Tag Archives: インタラクティブ

“Get Ahead of the Games” Website to Help You Avoid Traffic Chaos

2012年ロンドンオリンピック開催まで6ヶ月を切った。期間中街は人で溢れ、交通事情も悪くなると予想される。そのため、ロンドン市民や訪れる人たちに、市内の交通渋滞や、影響があると予想されるイギリスの道路や鉄道網の情報を提供する、「Get Ahead of the Games(オリンピックに勝て/先手を打て)」というウェブサイト、ソーシャルメディア、そして新しい広告キャンペーンが立ち上げられた。

Olympic Delivery Authority(オリンピック施設やインフラを担当する機関) London 2012(ロンドンオリンピック委員会)、Department for Transport(交通省)、Highways Agency(高速道路管理局)、National Railナショナル・レール)、 Mayor of London大ロンドン市長)の協力のもと、Transport for Londonロンドン交通局)によって作られたこのウェブサイト、影響を受ける場所や時間、渋滞が予想される場合、違うルートを探す情報を得る事ができる。ウェブサイトの主な特徴は以下の通り。

ツイッター(@GAOTG Twitter channel)でも交通情報・アドバイスが入手可能。
出かける時に役立ちそうなウェブサイトだけれど、この冴えないイラストがどうも気に入らない(大嫌いなLloyds TSB(ロイズTSB)の広告を彷彿させる)。かなりブーイングの出たオリンピックのロゴマスコットもしかり。常々ロンドンは、「世界のデザインの中心地」だとうそぶいているが、「クール・ブリタニア」はいったいどこに行ってしまったのか?それとも私のテイストが時代遅れで、こんなのが今流行なんだろうか??

The London 2012 Olympic Games will start in less than 6 months. The city will be much busier than usual during the period, so in order to help Londoners and visitors avoid travel ‘hotspots’ in the city and some UK’s roads and rail networks, the ‘Get Ahead of the Games’, with new advertising campaign, website and social media channels, has been launched.

The website, developed by Transport for London on behalf of the Olympic Delivery Authority, London 2012, the Department for Transport, the Highways Agency, National Rail and the Mayor of London, provides the traveling public with information of if, where, and when travel will be affected, and helps you  find an alternative route and journey if necessary.

The website contains:

If you are Twitter user, by following the @GAOTG Twitter channel will give you the the latest tips, travel information and advice as well.

It sounds very useful when you travel to/through busy areas in London. But one problem, I don’t like the illustration on the website and advertising campaign (it reminds me of annoying Lloyds TSB ads, for some reason) – a bit old-fashioned, as much as Olympic logo and mascots. I thought London is the design capital of the world. What happened to Cool Britannia?! or I am the one who has outdated taste, and these are ‘cool’ now??

Advertisements

Brit Insurance Designs of the Year 2010 @ Design Museum

昨日の「Dieter Rams」展の1階下で、デザイン・ミュージアムの新しい展覧会「Brit Insurance Designs of the Year 2010」が、今日17日から始まった。今年で3回目を迎えるこの「Brit Insurance Designs Awards」は、世界中から集められた、過去12ヶ月の間に作られた、最も革新的で未来を見据えたデザインの、7部門(建築、ファッション、家具、グラフィックス、インタラクティブ、プロダクト、交通・乗り物)約100点、一堂に展示されている(昨年の展覧会の様子は過去のエントリー参照)。今年の主なテーマは、サステナビリティ(持続可能性)とグローバル、そして日常使いのデザインと社会的メッセージ等。彫刻家のアントニー・ゴームリーがトップを務める審査員パネルによる審査を経て、3月16日に最優秀賞と各部門の受賞者が発表される。候補作品は、designsoftheyear.comブログで見れる。

テート・モダンなど大きな美術館と違ってスペースが限られているので、どうしても多数のデザインを1カ所に押し込んだ感は免れない。しかも7部門もあるので、どこからどこまでがどのカテゴリーなのか境が曖昧で、ちょっと混乱する。もし私が受賞作品を選ぶとしたら、建築部門ではメキシコにあるMonterrey Housing。低コストでも美しい住宅が造れるという良い見本だ。ファッション部門のBoudiccaReal Girl digital lookbookでは、コレクションが色々な角度から見れるのが良い。PARCSの家具は、遊び心に溢れていながら、組み合わせ次第で形を変えられるのが面白い。グラフィックスは、モダンにデザインされたイギリスのWar Memorial(戦争記念碑)と、スイス・スタイルの定番「Swiss Graphic Design and Advertising by Geigy 1940-1970」の間で迷う。インタラクティブでは、いつもお世話になっているという理由でBBC iPlayer。見逃したテレビ番組をテレビでもウェブでも見れてとても便利。プロダクトでは、味も素っ気もない投票所のイメージを変える、ノルウェーのBlanke Ark。そして交通・乗り物部門は、ホンダのEV-Nが環境に優しく、かつおもちゃのように可愛いので一押し。昨年の最優秀賞は、バラク・オバマの選挙ポスターだったけれど、今年はどの作品が受賞するかな?

