Tag Archives: イングリッシュ・ブレックファスト

Processed Meat Panic

Bacon Sandwich

ヨーロパ全体を巻き込んだ馬肉混入問題の熱気も冷めやらぬ3月7日、イギリス各紙に、「加工肉は死のリスクを高める」というショッキングな見出しが踊った。ここでいう加工肉とは、保存のため、燻製、塩漬け、乾燥、または添加物を加えた食肉で、ソーセージやベーコン、ハム、サラミ、パテなどが含まれる。ご存知の通り、イングリッシュ・ブレックファストミートパイシェパーズパイ、ハムやベーコンのサンドイッチ、ソーセージ&マッシュ(ポテト)など、加工肉はイギリスの食生活の中で大きな比率を占めている。そのため、このニュースはイギリス人を一時、恐怖とパニック状態に陥れた(BBC news)。

スイスの社会・予防医学研究所とチューリッヒ大学、そしてヨーロッパの多くの団体によって行われたこの研究(詳細:NHS choice)では、最も加工肉を食べた被験者(1日160g以上)は、最も少なく食べた人(1日10g以下)に比べ、44%も死亡率が高いという結果が出た。調査に関わった研究者によると、もし全被験者が1日20g以下の加工肉を食べていたと仮定する場合、全体の死の3.3%が防げたと見積もる。この計算をベースに、Daily MailTelegraphなどは「死の30分の1は加工肉が原因」と結論づけた。

通常、加工肉は脂肪分やコレステロールが高く、心臓病や癌の原因になるとされ、英保健医療省は、1日70g以下の加工肉及び赤身の肉の摂取を推奨している。健康志向の高まりと国民保健サービスの負担減という目標のため、牛肉など赤身の肉アルコール喫煙など、今イギリス人の生活は様々な健康上の注意であふれているが、イギリス人が愛するこれらのものを手放すのは大変だろう。だからといって、他の医療従事者が指摘しているように、加工肉を全く食べるなという訳ではない。しゅっちゅう、しかも大量に食べるなということで、果物や野菜もたくさん食べて、バランスの良い食事を心がければいい。私的には、食べたいものを我慢してストレスをためる方が体に悪いような気がするが。

After the sensational report of horse meat scandal, another shocking headline appeared on UK media on March 7th: eating a lot of processed meat can increase the risk of premature death. Processed meat refers to meat that has been preserved by smoking, curing, salting or adding preservatives, including sausages, bacon, ham, salami and pâtés. The processed meat is a considerable part of British diet, namely English breakfast, savoury pies, ham or bacon sandwiches, and sausages & mash. So the news has caused fear among people (BBC news). 

The study (details: NHS choice) was carried out by researchers from the Institute of Social and Preventive Medicine, University of Zurich, Switzerland, and other institutions across Europe. One of the main findings was that people in the study who ate the most processed meat (160g or more per day) had a 44% increased risk of premature death during follow-up compared to those who ate the least (10g or less). The researchers estimate that 3.3% of the deaths in this study could have been prevented if they ate less than 20g of processed meat a day, this had led some of the papers’ conclusion, “the processed meat is responsible for 1 in 30 deaths” such as on Daily Mail or Telegraph.

Processed meat is normally high in fat and cholesterol, which can increase heart disease and cancer risk, and the Department of Health recommends that you do not eat more than 70g of red or processed meat a day. British are now surrounded by a variety of health alerts, like red meatalcohol, and smoking, and it is not easy to give up all these goodies. But you don’t have to stop eating processed meat, like many health professionals point out, just don’t eat a lot and too often and try a healthy balanced diet with lots of fruit and vegetables alongside. I believe that stress caused by not eating at all would be a greater health risk!

J+A Café @ Clerkenwell

J+A caféは、小さな路地で結ばれた、Clerkenwell Road(クラーケンウェル・ロード)とGreat Sutton Street(グレート・サットン・ストリート)の間の中庭の、ビクトリア朝時代の元ダイアモンド切断工場内にある。むき出しの赤レンガ壁に中古の木製の家具、天井から吊り下げられた丸いランプシェードに囲まれた、「traditional family values and good old-fashioned hospitality(伝統的な家族の価値観と古き良き時代のホスピタリティ)」がコンセプトのこのカフェは、田舎の食堂のように懐かしい感じで、居心地がいい。外の席も、道路に面していないので静かだし、排気ガスも気にせずゆっくり落ち着ける。

J+Aでは、ヘルシーなホーム・クッキングを謳い、シンプルで新鮮な材料を使う(人気のカフェは、どこもそうだけど)。イングリッシュ・ブレックファストやオムレツ、パンケーキなどの朝食、パイやシチュー、スープ、キッシュ、ベイクド・ポテトなどの日替わりメニューの他、サンドイッチやサラダなどがいただけるランチ、そして週末のブランチ類と、時間や日によって違うメニューが楽しめる。

