Tag Archives: コンテナ

BOXPARK “Pop-up Mall” @ Shoreditch High Street

Shoreditch High Street(ショーディッチ・ハイ・ストリート)駅前に、12月3日にオープンする、「世界初のPop-up mall(ポップアップ・ストアのショッピングモール版)」、BOXPARK(ボックス・パーク)。黒く塗られた貨物用コンテナに、60を超えるショップやカフェ、ギャラリーが入居する予定。正式オープン前だけれど、Marimekko(マリメッコ)やThe North Face(ノースフェイス)など、既に開店しているショップもちらほら。オープン日の12月3日には、いくつかのブランドが20% オフになるそう(詳細はウェブサイトで)。

BOXPARKのモットーは、「革新的な店やブランドに、お手頃価格でスペースを提供」すること。コンテナを再利用するため、ローコスト、ローリスクの「box shops」が実現できた。BOXPARKのウェブサイトでは、「繁華街に店を構えたり、メインストリートと雰囲気があわない、小さなブランドやエッジーで革新的な店を育て」、「メジャーなブランドはなし」、「世界中でここにしかない、素晴らしい商品」に出会えるとうたっている。

御託は立派だけれど、テナントリストには、ナイキ、プーマ、ノースフェイス、リーバイス、カルバンクライン、ラコステなど、国際的メガブランドや知られたブランドもたくさんある。もし本当にBOXPARKを特別な場所にしたかったのなら、どこにも展開していない、それこそ世界で唯一のオリジナル店ばかり集めたら良かったのに。不況の折り、なんだかんだ言っても所詮、毎月家賃をきっちり払ってくれるテナントが欲しいと言うことか。

飲食店のリストも何だかぱっとしないけれど、個人的には、微妙に遠くてなかなか行けなかった、ソーホーの人気カフェ、Foxtcroft & Gingerがイーストに来るのは歓迎。

BOXPARK in front of Shoreditch High Street station is “the world’s first pop-up mall” which will be a home to more than 60 fashion, cafés, arts and lifestyle brands, and will officially open in 5 days on December 3rd. Some shops like Marimekko and The North Face already opens its door before the official opening. You may want to take an advantage to shop 20% off selected brands on the opening day (see details on its web).

The BOXPARK philosophy is “to give those innovative retailers space at affordable rates”. By utilising black painted shipping containers, BOXPARK realizes a low cost & low risk ‘box shops’. The website boasts that BOXPARK “nurtures the smaller brands, the edgy and innovative round pegs that can’t afford and won’t fit in to the high street’s square holes” and “No high street retailers”, providing “simply great products that you won’t find anywhere else in the world”.

But really??? I can spot many international mega retailers such as Nike, Puma, The North Face, Levi’s, Calvin Klein etc etc, on its brand directory. If they want to make the space truly special, they should have accepted only independent shops that don’t have any branch anywhere else. Whatever the management brags, I guess at the end, they want model tenants who pay monthly rent without failing, during the recession.

The list of cafés at this moment is not very exciting, but personally I am happy that Foxtcroft & Ginger will come to the east, as SOHO shop is a bit far for us to go often.

初めてBOXPARKのことを知った時の写真。2011年2月11日撮影 / Photo that is taken when I got to know about BOXPARK for the first time (Feb 11, 2011)

Advertisements

Miroslaw Balka: How It is @ Tate Modern

Miroslaw Balka: What It Is?Miroslaw Balka: What It Is?

