Tag Archives: ショッピング

Sunbury Antiques Market @ Kempton Park Racecourse

Waterloo(ウォータールー)駅から電車で約45分。Kempton Park Racecourse(ケンプトン・パーク競馬場)で、毎月第2・最終火曜日に開催される、イギリス最大アンティーク・マーケット、Sunbury Antiques Market(サンバリー・アンティーク・マーケット)に初めて行った。

1979年に始まった、愛称「Kempton(ケンプトン)」「Kempton Park(ケンプトン・パーク)」で親しまれるこのマーケット、屋内に350、屋外に350以上出店する大規模なもので、早朝6時半から始まり、昼頃には多くが店仕舞する。西洋・東洋、アフリカと国を問わず、家具や銀製品、ジュエリー、洋服、おもちゃ、食器類といった正統派アンティークから、訳の分からないガラクタやオブジェまで、古ければ何でもあり。入場料・駐車場は無料で値段も安く、プロのディーラーも掘り出し物目当てに仕入れにくるそうだ。日本人の駐妻御用達という噂どおり、日本人とおぼしきグループも多い。インターネットで調べると、日本人ブロガーの記事が延々と出てきてびっくり。どれくらい知識があるかは別として(別に知識がなくても好きならいいと思うけど)、日本人はアンティークが好きなんだなとつくづく思う。

かくいう私はアンティーク知識はほぼゼロ。まあ1時間ほど見ればいいかと、気軽に足を踏み入れたのだが、そのスケールに圧倒される。アンティークにさほど興味はなったけれど、ぶらぶら見て回るだけでとにかく楽しくて、もっと早い時間に行けば良かったと後悔した。うちから遠いし、朝早いのは苦手なので、今度はいつ行けることやら。

For the first time, I went to Sunbury Antiques Market, held bi-monthly (second and last Tuesday) at Kempton Park Racecourse, 45-minute train journey from Waterloo station.

Started in 1979, Sunbury Antiques Market is the largest antique market in UK. From 6:30 AM till sellers decide to wrap up their stools (normally around noon), over 700 stallholders (350 stalls inside & over 350 outside) sell anything old – from mainstream antiques such as furniture, silverware, jewellery, ceramics, kitchenallia, vintage fashion, and toys, to ethnic crafts and bric-a-brac which I have no clue what it is for. Entrance fee & parking are free, and the prices are cheaper than more touristy Portobello Market, and it attracts professional dealers as well. It is popular among chū-tsuma (駐妻: wives of Japanese expats), and you can see plenty of them there, as well as Koreans and Chinese who may look the same. When I searched about the market on the internet, the result showed loads of Japanese female bloggers talking about it – Japanese women really love antiques, no matter if they have any knowledge or not.

I went there casually with almost zero knowledge in antiques but just for fun, thinking that one-hour stay was well enough, but I was wrong. I was utterly overwhelmed by its scale. I am not a big antique fan, but it was so exciting that I stayed there until most of the dealers finished packing their stuffs. I should have gone there much earlier (I arrived at around 10:30 AM)! I am a night owl and the market is far from home, so I don’t know when I can go there next time…

後ろには競馬のコースが見える / You can see the racecourse on the back

外は屋根もなく、商品がむき出しで置かれている / Outside stalls are hard-standing without roof

ごちゃごちゃとした屋内ストール / Indoor stalls – a bit claustrophobic

Bread Boutique @ Duke of York Square, King’s Road

Duke of York Square(デューク・オブ・ヨーク・スクエア)は、チェルシーのキングスロードにある、ショッピング&ダイニングエリア。歩行者天国になっていて、人気のブティックやカフェ、アイスクリーム・パーラー、Partridgesという地元のグローサリーがならぶ。今日は暖かくて天気が良かったので、多くの人たちが、カフェの外に置かれたテーブルで、車の排気ガスを気にせず、アルフレスコを楽しんでいた。その中の1軒のBread Boutique(ブレッド・ブティック)の、ミニマルなインテリアと、ウィンドーから見える美味しそうなパンにひかれて、私たちもそこでランチすることにした。

Bread Boutiqueは、以前3年間、Daylesford Organics(デイルズフォード・オーガニック)でパン焼き職人のヘッドを勤め、スウェーデンの皇室にも提供したこともあるSimon John Spearsと、ナイツブリッジにあるトレンディーなBrompton Quarter Brasserie(ブロンプトン・クォーター・ブラッセリー)の創始者であるDoron Zilkhaのコラボで誕生したとのこと。道理でパンが美味しそうなはずだ。

