Tag Archives: ショッピング・センター

Range Rover Evoque Wireframe @ N1 Shopping Centre, Islington

エンジェルにあるショッピング・センター、N1 Shopping Centreに設置された、ショッキングピンクの、新型レンジ・ローバーEvoque(イヴォーク)実物大ワイヤー・フレーム模型(→イヴォークのブログ)。季節柄、最初はクリスマスのデコレーションかと思った。

I found this shocking pink full-scale wireframe model of the new Range Rover Evoque at the N1 Shopping Centre in Angel, Islington (→Evoque’s blog). I thought it was a sort of Christmas decoration at first.

パリで行われたモーターショー2010でのイヴォーク一般公開を記念し、レンジ・ローバーとパリジャン・アーティスト4人がコラボ。ワイヤー・フレームを元に、各々、イヴォークの4つのコンセプト「sustainability, luxury, design and technology(持続可能性、高級、デザイン、テクノロジー)」をイメージして創られた、アート・インスタレーションがパリ市内4カ所で展示された。参加アーティストの一人、ファッション・デザイナーのジャンシャルル・ド・カステルバジャック(Jean-Charles de Castelbajac)は、luxuryをテーマにした作品を作製(写真はこちら)。

Range Rover has collaborated with four Parisian artists to celebrate the new compact city car, which debuted at Paris Motor Show 2010. Each artist was briefed to create art installations based on the wire frame of the Evoque, and these designs were created around the four key attributes of the car; sustainability, luxury, design and technology. One of the participated artists, fashion designer Jean-Charles de Castelbajac made an installation based on the theme “luxury” (here for photos).

Vodpod videos no longer available.

Enhanced by Zemanta

2010 Serpentine Gallery Pavillion by Jean Nouvel

Vodpod videos no longer available.
昨日Lidoでランチをした後、7月10日から10月17日まで開催中の、The Serpentine Galleryサーペンタイン・ギャラリー)の夏季限定パビリオンを、遅ればせながら見に行ってきた。

パビリオンの創設10周年、またサーペンタイン・ギャラリーの開設から40年を迎えた2010年のパビリオンは、フランス人建築家・ジャン・ヌーヴェルがデザイン。遠くからでも目に入る、全てが鮮やかな赤の建物で、周囲の緑とのコントラストがまぶしい。去年の、控えめで落ち着いた感じのSANAAのパビリオンと正反対で、情熱的でパワフルだ。これはフランス人と日本人の国民性の違いか??

今秋、ヌーヴェルのイギリスにおける最初のメジャーな建築作品となるショッピング・センター「One New Change」が、セント・ポール寺院の近くにオープンするので、このパビリオンはその前の話題作りにちょうどいい。家から最寄りの大規模ショッピング・センターとなるOne New Changeの建設は、私たちにとっても嬉しいニュースで、そのオープンが待ち遠しい。

We went to see the annual Serpentine Gallery pavilion (10 July – 17 October), after having lunch at Lido yesterday.

This year is the Serpentine’s 40th Anniversary, and celebrates the 10th commission of the annual summer pavilion. The 2010 Serpentine Gallery Pavilion is designed by French architect Jean Nouvel. The entire building is rendered in a vivid red, contrasting with the surrounding green. It is passionate and powerful, and you can easily spot it from far. This is complete opposite to the last year’s quiet and modest SANAA’s pavilion. Is this because of cultural difference between French and Japanese??

This autumn, Nouvel’s first major permanent work in UK, One New Change shopping and office complex will open near St Paul’s Cathedral, and this pavilion is a good introduction before the opening. The opening of One New Change is great for us, as this will be our closest large scale shopping center.

ロンドンの電話ボックス、郵便ポスト、バスの赤を反映しているのもあるけれども、ヌーヴェルは、「夏の太陽が目を射し、瞬きをしたら、世界が真っ赤になった」時に、赤をコンセプトにすることを思いついたという(ガーディアン紙のインタビューより)。あんまり赤過ぎて、中にいると目がチカチカするけれど、何だかパワーがみなぎって、高揚した気分になる。

The red color reflects the London’s telephone boxes, post boxes and busses. But more than that, his ‘red’ concept came from “that moment,” Nouvel says, “when the summer sun catches you full in the eyes and, as you blink, the world dissolves into red” (from the Guardian’s interview with Nouvel). It is so red and flickering, but invigorating and energizing at the same time.

大胆な幾何学的フォルム、格納式の天幕、支柱なしで立つ12mの高さの傾斜壁からなる建物。

The building consists of bold geometric forms, large retractable awnings and a sloped freestanding wall that stands 12m above the lawn.

パビリオンの中は、人々がひと休みしたり、お喋りを楽しんだり、チェスに興じたりできるよう(チェス台付きのテーブルもある)、これまた真っ赤のテーブルと椅子が置いてあり、カフェ・カウンターで軽食や飲み物も買える。

The pavilion contains a large seating area, where people can relax, chat, and play chess at all-red tables and chairs. You can buy drinks and snacks at a café counter.

