Tag Archives: コレクション

BP Walk through British Art @ Tate Britain

5月14日から始まったテートブリテンのBP Walk through British Artは、1500年代から現代に至るイギリス・アートのナショナルコレクションで、過去500年に制作された500以上の作品を20以上のギャラリールームに時系列に配している。Francis Baconフランシス・ベーコン)、John Constableジョン・コンスタブル)、William Hogarthウィリアム・ホガース)、 Thomas Gainsboroughトマス・ゲインズバラ)、 George Stubbsジョージ・スタッブス)、J.M.W. Turnerジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー)、Gwen JohnStanley SpencerL.S.LowryJohn Everett Millaisジョン・エヴァレット・ミレー)、Bridget RileyDamien Hirstダミアン・ハースト)、 David Hockneyデイヴィッド・ホックニー)、Rachel Whitereadなど、イギリスの名だたるアーティストの作品を含む膨大なコレクションには圧倒される。

時系列展示以外に、一つの作品 / アーティスト / テーマをより深く掘り下げるBP Spotlightコレクションシリーズの新しいディスプレイも見物。現在、コンスタブルThe CornfieldImage of the British SchoolMoving Images: Painting and Early Film、アート教育におけるBasic Design展のほか、Keith ArnattRose WylieDouglas Gordonなど近代アーティストのコレクションを見ることが出来る。イギリス人アーティストたちが描いた風景画を集めたLooking at the View展を含むと、テートブリテンだけで膨大な量のイギリスアートが楽しめるのだが、これを全部見て回るのは、なかなか目も頭も足も疲れる。途中でワインの一杯でも飲んで、ゆっくり見て回るのがお薦め。

BP Walk through British Art (from May 14) is a new chronological presentation of the national collection of British art in a chronological display – a walk through time from the 1500s to the present day. This massive collection of British art over the past 500 years comprises around 500 artworks in over 20 galleries, and includes works by major British artists such as Francis BaconJohn ConstableWilliam HogarthThomas GainsboroughGeorge StubbsJ.M.W. TurnerGwen JohnStanley SpencerL.S.LowryJohn Everett MillaisBridget RileyDamien HirstDavid Hockney, and Rachel Whiteread (more details on the press release).

Alongside this chronological circuit, Tate Britain hosts a new series of seasonal BP Spotlight collection displays, which offer more depth on particular artworks, artists or themes: current displays include Constable’s The Cornfield, Image of the British SchoolMoving Images: Painting and Early Film, and Basic Design in art education, as well as on recent artists including Keith Arnatt, Rose Wylie and Douglas Gordon. Together with Looking at the View” which explores the ways British artists have framed the view in their work, you can spend all day immersing yourself in British Art. Very interesting to see the British art all at once, but bit draining – I need a glass of wine in between.

ヘンリー・ムーアの作品を集めた新しい常設展

New permanent gallery devoted to Henry Moore with substantial display of his work

BP Spotlights on Rose Wylie

Double Portrait: Ida Barbarigo and Zoran Music @ Estorick Collection

The Estorick Collection of Modern Italian Art(エストリック・コレクション)は、イズンリントンの閑静な住宅街にあるCanonbury Squareに面した、イタリアのモダンアートを扱う小さな美術館。Estorick Collectionは、アメリカ人社会学者で作家のEric Estorickによって設立、彼が死の直前に設立したEric and Salome Estorick Foundationに自分のイタリア・アートのコレクションを寄付した。1998年に現在地に美術館がオープン。コレクションの柱は、ジャコモ・バッラウンベルト・ボッチョーニカルロ・カッラジーノ・セヴェリーニルイージ・ルッソロといった未来派の作品だが、ジョルジョ・デ・キリコアメデオ・モディリアーニジョルジョ・モランディマリオ・シローニマリノ・マリーニなどイタリア人アーティストのフィギュラティヴ・アートや彫刻作品も保有する。

現在は、「Double Portrait: Ida Barbarigo and Zoran Music」展(写真上から2、3番目)を開催中。コレクションの創始者であるエストリック夫妻とも交友のあった、オーストリア=ハンガリー帝国スロヴェニア生まれでベニスを拠点にした画家・Zoran Mušičゾラン・ムジチ)とその妻でベニス生まれの画家・
Ida Barbarigo(イダ・バルバリゴ)の回顧展で、絵画、写真、手紙などが展示されている(参照:artdaily)。

