Tag Archives: インテリア

Burro e Salvia @ Redchurch Street, Shoreditch

ユーロ危機のせいかどうかは分からないけれど、ここ数年で、イタリア人経営のお店が増えているように思う。6月頭にRedchurch Streetにオープンした、Burro e Salvia(イタリア語で「バターとセージ」の意)もその一つ。

入口を入ると、手作りパスタやハム、チーズなどを売るデリカウンターがあり、その横にはエプロン姿のイタリア人女性がフレッシュパスタを手作りするコーナー。奥には2人がけテーブル2つと、大きめのテーブルが1つだけの小さなイートインエリアがある。天窓から太陽光が入るので明るく、洗練されたインテリアが素敵。毎日手作りされる週変わりのパスタ料理(午後12〜3時まで)は5品ほどしかないけれど、美味しくてしかも全て£10以下とリーズナブル。モッツアレラチーズや生ハム、お惣菜などデリカウンターにある料理やデザートは、時間関係なくいつでもオーダーできる。他の人には秘密にしておきたい可愛いお店。

I am not sure if it is related to the Euro crisis, recently we have seen more opening of restaurants and cafes with Italian owners in London. This Burro e Salvia (butter and sage in Italian), opened at the beginning of June on Redchurch Street, is one of them.

When you go through the entrance, first you see the deli counter selling handmade pasta and mozzrella cheese etc, and then a small area where female staffs make fresh pasta. There are only two small tables for two and a lager sharing table on the eat-in space on the back. The space is small, but chicly decorated and has a lot of light coming through the skylight. Their pasta are handmade daily, and though choice of weekly changing pasta dishes (served 12-3pm) are only a handful, but delicious and even reasonable which are under £10. They also have all day plates from the deli counter such as prosciutto ham and mozazrella cheese, as well as deserts.  A little gem of the area.

アンティーク調の食器棚 / Antique cupboard

エスプレッソはモカエクスプレスでサーブされる。シチリア産のアーモンドミルク(50ペンス)といただくと、さらに美味しい

Espresso is served with ‘MOKA’ pot. It tastes better with Sicilian almond milk (extra 50 pence).

The Garrison Pub @ Bermondsey Street

Bermondsey Streetを散策した後は、Garrisonで一休み。この店はパブなのだが、中はどう見てもレストラン。ディナータイムが始まる前の夕方、全てのテーブルにはナイフ&フォークとワイングラスがセットしてあり、食事をしない客はカウンターや窓際の座り心地の悪いスツールに座るしかない。

パブと言うとアルコールのイメージがあるが、実はコーヒーやお茶だけでもオッケー。でも美味しいエスプレッソが出たためしがないので、パブではコーヒーは飲まないようにしているのだが、Garrisonのインテリアがあまりに可愛かったので、立ち寄ることに。ヴィンテージの家具、アンティークのお皿やカップ、フレンチカントリー風水差し、そして鹿の頭の剥製など、じっくり店内を観察するのも面白い。でもコーヒーに関しては予感的中。Mの「ロンドンでローストした、オーガニック&フェアトレード」のエスプレッソは、本人曰く、かなり残念な味。それを見越して、私はフレッシュミントティーにしたからよかったけど。サービスの方も、低額のノンアルコールの飲み物しかオーダーしない私たちのような客には店員も無関心。食事はしていないので料理の味は分からないが、2012年2月付Time Out誌のレビューは芳しくない。それでも帰る頃には、席が埋まりつつあったので、この「ファンキーでクール」なGarrisonは、殿様商売でも安泰なんだろう。

After a stroll on Bermondsey Street, we had a little rest at the Garrison. They call themselves a ‘pub’ but it looks more like a restaurant; in the late afternoon, cutlery and wine glasses were set on each table, except rather uncomfortable counter and window side stools.

We don’t normally have coffee at pubs, because they obviously focus on alcohols and espresso is not good in general. But we went to the Garrison because of its funky interior: vintage furniture, antique ceramics, French country style water jugs, and mishmash of bric-a-brac. Our anticipation was right: M’s espresso, “organic & fair trade, roasted in London”, was imperfect to say the least. Thank god I ordered fresh mint tea – teas cannot go wrong. And the staff was rather uninterested in a customer like us, just having a non-alcoholic beverage. I am not sure about their food, but Time Out (Feb 2012) review was not good. After all, they are cool and nothing matters.

