Tag Archives: ジョージアン様式

National Trust: Basildon Park @ Lower Basildon, Reading

Basildon Parkは、Sir Francis Sykesのために、1776〜1783年にかけてパラディオ様式で建てられたジョージ王朝時代の建物で、インテリアはパラディオ様式の後に流行した新古典主義様式を取り入れている。しかし、400エーカーの広大な緑地に囲まれたこの屋敷は、常にこのような優美な姿だった訳ではなかった。1910年に廃屋となり、1914年には政府に徴用され、軍の病後療養所として使われた。1929年には、屋敷を分解してアメリカで移設するため内部の家具什器が外されたが、結局アメリカには運ばれず放置。第二次世界大戦中は再度徴用され、兵舎、戦車の訓練場、捕虜収容所となった。その後廃墟になっていた屋敷は、1950年半ばに購入したIliffe卿夫妻の手によって、現在のように美しく生まれ変わった。1978年に夫妻より譲渡され、現在National Trustが管理している。

Basildonではまた、レトロなオブジェやパッケージで飾られた、1950年代のリビングルーム(入口入ってすぐ)や広々としたキッチン(屋敷最後の部屋)もあり、当時のイギリス人の日常生活を垣間みる事ができる。

Basildon Park is an 18-century Georgian mansion surrounded by 400-acre parkland, built between 1776 and 1783 for Sir Francis Sykes in the Palladian style with neoclassical “Adamesque” style interiors. But the house has not been in such elegant shape all the time through its history. In 1910 it was standing empty and it was requisitioned by the Government in 1914 as an army convalescent hospital. In 1929, it was stripped of many of its fixtures and fittings and abandoned, following a failed attempt to dismantle and rebuild the house in the USA. During WW II, the house was again requisitioned and served as a barracks, a training ground for tanks, and a prisoner of war camp. But in the mid 1950s, the house was rescued from ruin by Lord and Lady Iliffe and restored beautifully as you see now. The Basildon was given to the National Trust in 1978.

At Basildon, you can also experience 1950s British living room (just after the entrance) and spacious kitchen (the last room in the house), filled with retro everyday objects.

ユニークな8角形の部屋「Octagon Room」

Unusually shaped Octagon Room

Advertisements

Highbury Fields @ Islington

雨が多かったイースターの休日(今年は4月2日〜5日)が終わり、今日は、暖かくてお天気のいい、とても春らしい日だったので、久しぶりに、Le Péché Mignonでランチした。このカフェの中庭のテーブルがお気に入りで、天気のいい日の定番のランチ場所になのだけれど、冬の間は寒いので、もう何ヶ月も来ていなかった。そして、Le Péché Mignonに来た時は、いつもこのHighbury Fields(ハイブリー・フィールズ)を散歩してから帰る。

Rainy Easter holidays (April 2 to 5 this year) was over, and it is a warm and sunny spring day today – finally. So we had lunch at Le Péché Mignon, our regular lunch place for sunny days at their cozy courtyard, after long cold winter months. Every time we go to Le Péché Mignon, we take a walk in Highbury Fields after lunch.

ハイブリー・フィールズは、Highbury & Islington(ハイブリー&イズリントン)駅の北にある、ビクトリア朝ジョージアン様式タウンハウスに囲まれた閑静な公園で、イズリントン区最大のオープンスペース。テニスコートやサッカー場、子供の遊び場、そしてHighbury Pool and Fitness Centreという、公営のスポーツセンターを備える。

Surrounded by elegant Georgian and Victorian town houses, Highbury Fields is located north of the  Highbury & Islington station and is the largest open space in the borough of Islington, with tennis courts, football pitch and a children’s play area as well as recently refurbished Highbury Pool and Fitness Centre.

近くにある、アーセナルのホーム・Arsenal Stadiumで試合がある日は、試合が終わった後は、赤白のアーセナルのチームカラーに身を包んだファンが、公園を通ってぞろぞろ帰ってきて、「ウォーリーをさがせ!」状態になる。

When Arsenal F.C. has a home game at Arsenal Stadium nearby, Highbury Fields looks like a page of “Where’s Wally?” after the game, with tons of fans coming back through the park in Arsenal’s team color red x white shirts and bar scarves.

公園の横にある、アイスクリーム屋さん。天気の良い日は、長い行列ができる。こちらでよく見かけるこのような移動式アイスクリーム屋さん、ソフトクリームにチョコレートスティックをのせたものや、市販のアイスクリーム・バーを売っている。何故かイタリアの国旗を掲げたりイタリア風の名前をつけているけれど、イタリアのジェラートとは似ても似つかない。

An ice cream van on the side of the park. There is always a long line/queue in sunny afternoons. This kind of ice cream vans are quite popular in UK, and sells soft ice cream with chocolate stick on the top and manufactured ice cream bars. Though they colored their vans in red, white and green like Italian national flag, and put Italian names, but their ice creams are not Italian at all – just in case you expect Italian gelato from them.

公園の南側にある、戦死傷したイズリントン住民を記念し、1906年に建てられた、アールヌーボー風のボーア戦争碑。

An art nouveau style war memorial dating from 1906 at the south end of the fields, that commemorates Islington residents who fell in the Boer War.

Reblog this post [with Zemanta]

‘Driftwood’ AA Summer Pavilion @ Bedford Square

driftwooddriftwood AA Summer Pavilion

今日偶然通りかかって発見した、AAスクールArchitectural Association School of Architecture)の第4回サマー・パビリオンの「Driftwood(流木)」。トッテナムコートロード(Tottenham Court Road)から少し入ったところにあるBedford Squareに、7月3日から設置されている。AAスクールは、ザハ・ハディッドレム・コールハースを輩出した名門建築学校。28層のplywood(合板)からなる「Driftwood」は、AAスクールの生徒、Danecia Sibingoと3人のチームメンバー(Lyn Hayek、Yoojin Kim、Taeyoung Lee)が、ヨルダンの世界遺産遺跡ペトラに影響を受けて、7週間かけて作り上げた力作だ。「流木」という名の通り、流れるようなラインがとても美しく、見ていて何だか癒される。ジョージアン様式の建築に囲まれた静かな空間、Bedford Squareにもよくマッチしているいい作品だ。

Driftwood‘ is the AA school (Architectural Association School of Architecture)’s the fourth annual summer pavilion series and has been placed in Bedford Square, off Tottenham Court Road, from July 3rd. AA school is one of the world’s most renowned and influential schools of architecture, and its alumni include world renown architects such as Zaha Hadid and Rem Koolhaas. ‘Driftwood’ was designed by AA school students, Danecia Sibingo and her three team members (Lyn Hayek, Yoojin Kim, and Taeyoung Lee), inspired by images of Jordan’s UNESCO world heritage archaeological site Petra. The work consists of 28 layers of plywood and its fabrication took seven weeks. As its name, ‘driftwood’, it is a beautiful work with its streamline, and match with the quiet space of Bedford Square surrounded by preserved Georgian architectures.

Reblog this post [with Zemanta]