気が澱み、時に耐えられない暑さになったりするので、これは大歓迎だ。

その他、将来予定されている計画は、年内のヴィクトリア線セントラル線の運行増、運行増とBatterseaまでの延長を含むノーザン線のアップグレード、Victoriaや Tottenham Court Roadなど主要駅の改装、クロスレールの新規開通が続く。また、バリアフリー駅を増やす事も急務だ。実際、エレベーターやエスカレーターのない駅も多く、大きなスーツケースやベビーカーなどを持って、悪戦苦闘しながら階段を上り下りする人もよく見かける。車椅子アクセスのある駅も、特にセントラル・ロンドンでは少ない(地下鉄マップ)。オリンピック時は、サッカー会場となったウェンブリー駅で、試合終了から随分経ってるにもかかわらず、一つしかないエレベーター車椅子の方達が列を作って忍耐強く待ちをしていたのが、悲しかった。

古い設備の改装は簡単じゃないけれど、150周年を機に一層頑張って欲しい。

* 参照記事: Huffington Post

London Underground, known as Tube, marks 150 years this week. A series of special events are being held throughout this year, including issuing of a set of special stamps and two new two-pound coins. The Metropolitan Railway was the world’s first underground rail network opened on January 10, 1863, and stretched less than four miles between Paddington and Farringdon. Yesterday on 12th, a steam train with an 1898-built steam engine, known as Met Locomotive No 1., carried passengers along part of the original Metropolitan Line, now the Hammersmith & City Line. On its opening day, the Metropolitan Railway carried 40,000 people, but now the Tube has grown one of the biggest underground networks in the world, carrying 4 millions passengers everyday. 

Unfortunately the oldest underground network means they have a lot of repairs and improvements needed. And with the reason, Tube fares are quite expensive. London has made a big effort to to improve the networks in recent years, mainly for the London 2012 Olympics, and messes were all over the Tube stations. As a result, some lines such as the Jubilee and Victoria lines have achieved bigger capacity and faster journeys; a new station of Blackfriars has been rebuilt; a fleet of new air-conditioned trains has been introduced on the Metropolitan line, and over the next few years will be introduced to 40% of the Tube network – thank god, the air is stuffy and sometimes unbearably hot in the summer! 

Further improvements to come this year include higher frequency services on the Victoria and Central lines. Then completion of the Northern line upgrade with higher frequency services; rebuilding of key stations such as Victoria and Tottenham Court Road, an extension of the Northern line to Battersea; and delivery of Crossrail will come in near future. The expansion of step-free stations is another crucial improvement. Many stations have no step-free access and there are only handful stations have wheelchair access (Tube map), and I often see people struggling to go up/down with a huge suitcase or a baby car. During the Olympic, I also saw a queue of several wheel-chair users at Wembley Station, patiently waiting for an elevator which can carry only one wheelchair, even long after a football game was over and only few people in the station – it was really sad to see.

It’s not easy to fix old structure, but hope they can keep up.

* reference: Huffington Post

The Tanks at Tate Modern: Fifteen Weeks of Art in Action

オリンピックを記念して行われた文化イベント・London 2012 Festivalの一環、そしてテート・モダンの拡大プロジェクトの第一段階として、7月18日に新しくオープンしたTHE TANKSは、ライブアート、パフォーマンス、インスタレーション、映像作品に特化した、初めてのギャラリー。旧Bankside発電所がテート・モダンに生まれ変わって以来使用されていなかった、幅30m・高さ7mのオイルタンクが、このユニークなアートスペースに生まれ変わった。

The Tanksでは、7月28日〜10月28日の15週間、様々なパフォーマンス、映像、トーク、ライブイベントが盛りだくさんの特別イベントを開催中。期間限定イベントの他、政治的パフォーマンスで有名なSuzanne Lacyスザンヌ・レイシー)の作品「The Christal Quilt」(写真上から3番目)や、Lis Rhodesリズ・ローズ)の実験的映像作品「Live Music」(写真上から4番目)など、過去のパイオニア的アーティストたちの作品と共に、ソウル、アムステルダム、ニューヨークで撮影したイメージを使ったビデオ作品やパフォーマンス・アートを制作している韓国人アーティスト、Sung Hwan Kim(キム・ソンファン)のコミッション作品(写真下1番目)が見られる。→プログラム