ウェブサイトもキュート / Their website design is very cute

The Attendant Café @ Foley Street, Fitzrovia

The Attendantは、1890年頃に建てられた男性用公衆便所という、飲食店では考えられないロケーションに今年2月にオープンした、ユニークなカフェ。1960年代から50年以上、使われないで放置されていたものを、10万ポンドと2年という歳月をかけて計画・改築、徹底的に清掃を行い完璧に清潔にしたという。昔の管理人部屋はキッチンとして生まれ変わったが、鋳鉄製の凝った外観、ヴィクトリア朝時代のフロアタイル、またカウンターブースに改造されたDoulton & Co社製のポーセリン便器など、オリジナルの特徴も残している。

→before&afterの写真:Daily Mail

このカフェは、提供するフードやドリンクの品質にも注意を払う。ミシュラン星付きのレストラン・Pollen Street Socialで働いていたというシェフが、青果卸売市場のNew Covent Garden Marketや、Ivy House Farmなど厳選された業者から仕入れた高品質の食材を使い、腕を振るう。コーヒーはCaravan Roasteryの豆を使用。バリスタの一人に見覚えがあると思ったら、オールドストリートのカフェ・Salvation Janeで以前働いていた人だった。

元公衆便所(しかも男性用)と思うと、ちょっと生理的には微妙なところだが、雰囲気はいい。小さなお店だから混んでいる時間は席取りが難しそう。ミシュラン星レストラン出身のシェフの作った「グルメ」サンドイッチもこだわりのコーヒーも、取り立てて美味しいと言う訳じゃないけれど許容範囲。しかし私的に問題なのは、店内にトイレがないこと。このカフェに行こうと思っている方(特に女性)はご注意を。元トイレにトイレがないなんて趣味の悪い冗談みたい。この事に気付いたのが、フラット・ホワイトを飲み終えてほっこりしていた時。Mはまだ食事中だったので、一旦外に出て他のカフェを探し、トイレを使わせてもらうために再び飲み物を買う羽目になった。小さかろうが場所がなかろうが、利尿作用のあるのコーヒーや紅茶を出すお店で、トイレがないのは信条的に許せない。考えてみたら、スタッフ用トイレはある筈だから、お客にも開放すべきじゃないかと思う。しかしロンドンには、この手の「お客様は神様」と考えないカフェが多い。そして私はそんな傲慢なカフェには、どんなにお洒落でも美味しくても、基本行かないことに決めている。

The Attendant café is housed in an unlikely location for eateries – a toilet. Built around 1890, this former men’s public toilet had been abandoned since the 1960s for more than 50 years, before this tiny café opened in February this year. After two-years of planning and £100,000 restoration, the place was jet-washed and now is thoroughly ‘clean’. The old attendant’s office has become a kitchen. They have kept some original features such as the cast-iron exterior, Victorian floor tiles, Doulton & Co porcelain urinals converted into sitting booths.

→before&after photos: Daily Mail

In addition to its unique history and appearance, the café also care about the quality of food. Their sandwiches are created by a chef who previously worked at Michelin-star Pollen Street Social, using quality produce from New Covent Garden Market and carefully selected producers such as the Ivy House Farm. They buy their coffee beans from Caravan Roastery. We spotted one of the baristas who used to work at Salvation Jane, an Old Street venue for good coffee. 

The Attendant certainly has a character. Their michelin-level ‘gourmet’ sandwich was OK as well as their coffee, but not exceptional. But that’s not a problem. My problem was there is no toilet!! This is a warning for a potential customer, especially ladies. It is a bad joke – a toilet without toilet.  I realised it after I had my flat white, and had to go out and looked for another café, buying another drink to use their toilet. Coffees and teas are stimulant, and I have a strong belief that all cafés for eat-in should have a toilet, no matter how small it is. There should be one for staffs, so why don’t they share with customers?! In fact, there are so many cafés  in London that don’t offer a toilet to their customers, and I refuse to go to this arrongant café without toilet.

