Tag Archives: ギャラリー

Frieze Art Fair 2013 @ Regent’s Park

今年11回を迎える、 10月恒例のアートイベント・Frieze Art Fair(10月17日〜20日)に行ってきた(参考:2010年2011年)。今年は世界中から152のコンテンポラリーアート・ギャラリーが集結、2000人の有名・新進気鋭アーティストの作品が会場を彩った。

商業アートフェアであるから、気に入った作品があれば買う事は可能。値段は書かれていないが、新聞等の記事によれば、とても私たちの手の届く額ではないらしい。展示されている作品は、美術館に展示されていてもおかしくないクオリティだし、参加ギャラリーは、多くの時間と金を費やして、自慢のコレクションをわざわざロンドンにまで持ってくる訳だから、そりゃ安物は売らない。このアートフェアは金持ち、しかもただの金持ちじゃなく大金持ちをターゲットにしてるのだ。だから会場内には、大金を投資、または鑑賞用に作品を買おうというお金持ちがウロウロしている。もちろん、私を含め、クオリティの高いコンテンポラリーアートを見たいがために来る人もたくさんいる。フェアには、£32(Frieze Londonのみ)か£50(Frieze London + Frieze Masters)を払ってチケットを買えば、誰でも入場できる。経費をある程度チケット代で賄うと言う意味もあるけれど、金持ち相手の金儲けビジネスと批判されないために一般人も入れているという噂も。

I went to see the annual art event in October, 11th Frieze Art Fair (reference: 2010 / 2011). This year, the fair brings 152 renown contemporary galleries from 30 countries with work of 2,000 known and emerging artists.

It is a commercial fair and you can buy one of the works exhibited if you like, but there is no price tag and it is not cheap, as you can imagine. The fair obviously targets rich, not just rich but very rich. Works you see at the fair are museum-level quality, and galleries have spent a lot of money and efforts traveling to London with their collection of expensive artworks. In fact the fair is full of people looking for something to spend their fortunes for investment or just for fun, though there are also many people like me just there to appreciate vast number of contemporary artwork. The fair do accepts normal people with a ticket (£32 Frieze London only or £50 Frieze London + Frieze Masters) to pay off some expenses, and also probably because they believe that they wouldn’t be criticized that it is just for millionaires / billionaires.

Groovy Spiral by Dan Graham with a price tag of $600,000 (£375,000).

Cat on a clothes line (left) by Jeff Koons

Portrait of the Artist by Jennifer Rubell

Untitled (Endless war/You will live forever) by Barbara Kruger

Project Voyage and Le Monde en Miniature et la Mode en Miniature by Meschac Gaba

Gary Hume

奈良美智や村上隆作品も / Ceramic work by Yoshitomo Nara and pop art painting by Takashi Murakami (left)

Advertisements

Curio Cabal Café @ Kingsland Road, Haggerton

Fabrica 584からキングスランドロードを南下すると、リージェンツ運河の手前に、この夏オープンしたCurio Cabalがある。シンプルでリラックスした雰囲気のこの小さなカフェ&ギャラリースペース、La Marzoccoで淹れたMonmouth coffeeや美味しい紅茶類、品数は少ないけれどサンドイッチや日替わりスープ、ケーキ等がいただける。取り立てて何もないエリアだけど、万が一にもこの辺でカフェを探すことがあれば、ご参考に。

Going down to the south on Kingsland Road from Fabrica 584, you will see a café just opened this summer, Curio Cabal, in between Haggerston Overground station and the Regents Canal. This relaxed small café & gallery space offers a selection of sweet and savoury bites, as well as Monmouth coffee brewed with La Marzocco and a range of fine teas. It is situated in the middle of nothing, butif you happen to be there and need a decent café, just in case.

Simon Starling: Phantom Ride / Tate Britain Commission 2013

毎年、テートの所蔵品やテート・ブリテンの歴史に呼応した作品の制作をアーティストに委託しているTate Britain Commission2012年作品)。今年の作品は、2005年ターナー賞受賞者であるイギリス人アーティスト、Simon Starling(サイモン・スターリング)が制作した映像作品「Phantom Ride」(3月2日〜10月20日)で、Duveen galleriesに展示されている。

