Tag Archives: イーストエンド

Red ‘Church’ Sculpture @ Bishops Square / Old Spitalfields Market

Art @ Old Spitalfields Market

Old Spitalfields Marketの南西の角、Bishops Squareに置かれている、イタリア人アーティスト・Eleonora Aguiariのアート作品。近くにある、Christ Church Spitalfields(クライスト・チャーチ・スピタルフィールズ教会。写真の右奥に少し見える)のシルエットを模している。ビビッドな赤い色が、ビルやレンガ造りの建物の間で際立ち、シンプルだけれどインパクトがある作品だ。Old Spitalfields Marketにはちょくちょく行っていたのに、なぜか今まで全く眼中に入らなかったが、今日ふと気づいた。広場の真ん中にある、こんな目立つ作品にどうして気づかなかったのか不思議だ。

リバプール・ストリート駅近くに位置する、スピタルフィールズ・マーケット(Old Spitalfields Market)は、City of London Corporationシティ・オブ・ロンドンの行政機関)の所有する、歴史あるマーケット。1638年にチャールズ1世が肉類の販売を認可して以来(当時は「Spittle Fields」と呼ばれていた)、ずっとマーケットがあった場所に立地する。1682年にはチャールズ2によって、以前は野原であったところに、急速に増加する人口に食べ物を目的に公共の市場「Spitalfield’s Market」が設置された。現存する建物は、1887年に卸売り市場として建設された当時のもの。1991年に、卸売りの野菜・果物市場はNew Spitalfields Marketに移転。現在は改築され、広々としたオープンスペースには、インテリア、ファッション、アート、アンティーク、ジュエリー、フード等の個性的なマーケットストール(Market Stall)が並ぶほか、カフェやレストラン、ブティック、ショップ等がテナントとして入っており、流行に敏感な若者やシティで働く人たちでいつも賑わっている。スピタルフィールズ・マーケットは毎日オープンしているが、マーケットストールは日によって変わり、第1・3水曜日は食品、レコード、本、木曜日はアンティーク、金曜日はファションとアート(詳細はウェブサイトで確認を)。でも、食事やお茶したり、デリのストールで買い物する以外、私たちが買いたい!と思うものはあんまり売っていない。ちょっと私たちには「個性的」すぎるかも。そうかと思うと、レストランやカフェは「個性」のかけらもないチェーン店も多い。要は何でもありのマーケットなのだ。

The bright red sculpture in the Bishops Square at the south-west corner of Old Spitalfields Market, is the work of Italian artist Eleonora Aguiari. This is a silhouette of the nearby Christ Church Spitalfields (you can see a glimpse of it on the right hand in the photo). The sculpture is simple but distinctive, and its strong red color stands out among monotonous office buildings and dark red brick properties around. I have visited Old Spitalfields Market every now and then, but it had never caught my eyes until today, for some reason. It is strange – the sculpture is in the middle of the square and it is in eye-catching red…

Old Spitalfields Market or simply ‘Spitalfields’ in East London, few minutes walk from Liverpool Street Station, is a historic market owned by the City of London Corporation. There has been a market on the site since 1638 when Charles I of England gave a licence for flesh, fowl and roots to be sold in what was then known as ’Spittle Fields’. This was on the site of a public market ‘Spitalfield’s Market’, founded in 1682 by Charles II to feed the grwoing population of this suburb of London, that had previously been open fields. The existing buildings were built in 1887 to service a wholesale market, but the original wholesale fruit and vegetable market moved to New Spitalfields Market in 1991. Spitalfields was renovated since then, and now houses shops, boutiques, cafes and restaurants and its open space hosts a variety of market stalls such as interior, fashion, art, antique, jewelry, books, records and food. Spitalfields attracts hip youngsters as well as business crowds who work in the city. It opens everyday, but market stools changes according to the day – Deli, records & books on the 1st & 3rd Wednesday of the month, Antiques on Thursday, and Fashion & Art on Friday etc (check their website for the details). But we just go to the cafes and restaurants and never buy anything from these stools, except deli or food – may be their products are too ‘unique’ for us. On the contrary many cafes and restaurants at Spitalfields are chain without any personality. In a word, everything goes there to accommodate everyone.

