Tag Archives: コンテンポラリー・アート

Ibrahim El-Salahi: A Visionary Modernist @ Tate Modern

Ibrahim El-Salahi: A Visionary Modernist」(9月22日まで)は、アフリカン・モダニズムにスポットを当てた、Tate Modern初の展覧会。ニューヨークにあるMuseum for African Artがテートモダンの協力のもとにオーガナイズした、このスーダン人アーティスト・Ibrahim El-Salahiの大規模回顧展では、アフリカン/アラブモダニズムの重鎮である彼の、50年以上に及ぶ100点の作品を展示している。

イスラム教、アフリカ、アラブ世界、そして西洋アートを融合した、スーダンのモダンアートの先駆けとして知られるEl-Salahiは、50年代にスーダンとロンドンにあるSlade School of Fine Artでアートを学ぶ。1957年にスーダンに帰国、その後カタールを経て、1990年代以降はイングランドに居住しているそう。

El-Salahiの作風は、正直好みではないが、彼の創造力とエネルギーに溢れたエキゾチックでオリジナルな作品は印象に残る。アフリカ人アーティストの大規模展はこれが初めてだけれど、アフリカ大陸が経済成長を果たすにつれ、これからアート界の新しいスターがどんどん出て来るだろう。その異文化からのアートに刺激を受け、既存のアートがどう進化していくのか楽しみだ。

Ibrahim El-Salahi: A Visionary Modernist (until Sep 22)  is the first Tate Modern exhibition, dedicated to African Modernism. Organised by the New York’s Museum for African Art in association with Tate Modern, this major retrospective of Sudanese artist Ibrahim El-Salahi brings together 100 works from over 50 years of his career, and highlights one of the most significant figures in African and Arab Modernism.

El-Salahi studied art in Sudan and at the Slade School of Fine Art in London in the 1950’s. He returned to Sudan in 1957 but lived in Qatar before settled in England in the 1990s. He is considered a pioneer in Sudanese art with his integration of Islamic, African, Arab and Western artistic traditions.
Though El-Salahi’s work is not really my taste to be honest, but I enjoyed seeing his distinctive paintings: exotic and imaginative, and original and impactful. I’ve never seen the major exhibition of an African artist, but it is exciting to see more of the art from different area of the world in the near future, as the African continent has been experiencing rapid economic growth.

偶然、本人が友人や家族?と記念撮影している場面に遭遇

I happened to see the artist, taking a photo with his family or friends

Summer Exhibition 2013 @ Royal Academy of Arts

年間パスを持っている友人と一緒に、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ(RA)で現在開催中のSummer Exhibition 2013展(6月10日〜8月18日)を見に行った。

1764年にスタートし、245年もの歴史を持つRAのSummer Exhibitionは、世界最大の公募展。有名無名のアーティストたちの、絵画、プリント、写真、彫刻、建築模型、映像など様々なカテゴリーの作品1270点が展示されている。応募要件(2013年時点)は、生存するアーティストなら誰でも、1作品につき£25払って2点まで応募出来る(RA ウェブサイト)。約5000人のアーティストの作品約1万点の中から委員会によって選ばれた約1000点の他に、80人のAcademiciansと呼ばれるRA会員の作品(一人6点まで)が加わる。大多数の作品は販売されており、アカデミーが販売価格の30%を受け取る仕組みで、その利益はアカデミーに通う学生たちのために使われるそう。値段はリーズナブルなものから高価なものまで様々で、数多く製作されたプリント作品などは、安価で手に入る物も。

→ Summer Showの詳細: makingamark.blogspot.co.uk

→ 写真: Guardian

Grayson Perry(グレイソン・ペリー。1部屋まるまる、彼のタペストリー作品シリーズ「The Vanity of Small Differences」6点のために使用されている)、Tracy Emin(トレイシー・エミン)、Frank Auerbach(フランク・アウエルバッハ)、Michael Craig-Martin(マイケル・クレイグ=マーティン)、アニッシュ・カプーアRon Aradロン・アラッド)、アンゼルム・キーファー、 アレックス・カッツなど、有名アーティストの作品も、公募作品に混じって展示されている。展示作品の横には通し番号のみ、アーティスト名やタイトル、値段など一切書かれていないので、興味があれば、その番号を頼りにガイドブックを参照。

展覧会は玉石混淆、気に入った作品も??と思うような作品も。でもアートの価値は見る人によって決まるから当然のこと。価格やアーティスト名が書かれていないから、先入観を持たずに鑑賞できるのも面白い。無名アーティストの中から将来大物になりそうな人を予想したり、「ウォーリーをさがせ!」じゃないけれど、有名アーティストの作品を探したりするのも一興。

I went to see the Royal Academy of Arts (RA) annual Summer Exhibition 2013 (Jun 10 – Aug 18) with my friend who has the annual membership.

