Tag Archives: インターネット

Decode: Digital Design Sensations @ V&A

ヴィクトリア&アルバート博物館(V&A)で8日から始まった、Decode: Digital Design Sensations(〜2010年4月11日)。デジタルアーツ複合組織で、クロスメディアの製作会社であるonedotzero(ワン・ドット・ゼロ)と共同企画された「Decode(解読)」は、Daniel Brown(ダニエル・ブラウン)、 Golan Levinゴラン・レヴィン)、 Daniel Rozin(ダニエル・ローズィン)、 Troika(トロイカ)、 Karsten Schmidtカーステン・シュミット)など、国際的に有名なアーティストやデザイナーの、小さなスクリーンのグラフィック作品から大規模なインタラクティブ・インスタレーションまで、最新のデジタルアートやインタラクティブ・デザインを展示。作品は、コンピュータのコードを使って創り出された「Code(コード)」、ビジターの動きや仕草に反応して変化する「Interactivity(インタラクティブな双方向的コミュニケーション)」、そして最新のテクノロジーや日常生活のコミュニケーションで使われるネットワークシステム(インターネットやメール等)を利用した「Network(ネットワーク)」の3つのテーマに分かれている。

現代のテクノロジーを駆使した作品を集めたこの「Decode」は、先週のオープンした何百年も前の美術品のコレクションであるMedieval & Renaissance Galleriesと対照的だ。まあ好き嫌いはあるとしても、私は結構好き。「Network」の作品はずっと見ていたら頭がクラクラしそうなものもあるし、「Code」はカラフルすぎたり、コンピュータオタクが気合い入れて作りました的な作品が多いけれど(でもTroikaDigital Zoetrope/デジタル式回転のぞき絵は好き)、「Interactivity」の作品はかなり楽しめる。大の大人が前で飛んだり跳ねたり、カメラの前で変な顔をしたり、人を見ているだけでも面白い。私のお気に入りは、前にいる人のシルエットが映るダニエル・ローズィンの「Weave Mirror(編まれた鏡)」(後ろついているたくさんのワイヤも見えるようになっている)や、先っぽについた電球が花のように見えるDaan Roosegaardeダーン・ローズガールデ)の「Duneです

New exhibition of Victoria & Albert Museum, Decode: Digital Design Sensations (Dec 8.09 – Apr 11.10). Curated in collaboration with leading digital arts organization onedotzero, Decode displays the latest developments in digital art and interactive design, from small screen graphics to large-scale interactive installations, by prominent international artists and designers such as Daniel Brown, Golan Levin, Daniel Rozin, Troika and Karsten Schmidt. The exhibition explores three themes: Code presents pieces that use computer code to create new designs; Interactivity shows works that are directly influenced by the viewer and visitors can interact with the displays; and Network focuses on works made by means of advanced technologies and ‘networks’, everyday communications such as internet and e-mails.

This exhibition which is dedicated to modern technology makes a big contrast with last week’s opening of new Medieval & Renaissance Galleries. You may like or not, I was quite impressed: some works in the Network section made me dizzy with lines, dots and stuffs, and the Code themed pieces were too colorful and geeky (Digital Zoetrope by Troika is pretty cool, though), but the Interactivity part was pretty fun. I also enjoyed looking at grown-up adults jumping up and down or making funny face in front of the camera. My favorite works are Weave Mirror by Daniel Rozin; silhouettes of the people in front of it reflects on weaved shiny plates – you can see hundreds of wires on the back of it,  and Dune by Daan Roosegaarde, which looks like a lot of flowers gleaming in the dark – very superb.

Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]

The Policing Pledge: The Home Office’s new campaign

Vodpod videos no longer available.

