Tag Archives: シンディ・シャーマン

A Bigger Splash: Painting after Performance @ Tate Modern

テートモダンで「William Klein + Daido Moriyama」を観た後は、1950年以降の絵画とパフォーマンスの関係を考察した、もう一つの特別展「A Bigger Splash: Painting after Performance」へ。展覧会の名前は、デイヴィッド・ホックニーの1967年の作品「A Bigger Splash」から取られており、最初の展示室には、この作品と共にジャクソン・ポロックの「Summertime」が展示されている。アクション・ペインティングの画法で知られるポロックがキャンバスはアクションの場と考えたのに対し、ホックニーは絵画は「架空世界への舞台入口」ととらえており、現代アートの2人の巨匠の違った絵画へのアプローチの対比が興味深い。

展覧会は2部に分かれており、前半では、アクション・ペインティングから始まり、ヘルマン・ニッチュをはじめとするウィーン行動派のパフォーマンスアート、1960年代後半〜70年代の四次元絵画、美とジェンダーに対するステレオタイプへの抗議が高まった70年代に活躍した、シンディ・シャーマンなど「transformer(変形・変化させる人)」たちの作品と、1950年代から80年代初期にかけてのパフォーマンスとアートの関係を探る。後半9室は、アクション・ペインティングやドラァグ、舞台芸術など、前半展示されたアーティスト達の実験的作品にインスピレーションを受けた若い世代のアーティストの作品が展示されている。アーティストは展示順に、Edward Krasinski(写真2枚目)、Marc Camille Chaimowicz(同3枚目)、Joan Jonasジョーン・ジョナス、同4枚目)、Guy de CointetKaren Kilimnikカレン・キリムニック)、IRWINJutta Koether荒川 医、(写真5枚目)Lucy McKenzie(写真最後)。

感想?つまらないの一言。最初のホックニーとポロックの2作品とシンディ・シャーマンの変装写真以外、何も感じないし何も伝わってこない。前半の先駆者達の作品は、私の目には悪趣味に映る物が多いけれど、既成概念をぶち壊そうという気迫が少なくとも感じられるが、後半の若手アーティスト達の作品には、妙に落ち着いていてパワーもエネルギーも感じられない。テートの展覧会では久しぶりのハズレ。

After “William Klein + Daido Moriyama,” we saw another special exhibition running now at Tate Modern, “A Bigger Splash: Painting after Performance,” which explores the relationship between performance and painting since 1950. The exhibition takes its name from David Hockney‘s “A Bigger Splash” (1967, top photo), which is displayed together with Jackson Pollock‘s “Summertime” in the first room, showing two different approaches to painting: a canvas as a field of action for Pollock; and as a theatrical entrance into its fictional world for Hockney.

The exhibition is divided into two parts: the first half studies the relationship between performance and painting from the 1950s to the early 80s. The first part includes action paintings, works by Viennese Actionists using bodily actions, four dimensional painting (late 1960s – 70s), and works by “transformer” artists such as Cindy Sherman during the 1970s when stereotypical ideas of beauty and gender were challenged. In the second part, each room is devoted to a single artist/group of younger generation, whose approach to painting is inspired by their predecessors’ experiments in art form, such as action painting, drag and the idea of the stage set. Total of nine rooms are used for international artists, in order of Edward Krasinski (2nd photo), Marc Camille Chaimowicz (3rd), Joan Jonas (4th), Guy de Cointet, Karen Kilimnik, IRWIN, Jutta Koether, Ei Arakawa (5th photo), and Lucy McKenzie (bottom).

My opinion about the show? Boring. I didn’t feel anything, except the two key works by Hockney and Pollock, and Cindy Sherman’s photos of herself transformed into different characters. Many experimental art or performance art are not to my taste, but the pioneers of these art forms had at least enthusiasm to destroy the convention and to create a new style of art, and I could feel it, but works by younger counterparts don’t carry any passion and spark. It was one of the worst exhibition I have seen at Tate in recent years.

by Edward Krasinski

by Marc Camille Chaimowicz

by Joan Jonas

by Ei Arakawa

by Lucy McKenzie

John Baldessari: Pure Beauty @ Tate Modern

John Baldessari: Pure BeautyJohn Baldessari: Pure Beauty

アメリカ人コンセプチュアル・アーティスト(概念芸術家)、ジョン・バルデッサリJohn Baldessari)の回顧展「Pure Beauty」が、テート・モダンで開催中だ(2009年10月13日〜2010年1月10日)。

カリフォルニア生まれのバルデッサリは、60年代に、文章と絵画を組み合わせた作品で、概念芸術家のパイオニアとして名をなしたが、1953年から66年までの初期の絵画作品を「火葬」していると新聞に発表した時は、芸術界を驚かせた。その後、関心を絵画から写真作品に向け、時には映画のスチル写真や捨てられたゴミ等を使い、作品を製作。彼は文章として、または視覚的映像としての「言葉」に関心を持ち、画像とテキストを並列した作品も多い。78歳になった今もなお現役で作品を作り続けており、今年のヴェネツィア・ビエンナーレでは、オノ・ヨーコ氏とともに生涯業績部門の金獅子賞を受賞した。彼の作品は、シンディ・シャーマンデビッド・サーレバーバラ・クルーガー等のアーティストたちにも大きな影響を与えている。

バルデッサリの作品は、私の好きなスイス・スタイルのデザイナーの作品、特にヨゼフ・ミューラー=ブロックマンマックス・ビルのグラフィック・デザインを思い起こさせる。この展覧会を見るまで、バルデッサリの存在も作品も知らなかったのだけれど、彼のシンプルで大胆、カラフル、そしてウィットとユーモアに富んだ作品のファンになってしまった。

An American conceptual artist John Baldessari‘s retrospective “Pure Beauty” is currently open at Tate Modern (13 Oct. 2009  –  10 Jan. 2010).

Making his name as a pioneer of conceptual art in the 1960s with his text and image paintings, California-born Baldessari shocked the art world when he announced in a newspaper that he was ‘cremating’ all his artworks of 1953 – 66. Then he turned his attention to photographic works, often incorporating found film stills and dumped material from which he created photo-compositions. Baldessari often juxtaposes text with images, deriving from his interest in ‘language,’ both written and visual. As an age of 78,Baldessari still produces new works, and he received the Golden Lion for Lifetime Achievement at the Venice Biennale this year together with Yoko Ono. His works has big influence on other artists such as Cindy Sherman, David Salle, and Barbara Kruger.

Baldessari’s works remind me of some graphic works by “Swiss Style” designers, including Josef Müller-Brockmann and Max Bill – two of my favorite graphic designers. I’ve never heard of him before this exhibition, embarrassed to say, but I became a a fan of his simple and bold, often colorful and witty works!

John Baldessari: Pure Beauty

Reblog this post [with Zemanta]