初めて行ったこの日は、クラブサンドイッチと日替わりのラム肉のサンドイッチをオーダー。具のチキンやベーコンは少しドライで、水なしでは飲み込むのもキツい。欲を言えば、挟んだ食パンはトーストしてほしかった。1回食事しただけでは判断は下せないけれど、少なくともこの2皿は今イチかな。でも、天気のいい日の昼下がりのお茶とおしゃべりには、最適のお店(でも、天気の悪い日はちょっと陰気くさいかも)。

J+A café is located on the ground floor of former Victorian diamond-cutting factory, in a courtyard between Clerkenwell Road and Great Sutton Street, accessed via a small alleyway. Inspired by “traditional family values and good old-fashioned hospitality”, the space with red brick walls, secondhand wooden furniture, and hanging silver lump shades, is cozy and warm, resembling rustic country diner. Outside seating area is calm and quiet as the café is not facing to any street, and you don’t have to worry about inhaling fumes from cars.

J+A claims to believe in “healthy and wholesome home-cooking and baking”, using simple recipes and fresh produce (as any other popular cafés in London). They offers breakfast, lunch, and weekend brunch. Breakfasts are British regular comfort foods including English breakfast, omelette, and pancake, whereas the lunch menu offers more variety such as daily specials of pie or stew, soup, quiche or Tartlet,  and baked potato, as well as regular sandwiches and salads.

On our first visit, we ordered Club Sandwich and daily sandwich special with lamb. Chicken, bacon and lamb were a bit dry and were hard to swallow without a help of water. I wish the bread was toasted as well. I can’t judge their food with only one visit, but I have to say that I wouldn’t order these two dishes again… Food was disappointing on the day, but J+A is the perfect place for a cup of tea or coffee on a nice + warm day (though maybe a bit dark on a bad weather).

The Breakfast Club Café @ Angel + Hoxton

The Breakfast Club @ Hoxton SquareThe Breakfast Club @ Hoxton Square

The Breakfast Clubは、その名の通り、美味しい朝食で有名なカフェ。オブザーバー紙タイム・アウト誌のBest Breakfastにノミネートされる等、メディアの評価も上々だ。ソーホーが第一号店で、エンジェルのカムデン・パッセージとホクストンにも店を持つ。朝食以外にも、ブランチ、ランチ&ディナーと、一日中カジュアルに食事できる。メニューは、伝統的なイングリッシュ・ブレックファストからアメリカン・パンケーキやメキシコ風ブリート、サンドイッチ、サラダ、ハンバーガーと幅広い。ソーホー店には行ったことがないので、近場のエンジェル、ホクストン店をリポートしました。

ホクストン店は、ヒップなバーやレストランの集まるホクストン・スクエアの南、Rufus streetにある。広い店内は、黄色をベースに、アメリカの50年代ダイナー風に、カラフルでキッチュに装飾されている。アンティークで有名なカムデン・パッセージにあるエンジェル店は、階段を少し上がった中2階にあり、ホクストン店に比べ、こじんまりしている。インテリアの感じはホクストンと同じだが、壁に貼られた80年代に流行った歌手のポスターや、木彫りのアメリカン・インディアン像が、サンタ・フェ辺りのカフェを想像させる。ミッド・センチュリー風のインテリアは悪くないんだけれど、ちょっとごちゃごちゃ飾り過ぎかな。私的にはもう少しシンプルなのが好み。店の装飾を半分取ったらもっとすっきりするのにと思う。特に下の写真のオレンジ色のドアに吊るされた緑とオレンジの男性用ブリーフ。悪趣味なパンツ見ながら食事したくない!

料理は、味はなかなかだけれど、はっきり言って巨大。前に座っていた女性客はイングリッシュ・ブレックファストの半分以上を残していたし、私のオーダーしたパンケーキは大皿に5枚(6枚?)も出てきて、食べ終わる頃には胸焼け状態。。。でも、お腹をすかせた若者には有り難いだろう。横に座っていた細身の若い男性は、大きな皿に山盛りになったスクランブルエッグ&サーモンがのったトーストと、同じく大盛りのサラダを、ものの5分程で食べ終わっていた。

ブレックファスト・クラブは、先日書いたDaylesford Organic Caféとはいろんな意味で、正反対の店である。

*写真は全てホクストン店のもの

The Breakfast Club is, as its name suggests, famous for its delicious breakfast menus. Media reputation seems to be great – the Observer and Time Out nominated the café as one of the top breakfast places in London. The first café opened in SOHO and now there are two more places in Hoxton and Angel. Other than their signature breakfasts, they offer all-day food on their brunch, lunch & dinner menu, and the menu has a wide range of food from traditional English breakfast, American pancake, Mexican Burrito, burgers, sandwiches, salads etc. I’ve never been to SOHO café and here is my report on the Hoxton Square and Angel branches.

