Tag Archives: サウスバンク

Engine Hot Dog Stand (…but it is gone now) @ Southbank

Wahacaに行く前に見かけた、National Theatreロイヤル・ナショナル・シアター)前のホットドッグスタンド・Engine。真っ赤に塗られた1959年産シトロエンのトラックが目を引く。Richard Shanksという俳優がやっていたこのホットドッグ屋さん、使用する食材はオーガニック、free-range(放し飼い)、そして旬のもの。と、Evening Standard紙の記事で読んだ。「やっていた」と過去形にしたのは、EngineのFacebookページを見ると、サウスバンクでの営業は9月15日が最後だったから。また後出しです、ごめんなさい。。。

I saw this cute hot dog stand, Engine, in front of National Theatre, before we ended up at Wahaca. According to the Evening Standard article, Engine the red 1959 Citroën truck, owned by an actor Richard Shanks, sold hot dogs using organic, free-range and seasonal produce. I wrote ‘sold’ in past tense, as their last day at Southbank was on September 15th (Engine’s Facebook)… It’s too late to write, again – sorry!!

ソーセージとパンだけという、シンプルなホットドッグ(£3.50)が一番好き / I love simple hot dog, just sausage and bun (£3.50)

Advertisements

Festival of the World @ Southbank Centre

今年の夏のロンドンオリンピック・パラリンピックにあわせ、サウスバンク・センターでは、Festival of the World(6月1日〜9月9日)が開催されている。スポーツや芸術が若者の夢や向上心を刺激すると考えた、近代オリンピックの創立者であるピエール・ド・クーベルタン男爵にインスピレーションを得たというこのフェスティバル、芸術は人々の人生を変えられることを証明するのを目的に、アート、音楽、ダンス、詩、文学、コメディなど世界の文化イベントの他、マーケットや「urban beach(人工ビーチ)」など、様々な催しが行われている。明日29日から始まるパラリンピックと同時に、障碍を持つアーティストたちの作品を紹介するイベント「Unlimited(8月30日〜9月9日)」もスタートする予定。

Southbank Centre has been hosting Festival of the World this summer from June 1 to September 9, coinciding with the London 2012 Olympics/Paralympics. The festival is inspired by the founder of the Olympic movement, Baron Pierre de Coubertin who believed that the arts and sport could raise the aspirations of young people. During the period, Southbank offers a variety of international cultural events such as art, music, dance, poetry, literature, and comedy, as well as markets, urban beach and more to demonstrate how art can transform lives. Corresponding with the start of Paralympic Games tomorrow on August 29, ‘Unlimited‘ (Aug 30–Sep 9) will showcase art and culture commissions by disabled and deaf artists.

中でリラックスしたり遊んだりできる、かまくら型のユニークな「London Earth Creature」は、エコ建築のスペシャリスト・Small Earthの作品。

London Earth Creature” is the unique playscape for play & relax, designed and built by eco-build specialists Small Earth.

廃材を使用して大規模作品を創っているロンドンベースのアート集団・Robots>>>>の「Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down(下を見なければ全てが美しく見える)」。2011年のFestival of Britainで使用した木材や鉄を再利用している。

“Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down” by the London-based arts collective Robots>>>>, who build large sculptures from recycled and reclaimed materials, have made these figures predominantly from wood and steel used at Southbank Centre’s 2011 Festival of Britain.

世界から集められた布地で作られた、15mの高さの「Under the Baobab(バオバブの木の下で) 」は、Pirate Technicsが制作。

15 metres tall “Under the Baobab” is made from stacks of fabric rings using material from around the globe, created by Pirate Technics.

Trey WatkinsとCameron Brownの二人のアーティストの作品「Perspectives(視点)」。一見、無造作に置かれたアルファベットだけれど、一定のアングルから見るとメッセージが浮かび上がる。

Perspectives‘ designed by artists Trey Watkins and Cameron Brown. At first they appear to be random letters, but when you see them from certain vantage points they line up to reveal hidden messages.

たくさんの緑色のバスケットを使った、韓国人アーティスト&デザイナー・Choi Jeong Hwaチェ・ジョン・ファ)の「Time after Time(何度も何度も)」。

Korean artist and designer Choi Jeong Hwa‘s “Time after Time“, using thousands of green carrying baskets.

