Tag Archives: イースト・エンド

This Bright Field @ Cambridge Heath Road, Bethnal Green

今年の夏にオープンした、The Bright Fieldカフェ&レストランは、OmbraHackney BureauHurwundekiなどに続き、イースト・エンドのCambridge Heath Roadに近年誕生したヒップなカフェの一つ。以前お花屋さんだった場所にできたこの店の名前は、Spitalfieldsについて書かれたWilliam Taylorの本のタイトルから取られており、その名「Bright Field」のごとく陽当たりがよく明るい店内は、気取らずシンプルで居心地がいい。店の真ん中に陣取っているオープンキッチンで作られる、朝食&ランチ(月〜金)、ディナー(木〜土)、週末のブランチと、新鮮でハイクオリティだけどイースト・ロンドンお手頃価格の食事は、オープン数ヶ月にして既に大人気。ゆっくり食事したいなら、混雑する時間は避けた方がベター。

食べ物の写真はここ

The Bright Field café/restaurant opened in this summer of 2012, where used to be a florist, I believe. This is a recent addition to the Cambridge Heath Road on East End, where some hip eateries opened recently such as Ombra, Hackney Bureau and Hurwundeki. With its name taken from William Taylor book about Spitalfields, this bright casual-chic café, equipped with a spacious open kitchen visible by customers, has been very popular because of their fresh & high quality food for breakfast & lunch (Mon-Fri), supper (Thu-Sat), and weekend brunch with affordable East End price. If you want to dine relaxingly, avoid the busy time.

photos of their food

カンバーランド・ソーセージ、粒マスタード、トマト・レリッシュHampshire

産watercress(オランダガラシ)入りサンドイッチと、ベーコン、オーガニックの卵から作られたマヨネーズ、アボカドのサンドイッチ(各£6)。美味しかったけれど、お腹ぺこぺこだったので、もう少し大きかったら嬉しかった。

Cumberland sausage, grain mustard, tomato relish, Hampshire watercress sandwich and Sweet cured bacon, organic egg mayonnaise, avocado sandwich (£6 each). Those sandwiches were good but I wish it would be a bit bigger – we were quite hungry!

Viet Grill @ Kingsland Road, Shoreditch

Viet GrillViet Grill
Old Street(オールド・ストリート)駅から徒歩10分程度、スタイリッシュなバーやクラブが集まるホクストンから程近い、Hackney(ハックニー)のKingsland Road(キングスランド・ロード)南部、オールド・ストリートとの交差点からジェフリー・ミュージムの間には、多くのベトナム料理レストランがある。ヒップなホクストンエリアと比べ、ちょっとうらぶれた感じのキングスランド・ロードのベトナム料理店は、安価で庶民的な感じのところが多い。フォー(汁麺)の有名店Song Que(ソン・ケ) や、美味しいと評判の Viet Hoa(ビエト・ホア)、私の友人お気に入りのLoong Kee(ルーン・キー)などあるが、インテリアで選ぶなら、オールド・ストリートにある人気店、Cay Treの姉妹店で、最近改装された、 Viet Grillヴィエト・グリル)。外観はゲーセンか安っぽいナイトクラブという感じだが、内装は最近人気のダークウッドの家具、オリエンタル調とモダンスタイルをミックスし、スタイリッシュに仕上がっている。地下にもテーブルがあるので、大人数のパーティにも最適。写真はランチタイムも終わった日曜午後のものなので、客もまばらだが、夜はかなり繁盛している。お味もなかなかだが、私たちの定番・フォーは、塩かMSG(グルタミン酸ナトリウム)の入れ過ぎか、スープの味が少し濃すぎて、食べた後も喉の乾きを覚えた。ロンドンでは、いまだ、これだ!と思えるフォーに出会っていない。アメリカの地方都市、ジョージア州アトランタで食べたフォーはとても美味しかった。それなのに「国際都市」ロンドンで美味しいフォーが食べられないのは皮肉だ。イギリスでは、MSG(うまみ調味料、味の素)が体に悪いと信じている人も多く、「No MSG」という張り紙のある中華レストランもある。Mもその一人で、アジア系の食品や調味料を買う時に、ラベルを厳しくチェックするので、時に買いたいものが買えず困る。