Spitalfields Market – AntiqueSpitalfields – Fashion stool

Reblog this post [with Zemanta]

M Got a New Swimwear @ START, Shoreditch

ORLEBAR BROWN BULLDOG CLASSIC BEACH SHORTSSTART @ Shoreditch

Mが探し求めていた理想の水着を手に入れた。ロンドンを拠点に、高品質の男性用スイムウェアを提供するORLEBAR BROWNは、プロの写真家と弁護士と言う経歴を経て、長年ファッション業界に携わっているAdam BrownとJulia Simpson Orlebarによって経営されている。タイトすぎず且つダブつかず、40代前半という年齢に見合う、クラシックかつ洗練されたデザイン、という基準にあう水着は意外とない。このORLEBAR BROWNのBulldogラインの水着は、少し長めの股下もエレガントだし、コットン/ポリアミド混合の速乾性の素材、またショートパンツにも見えるデザインで、ビーチやプールサイド以外の場所でも恥ずかしくない。値段は高めの£125。かっこよくない水着4着を買うより価値があるとはMの弁。元を取るためにMには5年は愛用してもらわねば。

購入したのは、ショーディッチ・Rivington Streetにある「START」。STARTは、アメリカ人のカルト的ロックスター・Brix Smithsとパートナーでメンズファッション・チェーン「Woodhouse」の創業者Philip Startによって始められた。女性用と男性用の店は分かれており(道を隔てて向かい)、イーストエンド風のエッジの効いたデザイナーズ・ブランドのセレクトで人気の店だ。

M got his ideal swimwear at START in Shoreditch. Based in London, ORLEBAR BROWN, which produces good quality men’s beach and swimwear, is run by Adam Brown and Julia Simpson Orlebar who have been involved in the fashion industry for many years, with previous experience as a professional photographer and a lawyer. It was not easy to find a swimwear which is not too tight or too buggy, and is classic and sophisticated for his age (early 40s). ORLEBAR BROWN’s Bulldog line swim shorts wouldn’t be embarrassing to go further than beach or pool side, with its longer-than-usual inseam, quick drying cotton/polyamide fabric, and its design can be looked as normal shorts. It costs pricy £125, but according to M, it is worth more than four bad-design-swimwears.

Purchased at ‘START‘ on the Rivington Street, Shoreditch. START is started by American former cult rock star Brix Smiths and her partner Philip Start, the founder of menswear chain ‘Woodhouse’ owner. The store has separate locations nearby for men’s and women’s wears, and has cool range of designers clothes with Eastend cutting edge styles.

Reblog this post [with Zemanta]

Lock 7 Cafe @ Broadway Market

lock7-2lock7-3

またまたランチネタが続きますが、今日のランチは、Hackney(ハックニー)区のBroadway Market近くにある、Lock 7で。Broadway Marketがオープンする土曜日だったので、店内は混んでいた。2008年4月にオープンしたLock 7は、自転車修理・中古自転車販売もする「サイクル・カフェ(cycle cafe)」。修理を待つ自転車や中古自転車、またオランダ等から輸入した素敵な自転車用品が並ぶ入口を通り過ぎると、温もりのある、使い古された感じの木製の椅子とテーブルがある、ゆったりとしたカフェスペース。天気のいい日は、大きな窓に面した通りやRegent Canal(運河)の眺めが気持ちいい。観光客があまり来ないエリアなので、センスのいい地元住民の憩いの場になっている。
ロンドンの下町のEast End (イーストエンド)、HackneyにあるBroadway Marketは、アーティストやデザイナー、クリエーターや若者に最近人気のエリア。毎週土曜日に開催されるオーガニック食品やビンテージの洋服、手作りの小物等を売るマーケットには、たくさんの人が集まる。歩いて5分もかからない短い通りに、洒落たカフェやレストラン、セレクトショップと、下町らしい食品雑貨店やコインランドリー、East End名物・Pie & Mashの店やフィッシュ&チップス店が混在する。マーケットを抜けて、London Field(ロンドン・フィールド)公園を散歩するのが、私たちのお決まりのルート。土曜日のマーケットや他のカフェ等については、また次の機会に。

Another of our usual lunch places – Lock 7 near Broadway market in Hackney. The cafe was almost full since the Broadway Market opened today on Saturday. Lock 7, opened in April 2008, is a ‘cycle cafe’ where you can repair your bike or buy a second hand bike and accessories imported from Netherlands etc. The back of the bike area is an airy cafe with old school diner style wooden tables and chairs. You can enjoy man-watching on the Regent Canal and the street with large windows. This area is not touristy so the cafe is the meeting and relaxing place for a local people. M got same old Ciabatta sandwich with mozzarella, pesto, and artichokes.

The Broadway Market is located on London’s East End, Hackney, and becoming hip and popular among young creators. On this very short street less than 5 minutes walk, there are rusty-chic cafes, organic delis, restaurants, shops mixing with grocery stores, Pie & Mash and fish & chips shops for Eastenders. The market opens every Saturday, and it is a bit chaotic with lots of visitors and stools selling organic foods, vintage clothes, and handmade accessories etc, on a tiny street. Talking a stroll in the London Field after lunch, through Broadway Market, is our usual route. Will talk about the Saturday market and other cafes later.

Reblog this post [with Zemanta]