The Summer Exhibition has 245 years history since 1764, and is the world’s largest open-submission exhibition. This year, it displays 1,270 works by emerging and established artists in different categories, including painting, printmaking, photography, sculpture, architectural models and film. As of year 2013, any artist (living, known or unknown) can submit up to two works with £25.00 fee per work (RA website). Around 1,000 works are selected by the committee from more than 10,000 entries from some 5,000 artists, and in addition to those work, all 80 Academicians are entitled to exhibit up to six works. The majority of works are for sale (prices are diverse, from affordable to ridiculous), and the Academy receives 30% of the price to help their students.

→ more details & facts of the Summer Show: makingamark.blogspot.co.uk

→ photos: Guardian

There is no artist’s name and title but only reference numbers on the exhibition walls, so you have to look up the yellow guidebook with the number for the artist, the title, and the price. Works by unknown artists are displayed side by side of the leading artists, such as Grayson Perry (one room is dedicated to his series of six tapestries The Vanity of Small Differences), Tracy EminFrank AuerbachMichael Craig-MartinAnish KapoorRon AradAnselm Kiefer, and Alex Katz.

There are works I like and dislike – value of the art is up to the eyes of the beholder. But it is fun to see a variety of works in one place, and guess who will be the next big things among emerging artists, and which works are of the famous ones and whose.

Summer Exhibitionの期間中、RAの建物・Burlington House全面にかけられた、El Anatsuiの作品「TSIATSIA – searching for connection。縦横15m x 23mという巨大なこの作品は、アルミのボトルキャップ、印刷版、屋根板などを使用して製作された。

El Anatsui’s “TSIATSIA – searching for connection, decorating the the façade of Burlington House  for the duration of the Summer Exhibition.  This 15m x 23m wall-hanging sculpture is created from aluminium bottle-tops, printing plates and roofing sheets, and other materials.

White Horse by Mark Wallinger @ The Mall

イギリス人アーティスト・Mark Wallinger(マーク・ ウォリンジャー)の作品「The White Horse」は、今年3月5日より、トラファルガー広場近くのthe Mallにあるブリティッシュ・カウンシル本部の前に展示されている。このサラブレッド(英語の綴りがthoroughbredなのを今日初めて知った)競走馬の等身大彫刻作品は、本物の馬を最新機器でスキャンし、大理石と合成樹脂で作ったという。British Council Collectionの委託作品で、2年間ここに置かれるそうだ。

馬とイギリスの歴史における馬の象徴的位置づけに魅了されたウォリンジャーは、2008年に、馬の25倍のサイズで高さ50mという巨大な白馬の彫刻作品案で、The Ebbsfleet Landmark Projectのコンペを勝ち抜いた。The MallのThe White Horseは、この彫刻の等身大版。→詳細はブリティッシュ・カウンシルのウェブサイト(英語)

近くで見ると、この「白馬」、超リアル。でも、いたずらや破壊行為を防ぐためかフェンスに囲まれてて、なんか窮屈そうで可哀想。

The White Horse’ by British artist Mark Wallinger appeared on March 5 outside the British Council’s London headquarters on the Mall near Trafalgar Square. This is a life-size sculpture of a thoroughbred racehorse. Wallinger scanned a live horse and made this with marble and resin. Commissioned by the British Council Collection, this horse will stand on The Mall for two years. 

Wallinger is fascinated by the horse and its emblematic status in British history. He won The Ebbsfleet Landmark Project in 2008 with his proposal of a white horse, 25 times life-size, and standing some 50m tall. The White Horse on the Mall is a life-sized version of this sculpture. →more details on the British Council website.

