Tag Archives: テート・モダン

Lichtenstein: A Retrospective @ Tate Modern

春の訪れをちょっぴり期待させる気持ちのいい陽気の今日、遠足がてら、テート・モダンで開催中の「Lichtenstein: A Retrospective」展(2月21日〜5月27日)を見に行った。ご存知の通り、ロイ・リキテンスタインアンディ・ウォーホルとともにアメリカのポップ・アートを代表するアーティスト。広告や漫画を題材に、大胆な色使いと、手描きのBen-Day dots(印刷インクのドット/点)が特徴の作品で知られる。

Lichtenstein: A Retrospective」展は、20年以来のリキテンスタインの大規模回顧展で、代表的作の他、Rowluxの錯覚フィルムアクリルフィルムや鉄に描かれた絵画や、セラミックや銅を用いた彫刻、初公開のドローイングやコラージュなど計125点の作品が、テーマ毎に13の展示室に展示されている。入口から順に、

  1. 抽象表現主義のパロディとされるBrushstrokes(筆遣い)シリーズ
  2. Look Mickey(1961)等、コミック画をベースにしたEarly Pop(初期のポップアート)
  3. Tyre (1962)等をはじめとするBlack & White(白黒画)
  4. Whaam! (1963)など、彼を有名にした二つの主題を描いたWar and Romance(戦争とロマンス)
  5. 伝統的な芸術のテーマを独自のスタイルで描いた、Landscapes/Seascapes(風景画/海景画)
  6. 1930年代のニューヨークで流行したアールデコをテーマにしたModern(モダン)シリーズ
  7. 過去の芸術家の作品を模したArt about Art(アートに関するアート)
  8. 過去の自身の作品を構図に組み込んだ、Artist’s Studios (1973–4) (アーティストのアトリエ)シリーズ
  9. 視覚と認識をテーマとしたMirrors and Entablatures(鏡とエンタブラチュア/柱頭の上の水平部)シリーズ
  10. 多彩な色の幾何学的図形を用いたPerfect/Imperfect(完成/未完成)
  11. Blue Nude (1997)など、古来からのアートの一分野に挑戦的で新しいアプローチを用いたLate Nudes(後期のヌード画)
  12. ラフな筆遣いと幾何学的フォルムを組み合わせた、Early Abstractions and Late Brushstrokes(初期抽象画と後期運筆)
  13. 宋時代の中国画の簡潔さに影響を受けた、Chinese Landscapes(中国の風景画)シリーズ

リキテンスタインの作品とテーマをより理解したい方には、 シカゴ美術館のウェブサイト英語)がお薦め。テートでの展覧会の写真はBBC newsで。

最初の4部屋、War and Romanceまでは、リキテンスタインの鮮やかな色使いや、シンプル且つ大胆な筆致に引き込まれたのだが、それも段々食傷気味に。タイヤやノート、ラジオといった、ありきたりのオブジェや漫画をモチーフにした作品は好きだけれど、正直、テーマや主題は違えど変化の少ないスタイルに、最後の方は少々退屈してしまった。それに彼の作品は見るには楽しいけれど、底が浅いというか深みがなく、心に訴えるもの、考えさせられるものがないのだ。

Today was an unusually warm & sunny day in London, so we decided to go out and see “Lichtenstein: A Retrospective” (February 21 – May 27) exhibition at Tate Modern. As many of you already know, Roy Lichtenstein is one of the most celebrated American pop artist, together with Andy Warhol. He is renowned for his works based on advertising and comic strips, and coloured with his signature hand-painted Ben-Day dots on his painting.