Festival of Britain @ Southbank

ロンドンはこのところ晴れ続き、最高気温26度と、ロンドンとしては真夏並みの毎日。明日からのイースターホリデーもお天気だそうで、サウスバンクで明日から始まるFestival of Britainにはもってこいの良い陽気になりそう。

イギリスの文化と創造力を祝うFestival of Britainは、今年で60周年を迎える。フェスティバルが始まった1951年のロンドンは、第二次世界大戦の傷跡もまだ生々しく、再開発が必要だった。そんな中、フェスティバルはイギリス人に戦争からの復興と、破壊された都市の再構築における、より品質の高いデザインの発展と促進のために企画された。

主催するサウス・バンク・センターでは、9月4日の終了まで4ヶ月に渡り、ミュージシャンのレイ・デイヴィスの「Melt Down」やYBAアーティスト、トレイシー・エミンの「Tracey Emin: Love is What You Want」展など、
著名アーティストや思想家たちのパフォーマンスやトーク、イベントなどが開催される予定。

It’s been incredibly nice in London these days with a year-worth of sunshine and maximum temperature of 26° like a summer time. The weather is supposed to remain good and dry during upcoming Easter weekend, which is perfect for the opening of Festival of Britain from Good Friday tomorrow in Southbank.

The Festival of Britain, celebrating  British culture and creativity, marks its 60th anniversary this year. The first festival was held in 1951 just after Word War II, when much of London was still in ruins and redevelopment was badly needed. The Festival was an attempt to give Britons a feeling of recovery and progress and to promote better-quality design in rebuilding of British towns and cities following the war.

This year, Southbank Centre hosts a variety of performances, new outdoor environments, talks and events by some of Britain’s leading artists and thinkers, including rock musician Ray Davies‘s ‘Melt Down‘ and  “Tracey Emin: Love is What You Want“, for four months until September 4.

川の側のQueens Walkでは、ヴィンテージ水着の展示や貝で出来た洞窟など、アーティストたちによってカスタマイズされた、イギリスのビーチにつきもののカラフルなBeach Hut(ビーチ小屋)が並ぶ(写真はオープニング前)。海鳥の保存協会が啓蒙活動を行う、Mark Dion製作のMobile Gull Appreciation Unit(カモメへの理解のための移動式ユニット)も、ご愛嬌(写真)。

On the Queens Walk next to the Thames, colourful Beach Hut, typical on British beaches, customised by artists to contains something different, such as n exhibition of vintage beachwear and a shell grotto. Mark Dion’s Mobile Gull Appreciation Unit, which plays host to different seabird preservation societies, is a bit freaky but cute, and guaranteed to catch people’s attention (photo).

同じくQueen’s Walkに作られた、70mの長さのURBAN BEACH。水着姿で日焼けに勤しむ人々で一杯のパリ・プラージュと違い、子供の砂場と化している。

70-metre beach “URBAN BEACH” on the Queen’s Walk. The beach becomes a kids playground, in compare to French counterpart of Paris Plage, which is more like an outdoor tanning salon.

きつねはペット、それとも害獣?わらブロックで出来た作品「Urban Fox」は、そんな問題を提起。すごく悲しそうな表情にキュンとくる(写真)。この作品メイキングのビデオはここをクリック。

Is fox pet or pest? “Urban Fox” created out of straw bales brings up such a debate. The fox looks very, very sad (photo). Click here to see it being build.

レベル2の外のテラスに展示された、アート・インスタレーション(アーティスト、作品名は不明)。詩?が書かれたたくさんの紙が天井から吊るされ、その天井に貼られた何本のワイヤーには、紙飛行機が。

Art installation outside Level 2 on the Riverside Terrace (I can’t find who made this and what is the title). Strings of papers with poetry? are attached from the ceiling, and paper aeroplanes are on the wires coming out of the ceiling.

*****

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

*情報がほとんどなくなってきたので、残念ですが、今回で最後とします。また情報がありましたら、不定期でお知らせします。

* Due to less and less number of charity information available recently, I stop this as of today. However, I will put up any information when I find.