最近テレビでよく見る、Home Office(イギリス内務省)が先日21日に新しく始めた「The Policing Pledge(警察活動の誓約)」の広告。190万ポンドをかけたこの全国的な広告キャンペーンは、11月、12月の間、イングランドとウェールズの警察が地域住民への義務を謳ったもので、テレビ、ラジオ、雑誌、インターネットで展開、また600万戸の家庭にパンフレットが配られる。

このPolicing Pledgeは、警官は80%の時間を地域のために使い、緊急ではない問題を届け出た住人には48時間以内に会うこと等を約束している。また、12月には、「Name and Shame(名前を公表して恥をさらす)plan」を地元警察と地方自治体に通達、有罪判決を受けた犯罪者をウェブサイトで公表する計画だ。

これは昨年度の統計で、盗みや窃盗などの軽犯罪から性犯罪、強盗、詐欺、暴力犯罪、薬物犯罪の重犯罪まで、全犯罪520万件のうち約3分の1に当たる170万件もの犯罪が、「screening out(ふるい分け)」されて取り調べてられていなかったとして、警察が批判を浴びたことが背景にある。最悪なのはロンドンの首都警察で、通報された犯罪のうち、たった48%しか捜査に至っていない。平均で75%の盗み、70%の器物損壊、55%の窃盗、44%の詐欺や偽造、20%の強盗、15%の暴力犯罪、2%の性犯罪、1%以下の薬物犯罪が「ふるいわけ」されたと言う。私たちもMの自転車を盗まれたり、バイクのナンバープレートを偽造されたりしたことがあるけれど、こんな些細なこと、警察は何もしてくれていないんだろうな。でもこの「ふるい分けシステム」が続けば、犯罪者のやり得、逆に犯罪率が高くなるか心配だ。この「約束」がちゃんと実行されて、地域住民が安心して生活できるよう頑張ってもらいたい。

ちなみにこの広告キャンペーンに使われているデザインは、第二次世界大戦初期の1939年に政府によって作られたポスター(実際には使われなかったが)、「Keep Calm and Carry On(平常心を保って、頑張れ)」を元にしている。このポスターが2000年に「再発見」されてから、多くの企業が使用、このデザインを使ったTシャツやマグカップ、バッグ、ポスター、tea towel(布巾)等さまざまなグッズが作られている。私もこのシンプルだけれど、インパクトのあるデザインが好きで、ポスターを2枚持っている。Mはしばしばパニクってしまうことがあるので、その際はポスターを指差し、冷静になるように自制を促すのにも役立っている。

Recently I have seen few times the TV advertisement of “The Policing Pledge“, a £1.9m national advertising campaign explaining what should be expected of police in England and Wales. Launched on November 21, the Home Office‘s campaign involves adverts on television, radio, magazines and internet throughout November and December, as well as leaflets distributed to 6 million homes.

According to the Policing Pledge, neighbourhood officers should spend 80% of their time on duty in the community and members of the public reporting a non-emergency problems will be seen within 48 hours. In December, the Home Office also introduce “Name and Shame” plan, which encourage police forces and councils to use websites to name key local convicted criminals.

What urges the Home Office to put up the Policing Pledge is the criticism against the police that failed to investigate around 1.7 million out of 5.2 million reported crimes last year, including sex attacks, robberies, fraud, violent crimes and drug offences, as well as large numbers of burglaries and thefts – around one-third of all offences were dismissed as unsolvable within hours by “screening out”. The highest rate of screening out was by the Metropolitan Police, with only 48% of reported offences dealt with in 2008/9. In parts of the country, an average of around 75% of theft are screened out, as well as around 70% for criminal damage, 55% for burglary, 44% for fraud and forgery, 20% for robbery, 15% for violent offences, 2% for sexual attacks, and less than 1% for drug offences. We experienced petit crimes like M’s bicycle stolen or his Vespa’s number plate cloned, but I guess that nothing have been done for it. But criminals are the sole winner with this “screening out” system, and this could endanger the security of the community and possibly encourage more crimes to happen. Hope this campaign will work to regain the public’s confidence and trust in police force, and contribute to reduce the crime rate.

The design used for the Policing Pledge is originally from “Keep Calm and Carry On“, the World War II motivational poster produced by the government in 1939 but never used. It was rediscovered in 2000 and has been re-issued by a number of companies, and used in a range of products such as T-shirts, mugs, bags, posters, tea towels and so on. I like this simple but strong design, and we have two posters ourselves. M gets panic easily and when that happens, it is useful for me to remind him what he should do, by just pointing out the poster!

The Policing Pledge Posters photographed in the summer 2009

Reblog this post [with Zemanta]