In fact the horse is ultra-realistic. The sad thing is that the horse was surrounded by the protective fence, and looked like he was in a cage and not free…

Longroom@St John’s Street, Smithfields

 

Longroomは、クリエイティブ産業が集まるクラーケンウェルに3月にオープンした、お洒落なパブ。ビールが売りだけれど、スミスフィールズ食肉市場に近いという立地から、「quality meat(良品質の肉)」も謳う。メニューはシンプルで、Gail’s bakeryのパンを使ったサンドイッチに、グリルチーズかhot salt beefの盛り合わせ、サラダ、サイドディッシュ、そしてデザート1種のみ。パブだからとあんまり期待していなかったけど、トーストしたサンドイッチ(Lincolnshire Poacher £7.50&Craft Beer rarebit £7)は意外に美味、味をしめて後日再来店、スープ半分サンドイッチ半分の「worker’s lunch」セット(£7.50)を注文。サンドイッチは期待通りの味だったが、スープが水っぽく具がほとんど入っていなかったのがマイナス点。そして女性ならともかく、男性なら2人前必要なのでは、と思うほど量が少ない。コーヒーも、近くのWorkshop Coffeeのコーヒー豆を使っていながら、バリスタかコーヒー豆、エスプレッソマシンの何が悪かったのか分からないが、とにかくお粗末な味。サクッとサンドイッチだけ食べて帰るか、パブとしてビールを飲みに行くのが無難。

Longroom is another good looking pub in Smithfields, opened in this March. Yes, this is a pub and their specialty is beers, but they claim that they also serve ‘quality meat’, as it is located just a stone away from the Smithfields meat market. Their food menu is rather short in compare to their drink menus, and basically what they have is several kinds of sandwiches with bread from Gail’s bakery and sharing boards of grilled cheese or hot salt beef, as well as few salads and sides and only one desert. Their toasted sandwiches (Lincolnshire Poacher £7.50 and Craft Beer rarebit £7) were surprisingly good. Another day we ordered their “worker’s lunch” (1/2 soup & 1/2 sandwich £7.50). Again the sandwiches were good, but their soups (onions and broccoli) were diluted and barely contained any piece of ingredients. The portion was small, not for ‘workers’ who definitely need to eat double of it. And the coffee from nearby Workshop Coffee were disappointedly bad. We were not sure what was bad, the barista, coffee beans, or espresso machine… Go for sandwich, or beers only.

Gary Hume Exhibition @ Tate Britain

Gary hume

昨日の続き。Gary Hume(ギャリー・ヒューム)は、ダミアン・ハーストなど同じGoldsmiths collageの卒業生とともに、ヤング・ブリティッシュ・アーティストを代表する一人で、1990年代初め頃、グロスペイントを施したhospital doorsシリーズで有名になった。テート・ブリテンのGary Hume展では、独特の色使いや筆致、構図で描かれた、過去約20年の絵画や立体作品約25点を展示している。

ヒュームは、鮮やかな色を好み、時に不調和と思える色の組み合わせを用いる。作品のモチーフは、母親や赤ん坊、友人、有名人などの人物、花や鳥などの自然や、雪だるまなど子供時代の思い出など。原形をわずかにとどめているものの、抽象画に近いほどゆがめたり細部を省略して、その主題を表現する。主な作品は初期の代表作・ Tony Blackburn (1993. photo galleryの4作目) や Blackbird (1998. 写真上)、そして最近の作品 Red Barn Door (2008) 等。

ヒュームの、キャンディーやアイスクリームを思わせる色使いは、とても美味しそうで、味見してみたくなる。彼の花や鳥の絵は、ユルいけれど力強くて好きなんだけれど、アンゲラ・メルケル(写真下)などの人物画は、ちょっとブラックで、落ち着かない気持ちにさせるものも。

Continue from yesterday’s topic. Gary Hume is one of the YBA (Young British Artists) artists, together with fellow Goldsmiths graduates such as Damien Hirst, and came to prominence in the early 1990s with his hospital doors in high gloss paint. Tate Britain’s Gary Hume exhibition, showcasing around 25 works, highlights his innovative use of colour, line and composition over the last 20 years. 

Hume uses strong and sometimes dissonant colour combinations, with recognisable images often fragmented to near abstraction. His favoured subjects are figures such as mothers and babies, friends and celebrities, as well as images drawn from nature or childhood including flowers, birds and snowmen. Highlights include iconic early works such as Tony Blackburn (1993. 4th on photo gallery), and Blackbird (1998. photo above), as well as recent paintings such as Red Barn Door (2008).

I like his use of candy or gelato colours (look yummy), and his paintings on flowers and animals such as Tulips (2009) and Blackbird (1998) are very impressive. However, some of his portraits and faces, such as Michael Jackson and Angela Merkel (below), are rather dark and make me feel uncomfortable. 

Exif_JPEG_PICTURE

Angela Merkel (2011)

Exif_JPEG_PICTURE