Tag Archives: コンクリート・アート

In Astratto: Abstraction in Italy 1930-1980 @ Estorick Collection

エンジェルにあるEstorick Collection(エストリック・コレクション)で開催中の「In Astratto: Abstraction in Italy 1930-1980」展(6月27日〜9月9日)は、リグーリア州にある3つの現代美術館のコレクションを元に、1930年代から80年代までの50年に渡るイタリア抽象美術の発展を紹介している。この展覧会では、歴史における抽象アート、 Movimento Arte Concreta(具体芸術運動)、Concreteコンクリート・アート)、アンフォルメルコンセプチュアル・アートオプ・アート、Analytical Painting(分析的画法?)という、6つのテーマ毎に作品が展示されている。

イタリアにおける抽象美術は、ジャコモ・バッラといった未来派アーティストたちの試みから始まった。第一次から第二次世界大戦にかけて、Mario Radice(マリオ・ラディーチェ)、Manlio Rho(マンリオ・ロー)、Osvaldo Licini(オズヴァルド・リチーニ)、Enrico Prampolini(エンリコ・プランポリーニ)といった多くのアーティストたちが抽象美術を発展させ、Forma(フォルマ)などのアート・グループに属したGiulio Turcato(ジュリオ・トゥルカート)、Piero Dorazio(ピエロ・ドラーツィオ)、Achille Perilli(アキーレ・ペリッリ)等、戦後アーティストたちに影響を与えた。1948年には、ブルーノ・ムナーリAtanasio Soldati(アタナシオ・ソルダーティ)が、厳密な幾何学的アプローチが特徴のMovimento Arte Concreta(具体芸術運動)を設立。これに対し、Renato Birolli(レナート・ビロッリ)、Giuseppe Capogrossi(ジュゼッペ・カポグロッシ)、Emilio Vedova(エミリオ・ヴェドバ)は、より表現的なアンフォルメル的アプローチを取った。

1960年代を通じ、イタリア抽象美術の立役者たちは、コンセプチュアル・アートへの道を開き、ルーチョ・フォンタナの切り裂いたキャンバス、ピエロ・マンゾーニの「Achromes(アクローム:無色)のような新しい絵画的アプローチを生み出した。エンリコ・カステラーニAgostino Bonalumi(アゴスティーノ・ボナルミ)、Paolo Scheggi(パオロ・シェッギ)の作品は、絵画の制約を超え、キャンバスを成形、伸張、階層化させ2次元と3次元の境界を曖昧にし、Franco Grignaniフランコ・グリニャーニ)やDadamaino(ダダマイーノ)は、オプ・アートに傾倒。コンセプチュアル・アートアルテ・ポーヴェラといった実験的アートの隆盛の後は、古臭いと思われていた純粋な形や色彩の審美的クォリティが再評価され、「Analytical Painting(分析的画法?)」が取り入れられた。

世界的に有名なイタリア・ルネッサンスアートなどと違い、イタリア抽象美術は地味であまり知られていないけれど、ロシアやフランス、アメリカと言った抽象アートの有名どころと違う場所で、抽象絵画がどのように発展・表現されてきたかを観るのはなかなか興味深い。私的には、イブニング・スタンダード紙の批評はちょっと厳しすぎる気がする。そんなに悪くないと思うんだけれど。

Latest exhibition at Estorick Collection in Angel,  In Astratto: Abstraction in Italy 1930-1980 (June 27 – September 9) explores 50 years of innovation in Italian abstraction. This exhibition draws on the collections of the Liguria‘s three modern and contemporary art museums. The installation is arranged in six thematic and chronological sections: Historical Abstraction; MAC (Movimento Arte Concreta) and ‘Concrete’ Research; Art Informel; Towards the Conceptual; Optical-perceptual Research and Analytical Painting-New Painting.

Abstraction developed in Italy out of the experiments of Futurist artists such as Giacomo Balla. It evolved during the inter-war years by many artists such as Mario RadiceManlio Rho, Osvaldo Licini and Enrico Prampolini, and influenced post-war artists belonging to groups such as Forma, including Giulio Turcato, Piero Dorazio and Achille Perilli. A rigorously geometric approach characterised the work of the Movimento Arte Concreta, founded in 1948 by Bruno Munari and Atanasio Soldati. Reacting against this, artists such as Renato Birolli, Giuseppe Capogrossi and Emilio Vedova adopted a more painterly approach during the 1950s in accordance with the more expressive Art Informel.

Certain key figures of Italian abstraction paved the way for the innovations of conceptualism and pioneered novel approaches that developed throughout the 1960s. Like Lucio Fontana’s slashed canvases and Piero Manzoni’s Achromes, the work of artists such as Enrico Castellani, Agostino Bonalumi and Paolo Scheggi transcended the restrictions of painting, blurring the boundaries between two and three dimensions by shaping, stretching and layering of their canvases. On the other hand, Franco Grignani and Dadamaino attempted the perceptual experiments of Op Art. During the following decade, the ‘Analytical Painting’ was brought to Italian abstraction, rediscovering the aesthetic qualities of pure form and colour, following the conceptual art and Arte Povera.