About 10 minutes walk from the Old street tube station, you see many Vietnamese restaurants on the south part of Kingsland Road in Hackney, between the intersection with Old street and the Jeffrye Museum. In contrast to hip and edgy atmosphere of nearby Hoxton, Kingsland road is less lively and desolated, and many Vietnamese restaurants there are cheap and authentic but not the coolest ones in town. Among many Vietnamese in the area, such as Song Que (popular with its Phở noodle soup), Viet Hoa (with hight reputation), or Loong Kee (my friend’s favorite. cheap & yummy),  Viet Grill may be the place for you, if you are interested in design and trend in London. Recently renovated Viet Grill is a sister restaurant of popular Cay Tre on Old street . The interiors with dark wood furniture and exotic wallpaper is a fusion of oriental taste and modernity, and quite stylish, in compare with the other Vietnamese restaurants on the same street. The restaurant is pretty big and there are also tables downstairs, so it is perfect for a big party as well. The picture above is taken on Sunday afternoon after lunch time and you don’t see many people, but it could be pretty busy at dinner time. The food is decent, but our favorite Vietnamese dish, Phở, was a bit disappointing — too salty or maybe they used too much MSG (?), and we were quite thirsty after the meal. We still can’t find the perfect Phở in London! Ironically, when we went to Atlanta Georgia, we had excellent Phở and ‘world-international-city’ London should be able to offer the same level (!!). In UK, many people believe that MSG is harmful for your health, and you see the sign ‘no MSG’ at the storefront of some Asian restaurants — M is one of them — and he always checks the labels (and always complains) when we shop at an Oriental-Asian foods store — it’s a ‘pain’ sometimes because I can’t buy what I want!

 


east festival @ London East End

east Festival 2009 brochureAllofUs Digital Installation: After Xenakis and Le Corbusier

3月5日から10日まで、ロンドン・イーストエンドで、Mayor of London(大ロンドン市長)主催、「East」フェスティバルが開催中だ。期間中は、Central East 地区(シティショーディッチホクストンホワイトチャペルスピタルフィールズ)、ハックニーストラットフォードのエリアで、パフォーマンス、アート、歴史、ファッション、デザイン、映画、食などに関連する、300以上のイベントが行われている。以前にも、私の住むハックニー区について書いたが、東部ロンドンは、南アジア系等多様な移民文化を感じさせるとともに、アーティストやクリエイターが多く住むエリア。ストラットフォードは、2012年ロンドン・オリンピックの開催地となっている。

上の写真は、「AX&L(After Xenakis and Le Corbusier)」という、スピタルフィールズ・マーケットに設置された、インタラクティブ・インスタレーション。バービカン・センターで開催中の「Le Corbusier: The Art of Architecture」(ル・コルビジェ:アートとしての建築)展と、現代音楽作曲家のIannis Xenakisヤニス・クセナキス)のコンサート/映画に触発された、このコンクリート製の石臼のようなインスタレーションは、デザイン・コンサルタントのAllofUsが、2人のマエストロの数学的原理を採用して、East(東)の音とスペースを構成したものらしい。石臼のように上の部分を回すと、奥のスクリーンの映像と音楽が、それに呼応する。でも正直、映像と音楽が何を意味しているのかよくわからなかった。スクリーンも小さく、インパクトがない。またスクリーンの映像、情報デザインも、よくできている、とは言いがたい。ありがちな、意図は高邁だが、結果は???な「アート」か。

From March 5th to 10th, East End of London is hosting the  ‘East‘ festival (curated by Mayor of London), celebrating the rich creative mix of the area. The festival features more than 300 events covering performance, art, history, fashion and design, film and food, across Central East (The City, Shoreditch, Hoxton, Whitechapel, Spitalfields), Hackney and Stratford. As I wrote about a borough of Hackney, where we live, East London has the unique mix of a variety of immigrant cultures and cutting edge arts and creations. Stratford will be the primary location of the 2012 Summer Olympics.

The photo above is an interactive installation ‘AX&L‘ (After Xenakis and Le Corbusier) at Spitalfields Market. Inspired by the Barbican’s exhibition ‘Le Corbusier: The Art of Architecture‘ and the modernist composer Iannis Xenakis documentary/concert, design consultancy AllofUs has adopted the mathematical principles of the two masters to form sound and spatial compositions especially for East. When you turn the top of this concrete ‘piloti’, the screen and music corresponds to the movement. However, its screen is too small and doesn’t give much impact. I also didn’t understand how the images and sounds represent the east end, and graphics and information design is not quite well done as well – another ‘great idea but the result is weak’ installation.

Reblog this post [with Zemanta]