Cologne Christmas Market @ Southbank

今年で3回目となるCologne Christmas Marketが12月23日まで、テムズ川沿いのSouthbank Centre/Royal Festival Hall(サウス・バンク・センターロイヤル・フェスティバル・ホールとLondon Eye(ロンドン・アイ)の間で開催中。伝統的なドイツのクリスマス・マーケットをロンドンに再現したこのマーケットには、60近くの木造のシャレーが並び、ブラートヴルスト(ドイツのソーセージ)、グリューワイン、ハート形のジンジャーブレッド、ローストしたアーモンドやキャンディーなどのフード&ドリンク、そして手作りのおもちゃやジュエリー、レース、ろうそく、陶芸品や、クリスマスツリーのオーナメントなどの工芸品を売っている。また、メリーゴーランドや、子供向けの30分のショーが行われるSanta’s Secret Villageもある。

写真は去年のものだけれど、去年も今年も基本的に変わってない。何年か前、ウィーンに旅行した時にクリスマス・マーケットを体験したけれど、サウスバンクのと何かが違う。何が違うかと考えたら、ウィーンのクリスマス・マーケットは、もっときらびやかに飾られていて活気があり、訪れている人々もとても幸せそうだった。でもサウスバンクのは、中途半端で盛り上がりに欠け、何だかうら寂しげ。人々もあんまり楽しんでるように見えない。違う文化の伝統を形だけ真似するのではなく、もうひと工夫してほしいところ。

Cologne Christmas Market is taking place for the third time between the Southbank Centre/Royal Festival Hall and London Eye along the River Thames. Bringing a traditional German Christmas Market to London, around 60 traditionally decorated wooden chalets sell German specialty such as “Bratwurst”, a glass of “Glühwein” (German Mulled Wine), gingerbread hearts, roasted almonds and candies, as well as handcrafted gifts, toys, jewelry, hand tatted laces, candles, ceramics and glass ornaments for Christmas tree. There are also the carousel and Santa’s Secret Village that houses 30-minute children’s shows, to entertain small visitors.

These photos are of last year’s, but it is more or less the same this year. I went to Christmas markets in Vienna few years ago, and it was much more fun than the Southbank’s, which is rather sad and depressing. Christmas markets in Vienna was more glittering and lively that gave me true festive feelings. Visitors there looked far more happier than the ones in Southbank who looked bored or little interested. The organizer must work harder, instead of just making a bad copy of a festivity from foreign culture.

Enhanced by Zemanta

Elephant Parade London 2010

May Day Bank Holiday(メーデー明けの月曜日。イギリスの祝日)の5月3日から始まった、Elephant Parade London 2010(エレファント・パレード・ロンドン2010)。アーティストやデザイナー、セレブたちによってペインティングを施された、実物大の赤ちゃん象260体がロンドンのあちこちに設置されている。

ロンドンの屋外でのアート・イベントとして過去最大となるエレファント・パレードは、絶滅の危機に瀕しているアジアゾウを救うためのチャリティ・イベント。ロンドンの前はオランダでも開催された。同様の慈善アート・イベントとしては、東京でも何度か行われた、2002年のCow Parade Londonカウ・パレード)がある。

参加者は、デザイナーのTommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)、Paul Smith(ポール・スミス)、Diane von Furstenberg(ダイアン・フォン・ファステンバーグ)、Julien MacDonald(ジュリアン・マクドナルド)、Matthew Williamson(マシュー・ウィリアムソン)、Lulu Guinness(ルル・ギネス)、アーティストのMarc Quinn(マーク・クイン)そしてSir Terence Conran(テレンス・コンラン)など。またイギリス王室の一員である、マイケル・オブ・ケント王子ご夫妻も参加されている。時には、歩き疲れた観光客や飲食の椅子代わりになったりしているけれど、これらのカラフルな子象たちは、愛嬌のある表情に可愛いポーズで、道行く人々の目を楽しませている。→もっと写真を見たい方はこちらをクリック。

6月22日までは、バッキンガム宮殿、国会議事堂前のパーラメント・スクエア、コヴェント・ガーデン、サウスバンク等、ロンドンの主な観光地の周辺に置かれるが、その後チェルシーにあるChelsea Royal Hospital(チェルシー王立病院:イギリス兵のための老人ホーム。RHSチェルシー・フラワー・ショーの会場にもなっている)に集められ、6月23日から7月2日まで一般公開。7月3日にはSotheby’s(サザビーズ)でオークションにかけられる。主催者は200万ポンドの売上を見込んでおり、その売上金は主催者のElephant Familyとアジアで活動する20のイギリスの保護団体に分配される予定。

ミニチュアの象は、デパートのSelfridgesや80 Regent St、36 Carnaby Street, and Greenwich Central Marketのお店の他、エレファント・パレードのオンラインショップで買える。

Elephant Parade London 2010 started on May 3, a May Day Bank Holiday, and 260 colorful life-size baby elephants, painted by artists, designers and celebrities, are located over central London during the event period.