In compare to famous Italian Renaissance art, Italian abstraction is rather modest and may not be considered a masterpiece, but it is interesting enough for me to see how abstract art is developed and manifested in different culture other than more known French, Russian and American counterparts. I think Evening Standard review is a bit too harsh on them… I don’t think it is bad.

Advertisements

Van Doesburg and the International Avant-Garde @ Tate Modern

テート・モダンの「Van Doesburg and the International Avant-Garde」は、ヨーロッパにおけるアバンギャルドの重要人物であるオランダ人アーティスト、テオ・ファン・ドースブルフをテーマとした、イギリス初の大規模な展覧会。デ・ステイルの発起人でもあるファン・ドースブルフは、アート、デザイン、著作活動、詩、建築等多方面で活躍した。アーティスト、建築家、デザイナーたちが参加したこのアート・ムーブメントは、第一次大戦後のヨーロッパに、精神的ハーモニーと秩序を打ち立てると言う新しいユートピア的な理想を追求、垂直と水平という厳密な幾何学をベースにしたインターナショナル・スタイルを押し進めた。この展覧会は、ファン・ドースブルフのオランダ新造形主義の推進者的役割、彼のダダイスト的パーソナリティ、バウハウスへの影響、国際構成主義とのつながり、そして「コンクリート・アート」グループの創設にスポットを当てている。ジャン・アルプコンスタンティン・ブランクーシモホリ=ナジ・ラースローピエト・モンドリアンフランシス・ピカビアヘリット・リートフェルトクルト・シュヴィッタースゾフィー・トイバー等の350点以上の作品の他、ファン・ドースブルフの、ストラスブールにあるCafé Aubetteの絵画とデザイン、家具、タイポグラフィー、雑誌、ステンドグラス、映画、音楽、彫刻等を展示している。

ドースブルフのアート自体は、少し暗い感じで線も弱く、特段印象に残っていないのだが、計11室に渡る、デ・ステイルに影響を受けた、偉大なアーティストたちの多彩な作品群には圧倒される。当時のライフスタイルと考え方にに大きな影響を与えたアートムーブメントに連なる、シンプルだけれどカラフルで、インパクトのある作品たちは、80年以上近くも前のものと思えないほどモダンで、古さを感じない。第一次世界大戦と第二次世界大戦の合間という激動の時代の最中にあって、新たな理想を打ち立てたアーティストやデザイナー、建築家たちの強いエネルギーと情熱が、今でも強く感じられる。ファン・ドースブルフは、モンドリアンをはじめとする仲間と比べて、アーティストとしてはさほど高い評価を受けていないけれど、リーダーシップを発揮し、彼の理想をヨーロッパ中に広め、ムーブメントの成功につなげたことが、彼の偉大な功績だと言えるだろう。

Van Doesburg and the International Avant-Garde” at Tate Modern is the first major UK exhibition, devoted to the Dutch artist Theo van Doesburg, pivotal figure of the European avant-garde. Van Doesburg, who practiced in art, design and writing, poetry and architecture, founded the movement and magazine De Stijl. This artistic movement of painters, architects and designers sought to build a new utopian ideal of spiritual harmony and order in the aftermath of World War I, advocating an international style of art and design, based on a strict geometry of horizontals and verticals. This exhibition explores van Doesburg’s role as promoter of Dutch Neoplasticism, his Dada personality, his efforts to influence the Bauhaus, his links with international Constructivists, and his creation of the group Art Concret. Including over 350 works by key artists as Jean Arp, Constantin Brancusi, László Moholy-Nagy, Piet Mondrian, Francis Picabia, Gerrit Rietveld, Kurt Schwitters and Sophie Taeuber, the exhibition features van Doesburg’s Counter-Composition paintings and designs for the Café Aubette in Stasbourg, as well as furniture, typography, magazines, stained glass, film, music, sculpture etc.

Van Doesburg’s works are kind of gloomy and weak, and I was not so impressed. But the exhibition includes a variety of works by great artists and designers who were influenced by the movement, is quite spectacular. Simple, colorful, and powerful works are still modern and strong, after more than 80 years – I can still feel the energy, and passion of the artists and designers of the art movement that affected the lifestyle and values during the period in turmoil between WWI and WWII. Although van Doesburg had never gained high recognition as an artist in compare to his fellowmen such as Mondrian, but his leadership and efforts to spread his ideal to whole Europe, which led the movement to great success, are the significant achievement that deserves great recognition.

*今日は、カメラのレンズが汚れていて、綺麗な写真が撮れませんでした。すみません!

*I didn’t notice that the lens of my camera was dirty, and I couldn’t take a good picture today…sorry!

Reblog this post [with Zemanta]