Flatplanet @ Great Marlborough Street, off Carnaby Street

Carnaby Streetの北側、Great Marlborough StreetにあるFlatplanet。「ヘルシーなファストフード」を標榜、イギリス産有機栽培のスペルト小麦を使ったFlatbread(ピタナンのような平パン)に、チョリソ、モッツアレラチーズ、パンチェッタ、モロッコ風チキンなど地中海風トッピングをのせた、ピザのような食べ物が売り物。オーナーは、同じくヘルシー系ファストフードチェーン・Leonを立ち上げた人物。なるほど、店の健康志向コンセプトから、レトロで洒落たインテリアまでLeonとそっくり。私は、野菜と穀物をたっぷり使ったLeonのフードは、肉系の具の味を隠してしまって野菜の味しかしないので、肉好きの私には「健康的」過ぎて好きじゃない。それに比べ、Flatplanetのフラットブレッドは、パン自体はちょっともそもそしているけれど、具はフレッシュで美味しい。フラットブレッドの写真は撮りたてほやほやだけれど、店内の写真はかなり前に撮ったものなので、若干変わっているかもしれないのでご容赦を。

Flatplanet on Great Marlborough Street (just off Carnaby Street), is a fast food restaurant that offers a range of organic English spelt flatbreads with a variety of toppings inspired by mediterranean cuisine such as chorizo, mozzarella, pancetta and Moroccan chicken. The founder of Flatplanet is the same with Leon, another ‘healthy’ fast food chain. In fact, the two places look alike with their casual retro style interior as well as their ‘healthy fast food’ concept. I don’t fancy Leon’s food because they put too much vegetables and grains and I can’t taste my ‘meat’ – it is too ‘healthy’ for me. But Flatplanet’s flatbread was not bad – toppings were fresh & juicy, though spelt bread was rather dry. *A photo of flatbread is freshly taken, but I took the rest of photos quite a while ago, so it may have changed a bit.

Buffalo Soldier (front: £6.90 eat-in) and Meatball (back: £6.90 eat-in)

Panino Giusto @ Royal Exchange, Bank

ミラノに本店を置くイタリアのサンドイッチ・チェーン、Panino Giustoが4月22日、ロンドン一号店をバンク駅近くにあるRoyal Exchange Buildings(旧王立取引所)内にオープンさせた。1979年にミラノに最初の店を構えたPanino Giustoは、現在ミラノを中心にイタリアに22店、東京・横浜に計5店を展開。多様なパニーニ・サンドイッチの他、Stuzzico(アペタイザー、食欲をそそるの意)、サラダ、ハムやサラミ、チーズ、数は少ないが肉料理、そしてセレクトされたイタリアンワインが楽しめる(イタリア語メニュー)。

地上・地階計140席有する、この高級感漂うレストラン、月曜から金曜まで、朝11時半から夜中12時まで開店している。金融街のど真ん中という場所柄、スーツ姿の人たちが多い。でも、そのいかにも高そうな外観にも関わらず、お値段はリーズナブルで、パニーニは大体£8以下。注文した、ローストビーフがたっぷり入ったMontaguパニーノが£6.80、モッツァレラチーズとドライトマトのカプレーゼは£5.80(写真下)。それに比べると、カモミールティー£3がちょっと高過ぎるように感じてしまう。

Milan-based Italian sandwich chain, Panino Giusto opened its first restaurant in London on April 22 at Royal Exchange Buildings near Bank (Panino Giusto blog). Panino Giusto now has 22 restaurants in Italy (17 in Milan) and 5 in Japan (I didn’t know that), after 30 years of opening its first restaurant in Milan in 1979. You can enjoy a wide range of toasted panini sandwiches, cold & hot dishes such as Stuzzico (appetiser, stimulate an appetite in Italian), charcuteries and cheeses, salad, and few meat dishes as well as selected Italian wines (menu in Italian only). 

This elegant two-floor restaurant can host 140 diners, and opens from 11.30am to midnight, Monday to Friday. Located in the heart of the financial heart of London, the restaurant obviously targets city business people. But on contrary to its posh look, their freshly made food is rather reasonable, and their panini cost no more than £8 except few. Montagu panino with roast beef cost £6.80, and generous portion of Caprese with Mozzarella cheese and san dried tomato is £6.80 (photo below). So chamomile tea for £3.00 seems pricey in compare.