Elephant Parade is a conservation campaign, similar to Cow Parade London in 2002, and aims at raising awareness of the urgent crisis faced by the endangered Asian elephant. This is London’s biggest outdoor art event on record, and the elephants have ‘paraded’ in Netherlands before London.

The participating artists include designer Tommy Hilfiger, Sir Paul SmithDiane von FurstenbergJulien MacDonaldMatthew WilliamsonLulu Guinness, Sir Terence Conran, and artist Marc Quinn, as well as HRH Prince and Princess Michael of Kent. Though sculptures are sometimes used as a resting point for exhausted tourists or a place to have a snack, but generally passersby appreciate these work of art, adore its cute face or gesture, or enjoy taking a picture. → For more picture, click here.

The elephants will stay at around major London landmarks including Buckingham Palace, Parliament Square, Covent Garden and the South Bank until June 22, and will be put all together in Chelsea Royal Hospital (retirement home and nursing home for British soldiers and the site of the annual Chelsea Flower Show) for public viewing from June 23 to July 2. On July 3, all of the elephants will be auctioned at Sotherby’s, aiming to raise £2 million to help the Elephant Family charity and 20 UK conservation charities working in Asia.

Mini elephants are available at Selfridges, 80 Regent St, 36 Carnaby St and Greenwich Central Market or at the elephant parade online shop.

私が見た中でのお気に入り。My favorite one among what I have seen so far.

Reblog this post [with Zemanta]

A Hot Sunny Day in Southbank

先週末からロンドンは良い天気続き。今日も真っ青な空に太陽が燦々と降り注ぎ、最高気温も30度近くまで上がった。ロンドンでこんな気持ちのいい晴れの日は滅多にないので、天気を満喫しに、久しぶりにサウスバンクに行った。

ランチは、ロイヤル・フェスティバル・ホールにあるRiverside Terrace Caféで。フレッシュな食材を使ったサンドイッチやスープ、軽食類は、ファーストフードにしては、なかなかいける。広々としたホール内にもテーブルはあるけれど、天気のいい日は、これまた広々とした外のバルコニー席がいい。外にはバーカウンターもあり、カクテルやアルコール類もいただける。

It’s been a nice and hot day in last few days. The highest temperature went up around 30ºc today as well with tropical blue sky and bright sun, so we went to Southbank to enjoy the sun.

We had lunch at Riverside Terrace Café in Royal Festival Hall. Fresh home made sandwiches, soup, and light meals at the café are not bad at all, as a quick bite. There are many tables in the hall but it is better to sit outside on a spacious balcony when it’s sunny. There is also a bar counter to serve cocktails and alcohol drinks.

ロンドン・アイの向かいにあるJubilee Gardens(ジュビリー・ガーデンズ)では、天気のいい日にはロンドンのどんな小さな公園でも見かけるように、人々が日向ぼっこ+日焼けをエンジョイ。

Many people were sunbathing in the Jubilee Gardens across the London Eye, like any other small or large parks in London in the sun.

ジュビリー・ガーデンの横に設置された、チャンネル4系テレビ局E4が主催するUdderbelly(Udderは牛の乳房、bellyはお腹)のステージ。今年2年目となるUdderbellyでは、スタンダップ・コメディ(イギリスの一人漫才・漫談)やキャバレー、コンサート、ダンス・ショー等が、2ヶ月に渡って行われる(5月13日〜7月18日)。空気で膨らませた、逆さまの紫色の牛は、何だかヘンだけれど妙に可愛い。会場内には、カフェやパブ等が出店していて、ショーがない時も人で賑わっている。

A stage of E4 (digital TV channel of Channel 4)  Udderbelly sits next to the Jubilee Gardens. In its second year, Udderbelly hosts two months of  a variety of shows such as stand-up comedy, cabaret, music, dance and family shows (May 13 – July 18). The inflatable giant upside-down purple cow is quirky and cute. There are café and bars inside the tent and you can enjoy drinks and food even while no show taking place.

