Tag Archives: チェルシー

Newspeak: British Art Now @ The Saatchi Gallery

Duke of York Squareに行った時に、隣接するDuke of York’s HQにあるSaatchi Galleryサーチ・ギャラリー)で、「Newspeak: British Art Now Part II」展(〜4月30日)を観た。このギャラリーは、広告代理店「サーチ・アンド・サーチ」(Saatchi & Saatchi)の共同創業者で、アート・コレクターのチャールズ・サーチ氏が、自らのコンテンポラリー・アート・コレクションを公開するために、1985年に北ロンドンのSt John’s Wood(セント・ジョンズ・ウッド)に設立したもの。その後、2003年にサウスバンクの旧ロンドン市庁舎(カウンティ・ホール)に移転、そして2008年にはDuke of York’s HQに再移転。そのオープニングには、「The Revolution Continues: New Chinese Art(革命は続く:新しい中国アート)」と題した中国の現代アーティスト展を開催し、話題を呼んだ。サーチ・ギャラリーはその25年間の歴史の中で、ダミアン・ハーストやトレイシー・エミンを代表とするYBA(ヤング・ブリティッシュ・アーティスト)をはじめ、無名の新進アーティストを発掘・作品の発表の場を提供、数々の論議を巻き起こしながらも、イギリスのアート界に大きな影響を与え続けてきた。昨年7月、サーチ氏は200以上のコレクションとギャラリーを政府に寄贈することを発表、「Museum of Contemporary Art for Londonとなるのだそう(BBCニュース)。なんて太っ腹な。

オープンから約1年半経つのというのに、この新しいギャラリーに来たのは、実は今回が初めて。今回観た、イギリスの現代アートを紹介する「Newspeak: British Art Now Part II」は、強烈な印象を持つ作品や心に残る作品が見当たらない、少し小粒な展覧会だったけれど、4フロア計13室の新しいギャラリーは以前の少し薄暗い建物に比べ、明るく広々としていて、気持ちがいい。入場料も無料なので、気軽に足を運べるのも嬉しい。ただ、ギャラリー前の公園は立ち入り禁止なのが残念。アート鑑賞後、リラックスするのに最適の場所なのに。

When we went to Duke of York Square, we also saw  “Newspeak: British Art Now Part II” exhibition (– April 30) at the Saatchi Gallery at nearby Duke of York’s HQ. Charles Saatchi, an art collector and the co-founder of global advertising agency Saatchi & Saatchi, opened the gallery in 1985 in order to exhibit his contemporary art collection to the public in St John’s Wood, North London. The gallery moved to County Hall on the Southbank in 2003, then to Duke of York’s HQ in 2008 with inaugural exhibition of “the Revolution Continues: New Chinese Art,” showcasing emerging contemporary Chinese art. The gallery has discovered many unknown artists including Damien Hirst and Tracey Emin as well as other YBAs and brought them to stardom, but also often caused media controversy, but it has been giving a big impact on British art throughout 25 years of its history. Last year, it was announced that more than 200 works and the gallery would be given to the British public, becoming the Museum of Contemporary Art for London (BBC news) – how generous of Mr. Saatchi!

It was the first time for us to visit the gallery in this new location, though it reopened a year and half ago. “The Newspeak: British Art Now Part II“, exhibiting emergent British contemporary art, didn’t offer us much without any strong impression nor eye-opening experience, but new gallery space with total of 13 rooms on four floors is bright and airy, and pleasant place to enjoy art, with a big incentive of free admission. It is a shame that we couldn’t relax in the park in front, which was off limit, after stroll around this large gallery.

Ximena Garrido-Leccaの作品「The Followers」。花や写真、さまざまなオブジェで飾られた、母国のペルーの「nichos(ニチョス)」と呼ばれる壁墓(イタリアもそうだけれど、近年は場所の節約のため、壁にお墓が埋め込まれている)を再現した、キッチュな作品。

The Followers” by Ximena Garrido-Lecca is a reproduction of a burial wall “nichos” from her native Peru, where it is customary to adorn graves with flowers, photographs and objects. Very kitsch.

私のお気に入りの作品、イギリス人アーティスト・Richard Wilsonの「20:50」。サーチ・ギャラリーで唯一のパーマネント・インスタレーションで、1991年からずっと展示されている。展示室13の床は、タイトルである「20:50」と呼ばれる、厚くて真っ黒なリサイクルされたエンジンオイルで覆われ、部屋の構造を映し出す。最初は床が黒い鏡でできているのかと思った。

My favorite work in the gallery, “20:50“, created by British artist Richard Wilson. This is the only permanent installation at the Saatchi Gallery and has been continuously shown in each of the gallery’s venues since 1991. The room 13 is entirely flooded in thick and pitch black oil, which the title “20:50” takes its name from the type of recycled engine oil used – it reflects the architecture of the room. Thought the floor was made of black mirror – great idea.

地下にあるショップ。

The museum shop on the lower ground floor.

どうやら、オーナーであるサーチ氏を偶然撮影してしまったらしい。カメラを構えている時は気づかなかったけれど、後からMに「あれは絶対彼だよ」と言われた。サーチ氏に似ているけれど、本当かな?

It seems that I happened to take a photo of Mr. Saatchi. I didn’t notice when I held my camera up, but M told me he believed it was him. Isn’t it him for real?!

