Tag Archives: オリンピック

Olympic Women’s Football Quarter Final @ Cardiff Millenium Stadium

私のオリンピック体験2番目は、ウェールズの首都・カーディフミレニアム・スタジアムで行われた女子サッカー準々決勝、日本対ブラジル戦。カーディフまではパディントン駅から電車で2時間ちょっと。Super Off-Peak Returnという混雑時以外に使用できる割安切符でも往復£67.50(約8250円)かかる(see past entry for more about train fare)。ロンドンの会場で行われる試合は、チケット代にゾーン1〜9内乗り放題の1日券が含まれているのに、ロンドン以外の会場だと何もなし。甚だ不公平だ。そもそも「ロンドン・オリンピック」と銘打っているにも関わらず、男女ともサッカーの試合は、ウェンブリー・スタジアムで行われる数試合を除き、グラスゴーニューカッスルマンチェスターコヴェントリー、カーディフと、ロンドン以外のスタジアムで行われる。ロンドンは、ウェンブリー・スタジアムに加え、3万5000人以上収容できる大規模スタジアムが5つもあるのに(エミレーツ・スタジアムスタンフォード・ブリッジホワイト・ハート・レーンブーリン・グラウンド)、どうしてオリンピックで使用わないんだろう?LOCOGロンドンオリンピック・パラリンピック組織委員会)が、他都市にもオリンピック気分を味わってもらうためにそうしたのではないかと勝手に推測しているのだけれど、各地への移動を強いられる選手たちやサポーターにとっては、移動時間も出費もかかるし、たまったもんじゃない。

でも、2−0で日本が勝ったし、カーディフの人たちは皆フレンドリーだったし、翌日カーディフ観光も楽しんだということで、無駄足ではなかった。またカーディフ観光については後日書きます。

My Olympic game no.2 was the women’s football quarter final at Millennium Stadium in Cardiff. Cardiff is about two hours away by train from London Paddington station, and it cost £67.50/pp for Super Off-Peak Return fare, which is cheaper than normal fare but not cheap for supporters travelling from London (過去のエントリー. It is unfair that an Olympic ticket for any London venue includes one day travel card which you can travel free of charge within zone 1-9 (basically anywhere in London), but nothing for non-London venue. It’s a bit strange as it is called ‘London’ Olympic, but most of the Olympic football games both women’s and men’s tournaments are held outside London, except some at Wembley Stadium; in Glasgow, New Castle, Manchester, Cardiff and Coventry. London has five large football stadium with a capacity of over 35,000; Wembley StadiumEmirates StadiumStamford BridgeWhite Hart Lane, and Boleyn Ground, and I don’t understand why these stadium can’t be used for the Olympics! I guess that LOCOG intends to share some excitement with other British cities, but it is not nice for footballers and supporters who have to travel all over the country to see the games.

However, Japan beat Brazil 2-0 and we enjoyed sightseeing of Cardiff the day after, so it was worth it at the end of the day. And everyone was nice in Cardiff :) I will talk about my trip to Cardiff later.

試合後のインタビュー / Interviews after the game

試合後の鮫島彩選手 / Aya Samejima of Japanese team

My First Olympic Experience: Judo @ ExCel

生まれて初めてのオリンピック観戦!国際コンベンションセンター・ExCelで行われた、柔道男子100kg級・女子78kg級の敗者復活戦・3位決定戦・決勝を見に行った。男子か女子か、最低でもどちらかは勝ち進むだろうと想定してチケットを買ったのだが、残念なことに穴井選手、緒方選手ともに2回戦敗退となってしまった。よって行く気が失せてしまったけれど、65ポンドのチケットが無駄になるし、色々なオリンピック会場を見るのも良いかなと思って出かけた。

場内は各国応援団で熱気ムンムン。特に女子78kg級に自国選手が出るイギリス応援団と、男女ともに出場予定のオランダ人応援団がウルサいのなんの。加えて、試合の合間に流される音楽のボリュームが大きく、耳栓を持っていけば良かったと思うほど。プラスチック製の椅子は堅く前席との距離が狭いので、背の高い男性などはちょっと窮屈そう。この日のゲストはロシアのプーチン大統領とお供のキャメロン首相とヘイグ外務大臣。プーチン大統領は、男子100kg級でロシア人選手が優勝したのでとても満足気。私はというと、日本人選手が出ていないので、大興奮とまではいかなかったけれど、楽しかった。行って良かった。

This is my first Olympic experience ever! I went to see Men’s -100kg and Women’s -78kg Judo competition (repechage & bronze and final) at ExCel. I bought the ticket, expecting that at least one Japanese athlete would go to the stage, but both lost at round 16… I am completely demoralized and didn’t want to go the games at all, but I didn’t want to waste my ticket and thought it would be interesting to see different Olympic venues.