This exhibition is the first full-scale retrospective of Lichtenstein in over 20 years, and brings together 125 of his paintings and sculptures with a wide range of materials, including paintings on Rowlux and steel, ceramic and brass sculptures and a selection of previously unseen drawings, collages and works on paper. Total of 13 rooms showcase his works in different themes:

  1. Brushstrokes series which are usually seen as parodies of abstract expressionism
  2. Early Pop with cartoon imagery such as Look Mickey (1961)
  3. Black & White series including Tyre (1962)
  4. War and Romance, such as Whaam! (1963), two subjects that would make him famous
  5. Landscapes/Seascapes, traditional art themes in Lichtenstein style
  6. Modern series inspired by NY’s art deco style in 1930s
  7. Art about Art, replications of great artists of the past
  8. Artist’s Studios (1973–4) which incorporated elements of his previous work
  9. Mirrors and Entablatures, dealing with issues of vision and perception
  10. Perfect/Imperfect, playing with geometric fields of colours
  11. Late Nudes, like Blue Nude (1997), new and provocative approach to the ancient genres of art
  12. Early Abstractions and Late Brushstrokes, hand-painted, loosely applied brushstrokes juxtaposed with geometric forms
  13. Chinese Landscapes, his fascination with the simplicity of Chinese art of Song dynasty.

If you learn more about Lichtenstein and his work, Art Institute of Chicago’s website would be the excellent resource. Check BBC news for more photos of the Tate exhibition.

I was fascinated by Lichtenstein’s use of vivid colours and simple & bold brushstrokes at first four rooms up to War and Romance, but then I got indigestion. I like some of his works about banal objects such as notebook or radio, but I got bored of looking at his style at the end though themes and subjects are varied. His paintings are fun to look at, but they are shallow in a way and not emotional or thought-provoking….

The Tanks at Tate Modern: Fifteen Weeks of Art in Action

オリンピックを記念して行われた文化イベント・London 2012 Festivalの一環、そしてテート・モダンの拡大プロジェクトの第一段階として、7月18日に新しくオープンしたTHE TANKSは、ライブアート、パフォーマンス、インスタレーション、映像作品に特化した、初めてのギャラリー。旧Bankside発電所がテート・モダンに生まれ変わって以来使用されていなかった、幅30m・高さ7mのオイルタンクが、このユニークなアートスペースに生まれ変わった。

The Tanksでは、7月28日〜10月28日の15週間、様々なパフォーマンス、映像、トーク、ライブイベントが盛りだくさんの特別イベントを開催中。期間限定イベントの他、政治的パフォーマンスで有名なSuzanne Lacyスザンヌ・レイシー)の作品「The Christal Quilt」(写真上から3番目)や、Lis Rhodesリズ・ローズ)の実験的映像作品「Live Music」(写真上から4番目)など、過去のパイオニア的アーティストたちの作品と共に、ソウル、アムステルダム、ニューヨークで撮影したイメージを使ったビデオ作品やパフォーマンス・アートを制作している韓国人アーティスト、Sung Hwan Kim(キム・ソンファン)のコミッション作品(写真下1番目)が見られる。→プログラム

The Tanksの中は窓もなく薄暗く、防空壕にいる気分。ライブアートや映像作品は、なかなかタイミング良くスタートから見られないし、作品によっては事前にスケジュールをチェックしないといけないので、短気な私の好みではない。実際、バービカンセンターで公演を見て気に入った、ベルギー人振付師アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルスティーブ・ライヒの曲にあわせて制作した「Fase: Four Movements to the Music of Steve Reich」を、満席のため見逃した。でも映像やライブアートに特化した、このギャラリーのコンセプトは面白い。私が見た中では、リズ・ローズの「Live Music」の、前を通る人のシルエットとスクリーンに写し出された随時変化するストライプのパターンのインタラクションは、見ていてとても楽しかった。

Tate Modern‘s THE TANKS is new and first museum galleries dedicated to live art, performance, installation and film, opened on July 18 this year as a part of the London 2012 Festival and the museum’s expansion project phase I launched this summer. The 30-metre width & 7-metre height circular oil tanks, unused since the former Bankside Power station was turned into the art gallery, were transformed into this unique art space.