また、1階にあるイタリアン・カフェで、日替わりランチやイタリアン・コーヒー、ケーキを注文し、建物の外の庭にあるテーブルで頂くのもお薦め。カフェだけなら入場料不要です。

The Estorick Collection of Modern Italian Art is a small museum devoted to modern Italian art, facing Canonbury Square in Islington‘s quiet residential area. The Estorick Collection was founded by American sociologist and writer Eric Estorick. He set up the Eric and Salome Estorick Foundation
 prior to his death, to which he donated all his Italian works. The museum opened in 1998 in the current location, and the core of the collection is its Futurist works by Futurism’s main protagonists such as Giacomo BallaUmberto BoccioniCarlo CarràGino SeveriniLuigi Russolo and Ardengo Soffici, as well as figurative art and sculpture by Giorgio de ChiricoAmedeo ModiglianiGiorgio MorandiMario Sironi and Marino Marini, dating from 1890 to the 1950s.

Current exhibition at the museum is “Double Portrait: Ida Barbarigo and Zoran Music” (2nd and 3rd photos), a retrospective of husband and wife artists based in Venice and close friends of Eric and Salome Estorick, Slovenian-born survivor of a Nazi concentration camp Zoran Mušič and Venetian Ida Barbarigo, including paintings, photographs and ephemera (reference: artdaily).

Having lunch and Italian coffee with cake from an Italian café on the ground floor
at outdoor tables in their cozy garden  is another way to enjoy the museum – and it is free entrance for the café only!

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Mr & Mrs Smith South-East Asia Boutique Hotel Collection

先週末から続く大寒波で、ロンドンはかなり寒い。昨日の夜は零下5度まで下がり、今日も最高気温が1度ほど。寒すぎて外に出る気がせず、この間手に入れたMr & Mrs Smithの新しいホテルコレクション・東南アジア版を開き、どんより灰色の空を横目に、紺碧の空と透明な海の広がる常夏のタイやバリ島に心を飛ばした。どこか暖かいところに行きたい。。。

このコレクションは、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ラオス、カンボジア、シンガポール、ベトナムの、センスのいい選りすぐりのビーチリゾートやシティホテルを網羅。フランス版コレクションと同じく、ホテル情報だけでなく、フライトや現地の交通、特産物、必需品など知っておきたい地域別基本情報や、最高のビーチや見どころなどのホテル近辺の情報も含まれ、旅行ガイドとしても使える。それに、Mr & Mrs SmithBlackSmithメンバーシップ半年分無料の特典つき!

The big chill is still here, and I am freezing… Temperature dropped around minus 5° last night and today’s maximum is around 1°. It is so cold that I don’t feel like going out. I picked up Mr & Mrs Smith‘s new boutique hotel collection “South-East Asia” I obtained recently, and daydreamed of going tropical Thailand or Bali with blue sky and clear sea water.

The collection covers hand-picked chic beach resorts and sleek city hotels in Thailand, Malaysia, Indonesia, Philippines, Laos, Cambodia, Singapore and Vietnam. Like the France Hotel Collection, the book also works as a guidebook, including basic need-to-know destination information such as flights and local transport as well as local knowledge and specialty, and what’s around each hotel like the best beaches and what to see & do. A big bonus of this book is, Mr & Mrs Smith‘s six months’ free BlackSmith membership!

この中に、10年ほど前にバンコクに行った時に泊まったスコータイ(Sukothai)・ホテルを発見。懐かしいなあ。タイ最初の独立王朝であるスコータイ王朝のイメージを再現したスコータイは、バンコクの喧噪の中にあって、不思議なほど静寂さが漂う。アンティークでまとめられた落ち着いた部屋は、1日中汗だくで歩き回って疲れた体を、心地よく休ませてくれた。サービスも良く、とてもいいホテルだった。またいつか訪れてみたいな。

In this book, I found the Sukhothai hotel in Bangkok where we stayed about 10 years ago – good old memory. Inspired by the Thailand’s historic Kingdom of Sukhothai, the hotel is surprisingly quiet and tranquil in the midst of bustling big city. The room decorated with antique furniture relaxed and soothed me after long day sweating and walking all over the city. It was a very nice and memorable experience. This book makes me feel like going back again, someday…

Enhanced by Zemanta