The Hoxton branch is located on Rufus street on the south of Hoxton Square. Spacious café is colorfully decorated in 50’s American-diner style. The Angel branch is few steps up on the stairs from its entrance on the famous antique street Camden Passage in Angel. The interior is the same style as Hoxton branch, but it looks more eccentric with 80’s pop singer’s posters put up on the wall and the wooden American Indian statue, and it reminds me of a café in Santa Fé. Their kitsch mid-century style decor is cute but a bit too much, and I prefer simpler interior. It would be much nicer for me if they remove half of the objects – especially a green and orange male underwear hang on the orange door (see in the photo below). I don’t want to eat food looking at the underwear!

The food is not bad, but the amount is huge. The woman sat in front of us couldn’t eat even half of her English breakfast, and my plate with 5 big size pancakes made me start my lunch great but end with heartburn… But it is great value for money and would be perfect for a hungry young man – the skinny guy next me finished a mountain of scramble eggs and smoke salmon on the toast and massive bowl or salad in just 5 minutes.

In many ways, the Breakfast Club is completely opposite to Daylesford Organic Café.

* All three photos are of Hoxton branch

The Breakfast Club @ Hoxton Square

Reblog this post [with Zemanta]

The LUXE Restaurant Bar Music @ Old Spitalfields Market

The LUXEThe LUXE

Old Spitalfields Marketに新しく出来たレストラン・バー、「The LUXE」。Commercial Streetに面しており、ニワトリのロゴ入りの薄いブルーの旗が目印。黒とシルバーと基調にした広々とした店内は、ヒップなイーストエンダー達の夜のたまり場にぴったりといった感じだけれど、行ったのは昼下がりだったからか客もまばら。ランチメニューはイングリッシュ・ブレックファストやパンケーキ、バーガー、マカロニチーズ等、イギリス料理がメインで、私たちはAll Day Breakfast(朝だけじゃなく一日提供される朝食メニュー)をオーダーした。私はイギリス人の大好物の甘ったるいベイクト・ビーンズが嫌いなので、シンプルなベーコンと目玉焼きとトーストのセット。Mは目玉焼き、ベイクト・ビーンズ、マッシュルームとトマトのソテー、バブル&スクィーク(イギリス版お好み焼き)、ベジー・ソーセージ(野菜で出来たソーセージ)、トーストのセットを頼んだ。味の方は期待はずれ。ベーコンは塩辛くてちょっとドライ。私はもともとイギリス定番のback bacon(バック・ベーコン。豚ロースが原料、脂肪分が少ない)より、アメリカ式のstreaky bacon(ストリーキー・ベーコン、豚バラが原料、脂肪分がより多い)の方が好きなのだ。ダイエットには良くないんだけど。そしてトーストもぱさぱさしてる。Mの料理も可もなく不可もなく、特にベジー・ソーセージはジューシーさのかけらもなく段ボールを食べてるよう。そもそも、ソーセージは肉の脂肪を含んでこそ美味しいのであって、野菜で作るには無理があると思うんだけど。でも、デザートのPastel de Nataパスティシュ・デ・ナタ。ポルトガルのエッグタルト)は、クリームの甘みが絶妙で美味しかった。今日注文した料理はさておき、ちょっと冷たい感じのインテリアではあるが、居心地は悪くない。マーケット側には、外にもテーブルを出しているので、マーケットを眺めながら、一杯飲むのもいいかも。

The LUXE‘ restaurant and bar is the latest newcomer to Old Spitalfields Market. Facing busy Commercial Street, you can spot the LUXE with their light blue flag with chicken logo. The interior based on black and silver looks like a typical place for hip East Enders to hang out for a drink, but we went there at late afternoon and there was only few people in the spacious restaurant. The lunch menu is basically British, such as English breakfasts, pancakes, burgers, and macaroni & cheese etc. We ordered All Day Breakfast. M got eggs, toast, baked beans, mushroom, tomato, Bubble (& Squeak), and veggie sausage. I chose bacon, eggs, & toast, as I don’t like sweet baked beans. But the taste was disappointing, to be honest. My bacon was a bit too salty and dry – maybe because I prefer American style fatty streaky bacon to British regular back bacon (it’s not good for diet though). And the toast was moistureless. M’s dish was ‘blunt’, according to him, and the vegie sausage was like eating cardboard. To my point of view, sausage has to have some fat from meat and has to be succulent, and therefore I would think it is almost impossible to make tasty sausages out of vegetables. I might have been too harsh to their food, but we have to admit that their coffee and a desert, Pastel de Nata (Portuguese egg tart) was pretty good. The LUXE is a bit edgy but it was quite comfortable to stay. There are outside tables facing market square, and it would be nice to have a drink outside and enjoy the markets and people.

The LUXE all day breakfast

Reblog this post [with Zemanta]