巨大スクリーンに映し出されるこの作品は、本物の作品とコンピュータで制作された映像を組み合わせ、過去の展示作品とギャラリーの歴史が時代を超えて幻影のように交錯する。Fionna BannerのJaguar戦闘機やウォーホルのエルヴィス・プレスリー等アート作品の横をすり抜けたと思うと、ドイツ軍のBlitzザ・ブリッツ)により、1940年に破壊されたギャラリーの瓦礫が現れる。面白いコンセプトだし、映像も音響も幻想的な雰囲気を醸し出しているけれど、すごく心打たれるほどではない。ギャラリーの歴史と栄光を表現するには、少し短かく、取り上げているアート作品も不十分な気がするのだ。

The Tate Britain Commission invites an artist to develop a new work in response to the Tate collection and the history of Tate Britain (see 2012 work). This year, British artist and 2005 Turner Prize winner, Simon Starling has created the film “Phantom Ride” (March 2 – October 20) that haunts the Duveen galleries with ‘ghosts’ of past exhibitions and history of the galleries.

The film, combining real objects and computer-generated works, projected on a huge screens, makes you feel like flying through time and through the past artworks such as Fionna Banner’s Jaguar jet fighter and Warhol’s Elvis Presley, and over the rubble of bomb-blast caused by the Blitz in 1940. Interesting concept, atmospheric, but not mind-blowing. Maybe a bit too short and incomplete to show a legacy of the galleries.

Other Cafe & Gallery @ Balls Pond Road, Dalston / Kingsland Road

OvergroundのDalston Junction駅から西へ徒歩数分のところにある、カフェ&ギャラリー・Other。地上階・地下と2フロアある店内は、アンティークの家具や小物が、無造作に見えるけれどちゃんとバランスを考えてセンスよく配置されており(Mura Interiors)、それら調度品を見ているだけでも楽しい。晴れた日は入口横の大きな窓から太陽が燦々と注ぎ、ほっこりと午後のひと時を過ごせる。

ウェブサイトには、「イングリッシュ・ブレックファストから、南米料理やイタリアンまで、バラエティ豊かで新鮮な手作り料理」を出すとある。実は昨年10月に一度行って以来Otherには行っていないんだけれど、その理由はここのお料理がイマイチだから。スープとペンネ・カルボナーラ(下写真)は、眉目麗しいけれど、味にパンチがないと言うか味が薄いし、ペンネは茹で過ぎ。生ハムとトマトのパニーニ・サンドイッチはトーストされておらず、ボソボソしていて、これまた味がない。お店の雰囲気も居心地もいいだけに、リピートできないのはちょっと残念。あともう一つ、ギャラリーの展示作品(ウェブサイト)がお店の雰囲気にマッチしていない気も。

Walking few minutes to the west from Dalston Junction Overground station, you see Other Cafe & Gallery on the right side. Consisting of 2 floors, ground floor and downstairs, the place is decorated by Mura Interiors with antique furniture and bric-a-brac, looking randomly but meticulously in good balance & taste. It is fun just looking at those old items, and also you can enjoy lazy afternoon with plenty of sunshine coming through big windows next to the entrance.

Other’s website says that they offer a variety of fresh home-made food, from traditional English breakfast to Italian and South American dishes. To say the truth, we’ve never come back there after we went once last October, simply because their food was not impressive. Soup and penne carbonara (photo below) looked good, but were tasteless and uninspired. Panino with ham and tomatoes was not toasted and very dry and, again, no taste. The space is nice and cozy, and it is a shame that we can’t come back because of their food. Another thing is the artworks at the gallery don’t seem to match the atmosphere of the place (see website)…

写真上3枚:地下のカフェ&ギャラリースペース。いくつかの小部屋に分かれていて、部屋毎にインテリアが違う。

3 photos above: cafe & gallery space downstairs, divided in several rooms and decorated differently.

Giuseppe Penone: Spazio di Luce @ Whitechapel Gallery

友人に誘われて、Whitechapel Galleryで展示中のイタリア人アーティスト・Giuseppe Penone(ジュゼッペ・ペノーネ)の作品「Spazio di Luce (Space of Light/光の空間)」を見に行った。