From July 28 to October 28, The Tanks is hosting 15-week festival programme of international performance, film, talks and live events, alongside works from the collection by pioneers of social performance (The Christal Quilt by Suzanne Lacy: 3rd photo from the top) and expanded cinema (Live Music by Lis Rhodes: 4th photo), as well as a major new commission from South Korean artist Sung Hwan Kim (1st photo below), who combines video and performance art, collecting images from Seoul, Amsterdam and New York. →full program

Inside was dark with no windows, and I felt like I was in a bunker. I am not a big fan of live art and film, as you usually can’t watch an artwork from the start unless you are lucky, and I have to check the schedule in advance for some works. On the day, we missed the performance of “Fase: Four Movements to the Music of Steve Reich” by Anne Teresa de Keersmaeker, because it was full. It was a big disappointment, because we saw the performance Barbican Centre in the past and I loved it. But the concept of The Tanks is interesting, and I like Live Music by Lis Rhodes – it’s fun to see an interaction of constantly changing stripes projected on the screen and silhouettes of a person passing or standing in front of it.

Edvard Munch: The Modern Eye @ Tate Modern

テート・モダンで新しく始まった「Edvard Munch: The Modern Eye」展(6月28日〜10月14日)は、エドヴァルド・ムンクの20世紀の作品を集めた展覧会で、主にオスロのムンク美術館から貸し出された、60点の絵画と映像・写真作品を展示している。ノルウェー出身のムンクは19世紀象徴主義の画家で、20世紀初頭のドイツ表現主義にも影響を与えたことで知られる。残念ながら彼の代表作である「叫び」の展示はないけれど、ムンクの作品の特徴である同じテーマの繰り返し、セルフ・ポートレートへの執着、そして映画や写真といった当時としては画期的なメディアや技術の作品への影響にスポットを当て、違った角度から彼の作品に光を当てている。

ムンクは、「The Sick Child(病める子、1885–1927)」や「Girls on the Bridge (橋の上の少女たち、1902–27。写真上)」など、長年に渡って、同じモチーフを使用して違うバージョンの作品を多く制作した。写真を用いて描いた、「Self-portrait: Between the Clock and the Bed (自画像:時計とベッドの間、1941)」などのセルフ・ポートレートも、繰り返し描かれたテーマの一つ。また彼の作品には、顕著な前景や強調された対角線など、20世紀に発展した映画や写真技術の影響も多く見られ、「Workers on their Way Home (帰途につく労働者たち、1913–14)」に見られるような、人物像がこちらに向かってくるかのような視覚トリックや、「The Artist and his Model(画家とモデル、1919–21)」における、劇場の舞台の照明効果なども、作品に取り入れた。1930年代に入り、病気によって視力が衰えると、その視力の衰えの影響を反映した作品を描いている。

この展覧会には、「叫び」のように衝撃的な作品はないが、ダイナミックな構図や深みのある色彩を用いたムンクの作品の数々からは、彼の心の闇や痛みがひしひしと伝わってくる。叫びがあまりにも強烈なだけに、少し地味に感じるかもしれないけれど、心に残る展覧会で、私は好きだ。→写真:BBC

Tate Modern’s new exhibition “Edvard Munch: The Modern Eye” (Jun 28 – Oct 14) examines the work of Norwegian painter Edvard Munch (1863–1944) from the 20th century, including 60 paintings as well as his work in film and photography, many from the Munch Museum in Oslo – though his best known work of “The Scream (1893) is missing. Munch has traditionally been portrayed as a 19th-century symbolist or pre-expressionist who influenced German Expressionism in the early 20th century. This exhibition shows us his works from a different angle and highlights his use of single motifs, his preoccupation with self-portraiture, and the influence of contemporary media on his work.