The Tanksの中は窓もなく薄暗く、防空壕にいる気分。ライブアートや映像作品は、なかなかタイミング良くスタートから見られないし、作品によっては事前にスケジュールをチェックしないといけないので、短気な私の好みではない。実際、バービカンセンターで公演を見て気に入った、ベルギー人振付師アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルスティーブ・ライヒの曲にあわせて制作した「Fase: Four Movements to the Music of Steve Reich」を、満席のため見逃した。でも映像やライブアートに特化した、このギャラリーのコンセプトは面白い。私が見た中では、リズ・ローズの「Live Music」の、前を通る人のシルエットとスクリーンに写し出された随時変化するストライプのパターンのインタラクションは、見ていてとても楽しかった。

Tate Modern‘s THE TANKS is new and first museum galleries dedicated to live art, performance, installation and film, opened on July 18 this year as a part of the London 2012 Festival and the museum’s expansion project phase I launched this summer. The 30-metre width & 7-metre height circular oil tanks, unused since the former Bankside Power station was turned into the art gallery, were transformed into this unique art space.

From July 28 to October 28, The Tanks is hosting 15-week festival programme of international performance, film, talks and live events, alongside works from the collection by pioneers of social performance (The Christal Quilt by Suzanne Lacy: 3rd photo from the top) and expanded cinema (Live Music by Lis Rhodes: 4th photo), as well as a major new commission from South Korean artist Sung Hwan Kim (1st photo below), who combines video and performance art, collecting images from Seoul, Amsterdam and New York. →full program

Inside was dark with no windows, and I felt like I was in a bunker. I am not a big fan of live art and film, as you usually can’t watch an artwork from the start unless you are lucky, and I have to check the schedule in advance for some works. On the day, we missed the performance of “Fase: Four Movements to the Music of Steve Reich” by Anne Teresa de Keersmaeker, because it was full. It was a big disappointment, because we saw the performance Barbican Centre in the past and I loved it. But the concept of The Tanks is interesting, and I like Live Music by Lis Rhodes – it’s fun to see an interaction of constantly changing stripes projected on the screen and silhouettes of a person passing or standing in front of it.

The Filling Station (KXFS) @ King’s Cross

初めてこのThe Filling Station (KXFS)を見かけたのは夜だった。グリーンの大きなネオンサインと赤くライトアップされたファイバーグラスの壁が、まだ再開発途上で何もないこのエリアからKXFSを浮かび上がらせている光景は、幻想的で、不思議とノスタルジックを感じさせた。

キングスクロス駅の北、York Way(ヨークウェイ)とRegent’s Canal(リージェンツ運河)が交わる場所にある、古いガソリンスタンドを改装したKXFSは、期間限定のレストラン&イベントスペース。約2年後、この建物は再開発の一環で、住宅に生まれ変わるらしい。 →KXFSの詳細

KXFSは今年5月にオープン。中には、ハックニーにあるトレンディなレストラン・Bistrotheque(ビストロテーク)経営者の手による「Calexican(カリフォルニアの健康オタクが好む食材とメキシコ料理が融合した造語)」レストランのShrimpy’s(シュリンピーズ)と、6月〜9月限定営業の屋外バー(KXFS forecourt bar)がある。Shrimpy’sで食事したことはないけれど、9月末で営業が終了する前に、KXFS forecourt barのピッツァを是非紹介したいと思い、このブログを書いている。ここのピッツァは、イースト・ロンドンの幾つかのウィークエンド・マーケットに出店している、Home Slice Pizzaが作っている。メニューは週変わりの3種類のピッツァ(丸ごと£9.00 / スライス£3.00)しかない。飲み物はアルコールのみ、水道水の他はミネラルウォーターもコーヒーもない。支払いは何故かクレジットカードオンリーで、現金不可。スタッフは無愛想だし、全般的にサービスがいいとは言えないんだけれど、それでもここのピッツァ・マルゲリータは食べる価値あり。

The first time I saw The Filling Station (KXFS) was at night. With the light green large neon sign and fibreglass screen lit up in red, it stood out in the dark redevelopment area on construction, next to the Regent’s Canal in the north of King’s Cross station. It was beautiful and I felt nostalgic somehow.