イタリアの芸術運動・アルテ・ポーヴェラのメンバーであるペノーネは、45年以上に渡り、人間と自然との関係を追求。今年のBloomberg Commissionのために、空洞になっている内部が金箔で覆われた、12mもの長さのブロンズ製の木「Spazio di Luce」を制作した。この作品は、本物の木に薄くワックスを塗った彼の1969年の作品「All the Years of the tree plus one」を元に、木の代わりにブロンズを使用。自身が山で見つけてきた木を、ブロンズの型取りをしやすいような大きさにカットし、動物のように木が自身で立つように、余分な枝も取り除いた。最初のレイヤーは筆で、そしてその上から手でワックスを塗ることで、表面には制作に関わった人たちの多くの指紋が、記念のように残っている。内部は、いにしえより、生命の源と考えられていた太陽の光と連想されていた金で彩られていて、入口から見ると、中全体が見渡せるようになっている。

もしこの作品のことを何も知らなければ、本物の木と見まがうかのような素晴らしい出来。木の持つ生命力さえ感じられる気がする。訪れた人の一人は、内側に向かって鼻歌を歌い、その反響を楽しんでいた。とてもダイナミックで、生命力にあふれた、見るものに活力を与えてくれる作品。

I went to see a work by an Italian artist Giuseppe Penone, “Spazio di Luce (Space of Light)” (September 4, 2012 – August 11, 2013), at Whitechapel Gallery.

Penone, a member of the Italian art movement “Arte Povera“, has examined our relationship to nature over the past 45 years. For the latest Bloomberg Commission, he has created a 12-metre bronze cast of a tree with a gleaming gold-leaf interior. This work is a recollection of his work in 1969, “All the Years of the tree plus one“, a tree covered by a thin layer of wax, but this time he has created with bronze instead of a real tree. He found a tree in a mountain, and cut it in pieces in good size for making a cast. He also removed some branches so that the tree can stand by itself, like an animal. He first put a layer of wax with the brush and then by hands over the first layer, so you can see many fingerprints of whom involved in the sculpture’s making like a memory. Void spaces inside of the bronze cast are painted in gold, historically associated with the life-giving forces of light of the sun, and you can see through the entire tree from the entrance of the gallery.

If you have no knowledge about this work, you may mistakenly believe that this is a real tree. You can even feel life force that trees possess. One cheerful visitor was singing into the tree and enjoying the echo of his singing. A truly dynamic work that gives us a life force, and makes us all liven up. Two thumbs up!

The Tanks at Tate Modern: Fifteen Weeks of Art in Action

オリンピックを記念して行われた文化イベント・London 2012 Festivalの一環、そしてテート・モダンの拡大プロジェクトの第一段階として、7月18日に新しくオープンしたTHE TANKSは、ライブアート、パフォーマンス、インスタレーション、映像作品に特化した、初めてのギャラリー。旧Bankside発電所がテート・モダンに生まれ変わって以来使用されていなかった、幅30m・高さ7mのオイルタンクが、このユニークなアートスペースに生まれ変わった。

The Tanksでは、7月28日〜10月28日の15週間、様々なパフォーマンス、映像、トーク、ライブイベントが盛りだくさんの特別イベントを開催中。期間限定イベントの他、政治的パフォーマンスで有名なSuzanne Lacyスザンヌ・レイシー)の作品「The Christal Quilt」(写真上から3番目)や、Lis Rhodesリズ・ローズ)の実験的映像作品「Live Music」(写真上から4番目)など、過去のパイオニア的アーティストたちの作品と共に、ソウル、アムステルダム、ニューヨークで撮影したイメージを使ったビデオ作品やパフォーマンス・アートを制作している韓国人アーティスト、Sung Hwan Kim(キム・ソンファン)のコミッション作品(写真下1番目)が見られる。→プログラム

The Tanksの中は窓もなく薄暗く、防空壕にいる気分。ライブアートや映像作品は、なかなかタイミング良くスタートから見られないし、作品によっては事前にスケジュールをチェックしないといけないので、短気な私の好みではない。実際、バービカンセンターで公演を見て気に入った、ベルギー人振付師アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルスティーブ・ライヒの曲にあわせて制作した「Fase: Four Movements to the Music of Steve Reich」を、満席のため見逃した。でも映像やライブアートに特化した、このギャラリーのコンセプトは面白い。私が見た中では、リズ・ローズの「Live Music」の、前を通る人のシルエットとスクリーンに写し出された随時変化するストライプのパターンのインタラクションは、見ていてとても楽しかった。

Tate Modern‘s THE TANKS is new and first museum galleries dedicated to live art, performance, installation and film, opened on July 18 this year as a part of the London 2012 Festival and the museum’s expansion project phase I launched this summer. The 30-metre width & 7-metre height circular oil tanks, unused since the former Bankside Power station was turned into the art gallery, were transformed into this unique art space.

