Tag Archives: ゴシップ

New Sunday Edition of The Sun “The Sun on Sunday” released on February 26

政治家や芸能人など数千人もの電話を盗聴したり、警察に賄賂を渡していた疑惑で大スキャンダルとなり、昨年7月10日に廃刊に追い込まれた(詳細:AFP記事)、ゴシップ&お色気満載の大衆紙・ザ・サン(The Sun)の日曜版・ニュース・オブ・ザ・ワールドに代わり、2月26日に新たな日曜紙・Sun on Sunday(サン・オン・サンデー)が創刊された。創刊号はなんと326万部も売れたという(AFP記事 / ガーディアン紙記事)。お値段は、£2以上する高級紙の日曜版に比べると、格安の50ペンス。ザ・サンの記事によると、新しい日曜紙は「trust(信頼)」 と 「decency(品位)」を大切にしつつ、持ち前の「fearless, outspoken, mischievous and fun(恐れず率直に、茶目っ気と遊び心)」は持ち続けることをモットーに紙面作りをしていくとおう。ニュース・オブ・ザ・ワールドは買ったことはないけれど、お決まりのページ・スリー・ガール(page three girls:写真下)は健在だし、紙面は有名人と庶民の生活に密着したトピックが満載と、普通のタブロイド紙。品位が向上したのかは知らないが、以前と同様、人前で広げるにはちょっと勇気がいる。

→イギリスの新聞については過去のエントリー参照

The first edition of The Sun on SundaySunday edition of the UK’s most selling tabloid The Sun, was released last sunday on February 26, after the the closure of its predecessor News of the World on July 10 last year, due to phone hacking scandal and suspected bribery of a police officer. The first edition of the new media sold massive 3.26 million copies (the Guardian article). The price of 50 pence is a bargain in compare to other sunday quality papers which cost over £2.00. According to the Sun article, this new sunday paper was launched with a pledge of “trust” and “decency”,  and they promised readers it would remain “fearless, outspoken, mischievous and fun”. I’ve never bought the News of the World, and I am not sure what is the difference – the new paper is still full of stuffs I expect from tabloid papers, such as Page Three girls, lots of celebrities as well as very down-to-earth topics about everyday life. And it is still the paper I feel a bit embarrassed to read in public.

→ see past entries for more about British papers

Long Goodbye to thelondonpaper

The London Paper: final version

ロンドンのフリーペーパーの1つ、「thelondonpaper」が本日9月18日付配布をもって、廃刊となった。2006年9月4日の創刊から3年。トレードマークの紫色のジャケットと帽子を着用したアルバイトによって、地下鉄駅の周りで月曜から金曜まで無料で配布。7月には、ライバル紙・London Liteをしのぐ、50万部以上の発行部数を誇っていたが、この不況で広告収入が減少。£1290万ポンドの赤字(税引き前)を計上したのを受け、先月、オーナーのNews International社が廃刊を発表していた。ガーディアン紙によると、上海で無料紙を発行するBros magazineより、買収提案があったらしいが、News International社が拒否したそうだ。Brosは、thelondonpaperのスタッフの1部を引き継ぎ、英語メインで、中国語と日本語のセクションを設けた週刊無料紙を企画していたという。

セレブのゴシップ記事が多すぎるのは玉にキズだったけれど、カラーや写真を多用した紙面で、ロンドンの出来事やイベント、ニュース、トレンド等が手軽に読め、またブログのネタ集めにも重宝していたので、廃刊は本当に残念だ。

One of free papers in London, thelondonpaper, will be discontinued after today’s last distribution. Credit crunch hit the paper’ advertising revenue, and its closure was announced last month by News International after it recorded pre-tax losses of £12.9m – 3 years after its launch on 4 September 2006. Thelondonpaper was handed out outside Tube stations from monday to friday by vendors wearing their trademark purple uniform and hat. The paper had a distribution of 500,348 copies in July, about 100,000 more than its rival London Lite. According to the Guardian article, News International refused the offer by Shanghai company Bros magazine, who wanted to run thelondonpaper as weekly with sections in Chinese and Japanese, retaining some staff.

Despite of too much celebrity’s gossips, thelondonpaper offered easy-to-read local news, events, trends and information with lots of images and colour. I find the paper very useful to find the topics for my blog as well, and I will miss it…

The London Paper: final edition

Reblog this post [with Zemanta]