KXFS, converted from old gas station adjacent to York Way and the Regent’s Canal, is a temporary restaurant and event space. It is said that this structure will remain for two years before the site is redeveloped for housing. →more details of KXFS

Opened in late May, KXFS houses cozy ‘Calexican‘ restaurant Shrimpy’s, created by people behind Bistrotheque in Hackney, as well as al-fresco KXFS forecourt bar which opens  from June until the end of September. I haven’t tried Shrimpy’s, but I wanted to tell how surprisingly good pizza at KXFS forecourt bar is, before the bar close down. The pizza is prepared by Home Slice Pizza who sells pizza on some weekend markets in East London. They have only 3 kinds of pizza (£9.00@whole / £3.00@slice). Topping changes each week) at KXFS. Overall service is not really great: they oddly accept only card and no cash (so as Shrimpy’s); they have only alcoholic drinks except tap water; and staffs were not really friendly. But even with those obstacles, I can’t resist their pizza Margherita! →information of forecourt bar

折々イベントも開催される屋外バーエリア。平日昼は人影もまばらだけれど、週末は昼夜問わずドリンクを楽しむ人で賑わう / Forecourt bar & event space. It is quiet on weekday, but is lively during weekend, day & night

マルゲリータ・ピッツァ£9.00。お皿ではなく段ボールのピザ箱で出てくる / Pizza Margherita £9.00. It is served in a cardboard box, not on a dish

奥にあるレストラン・Shrimpy’sは、カジュアルなバーエリアと違ってスマートな客が多い/ Shrimpy’s with a bit more posh clientele from casual forecourt bar

KXFSの隣はリージェンツ運河がゆったり流れる / Regent’s Canal next to KXFS

Festival of the World @ Southbank Centre

今年の夏のロンドンオリンピック・パラリンピックにあわせ、サウスバンク・センターでは、Festival of the World(6月1日〜9月9日)が開催されている。スポーツや芸術が若者の夢や向上心を刺激すると考えた、近代オリンピックの創立者であるピエール・ド・クーベルタン男爵にインスピレーションを得たというこのフェスティバル、芸術は人々の人生を変えられることを証明するのを目的に、アート、音楽、ダンス、詩、文学、コメディなど世界の文化イベントの他、マーケットや「urban beach(人工ビーチ)」など、様々な催しが行われている。明日29日から始まるパラリンピックと同時に、障碍を持つアーティストたちの作品を紹介するイベント「Unlimited(8月30日〜9月9日)」もスタートする予定。

Southbank Centre has been hosting Festival of the World this summer from June 1 to September 9, coinciding with the London 2012 Olympics/Paralympics. The festival is inspired by the founder of the Olympic movement, Baron Pierre de Coubertin who believed that the arts and sport could raise the aspirations of young people. During the period, Southbank offers a variety of international cultural events such as art, music, dance, poetry, literature, and comedy, as well as markets, urban beach and more to demonstrate how art can transform lives. Corresponding with the start of Paralympic Games tomorrow on August 29, ‘Unlimited‘ (Aug 30–Sep 9) will showcase art and culture commissions by disabled and deaf artists.

中でリラックスしたり遊んだりできる、かまくら型のユニークな「London Earth Creature」は、エコ建築のスペシャリスト・Small Earthの作品。

London Earth Creature” is the unique playscape for play & relax, designed and built by eco-build specialists Small Earth.

廃材を使用して大規模作品を創っているロンドンベースのアート集団・Robots>>>>の「Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down(下を見なければ全てが美しく見える)」。2011年のFestival of Britainで使用した木材や鉄を再利用している。

“Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down” by the London-based arts collective Robots>>>>, who build large sculptures from recycled and reclaimed materials, have made these figures predominantly from wood and steel used at Southbank Centre’s 2011 Festival of Britain.

世界から集められた布地で作られた、15mの高さの「Under the Baobab(バオバブの木の下で) 」は、Pirate Technicsが制作。

15 metres tall “Under the Baobab” is made from stacks of fabric rings using material from around the globe, created by Pirate Technics.

Trey WatkinsとCameron Brownの二人のアーティストの作品「Perspectives(視点)」。一見、無造作に置かれたアルファベットだけれど、一定のアングルから見るとメッセージが浮かび上がる。

Perspectives‘ designed by artists Trey Watkins and Cameron Brown. At first they appear to be random letters, but when you see them from certain vantage points they line up to reveal hidden messages.

たくさんの緑色のバスケットを使った、韓国人アーティスト&デザイナー・Choi Jeong Hwaチェ・ジョン・ファ)の「Time after Time(何度も何度も)」。

Korean artist and designer Choi Jeong Hwa‘s “Time after Time“, using thousands of green carrying baskets.