13日にテート・モダンで始まった 、ユニリーバ・シリーズ(The Unilever Series)の今年の作品、「How It Is」。ユニリーバ・シリーズは、毎年違うアーティストに作品を依頼し、テート・モダンのTurbine Hall(タービン・ホール)を作品の場として提供。毎回、趣向の違う大型作品は、メディアの話題を呼ぶ。How It Isは、生と死、戦争を主なテーマとするポーランド人アーティスト、ミロスワフ・バウカ(Mirosław Bałka)の作品で、ホールの真ん中に、ナチス・ドイツがユダヤ人を収容所に送る貨物車またはガス室を彷彿させる、圧倒的な存在感のある巨大な真っ黒い鉄製のコンテナがそびえる。長いスロープを上がって中に入ると中は真っ暗。方向感覚が麻痺し、無力感や、訳の分からない恐れや不安を感じる。しかし収容所やガス室に送られたユダヤ人たちが感じた恐怖は、ただのアート作品で安全な場だと知っている私たちの感じるものとは比べ物にならない程大きかったろう。コンテナから出る時、入口からの明かりと人々のシルエットが何とも幻想的だった。問題は、訪れた人々が携帯の明かりでうろうろしているのが目障りだったこと。ガーディアン紙等の批評家の意見も同様で、作品は良いが来訪者の行いが問題。特に遠足だかで来る子供や学生のグループは走り回ったり叫んだりと、アート作品が台無しだったとのこと。私が行った時は大人がほとんどだったので、コンテナ内は静かだったから良かったけれど。

コンテナは、もっと奥深いかと思っていたら、突然真っ黒のベルベットで覆われた壁に当たりそうになった。全く気づかなかった。こんなんで安全面は大丈夫かと思っていたら、案の定、既に一人、壁にぶつかってけがした人がいるそうだ。テート・モダンによると、初日に訪れた約1万2500人のうちの1人しか怪我しなかったんだから、危険性は低いと言うが、子供が中で走り回ったりしたら、壁や人にぶつかったりと、かなり危ないんじゃないかと思う。テート・モダンでは、Robert Morrisの「Bodyspacemontionthings」Carsten Höllerの巨大な滑り台Doris Salcedoのホールを縦断する割れ目など、過去にもけが人が出ている作品もある。安全面を考慮して明かりをつけたら意味がなくなるし、かといって放置しておくと後何人けが人が出るかも分からない。さて、テート・モダンはどんな対策をとるのか(それとも取らないのか)。

This year’s Unilever Series at Tate Modern, started from October 13, is “How It Is” by Polish artist Mirosław Bałka. Every year, the Unilever Series commissions an artist to make a work of art exclusively for Tate Modern’s Turbine Hall, and its large scale unique artworks often grab media attention. Balka’s How It Is is a terrifying gigantic black steel container, resemble to a freight train for carrying Jewish to a Nazi concentration camp or a gas chamber, stays in the middle of the hall. Going up the long slope, you enter into a empty dark space. The darkness gives us a sense of loosing direction, helplessness or unexplainable anxiety. But you know you are inside the artwork, and you are safe – our fear is nothing compare to the Jewish who were sent to a dreadful concentration camp during WWII. The view from the inside of the container, when I was walking toward the exit, was pretty striking with black silhouettes of the people, and gave me a great sense of relief from the brief frightening uncertainty. Yes the artwork is thoughtful and awesome, but the people are the problem. The glow of the mobile phones ruined the purpose of the artwork and annoyed me. The Guardian art critique especially complained about a gang of kids in a school trip screaming and laughing, running all over the place, completely spoiled the artwork. Thank God, there were no kids but discreet adults only when I went there.

I thought the container was much bigger, and I almost hit myself to the wall covered with soft velvet – I never noticed I was so close to the end of the space. I was wondering if it was safe for everyone, and just I expected, someone got injured by bumping into the wall on the very first day. According to the Tate Modern, only one person out of 12,5000 people visited on the day got injured and it is still pretty safe. But it could be highly possible that hyperactive kids run around in the dark and hit others or walls. There were some incidents of injury in the Tate exhibition in the past, such as Robert Morris’ Bodyspacemontionthings,  Carsten Höller’s giant stainless steel slides and a long crack running the length of the hall by Doris Salcedo. It must be a big dilemma for the museum, to choose safety or to respect the art’s sake – what Tate Modern is going to do (or do nothing)?

Miroslaw Balka: What It Is?

Reblog this post [with Zemanta]