Tag Archives: テート・ブリテン

Another London: International Photographers Capture City Life 1930-1980 @ Tate Britain

7月27日〜9月16日まで、テート・ブリテンで開催されていた「Another London: International Photographers Capture City Life 1930-1980」展。随分前に観に行ってブログに書こうと思っていたら、いつの間にか終わっていた。よって、今日のブログは自分用の覚え書きです。

Another London展は、ビル・ブラントアンリ・カルティエ=ブレッソンロバート・フランクドラ・マールアーヴィング・ペン等、各国からイギリスに来た著名写真家たちの目を通じてロンドンをとらえた写真180点を展示。対象は、真珠層で飾られた服を着込んだpearly kingsパーリーキング&クイーン)や赤いバスといったイギリス名物や、乞食から上流階級まで、リアルな人々の暮らしを撮影したものまで様々。これらのモノクロの写真は、第二次世界大戦前から1980年までの間の、多様で活気に満ちたロンドンの姿を垣間見せてくれる。人々の顔、ファッション、建築、ライフスタイルなど、私が知らない時代のロンドンと今の街の姿を比べるのも面白い。見逃してしまった方、ウェブサイトの写真で我慢してください! →Tate Britain / the Guardian

I saw the Tate Britain‘s “Another London: International Photographers Capture City Life 1930-1980” (July 27 – September 16) a while ago, but I forgot to write in this blog and it’s over now – sorry… Therefore this is just a record for myself.

Another London brought together the 180 London’s cityscapes between 1930 and 1980, through the eyes of some of the world-renown international photographers,  including Bill Brandt, Henri Cartier-BressonRobert Frank, Dora Maar, and Irving Penn. Their subjects were varied from British icons such as red buses and pearly kings to urban life of real people from beggars to riches. These black & white photographs showed us diverse and vibrant London life during the period, and it was very interesting to see London’s past before we came to live here, and to compare how it was and how it is now in lifestyle, faces, fashion, architecture and more. Fore people who missed the exhibition, more photos → Tate Britainthe Guardian

Picasso and Modern British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンの大規模展「Picasso and Modern British Art」(2月15日〜7月15日)は、テート曰く、イギリスにおける、論争の的であり同時にセレブリティとしてのパブロ・ピカソの出現と、モダンアート確立への貢献、そしてイギリスのアートへの影響を追った、最初の展覧会。Weeping Woman泣く女:1937年)やThe Three Dancers(3人のダンサー:1925年)を含むピカソの作品60点以上と並び、彼の影響を受けたイギリス人アーティスト7人(ダンカン・グラントパーシー・ウインダム・ルイスベン・ニコルソンヘンリー・ムーアフランシス・ベーコングラハム・サザーランドデイヴィッド・ホックニー)の作品が、合計150点以上展示されている。

しかし、この展覧会を見た後でも、ピカソとイギリスのアートは自分の中でいまいち結びつかない。ピカソのダイナミックで自由、そして情熱的な絵は、どちらかというと抑え気味で繊細、影のあるイギリスのアーティストたちの作品と隔たりを感じる。テートもパンフレットの中で、「どのアーティストもピカソを盲目的に模倣しているわけではなく、ピカソの一要素を取り入れて、独自のアートを形成している」と書いているが、それでも私には、タイトルのように大々的に二つを結びつけるには少し無理があるように思う。

そもそも、ピカソは母国スペインとフランスとの関連は強いが、イギリスとは、1919年にセルゲイ・ディアギレフのバレエ「The Three Cornered Hat三角帽子)」の背景・衣装を手がけたのと、大成功をおさめた1960年のテート・ブリテンでの回顧展以外、これといったつながりは見当たらない。

良質な展覧会を常に提供するテートの他の展覧会同様、見る価値はあったと思うけれど、テーマである「ピカソとイギリスのモダンアート」の繋がりは、少し弱い気がする。

Tate Britain‘s major exhibition, Picasso and Modern British Art (Feb 15  –  Jul 15)  is the first exhibition to trace Pablo Picasso‘s rise in Britain as a figure of both controversy and celebrity and his role in the acceptance of modern art in Britain, and explores his influence on British art. The exhibition brings together over 150 artworks; over 60 Picasso’s including Weeping Woman (1937) and The Three Dancers (1925) are on display, alongside with works by seven leading British artists who gained an inspiration by Picasso: Duncan Grant, Wyndham Lewis, Ben Nicholson, Henry Moore, Francis Bacon, Graham Sutherland and David Hockney.