Munch often repeated a single motif over years in order to re-work it and created several different versions, such as The Sick Child (1885–1927) and Girls on the Bridge (1902–27: in the photo above). He adopted photography in the early 20th century and focused on self-portraits, which he obsessively repeated, such as in Self-portrait: Between the Clock and the Bed (1941). Influence by technological developments in cinema and photography can be seen on much of his works, such as use of prominent foregrounds and strong diagonals, and the visual trick of figures moving towards the spectator as in Workers on their Way Home (1913–14). He also created striking effect in some of his works such as The Artist and his Model (1919–21), using electric lighting on theatre stages. In the 1930s he developed an eye disease and made works which charted the effects of his degenerating sight. 

Many of his works on display are not as shocking and dreadful as The Scream, but his paintings with dynamic composition and use of deep colours scream out the same pain and anguish Munch had suffered through his life. Understated yet powerful exhibition, and I like it. → more photos: BBC

Alighiero Boetti: Game Plan @ Tate Modern

イタリア人コンセプチュアル・アーティスト、アリギエロ・ボエッティの回顧展「Alighiero Boetti: Game Plan」が、テート・モダンで5月27日まで開催されている。ボエッティは、1960年代後半に既成の芸術に反抗し、工業素材や石や木など単純素材を用いた、イタリアの前衛的美術運動・アルテ・ポーヴェラ(「貧しい芸術」)の一員として活躍。この展覧会が、テート・モダンで開催される、アルテ・ポーヴェラ系アーティストの初の個展となる。

トリノ出身のボエッティは、フィアットを中心とする自動車産業の中心であるトリノと関連する工業用素材を使用、後に切手やボールペン、雑誌の表紙などを使って作品を創っている。この展覧会では、建築素材を使用した建造物、ボールペンを使ったドローイング、飛行機を描いた水彩画、世界の河川のリスト、アフガン人の手で作られた、数値システムをベースにしたパターンが織り込まれたキリム、そして彼の代表作である、各国の上に国旗の織りを入れた世界地図シリーズ「Mappa」等、様々な作品を展示している。ボエッティは遠方の地に興味を持ち、エチオピア、グアテマラ、アフガニスタンといった国を旅した。1971年にカブールを訪れた後、71〜79年の間、アートプロジェクトとしてカブールでホテルを設立、そこで「Mappa」等カラフルで大きな刺繍作品を創っていた。また秘儀や神秘的なものへの関心や、60年代〜70年代のイタリアの日常や政治に呼応した作品など、その作風はバラエティに富んでいる。

ボエッティのことは全く知らずに観に行ったのだが、派手派手しさはないものの、彼の几帳面さ、細部へのこだわりが伺える展覧会で、中々面白かった。

Italian conceptual artist, Alighiero E Boetti‘s retrospective, “Alighiero Boetti: Game Plan” is currently running at Tate Modern until May 27th. Boetti is a key member of Arte Povera group of young Italian artists in the late 1960s, which was working in radically new ways using simple materials. This is the first solo show by an Arte Povera artist at Tate Modern.

Turin-born Boetti used industrial materials associated with Turin, Italy’s automotive manufacturer centre, and later made works using postage stamps, ballpoint pens, and magazine covers. His work in the exhibition includes constructions made with building materials, biro drawings, watercolour paintings of aeroplanes, lists of rivers,and woven kilims made by Afghans with patterns based on numeric systems, as well as a series of embroidered world maps in which each country features the design of its national flag, Mappa, which is his most renown work. Boetti was interested in faraway places and made a trip to places such as Ethiopia, Guatemala and Afghanistan. After travelled to Kabul in 1971, he set up a hotel in Kabul between 1971 – 79 as an art project and created large colourful embroideries such as Mappa. He was also fascinated by esoteric and mystical thought, and was responsive to everyday conditions in Italy and to its politics in the 60s-70s. 

I’ve never heard of Boetti before I saw this exhibition. Though  Boetti’s work is not attention-grabbing or glitzy, but I quite enjoyed the show and his work with his attention to details and methodical approach.