There was full of excitement inside of the arena, with supporters from different countries. Especially large noise came from British with silver medalist Gemma Gibbons and Dutch in patriotic orange uniforms with two contestants. In addition, the music played in between the games was so loud, and I regretted that I didn’t bring ear plugs. The plastic chair was uncomfortable with little leg room. The special guest of the day was Russian President Putin who also practices Judo, accompanied by Prime Minister Cameron and Foreign Secretary Hague. Putin looked very proud that Russian won the gold medal. I couldn’t get very excited as no Japanese athletes competing, but it was fun anyway.

女子決勝:ギボンズ選手(イギリス)対ハリソン選手(アメリカ)/ Women’s final, Gemma Gibbons (UK) vs Kayla Harrison (USA)

女子78kg級表彰式 / Medal ceremony of Women’s -78kg

プーチン大統領とロシア人金メダリスト、カイブラエフ選手 / President Putin and the gold medalist Tagir Khaibulaev

男子100kg級メダリストたち / Men’s -100g medalists

More Olympic Tickets To Go On Sale

売り切れとされていた人気の試合でさえ空席が目立つ試合もあったと批判されたことを受け、ロンドンオリンピック委員会は、国際競技連盟など関係者・団体と交渉して、配布された未販売・未使用のチケットを回収、再販することにしたと発表した(詳細)。今後もこれらチケット保持者と交渉を行いなるべく多くのチケットを回収、それらのチケットは毎日オリンピック公式サイトで販売されるそう(ガーディアン紙 / テレグラフ紙)。

私もオリンピックが始まってからチケットをチェックしてみたけれど、面白そうな試合は全て売り切れ。テレビ観戦で我慢するかと諦めていたところ、ニュースを見て早速チケットサイトを再チェック。今まで見たこともない数のチケットが出ていた。関係者用の席だったのか安い席は少ないし、大勢の人が買おうとしていたのかウェブサイトが上手く作動せず悪戦苦闘したが、何とかオリンピックパーク内での試合を含め何枚か決勝戦のチケットをゲットした。期間中、メイン会場でオリンピックの雰囲気を味わってみたかったので、すごく嬉しい:)

After the empty seats ordeal at the Olympic games (some of which were filled with soldiers in uniform – didn’t look good at all!), London 2012 Olympic organisers have announced that unsold and unused tickets allocated to international sports federations are collected, and go on sale on the London 2012 website every day from now (the Guardian / the Telegraph).

I had almost given up to see the Olympic with my own eyes as I tried to buy a ticket on the Olympic ticket site but to no avail, and have been just watching on TV. However, I checked the website again after I saw the news, and there were many tickets of interesting games suddenly appeared that I’ve never seen before! Many of the tickets were more expensive classes, and the system didn’t work well as I assume that many people were trying to grab the tickets at the same time, but I managed to buy some finals with one of them for the game at the Olympic Park  (I wanted to experience the festive atmosphere at the main Olympic Park during the Games). Now I am so thrilled!!

How to Enjoy London Summer Olympic 2012

オリンピックが始まって3日。英メディアが絶賛していた開会式は、イギリスを代表する舞踏家・Akram Khan(アクラム・カーン)が振り付けを担当したダンス以外、私的には期待外れだった。イギリスの歴史の一部やNHSがテーマの部分は、イギリスをよく知る人以外には少し難しい内容だったし、イギリス人が世界に誇る(と信じている)ものを取りあえずぶち込んだという感じで、全体的にまとまりがなかったように思ったのは私だけか。

始まる前はオリンピックにはあまり興味がなかったのに、見始めたらハマってしまった。同時進行的に開催される試合の中から、見たい試合を探すのに便利なサイトが、オリンピック公式ウェブサイト。左上の「Schedule & Results」をクリックすると、その日行われる全試合のスケジュールが網羅され、競技名をクリックするとタイムリーに結果がわかる。

Day 3 of London Summer Olympic. The opening ceremony was a bit of a disappointment for me except the performance of the British acclaimed dancer Akram Khan, despite British media bragged about it. Some of the British history and NHS part were a bit difficult to understand for foreigners who don’t know much about UK, and I felt like it was a bit of a mess and confusing, by putting all the “best of British” that British believe that everyone in the world knows.

I was not so keen on Olympics before it started, but now I am into it since I started to see the games. There are many games taking place simultaneously everyday, so I check London 2012 official site to search schedule of the games I want to see. The “Schedule & Results” page shows all the games of the day, and you can know a live result by clicking each sport.