Design Museum‘s new exhibition “Brit Insurance Designs of the Year 2010” starts today, on one floor below the Dieter Rams exhibition I wrote yesterday. Now in their third year, Design Museum’s annual “Brit Insurance Designs Awards” showcases almost 100 most innovative and forward looking designs in 7 categories (Architecture, Transport, Graphics, Interactive, Product, Furniture and Fashion), produced over the last twelve months and selected from around the world (see my past entry for last year’s exhibition). This year’s focus are projects with sustainability, global themes, and a social message, and objects for everyday use. The winner from each category along with an overall winner will be decided by a select panel of experts, chaired by the sculptor Anthony Gormley, and announced on 16 March. You can check the nominations at the designsoftheyear.com blog.

The space is limited, in compare to a big institution such as Tate Modern, and the exhibition gave me an impression that the so many things are squeezes in a small space. Also it maybe a bit greedy to host 7 categories of design in such a limited space, and it is a bit confusing with a border between the categories. Here is my list of the winner, if I had to choose, in each category: Monterrey Housing in Mexico in Architecture proves that a low cost but sophisticated housing is possible. In Fashion, Boudicca‘s Real Girl digital lookbook is quite clever to show the clothes from a variety of angles with its innovative web technology. PARCS in Furniture is quite fun but also functional that the parts can be combined to fit for a need and a space. In Graphics, I am torn apart between UK’s War Memorial with its state-of-the-art design and classic Swiss Graphic Design and Advertising by Geigy 1940-1970. BBC iPlayer for Interactive – it’s very useful that we can see the BBC program we miss either on the internet or on TV anytime, and we use the service quite often. In Product, Norway’s Blanke Ark changes my image of boring and unexciting voting area, and make me feel like going to vote. Lastly, Honda’s EV-N in Transport is ecological but fun and cute. Last year’s winner was the unofficial Barack Obama poster campaign, and what is your guess for the winner of this year?

Reblog this post [with Zemanta]

Decode: Digital Design Sensations @ V&A

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で8日から始まった、Decode: Digital Design Sensations(〜2010年4月11日)。デジタルアーツ複合組織で、クロスメディアの製作会社であるonedotzero(ワン・ドット・ゼロ)と共同企画された「Decode(解読)」は、Daniel Brown(ダニエル・ブラウン)、 Golan Levinゴラン・レヴィン)、 Daniel Rozin(ダニエル・ローズィン)、 Troika(トロイカ)、 Karsten Schmidtカーステン・シュミット)など、国際的に有名なアーティストやデザイナーの、小さなスクリーンのグラフィック作品から大規模なインタラクティブ・インスタレーションまで、最新のデジタルアートやインタラクティブ・デザインを展示。作品は、コンピュータのコードを使って創り出された「Code(コード)」、ビジターの動きや仕草に反応して変化する「Interactivity(インタラクティブな双方向的コミュニケーション)」、そして最新のテクノロジーや日常生活のコミュニケーションで使われるネットワークシステム(インターネットやメール等)を利用した「Network(ネットワーク)」の3つのテーマに分かれている。

現代のテクノロジーを駆使した作品を集めたこの「Decode」は、先週のオープンした何百年も前の美術品のコレクションであるMedieval & Renaissance Galleriesと対照的だ。まあ好き嫌いはあるとしても、私は結構好き。「Network」の作品はずっと見ていたら頭がクラクラしそうなものもあるし、「Code」はカラフルすぎたり、コンピュータオタクが気合い入れて作りました的な作品が多いけれど(でもTroikaDigital Zoetrope/デジタル式回転のぞき絵は好き)、「Interactivity」の作品はかなり楽しめる。大の大人が前で飛んだり跳ねたり、カメラの前で変な顔をしたり、人を見ているだけでも面白い。私のお気に入りは、前にいる人のシルエットが映るダニエル・ローズィンの「Weave Mirror(編まれた鏡)」(後ろついているたくさんのワイヤも見えるようになっている)や、先っぽについた電球が花のように見えるDaan Roosegaardeダーン・ローズガールデ)の「Duneです

New exhibition of Victoria & Albert Museum, Decode: Digital Design Sensations (Dec 8.09 – Apr 11.10). Curated in collaboration with leading digital arts organization onedotzero, Decode displays the latest developments in digital art and interactive design, from small screen graphics to large-scale interactive installations, by prominent international artists and designers such as Daniel Brown, Golan Levin, Daniel Rozin, Troika and Karsten Schmidt. The exhibition explores three themes: Code presents pieces that use computer code to create new designs; Interactivity shows works that are directly influenced by the viewer and visitors can interact with the displays; and Network focuses on works made by means of advanced technologies and ‘networks’, everyday communications such as internet and e-mails.

This exhibition which is dedicated to modern technology makes a big contrast with last week’s opening of new Medieval & Renaissance Galleries. You may like or not, I was quite impressed: some works in the Network section made me dizzy with lines, dots and stuffs, and the Code themed pieces were too colorful and geeky (Digital Zoetrope by Troika is pretty cool, though), but the Interactivity part was pretty fun. I also enjoyed looking at grown-up adults jumping up and down or making funny face in front of the camera. My favorite works are Weave Mirror by Daniel Rozin; silhouettes of the people in front of it reflects on weaved shiny plates – you can see hundreds of wires on the back of it,  and Dune by Daan Roosegaarde, which looks like a lot of flowers gleaming in the dark – very superb.

Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]