From July 28 to October 28, The Tanks is hosting 15-week festival programme of international performance, film, talks and live events, alongside works from the collection by pioneers of social performance (The Christal Quilt by Suzanne Lacy: 3rd photo from the top) and expanded cinema (Live Music by Lis Rhodes: 4th photo), as well as a major new commission from South Korean artist Sung Hwan Kim (1st photo below), who combines video and performance art, collecting images from Seoul, Amsterdam and New York. →full program

Inside was dark with no windows, and I felt like I was in a bunker. I am not a big fan of live art and film, as you usually can’t watch an artwork from the start unless you are lucky, and I have to check the schedule in advance for some works. On the day, we missed the performance of “Fase: Four Movements to the Music of Steve Reich” by Anne Teresa de Keersmaeker, because it was full. It was a big disappointment, because we saw the performance Barbican Centre in the past and I loved it. But the concept of The Tanks is interesting, and I like Live Music by Lis Rhodes – it’s fun to see an interaction of constantly changing stripes projected on the screen and silhouettes of a person passing or standing in front of it.

BOXPARK “Pop-up Mall” @ Shoreditch High Street

Shoreditch High Street(ショーディッチ・ハイ・ストリート)駅前に、12月3日にオープンする、「世界初のPop-up mall(ポップアップ・ストアのショッピングモール版)」、BOXPARK(ボックス・パーク)。黒く塗られた貨物用コンテナに、60を超えるショップやカフェ、ギャラリーが入居する予定。正式オープン前だけれど、Marimekko(マリメッコ)やThe North Face(ノースフェイス)など、既に開店しているショップもちらほら。オープン日の12月3日には、いくつかのブランドが20% オフになるそう(詳細はウェブサイトで)。

BOXPARKのモットーは、「革新的な店やブランドに、お手頃価格でスペースを提供」すること。コンテナを再利用するため、ローコスト、ローリスクの「box shops」が実現できた。BOXPARKのウェブサイトでは、「繁華街に店を構えたり、メインストリートと雰囲気があわない、小さなブランドやエッジーで革新的な店を育て」、「メジャーなブランドはなし」、「世界中でここにしかない、素晴らしい商品」に出会えるとうたっている。

御託は立派だけれど、テナントリストには、ナイキ、プーマ、ノースフェイス、リーバイス、カルバンクライン、ラコステなど、国際的メガブランドや知られたブランドもたくさんある。もし本当にBOXPARKを特別な場所にしたかったのなら、どこにも展開していない、それこそ世界で唯一のオリジナル店ばかり集めたら良かったのに。不況の折り、なんだかんだ言っても所詮、毎月家賃をきっちり払ってくれるテナントが欲しいと言うことか。

飲食店のリストも何だかぱっとしないけれど、個人的には、微妙に遠くてなかなか行けなかった、ソーホーの人気カフェ、Foxtcroft & Gingerがイーストに来るのは歓迎。

BOXPARK in front of Shoreditch High Street station is “the world’s first pop-up mall” which will be a home to more than 60 fashion, cafés, arts and lifestyle brands, and will officially open in 5 days on December 3rd. Some shops like Marimekko and The North Face already opens its door before the official opening. You may want to take an advantage to shop 20% off selected brands on the opening day (see details on its web).

The BOXPARK philosophy is “to give those innovative retailers space at affordable rates”. By utilising black painted shipping containers, BOXPARK realizes a low cost & low risk ‘box shops’. The website boasts that BOXPARK “nurtures the smaller brands, the edgy and innovative round pegs that can’t afford and won’t fit in to the high street’s square holes” and “No high street retailers”, providing “simply great products that you won’t find anywhere else in the world”.

But really??? I can spot many international mega retailers such as Nike, Puma, The North Face, Levi’s, Calvin Klein etc etc, on its brand directory. If they want to make the space truly special, they should have accepted only independent shops that don’t have any branch anywhere else. Whatever the management brags, I guess at the end, they want model tenants who pay monthly rent without failing, during the recession.

The list of cafés at this moment is not very exciting, but personally I am happy that Foxtcroft & Ginger will come to the east, as SOHO shop is a bit far for us to go often.

初めてBOXPARKのことを知った時の写真。2011年2月11日撮影 / Photo that is taken when I got to know about BOXPARK for the first time (Feb 11, 2011)