To be honest, even after seeing the exhibition, I can’t really relate Picasso to British art. There is a substantial difference for me, stereotypical or not, between Picasso’s vibrant, passionate and free-spirited works with those British artists’ rather subtle, restrained, and sometimes gloomy works, though I can see some influence. Tate’s information states that “none followed Picasso slavishly and all took something from Picasso as part of the distinctive development of their own art”, but still the connection is too week to be spotlighted, for me. 

Also Picasso was more associated with native Spain as well as France, and it seems that he had little connection to Britain, other than his London visit in 1919, working on the scenery and costumes for Diaghilev’s ballet The Three Cornered Hat, as well as successful 1960 retrospective at Tate

It was worth to see the exhibition as others at Tate as always (they always do a good job), but I was not really convinced of the theme.

Migrations: Journeys into British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンで1月31日から開催中の展覧会「Migrations: Journeys into British Art」(8月12日まで)に行った。イギリスにおける交通、政治、経済の発展は、多くの外国人アーティストたちを惹き付けてきた。この展覧会は、1500年代から現在まで、これらの「migrant(移住)」アーティストたちがイギリスのアート界に及ぼした影響を探求している。

16世紀に宗教改革八十年戦争等の混乱を避けてイギリスに移り住んだ、フランドルやオランダの風景・静物画家は、新しいスタイルの肖像画法をもたらし、北ヨーロッパからやってきた17世紀アーティストたちは、海や風景画といった新しい絵画のジャンルを導入した。18世紀には、イタリアで学び新古典主義を確立した様々な国のアーティストたちがロンドンに定住、1768年のRoyal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)設立にも貢献した。19世紀には、多くのイギリス人や、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーといったアメリカ人アーティストが、パリでアートを学んだが、その後彼らはパトロンを求めてロンドンに移り住んだ。また同時に、普仏戦争から逃がれてきたフランス人アーティストたちも多かった。20世紀初期には、ユダヤ人アーティストやユダヤのアートが話題を呼び、1930〜40年代には、モンドリアンモホリ=ナジ・ラースローナウム・ガボなど、ナチスドイツを逃れてヨーロッパ中からやってきた人々がモダニズム主義を持ち込んだ。50〜60年代には旧植民地の国々からアートを学びにやってきたアーティストたちがモダニズムに傾倒、概念的アプローチを取り、カウンターカルチャーの一翼を担った。80年代はBlack Audio Film Collectiveなど、移民のバックグラウンドを持つアーティストたちが、アートを通して、人種的マイノリティとしての自分と、イギリス人としてのアイデンティティの模索を行った。Zineb SediraSteve McQueen(俳優のスティーブ・マックィーンと同姓同名のイギリス人アーティスト/映画監督)といった現代アーティストたちは、映像を使って現実をドキュメントし、またそのリアリティに疑問を投げかけている。

500年間に渡って、違う文化を持つアーティストたちとの交流によって形作られてきたイギリスのアートの変遷と、その背景にあるイギリス・世界の歴史を知ることができる面白い展覧会だと思うが、テートにしては、ちょっと小粒というかインパクトがないというか、あまり心に残らないのが残念。

写真:ガーディアン紙フォトギャラリー

We saw a Tate Britain‘s exhibition, Migrations: Journeys into British Art (January 31 –  August 12). Developments in transport, artistic institutions, politics and economics have attracted artists to come to Britain, and the exhibition exploring how British art has been shaped by migrant artists from abroad from 1500 to the present day.

In the 16th century, Flemish and Dutch landscape and still-life painters  including Anthony van Dyck, came to Britain through moments of political and religious unrest and  introduced a new style of portraiture. 17th century European migrants brought new genre, such as marine and landscape painting, to UK. During the 18th century, artists from different countries who studied in Italy and developed a neoclassical style, settled in London and contributed in founding of the Royal Academy of Arts in 1768. Many 19th-century British and American artists, such as Whistler, studied in Paris and established themselves in London for patronage, as well as French artists who also escaped the Franco-Prussian war and its political aftermath. In the early 20th century, Jewish artists and Jewish art were explored in Britain. In the 1930-40s, European artists such asMondrian, Naum Gabo and Laszlo Maholy-Nagy, escaped from Nazi Germany and brought modernist principles. In the 50-60s, artists from the Commonwealth countries came to study and engaged with modernism. They took a conceptual approach and became a part of a counterculture. In the 80s, British artists of immigrant backgrounds, such as the Black Audio Film Collective, explored race and national identity. Present time contemporary artists, including Zineb Sedira and Steve McQueen, use moving image for both documenting and questioning reality,

Migrations is an interesting exhibition, showing us the development of British art over 500 years, interacting with people from different cultures from time to time, as well as a bit of British and world history. But it lacks of punch in some way, and didn’t give me something that remains in my heart.