パビリオンの向かいには、これまた赤のフランスの伝統的屋外卓球台が置かれている。

There are traditional French outdoor table-tennis tables outside the pavilion, which are also in red.

Enhanced by Zemanta

Mid-August Lunch (Pranzo di Ferragosto) @ Renoir Cinema

Renoir Cinema

昨日、Brunswick CentreにあるRenoir Cinemaで、イタリア映画「8月のランチ」を観た。8月15日のFerragosto(聖母被昇天祭)の話なので、15日に観ようかと思ったが、週末の人出を避けて月曜日にした(平日5時まではチケット代も£3安い)。2008年の東京国際映画祭のコンペティション部門にも選ばれたこの作品では、話題を呼んだマフィア映画「ゴモラ」(Gomorra)の脚本の共同執筆者である、ジャンニ・ディ・グレゴリオが主演・監督を務めた。グレゴリオが自らの母親を介護した経験にインスピレーションを得た、この映画は、独り身で母親とローマの古いアパートに2人暮らしの熟年男のジャンニが、イタリア全土がバカンスに出かける8月15日聖母被昇天祭の前日に、滞納中の管理費と電気代と引き換えに、愛人と旅行に出かける管理人の母親を、数日預かる約束をしたところから始まる。母親だけという約束が管理人の叔母、そして知人の医者の母親と、気づけば4人の高齢の女性の面倒を見ることになるはめに。ジャンニは、ワインをあおりながら、嫌々ながらも甲斐甲斐しく世話を焼く。最初はぎくしゃくしていた個性的な老女4人だけれど、最後は意気投合。最後は楽しく聖母被昇天祭のランチを祝うというストーリー。老人介護というシリアスなトピックを扱いながらも、イタリア映画らしく、笑いを交えた、ほのぼのとしたハッピーな映画に仕上がっている。まあ4人とも元気だから介護とは言わないか。高齢の親を残してバカンスに行くイタリア人は身勝手かもしれないけれども、一人で残しておくのは気が引けるのか、面倒を見てくれる人を捜してから出かける辺りが、なんだか憎めない(それとも単にマザコンなだけ?)。

Renoir Cinemaは、アートハウス映画を上映しているCurzon Cinema系の映画館(スクリーン数2)。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンや大英博物館が近いという場所柄か、主にハリウッドを除く外国映画(特にフランス映画)やインディペンデント映画を上映している。映画館の入っているBrunswick Centreは、60年代にデザインされ1976年に完成した、モダニズム建築の集合住宅と商業施設コンプレックス。老朽化のための改築計画は、度重なる住人の反対によって頓挫していたが、ついに2002年に改築が始まり、2006年に商業施設が再オープンした。現在、Renoir Cinemaの他、高級スーパーのウェイトローズ、カフェ、レストラン、ドラッグストア、ファッション・ブティック等が入居している。

We saw Italian movie “Mid-August Lunch (Pranzo di Ferragosto)” yesterday. Since the movie is about Italian holiday Ferragosto, when all the Italians go on vacation and the the cities are deserted, so we thought to see it on August 15th but we decided to see it on Monday to avoid the weekend (and a ticket is £3 cheaper on weekday before 5pm). Written and directed by co-screenwriter of a mafia movie ‘Gomorra‘, Gianni di Gregorio, ‘Mid-August Lunch’, inspired by Di Gregorio’s own experience in living with his own mother, is a cute movie with lots of laughs.  The main character, Gianni, played by Di Gregorio himself, lives in the old apartment in Rome with his elderly mother. By piling up unpaid bills, Gianni was forced into looking after building manager’s mother for two nights in exchange for forgiving some tenant debts, so that the manager could go on his vacation. Gianni ended up looking after total four elderly ladies – his mother, manager’s mother and aunt, and mother of his doctor friend who had a night shift on the day before Ferragosto. Gianni had reluctantly looked after four old ladies with the help of white wines and ‘bribery’ from the manager and the ladies. The four ladies, each with their own strong personality, had some discord at the beginning, but they hit it off with each other, and had good time over the Ferragosto lunch at the end. Though the story embraces depressing themes such as taking care of aging parents and poverty (well, sort of), Di Gregorio was able to make ‘Mid-August Lunch’ heart-warming and optimistic by the power of Italian sense of humors.

Renoir Cinema is a part of art house movie theater chain Curzon Cinemas and shows mainly foreign films (except commercial Hollywood movies), especially French movies, and Independent movies.  The cinema is a tenant of Brunswick Centre, which is a modernist architecture and a residential and shopping centre in Bloomsbury, near University College London and British Museum. It was designed in 60s and completed in 1976. Plans for renovation had repeatedly been blocked by residents’ committees but much-needed makeover began in 2002, and major works completed in 2006. Now Brunswick Centre houses upscale supermarket Waitrose, cafes and restaurants, drugstores, and fashion chains etc.

Mid-August Lunch postcard

Reblog this post [with Zemanta]