私たちはアボカドとサンドライトマト、モッツァレラチーズのサンドイッチを注文。具は取り立てて美味しいというほどではなかったけれど、パンは外はパリッと中はしっとり、バターの味がしっかりした、バゲットの見本とも言える出来映え。その後に頂いた、ブルーベリー・マフィンも、私たちがロンドンで食べたマフィンの中で5本の指に入るうまさ。でも高級エリアのチェルシーでは、高品質なものは安くない。普通の大きさのサンドイッチで約£6.00、小さめのマフィンで£2.50ほどする(レシートがないため、大体の値段)。この値段を払う価値があると思うか否かは、あなた次第。

The Duke of York Square on King’s Road, Chelsea is a shopping and dining quarter with popular boutiques, cafés, ice cream parlor, and Partridges grocer. It was a warm sunny day in London today, and many people were enjoying al fresco on this relaxing pedestrianized area, pollution-free from busy King’s Road. We had a little break at one of the cafés, the Bread Boutique, attracted by their minimalist décor and gorgeous breads on display.

The Bread Boutique is the collaboration between Simon John Spears who had been an established Daylesford Organics’ head baker for three years and has catered for the Swedish royal family, and Doron Zilkha, a founder of trendy Brompton Quarter Brasserie in Knightsbridge. No wonder why their breads look so impressive.

We ordered sandwiches with avocado, sun dried tomatoes and mozzarella. Ingredients were nothing special, but their bread was lavishly buttered, and crunchy outside but soft inside – the way baguette should be. We also had a blueberry muffin and it was wonderful as well. It is awarded as one of the best muffins we had in London. Of course high quality aren’t cheap in London, especially in high end Chelsea, unfortunately. You have to pay up few pounds more for normal size sandwiches (about £6.00) and small muffin cost about £2.50 (I don’t have a receipt and the prices are approximate) . It’s up to you to decide if it’s worth it or not.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Groupon MyCityDeal UK

今年夏に登録したGroupon MyCityDeal。日本でもグルーポン・ジャパンが流行っているらしいのでご存知の人も多いだろうけれど、これは商品やサービスを割引価格で入手できるクーポンを、インターネット上で期間限定で販売する、フラッシュマーケティングと呼ばれる手法を用いた共同購入型クーポンで、発祥地・アメリカのGROUPONのイギリス版。全国版、ロンドンなどの地域限定版の「Deal(取引)」があって、一定時間内(大体24時間)に一定数の申し込みがあれば取引が成立し、晴れてクーポンを手にすることができる。オイシいdealを逃したくなければ、メールアドレスを登録すると、毎日その日のdealの案内がメールで送られてくる。最大90%オフと謳っているけれど、割引率は60%ぐらいで、有効期限は大体3〜6ヶ月だ。エステや美容関連のものが多いけれど、レストランやバー、お店、娯楽系のものもある。

私はこれまでに、13のクーポンをgetした。内訳は、レストランやアフタヌーン・ティー、お酒や食品のオンライン・ショッピング、お掃除サービスや、電気配線や修理などをやってくれる便利屋のサービス等々。使っていないクーポンも半分ぐらいあるけれど、今まで購入したdealには満足している。でも、今日のdealは失敗してしまった。Expedia.co.ukエクスペディア)の£45相当のホテルクーポンが£5で買えるというものだったんだけれど、但し書き(fine print)をちゃんと読まなかったので、このクーポンが£280以上の予約でないと使えないことを後で知った。私達は1カ所に留まる旅行をあまりしないし、いつも初日と最終日だけホテルを予約して、後はレンタカーで気ままに回るというスタイルだから、1回で£280以上宿泊を予約したことがあまりない。使う機会があるかなあ。まあ£5だし、使わなくても大きな損失にならないからいいけれど。今後は、申し込みの前には必ず但し書きを読まなきゃ。

I registered with Groupon MyCityDeal this summer and I love it. Started in the US, “Groupon” is a collective buying power website that offers deal-of-the-day that consumers can buy a voucher for goods and service with discounted price. Deals are available in certain period of time (usually 24 hours), and once the required number of people have signed up to the offer, the deal is made and you can get the voucher. If you don’t want to miss a deal, subscribe the website and the Groupon will send you daily deals via e-mail. They said “up to 90% discount”, but normally about 60% off. Many of the deals are of hair and beauty salons, but there are also restaurants, bars, shops as well as others. Vouchers have an expiration, and many of them are 3 months and 6 months since the day of purchase.

I’ve bought 13 vouchers so far, including restaurants, afternoon tea, wine and food online shops, as well as cleaning and handyman services. I’ve used half of them and I am quite happy with the deals I purchased. But I think I made a mistake today… I applied a deal of Expedia.co.uk, offering £45 hotel voucher for the price of £5, without reading fine print. I realized later that the voucher is valid for bookings minimum spend of £280.  We rarely stay at one hotel for more than one or two nights. We usually reserve a hotel only on the first and the last nights, and go around without fixed schedule by a rent-a-car. I wonder if we have a chance to use the voucher… Thank god it’s only £5 and won’t be the end of the world even if wasted. I will definitely read fine print next time I purchase a deal!