イギリス選手が中心だけれど、BBCのオリンピック・サイトも、試合のスケジュールや見所、メダル獲得状況が一目で分かって便利。

BBC Olympic site is also useful, as it shows all the schedules, results and medals, though it focuses more on British athletes.

サイト中の「LIVE」をクリックすると、開催中の試合がライブで見られ、ページの下の「Catch Up」で、全てではないけれど見逃した試合も見られる。

You can see a live game online by clicking ‘live’, and also a game you miss, though there may be not all of them, with “Catch up” at the bottom of the page.

The Time Has Come – Olympic Games Opening Day

ロンドン・オリンピックがいよいよ開幕、イギリス時間今夜9時に開会式が始まる。聖火リレーは、最終日の今日、Royal Barge Gloriana(式典用手漕ぎ船・グロリアナ)に乗ってテムズ川を下り、会場に向かっている(Euronews)。「スラムドッグ$ミリオネア」で数々の映画賞を受賞したダニー・ボイルがアート・ディレクターを務める、2700万ポンド(約82億円)をかけた開幕式「The Isles of Wonder(驚きの島)」は、開会式会場となるオリンピック・スタジアムに、羊や馬、鶏、牧羊犬など家畜を連れてきて、イギリスの田舎の風景を再現するそう(テレグラフ紙)。この案が発表された後、式典で使用される動物たちに過剰なストレスがかかると、6つの動物愛護団体からクレームが来たそうだ(ガーディアン紙)。開会式の詳しい内容は発表されていないが、イギリスの国民保健サービス・NHSをテーマにした出し物や、ポール・マッカートニーやアークティック・モンキーズなどが登場するという噂も。さて、どんな開会式になるか、数時間後の楽しみ。

2012 London Olympic opening ceremony “The Isles of Wonder” will start in few hours from now at 21:00 (BST). The last leg of the Torch Relay was carried down on River Thames on board the Royal Barge Gloriana (Euronews), and now it is on its way to Olympic Stadium.

According to the Opening Ceremony Artistic Director Danny Boyle, the Oscar-winning director with “Slumdog Millionaire“, the Olympic Stadium will be transformed into “the British countryside” for the £27 million Olympic Opening Ceremony, featuring farmyard animals and fake rain (Telegraph), though this plan was criticised by the 6 animal welfare group when it was announced (the Guardian). The content of the show or the line-up is not revealed, but there has been speculation that Arctic Monkeys and The Saturdays will be among those joining Paul MacCartney who is expected to appear in the ceremony, as well as a NHS-themed spectacle. Will see soon.

Another Day, Another Strike: London Buses

昨日の医者たちのストに続き、今日は約30年ぶりというロンドンのバスのスト。オリンピック期間中の労働に対する£500のボーナスを求めてバスの運転手たちが本日午前3時より24時間ストライキを行っており、ロンドンのバス運行の約3分の2に支障が出ている。どうして全てのバスが運行停止にならないのか不思議に思っていたら、ロンドンのバスはルートによって違うバス会社が操業しており、Unite(ユナイト:イギリスの労働組合)に加入している、17のバス会社の運転手はストに参加したが、他の3社は事前に裁判所のスト差し止め命令を得たため、ストを回避できたのだそうだ。ロンドン地下鉄オーバーグラウンドドックランズ・ライト・レイルウェイ等、他の交通機関の労働者はオリンピック期間中£500〜のボーナスを受け取ることになっているのに、バス運転手が相応のボーナスをもらえないのは不公平だというのが、Uniteの言い分だ(BBC News)。

今回のストの善し悪しはノーコメントとして、ロンドンの人々はこの手の混乱には慣れたもので、徒歩や自転車で通勤・通学したり、遅れや遠回り、他の交通機関の混雑などの問題に直面しつつも、比較的冷静に対処している。実は、イギリス人はとても忍耐強い人たちなのだ。

Another strike after yesterday’s doctors’ industrial action. Today is London Buses’ first strike for 30 years. Thousands of bus drivers in London have been on strike  from 3:00 am today for 24 hours in a dispute over a £500 bonus for working during the Olympics, and around two third of bus routes have been disrupted. I wondered why some buses are working and others are not. I didn’t know that London’s buses are operated by different private sector bus companies (Wikipedia), and members of Unite at 17 bus firms went on strike but others working with other three companies are not joining after the firms won an injunction against the strike action. According to the Unite, other transport workers such as London Underground, London Overground and Docklands Light Railway, will receive over £500 bonus, and it is not fair for bus drivers who are not offered so far an appropriate share (BBC News).

Again, I will not make any comment on their action. But Londoners are used to this kind of disruption and seem to handle the situation quite calmly, though they have to face delays, detours, or alternative crowded transports, or walk or cycle to their destination. At the end, British are very patient people!