→more photos: Guardian photo gallery

John Martin: Apocalypse @ Tate Britain

テート・ブリテンの新しい展覧会「Apocalypseアポカリプス)」が、9月21日から始まった(翌年1月15日まで)。これは、19世紀のイギリス人ロマン主義画家・John Martinジョン・マーティン)の過去最大級の展覧会。「The Great Day of His Wrath(神の大いなる怒りの日)」や「The Destruction of Sodom and Gomorrahソドムとゴモラの滅亡)」、そして1928年のテムズ川洪水で損傷を受けた後、この展覧会のために復元された「The Destruction of Pompeii and Herculaneumポンペイヘルクラネウムの壊滅)」など、終末における破壊と聖書に記された惨事を、起伏の多い自然景観と雄大で劇場的な壮観を織り交ぜて描いた彼の代表作の数々が、計6室に展示されている。(参考写真:MailOnline).

彼の細部まで丁寧に描き込まれた作品は、劇的でドラマティック、そして衝撃的でもある。彼の終末論的なビジョンは、自然災害、戦争やテロの脅威への不安を反映し、現代でも多くの映画やSF、ビデオゲーム、マンガ、音楽やアートに影響を与えている。あの壊滅的な東北大震災と津波の被害を目の当たりにした後で彼の作品を見ると、美しさと表裏一体にある、底知れない自然の破壊力への恐怖を感じ、そしてその自然を支配する神さえ存在するかもしれないと思わせられる。実際にこのような惨事が起こらないことを祈るのみだ。

Tate Britain’s new exhibition ‘Apocalypse‘ (September 21 – January 15, 2011).  is the major exhibition dedicated to 19th century English Romantic painter John Martin‘s work, His paintings of apocalyptic destruction and biblical disaster with rugged landscapes and grandiose theatrical spectacle are exhibited in 6 rooms, including “The Great Day of His Wrath“, “The Destruction of Sodom and Gomorrah and the “The Destruction of Pompeii and Herculaneum” which is restored after being badly damaged by 1928 Thames flood (photos on MailOnline).

His meticulously detailed paintings are dramatic, spectacular and shocking. His apocalyptic vision has inspired many film, science fiction, video games, manga comics, musicians and artists, reflecting our anxiety about natural disaster, war and terrorist threat. After observing recent destructive Japan earthquake and Tsunami, his works make me be in awe and fear of the great nature’s uncontrollable power together with its beauty, and even make me believe the existence God who control the nature, though I am not religious at all. Hopefully these apocalyptic incidents in the paintings won’t really happen…

他の作品と違い悲劇的でない作品「Coronation of Queen Victoriaヴィクトリア女王の戴冠式)」/Not catastrophic work of “Coronation of Queen Victoria

David Tremlett: Drawing for Free Thinking 2011 @ Tate Britain

テート・ブリテンの大階段の壁に描かれた、「コーンウォール人」アーティスト・David Tremlett(デイヴィッド・トレムレット)のwall painting(壁画)作品「Drawing for Free Thinking 2011」が、先週日曜日18日に一般公開された。16m x 42mのこの巨大作品、壁画を主に手がけるトレムレット氏が、パステルを手で直接塗り込んで描いたもの(作品写真製作過程)。今後5年間、この場所に保存されるという。でもこの作品、クラシックな造りのテート・ブリテンよりもテート・モダンの方が合うような。

Cornish‘ artist David Tremlett‘s  ‘Drawing for Free Thinking, 2011’, painted in a large stairwell at Tate Britain, was unveiled to the public last Sunday on September 18. This 16m x 42m large wall painting, which will remain there for 5 years, was created by applying pastel to the walls with hands (photosmaking). It is impressive, but it would be suited better at Tate Modern than in the classic building of Tate Britain, I thought.

美術館のMillbank側の外観。デイヴィッド・トレムレットとは全く関係ないけれど、モダンなタイポグラフィーと古典的外観のギャップがいい。

Museum’s appearance on the Millbank side. It is nothing to do with David Tremlett, but I thought the gap between modern typography and the classical architecture is quite interesting.