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Advertisements

Bread Boutique @ Duke of York Square, King’s Road

Duke of York Square(デューク・オブ・ヨーク・スクエア)は、チェルシーのキングスロードにある、ショッピング&ダイニングエリア。歩行者天国になっていて、人気のブティックやカフェ、アイスクリーム・パーラー、Partridgesという地元のグローサリーがならぶ。今日は暖かくて天気が良かったので、多くの人たちが、カフェの外に置かれたテーブルで、車の排気ガスを気にせず、アルフレスコを楽しんでいた。その中の1軒のBread Boutique(ブレッド・ブティック)の、ミニマルなインテリアと、ウィンドーから見える美味しそうなパンにひかれて、私たちもそこでランチすることにした。

Bread Boutiqueは、以前3年間、Daylesford Organics(デイルズフォード・オーガニック)でパン焼き職人のヘッドを勤め、スウェーデンの皇室にも提供したこともあるSimon John Spearsと、ナイツブリッジにあるトレンディーなBrompton Quarter Brasserie(ブロンプトン・クォーター・ブラッセリー)の創始者であるDoron Zilkhaのコラボで誕生したとのこと。道理でパンが美味しそうなはずだ。

私たちはアボカドとサンドライトマト、モッツァレラチーズのサンドイッチを注文。具は取り立てて美味しいというほどではなかったけれど、パンは外はパリッと中はしっとり、バターの味がしっかりした、バゲットの見本とも言える出来映え。その後に頂いた、ブルーベリー・マフィンも、私たちがロンドンで食べたマフィンの中で5本の指に入るうまさ。でも高級エリアのチェルシーでは、高品質なものは安くない。普通の大きさのサンドイッチで約£6.00、小さめのマフィンで£2.50ほどする(レシートがないため、大体の値段)。この値段を払う価値があると思うか否かは、あなた次第。

The Duke of York Square on King’s Road, Chelsea is a shopping and dining quarter with popular boutiques, cafés, ice cream parlor, and Partridges grocer. It was a warm sunny day in London today, and many people were enjoying al fresco on this relaxing pedestrianized area, pollution-free from busy King’s Road. We had a little break at one of the cafés, the Bread Boutique, attracted by their minimalist décor and gorgeous breads on display.

The Bread Boutique is the collaboration between Simon John Spears who had been an established Daylesford Organics’ head baker for three years and has catered for the Swedish royal family, and Doron Zilkha, a founder of trendy Brompton Quarter Brasserie in Knightsbridge. No wonder why their breads look so impressive.

We ordered sandwiches with avocado, sun dried tomatoes and mozzarella. Ingredients were nothing special, but their bread was lavishly buttered, and crunchy outside but soft inside – the way baguette should be. We also had a blueberry muffin and it was wonderful as well. It is awarded as one of the best muffins we had in London. Of course high quality aren’t cheap in London, especially in high end Chelsea, unfortunately. You have to pay up few pounds more for normal size sandwiches (about £6.00) and small muffin cost about £2.50 (I don’t have a receipt and the prices are approximate) . It’s up to you to decide if it’s worth it or not.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Daunt Books @ Marylebone High Street

来週からの旅行に先立ち、以前に書いたコベント・ガーデンのStanfordsと、メリルボーン・ハイ・ストリートにあるDaunt Booksにガイドブックを見に行った。ロンドンで旅行ガイドや地図を探すなら、Daunt BooksとStanfordsの2店がお薦め。

Daunt Booksは、メリルボーン・ハイ・ストリートに本店を置く本屋で、チェルシーHampstead(ハムステッド)、Holland Park(ホーランド・パーク)、Belsize Park(べルサイズ・パーク)のロンドンの高級住宅地4カ所と、シティに支店がある。小説や児童書など普通の本も売っているけれど、何より、ガイドブックや紀行本、写真集から、歴史、フィクション&ノンフィクション、レシピや食べ物ガイドまで、その国に関するありとあらゆる本が、国別にずらっと並んでいるのが、Daunt Booksの特徴。平凡な入口からは想像できないけれど、樫の木で作られた長い本棚が並び、ウィリアム・モリスの壁紙で飾られた、エドワード朝様式のクラシックな店の奥には、天窓がついた、明るくて広々とした売り場が広がる(写真2)。この1階と、古い図書館のような趣の地下の売り場(写真3)が、世界各国に関する本で埋め尽くされている。

‥‥ということで、来週から旅行のため、ブログはしばらくお休みします。11月2週目から再開予定ですので、またその頃覗いてみてくださいね:)

We went to Daunt Books on Marylebone High Street to look for a guidebook for our trip from next week, as well as Stanfords in Covent Garden that I wrote in the past. If you look for a travel guide or a map, Daunt Books and Stanfords are the places to check in London.

Daunt Books is a bookshop based in Marylebone High Street, with four branches in wealthy neighborhood  of ChelseaHolland ParkHampstead and Belsize Park and one in the City. Although selling also usual books such as novels and children’s books, Daunt Books specialises in travel books,using a unique system which arranges the books by country. You can find any book related to a specific country on the same book shelves, from the guide books and travel writings to history, fiction & non-fiction, photography, and recipes and food guides. It is hard to imagine from its average-looking entrance, but on the back of its classic Edwardian shop with long oak galleries and William Morris prints, there is an airy space with an abundance of natural light through skylights (the second photo), as well as more library-looking downstair (the third photo), dedicated for the books perfect for your vacation in any part of the world.

‥‥I will go on my late holiday from next week, and take a break from my blog for a while. I will be back to my blog if I survive, from the second week of November, and check out again later :-)

Enhanced by Zemanta