サウスバンクの風景を車体に描いたアイスクリームを売る屋台。

Ice cream van painted with the Southbank skyline.

Reblog this post [with Zemanta]

Canteen British Restaurant @ Royal Festival Hall, Southbank Centre

日本に帰ると、「イギリス料理は不味いの?」と聞かれることが非常に多いのだけれど、ガストロパブ(おいしい食事を提供するパブ)やセレブ・シェフの流行もあって、材料にこだわった、美味しくて洒落たブリティッシュ・レストランが増えている。Canteen(カンティーン)は、私たちが好きなブリティッシュ・レストランの一つ。「Canteen」は、学校やオフィス、軍の基地等にあるカフェテリア/レストランを意味するイギリス英語で、学食や社食を指す。ロンドンに現在4軒あるけれど、私たちがよく行くのは最寄りのSpitalfields店と、BFIでの映画やコンサートの際に立ち寄る、サウスバンクのRoyal Festival Hall店。

メニューは伝統的イギリス料理のパイやロースト料理、シチューやオーブン料理、魚料理、ソーセージ&マッシュ等。フェアリー・ケーキ(カップケーキ)やヴィクトリア・スポンジ(スポンジ・ケーキ)等、デザートもイギリス風。Free Range(放し飼い)で育てられた添加物不使用の肉類や、南海岸から直送された魚等、新鮮で厳選した主に国産の旬の食材を使った気取らないイギリス料理と、リーズナブルな値段で人気、その味はメディアや批評家からも高い評価を得ている。ちなみに昨日見た、豚の飼育や虐待に関するドキュメンタリー「True Stories: Pig Business」によると、イギリスのAnimal Welfare(動物福祉)に関する規制はヨーロッパでいちばん厳しいそう。動物愛護に熱心なイギリスでは、そうした家畜の福祉に配慮したレストラン(特にブリティッシュ)をよく見かける。Canteenもその一つで、家畜を人道的に扱う農場から肉類を購入しているという。

また、Very Good and ProperWindmill Furniture等ブリティッシュ・デザインの家具を使った、シンプルかつモダンで暖かみのあるインテリアは、WallpaperTime Out誌の2006年ベスト・レストラン・デザイン賞候補になった。また、24ページの店紹介の冊子(写真下)もスタイリッシュにデザインされていて、もらう価値あり。

Incredibly, so many people from abroad believe that British food is bad. Due to the popularity of gastropubs and celebrity chefs, there are a wave of cool and delicious British restaurants using good quality ingredients in UK recent years. Canteen (“a cafeteria/restaurant at school, office or military base,” in British English) is one of our favorite British restaurants. Canteen has four branches in London, and we sometimes go to the nearest Spitalfields restaurant and the Royal Festival Hall branch in Southbank Centre when we go to a concert or a movie at BFI.

The food at Canteen is traditional British; pies, roast, stew, bakes, fish, and sausage & mash etc. The desert is also good old British treats, such as fairy cakes (cupcake) and Victoria sponge (sponge cake). All their meat is free range and additive free, and their fish is delivered directly from south coast of England. With their unpretentious food using fresh and mainly domestic ingredients from selected sources, and with its reasonable price, Canteen is very popular among Londoners and is also highly regarded by media and food critiques. I saw yesterday a documentary “True Stories: Pig Business” about pig welfare in some farms abroad (USA and Poland), and I got to know that the British regulation on animal welfare is the strictest in Europe. In general, British are passionate about animal right and welfare, and I’ve seen many restaurants, including Canteen, expressing their values in better life for farm animals and using free range and/or organic meats.

Canteen’s simple and modern but also warm interior, using British design furniture from Very Good and Proper and Windmill Furniture, is also highly recognized, and Canteen was nominated for “Best Restaurant Design 2006” by Wallpaper and Time Out. Their 24-page information booklet (photo below) also stylishly designed, and worth to get a copy.

Reblog this post [with Zemanta]