Tag Archives: オリンピックスタジアム

Olympic Synchronised Swimming Women’s Duet Final @ Aquatics Centre, Olympic Park

初めてのオリンピック・パーク体験!期間中に、ロンドン東部のストラトフォード・シティにあるメインのオリンピック会場を見たいがために、£120するシンクロのデュエット決勝のチケットを買った。

My first time at Olympic Park in Stratford City! I bought a ticket for synchronised swimming women’s duet final for £120, just to see the Olympic Park during the Games.

アニッシュ・カプーアセシル・バルモンドがデザインした展望塔・Orbitオービット)。

Observation tower, Orbit, designed by Anish Kapoor and Cecil Balmond of engineering Group Arup.

シンクロ会場のAquatics Centre(アクアティクス・センター)。世界的女性建築家、ザハ・ハディッドがデザイン。

Aquatics Centre hosted synchronised swimming, designed by world-renown female architect Zaha Hadid.

決勝に進出した12組のペア。観客席はかなり急で、見上げるとかなり怖い。下の方の席で良かった。でも最高Aクラスの割に(このクラスのチケットしか残っていなかった)ポジションが良くなくて残念。

Twelve pairs who went through to the final. The audience seats was very steep and bit scary to look up – thank god my seat was on a lower row. I was a bit disappointed by the position which is quite angular despite of its most expensive A class price (only this class was available).

12番目に登場した日本ペア(乾友紀子、小林千紗組)。金はロシア、銀はスペイン、銅は中国という結果で、日本は残念ながら予選と同じ5位に終わった。→結果詳細

Japanese pair who performed last. Russia got gold, Spain earned silver, and China received bronze, and unfortunately Japan resulted in 5th, the same position at the qualifying round. →full result

オリンピックスタジアムを眺めながら飲食する人々。

Eating & drinking area, overlooking Olympic Stadium.

オリンピックスタジアム横にある、座席数1500の世界最大のマクドナルド(参考記事)。

The world’s largest McDonald’s with 1,500 seats next to the Olympic Stadium (related article).

水球専用のWater Polo Arena(ウォーター・ポロ・アリーナ)。

Water Polo Arena, the first dedicated water-polo venue.

自転車競技施設・Veloparkヴェロパーク)。自転車競技は、ボートと並びイギリスのお家芸で、計9個(金7・銀1・銅1)のメダルを獲得した。

Velopark cycling centre. Cycling is British speciality together with rowing, and Team GB won total of 9 medals (7 Gold, 1 silver, 1 bronze) in this venue.

会場出入口のStratford Gate(ストラトフォード・ゲート)から見える、アクアティクス・センターの裏側。五輪のロゴが掲げられている。

The back of the Aquatics Centre wit Olympic logo, from the Stratford Gate.

Advertisements

Olympic Torch Relay Started on May 19 / How Was the Olympic Flame Carried?

ご無沙汰しています!長らくお休みしていたので、どうも今一つやる気が出ないのですが、今日から重い腰を上げてブログを再開します。

オリンピック開催まで後2ヶ月余り。オリンピック聖火が18日、特別に彩色されたブリティッシュ・エアウェイズ機「Firefly(ホタル)」によってアテネから運ばれ、イギリス南西部・コーンウォールにあるRoyal Naval Air Station(英海軍航空基地)に到着。その後の歓迎式典で、スポーツ選手というよりファッションデザイナーのごとき風貌になったサッカーのイングランド代表元主将、デービッド・ベッカムにより、特設小型聖火台に聖火が点された(参照:Daily Mail)。翌19日、ランズエンド岬(Land’s End:地の果て)をスタート地点に、オリンピック聖火リレーがスタート。栄えある第一走者は、セーリングで3つのオリンピック金メダルを獲得したコーンウォール出身のBen Ainslie(ベン・エインスリー)選手(参照:Daily Telegraph)。聖火は約8000人の聖火ランナーの手で、70日かけて、イギリス全土とアイルランドの一部約8000マイル(12,800 km)を旅し、7月27日の開会式で、ロンドンのオリンピックスタジアムの聖火台に点される(聖火リレールート)。

オリンピックの聖火はどうやってアテネから運ばれたのか?ブリティッシュ・エアウェイズの機内誌「high life」でその謎を発見した。聖火は、「symbolic flame(象徴としての炎)」として、特別許可を得て機内に持ち込むことができるとのこと。ギリシャのオリンピアにあるヘーラー寺院で「太陽光を利用して採火された」聖火は、ギリシャ国内での8日間のリレーを経て、5月17日にアテネのパナシナイコスタジアムでの式典でロンドンオリンピック委員会に手渡された。4つの儀式用ランタンに入れられた聖火は、特別仕様の受け台と共に、シートベルトとVelcro(マジックテープ)によってビジネスクラス座席1A・1Bの2席にしっかり固定、お目付役に見守られて4時間の空の旅を無事終えた。

After having long break, I restart my blog today, though I am a bit rusty in writing.

2 months+ to go to the London Olympic 2012. On May 18th, specially decorated British Airways flight “The Firefly” brought Olympic Flame from Athen to Royal Naval Air Station in Cornwall, south west of England. After arrival, the London 2012 torch was lit from the Flame at the welcome ceremony and was passed to former England football team captain David Beckham who lit a cauldron where it burned overnight (Daily Mail). The next day on 19th, the Olympic Torch Relay started from Land’s End, carried by the first torchbearer Ben Ainslie, three-times Olympic gold medallist in sailing from Cornwall (Daily Telegraph). The Flame will travel about 8,000 miles in 70-day around the UK (and a bit of Ireland), carried by 8,000 torchbearers, to the final destination, London’s Olympic Stadium, on the opening ceremony on July 27th (Olympic Torch Relay Route).

I happened to find the information of how to bring the Olympic Flame on the British Airways inflight magazine “high life“. The Olympic Flame is classified as a symbolic flame so it is permitted to be carried on board an aircraft subject to special authorisation, according to the article. After being lit by the “power of the sun” at a ceremony at the Temple of Hera in Olympia, following an 8-day relay tour of Greece, the Flame was handed to London 2012 delegates in the Handover Ceremony at the Athen’s Panathinaiko Stadium on May 17. Then the Flame traveled in a set of four ceremonial lanterns that are secured in a specially designed cradle, firmly fixed to the business class seats 1A and 1B with a seat belt and Velcro strap, accompanied by an Olympic Flame Minder.

聖火運搬という重要任務を果たしたブリティッシュ・エアウェイズの「Firefly」/ “The Firefly”BA’s special airplane that carried the Flame

ビジネスクラスに固定された聖火 / Olympic Flame, securely fixed to the business class seats