Tag Archives: カンパニア

Italian Restaruant Week: Obikà Mozzarella Bar @ Charlotte Street, Tottenham Court Road

先週からの続きで、イタリアンレストランがテーマです。

Obikà Mozzarella Barは、DOP(イタリアにおける原産地名称保護制度)を受けているMozzarella di Bufala Campanaカンパニア地方で水牛の乳から作られるモッツアレッラチーズ)と伝統的イタリア料理を楽しめるレストラン・チェーン。「Obikà(オービカと発音)」は、イタリア語で「Ecco Qua”(さあ、どうぞ)」を意味するナポリの方言「obiccà」が語源だそうだ。六本木ヒルズや東京ミッドタウンにも店舗があるので知っている人もいるかもしれない。

Obikàの第一号店は、2004年にローマにオープンした。モッツアレッラ・バーというユニークなコンセプトが受けて、現在アメリカ、イギリス(ロンドンに4店舗)、日本等、イタリア国外にも展開している。

最初にObikàに行ったのは、セルフリッジズにロンドン第一号店が開店したばかりの頃(ウェブサイトには現在この店舗は載っていないので、まだあるかどうかは不明)。お洒落な店でモッツアレッラをつまむという新しい経験が印象に残ったが、最近できたCharlotte street店に行ってから、その好印象がしぼんでしまった。売りのモッツアレッラは美味しかったけれど、イタリアン・デリで高品質のモッツアレッラを買って、オリーブオイル、塩、こしょうで味付けすれば、同じものを家でも食べられる。そのスタイリッシュなインテリアと対照的に、注文したパスタは、近くにあるチェーン店のZizziStradaと変わらない、可もなく不可もないファミレス的な味。パスタソースは手作りではなく、大量生産品ではないかと疑っている。日本でも人気みたいだが、この程度で、どうやって競争の激しいイタリア内で生き残り、世界進出できたのか不思議。

Continuing from last week’s Italian restaurants series.

Obikà Mozzarella Bar is an Italian restaurant chain, based on Mozzarella di Bufala Campana together with traditional Italian recipes. Obikà (pronounced Oh-bee-KA) comes from obiccà, the Neapolitan dialect meaning “Here it is.”

The Obikà Mozzarella Bar was first opened in Rome in 2004. With its unique concept of ‘mozzarella’ bar, the chain has expanded to outside Italy such as US, Japan and UK (four in London). 

We first went to Obikà at Selfridges just after its opening (I am not sure if it is still there, as it is not listed on their website). It was new experience and exciting to eat fresh mozzarella in a nice ambience. But our good impression about Obikà turned sour after we second time experience at newly opened venue on Charlotte street. Their mozzarella was good, but you can have good ones at London’s any Italian deli and you can make your own cheaper at home. On the contrary to its sleek interior, their pastas were mediocre, not different from other Italian chains such as nearby Zizzi or Strada, and the taste of the sauces were not fresh but mass produced. I don’t know how they could manage to survive in Italy with harsh competition and make themselves world-wide??

Campania Italian Deli & Café @ Columbia Road

週末はフラワー・マーケットで賑わうColumbia Road(コロンビア・ロード)も、平日は道路脇の多くの店がクローズしており、人通りも少なくて静か(写真1/2/3/4)。でもイタリアン・デリ&カフェ・Campania Gastronomiaは月曜以外の平日もオープン、ランチをする人、ケーキと&お茶でお喋りを楽しむ人、仕事の合間にエスプレッソでリフレッシュする人たちで賑わっている。

店内は板張りのフロアに、使い込まれたテーブルや椅子が置かれ、壁にはカンパニア州を写した新しい写真、古い写真。奥には天井から吊るされた生ハム、壁沿いのテーブルにはアンティパスト類や自家製ケーキ類が並び(写真)、壁にはワインが木製ホルダーに突き刺さっている。狭いスペースにいろんなものが詰め込まれてゴチャゴチャとした印象だけれど、何故か落ち着く。

名前の通り、オーナーはイタリアのカンパニア州出身、州都・ナポリ出身のシェフが毎日新鮮な食材を使って、その地で農夫や漁師が食する典型的な料理を作る。電子レンジの使用と料理の再加熱は断固拒否するというこだわりぶり。パスタやリゾット、スープ、ケーキなどの日替わりメニューは、1枚の紙に綺麗に印刷され、同じく1枚のイタリアワインのリストと一緒に出される。カルボナーラやスパゲッティ・ミートソースなど、イギリスにありがちなありきたりの料理ではなく、なかなか本格的。この日は、Gnocco sardo con ragu(ミートソースとリコッタサルデーニャ風パスタ/£12)とPenne Ortolana(茄子、パプリカ、ズッキーニのペンネ/£12)を注文。Gnocco sardoは少しソースが多過ぎてお腹にたまるけれど、ペンネはあっさりとヘルシーでまずまず。かなりお腹が減っていたので、ぺろっと平らげたけれど、ボリュームがあるので、軽く食べたい場合は、パニーノ類などの軽食をどうぞ。〆には、カンパニア出身で長年コーヒーを作り続けてきたバリスタの淹れたナポリ風コーヒーと手作りケーキ(ダイエット中でなければ)もお忘れなく。

Weekdays on Columbia Road, famous for its weekend flower market, are quiet with many shops closed and  few people passing by (photo 1/2/3/4). However, Italian deli & café Campania Gastronomia opens on weekdays as well except Monday, and is usually quite busy with people having lunch, chatting with cake & a cup of tea, or taking a break with strong Italian coffee.

This small rustic-chic café has a lot of characters; old & new photos of the region put up on the walls, well-used tables and chairs, a variety of antipasti and handmade cakes placed on the wall-side table (photo), hanging legs of prosciutto, and wines stuck in the wooden holders on the walls. It’s not really tidy or neat, but strangely relaxing.

As its name suggest, the owners are from Campania in Italy, and a chef from Naples cooks typical peasants and fisherman dishes of the region everyday, without reheating or microwaves. Daily menu with pasta, risotto, zuppa (soup) etc is nicely printed on a piece of fancy paper and comes with Italian wine list on a coloured paper. The dishes aren’t ordinary Italian typical in UK such as Carbonara or spaghetti Bolognese, but sound quite regional and authentic. We ordered Gnocco sardo con ragu (Sardinian pasta, slow cooked beef argue and ricotta / £12) and Penne Ortolana (penne, aubergine, peppers, courgette / £10). Gnocco sardo had too much sause and a bit heavy, but penne was more healthy & simple and not bad. We finished all as we were starving, but if you want to eat light, go for their selection of panini. Don’t forget finishing with their Neapolitan coffee, made by a barista from the region who has been making coffee all his life, with its handmade cake (if you are not on diet).

店を出るまで全く気づかなかったんだけれど、写真上の背中を向けて座っている女性は、イギリスのファッション・トレンドセッターの一人、アレクサ・チャン。すごく華奢で綺麗だった。ちなみに、女性2人でシェアしたと思われるケーキは半分食べ残し。セレブは常にダイエット、ケーキも平らげちゃいけないのね。

I didn’t notice until we left the café, but the woman in the photo above, showing her back was British fashion icon, Alexa Chung – she was very pretty and slim! She seemed to share a cake with another woman, but the cake was half uneaten. It is tough to be a celeb, as she can’t even finish entire cake.