Tag Archives: イングリッシュ・マフィン

Foxcroft & Ginger @ Berwick Street, SOHO

今年初めにオープンした、ソーホーのBerwick Streetにあるカフェ、Foxcroft & Ginger(フォックスクロフト&ジンジャー)。ソーホーのど真ん中で野菜やフルーツなどを売る屋台の並ぶ一角にある。

コンクリートの天井や壁、むき出しのパイプや電線など、薄暗い倉庫のような建物を、木のテーブルや椅子、茶色や白のレンガ壁で中和し、温かみを出している。外から見ると狭く感じるけれど、地下にもスペースがあり、モダンな家具と使い古されたソファが混在、壁にはどーんとユニオン・ジャックが飾られている。でも地下はちょっと暗い感じなので、私は1階の方が好きだな。木の丸椅子は座り心地があんまり良くないけれど。

カウンターには毎日手作りされるサンドイッチやケーキが並び、朝はイングリッシュ・マフィンエッグ・ベネディクト、クロワッサンなどのブランチメニュー、そしてランチタイムはサンドイッチやサラダなどがいただける。この日は、サラダがたっぷり挟まったチョリソのサンドイッチ。いい具合にトーストされたFlour Station Breadsのパンに新鮮な材料が相まって美味しい。そして温めて出してくれるバナナケーキも、懐かしい味で和む。お皿代わりの木のトレーや、をいれたアンティークのカップも、レトロなインテリアと良くあっている。評判の高いMonmouth Coffee Companyの豆を使って、シアトルのメーカーSynessoの手作りのコーヒー・マシンでいれた、フラット・ホワイト(Flat White過去エントリー参照)もいける。

Foxcroft & Ginger is a café on Berwick Street, opened early this year. It is located in the area where vendors selling fruits & veg etc in the middle of SOHO.

The industrial harsh looking building with concrete walls and ceilings and exposed pipes and cables, is compensated by warm wood tables and chairs as well as brown brick and white tile walls. The space looks small from outside, but there is also underground seating area, decorated with both modern furniture and well-used sofas, and the wall is covered with a large Union Jack flag. It is a bit dark downstairs and I prefer sunnier upstairs, though small white wooden stool is not quite comfortable, and hurt my butt after a while.

Daily hand-prepared fresh food and cakes are showcased at the counter, and there are Brunch menu such as English muffins and Eggs Benedict in the morning and sandwiches and salads for lunch time. We got a sandwich filled with chorizo and generous salad leaves – it was a great combination with nicely toasted ciabatta bread from Flour Station Breads and fresh ingredients. I also love their banana cake served warm. A wooden board for food and an antique cup for coffee are perfect choice for this retro style café. Finishing Flat White, made with hand built Synesso Coffeee Machine from Seattle, using famous Monmouth Coffee beans, was very good as well.

Enhanced by Zemanta

Tea @ St Paul’s Churchyard

Tea @ St Paul’s ChurchyardTea @ St Paul’s Churchyard

セントポール寺院のすぐ横、 St Paul’s Churchyardにあるティーハウス「tea」。イギリスは世界に名だたる紅茶消費国だが、その割には、ロンドンでは、意外と紅茶専門のティーハウス、特にteaのようなカジュアルなティーハウスはあまり見かけない。レースのカーテンや花柄のテーブルクロス等、イギリスの伝統的なティーハウスのイメージを覆すモダンな店内は、ダークグレーの天井とグリーンのタイル張りの壁、そして冷たい印象にならないよう、使い古された感じの木のテーブルや椅子でバランスが取られている。また、窓際や外のテーブルから、セントポール寺院がよく見える。

teaでは、Black Tea紅茶)、Oolong Teaウーロン茶)、Green Tea緑茶)、White Tea白茶)、Infusion Tea(フルーツティー、ハーブティー)、Super Tea(健康茶)の6種・40以上の厳選されたお茶の中から、好みのお茶を選べる。teaのお茶はティーバッグではなくLoose Leaf(茶葉)でいれる。また水も、濾過し、酵素添加したものを使用、お湯の温度も最適になるよう注意深く管理しており、周辺で働く忙しいビジネスマン、ビジネスウーマンのために、90秒内で美味しいお茶がいれられるよう、茶葉を多めに使う。またパッケージは出来るだけ生物分解性であるものを使い、紅茶やコーヒーを始め、取り扱うフード・ドリンク類は出来る限り環境に優しく、倫理にかなったものを選んでいるというこだわりようだ。紅茶の気分じゃない時は、コーヒーやホットチョコレートも頂ける。

フードメニューは典型的なブリティッシュスタイル。トーストやイングリッシュ・マフィン等の朝食、11時からランチタイムまではcrampet(クランペット/パンケーキのようなもの)やtea cake(焼いてバターをつけてをつけて食べる平たい小さな菓子)等の軽食、ランチタイムはサンドイッチ、スープ、サラダ、また2段重ねのティートレイにのったフィンガー・サンドイッチ、スコーンと紅茶のセット、イギリス伝統のアフタヌーンティーが、お得な£7.50でいただける。近くにあるスターバックスや、時に行列も見かけるフレンチ・ベーカリー「Paul」と比べると、さほど混んでいないので、穴場です。

tea is a casual tea house in the St. Paul’s Churchyard, just next to St. Paul cathedral. UK is the No.1 country of tea consumption per capita in the world (2002), but for some reasons, I don’t see many tea houses, especially casual one like ‘tea.’ Opposite to my image of traditional English tea house with lace curtain and flower printed table cloth, the interior of ‘tea’ is pretty modern with light gray ceiling and the wall covered with green tiles, and the rusty wooden tables and chairs add warm atmosphere to the place. You can see St. Paul cathedral well from the tables next to the windows and outside.

In the ‘tea,’ you can choose your favorite tea from 40+ teas in 6 kinds – Black TeaOolong TeaGreen TeaWhite TeaInfusion Tea, and Super Tea. All the teas at ‘tea’ are loose leaf teas, not tea bags. They only use filtered, oxygenated water and we carefully control the temperature and timing to achieve the best results. They use more tea leaves to reduce the time to infuse the leaves, so that their teas are perfectly brewed in only 90 seconds, to accommodate hard-working business men & women in the area. Not only their passion for tea is admirable, but ‘tea’ is also eco-friendly as well – they use biodegradable packaging whenever possible and source the food ingredients from suppliers which passes their ethical standard.

The food menus are pretty British – hot buttered toast and English muffins for breakfast; crampet and tea cakes between breakfast and lunch; and sandwiches, soups and salads for lunch. You can also have traditional Afternoon Tea; finger sandwiches and scones on the two-tier cake stands with their English loose leaf teas for bargain price £7.50. ‘tea’ is not as crowded as near-by French bakery Paul and Starbucks – so it is a great place if you don’t want to be hustled out from the table and enjoy a good pot of tea.

Tea @ St Paul’s Churchyard

Reblog this post [with Zemanta]