Enhanced by Zemanta

Cheshire Street @ off Brick Lane

別名バングラタウンと呼ばれ、南はバングラデシュ料理のレストランが軒を連ねるカレー通り、北はヒップなバーやレストラン、カフェ、ブティック、ギャラリーなどが集まる、Brick Lane(ブリック・レーン)。観光客も多く、すっかり東ロンドンの観光名所となっているが、その中ほどにあるCheshire Streetを東に入ると、インテリアや洒落た日用品、ジュエリー、ヴィンテージのブティックなど、センスのいい独立系のショップが並んでいる。平日は人影もまばらなこの通り、週末ともなると、他では手に入らないオリジナル品、ユニークなものを求める人たちでごった返す。

Brick Lane has established its name as a major tourist destination in East London. Known as Banglatown, the south half of the street is occupied by Bangladesh curry restaurants, and the north half with hip bars, restaurants, cafés, shops and galleries attract trendy young people. A little street off the midst of Brick Lane to the East, Cheshire Street is home to independent shops selling interior & home products, jewelry, vintage clothing, and other bric-a-brac. This quiet street bustles on weekend with people looking for something original and unique that is hard to find anywhere else.

既にクリスマス商戦も始まっている今日この頃、Cheshire Streetにあるお店が参加して、12月2日と9日の木曜日の2日間、午後6時から9時まで「Late Night Christmas Shopping Evenings」を行うそう。飲み物も提供されるみたいなので、時間があれば是非。参加するお店は↓の通り。

Many stores have already decorated for Christmas in London, and a group of Cheshire street stores also organizes an annual late night Christmas shopping evenings on two Thursdays on December 2nd and 9th, from 6pm to 9pm. Drink will be served. It would be a great opportunity if you are looking for special Christmas gift. Participated stores are as follows ↓

その中の一軒、レトロでセンスのいい日用品を扱い、メディアにもよく登場するお店・「Labour and Wait」は、元の店から徒歩5分程のRedchurch Street(AllpressAlbion CaféFranzé & Evansと同じ通り)に、一回り大きな店をオープンさせた 。

One of the shops on Cheshire street, “Labour and Wait” opened a new bigger shop on Redchurch Street (same street of AllpressAlbion CaféFranzé & Evans), about 5 minutes walk from the original location.

Enhanced by Zemanta

Benetton Oxford Circus Store Reopens

オックスフォード・ストリート辺りでショッピングする時に、立ち寄るお店の一つ、ベネトンのオックスフォード・サーカス店。高品質の生地を使った、エレガントでスタイリッシュなイタリアン・デザインの服がお手頃な価格で買える、ベネトン・グループのお姉さんブランド・シスレー(Sisley)が、お気に入りだ。店は改装工事のためにしばらく閉店していたが、先週19日に再オープンした(詳細)。

新しい装いのオックスフォード・サーカス店は、イタリア人建築家でデザイナーのピエロ・リッソーニがデザインを担当。19世紀の建物を、都会的で洗練された、ミニマリズム的空間に仕上げた。ベネトンの計画では、2009年のイスタンブール店を皮切りに、世界主要都市にあるベネトン旗艦店を、リッソーニとのコラボレーションで徐々に改装するそうで、オックスフォード・サーカス店もその一環。この計画によると各店のデザインは、その都市の文化を反映したものになるという。リッソーニによると、ロンドン店は「白黒を基調に、自然光、すっきりした線や形、シンプルな材料を使った、クリーンで上品なデザインを目指した」という。店内のレイアウトもゆったりしており、ロンドンのど真ん中だというのに、ゆっくり買い物できる。

ベネトンは、決して高級ブランドではないけれど、インテリアが素敵になると、置いてある商品まで洗練されて見えるから不思議だ。

The Benetton Oxford Circus store is one of our favorite stores and we often stop by the store when we go to Oxford Street. The store closed temporarily for renovation, but reopens on August 19th last week (details).  We like Sisley, the Benetton group’s high-fashion brand, as we can find elegant and stylish Italian-design clothes using good quality materials at affordable price.

The newly revamped Oxford Circus store is designed by Italian architect and designer Piero Lissoni, and he transformed this 19th-century building to a minimalist and sleek urban-chic space. The renovation of its Oxford Circus store is a part of an overhaul plan of Benetton’s flagship stores in world’s major cities, launched in Istanbul in 2009. With this plan, each store expresses the local culture. Piero Lissoni said,“For the London store, we wanted a clean and refined design using simple mediums: natural light, plain materials, clean lines and shapes, black, white”. The store layout is quite spacious, and you can shop at ease in the middle of chaotic Oxford Circus.

Benetton is not upscale brand, but their clothing range looks more sophisticated as its interior has been upgraded. I guess the store make-over really works.

Enhanced by Zemanta