Mappa (Maps)” room

Aerei, 1978

Tutto,  Afghan embroidery on fabric

Yayoi Kusama Exhibition @ Tate Modern

水玉(Polka Dots)を多用した作品で知られる前衛芸術家・草間彌生さんの展覧会「Yayoi Kusama」が、現在テート・モダンで開催されており(〜6月5日)、絵画、ドローイング、彫刻、映像、コラージュ、パフォーマンス、インスタレーションなど、60年以上に渡って制作された作品の数々が展示されている。草間さんは、イギリスでは、故ジョン・レノンの妻・オノ・ヨーコさんに次いで有名な日本人女性アーティスト。この展覧会に際しご本人も渡英、真っ赤なおかっぱ頭にこれまた赤地に白い水玉模様のお召しものという、ド派手且つド迫力なお姿で、様々なメディアに登場した(ガーディアン紙)。

強迫性・反復性・律動性を特徴とする彼女の作品は多様。男根に似せたイソギンチャクのようなオブジェで覆われた「Sex Obsession(性への強迫観念)」シリーズ(写真上から2番目)や、マカロニを貼付けた「Food Obsession(食べ物への強迫観念)」、ショッキングピンクの着物を着てニューヨークの街を歩く草間さんを撮影した作品「Walking Piece」、裸の参加者が互いの体に水玉模様を施す1967年のパフォーマンス「Body Festivals」の様子を、他の作品とともに記録した映像「self-obliteration(自身の抹消:YouTube パート 1 / パート2)」、「The Clouds」「Accumulation sculptures」等大規模インスタレーション、そして目や鼻、水玉、横顔のセルフポートレート等をモチーフにした近年の極彩色の絵(写真下から二番目)と続き、合わせ鏡を使った幻想的な「Infinity Mirror Rooms(無限の鏡部屋:写真最下)」で締めくくられている。

長野県松本市出身の草間さんは幼少時からアートに興味を示し、若くして才能を開花。日本画を学んだが旧弊な日本画壇に失望、雑誌や本で独学でヨーロッパやアメリカのアバンギャルドを学ぶ。「too small, too servile, too feudalistic and too scornful of women(狭小で独創性がなく、前近代的で女性を軽蔑する)」だった当時の日本を離れ、1957年に世界のアートの中心・ニューヨークに渡る。当時西洋人男性が優勢を誇ったNYアート界で、アウトサイダーであるアジア人かつ女性という二重ハンデを負いながら、ドナルド・ジャッドアンディ・ウォーホルジョゼフ・コーネルクレス・オルデンバーグ等有名アーティストと交流を持ち、コンテンポラリー・アーティストとしての地位を確立した。1973年に体調を崩して帰国。幼い頃から幻聴・幻覚に悩まされていた草間さんは、現在82歳と言うご高齢ながらも、自身が「自宅」と呼ぶ入院先の精神病院からスタジオに日参、日々作品を創り続けている。その強迫的ともいえる制作活動は、自身の心理的トラウマからの逃避、言わばセラピーのようなものなのかもしれない。

まだまだアート界のみならず社会全体で女性の地位が低かった時代、しかも西洋人が東洋人を一段下に見ていた時代を力強く生き抜き、世界的アーティストとしての地位を得た後も、今でも情熱的に作品を創り続ける草間さんのパワーは、彼女の作品以上に興味深い。でも展覧会は少し拍子抜け、草間さんの溢れ出るエネルギーを全面的には表現しきれていないように思う。

A Japanese contemporary artist, well-known for her repeating dot patterns, Yayoi Kusama‘s retrospective “Yayoi Kusama” is currently running at Tate Modern until June 5th. The exhibition gathers her artworks over 60 years of her career in variety of media, including painting, drawing, collage, film, sculpture, performance art and installations. Kusama is the second known Japanese female artist in UK, after late John Lennon’s soul mate, Yoko Ono. Kusama came to UK on the opening of the show, and appeared all in red, not just red but bright red – red bob cut and the same red dress with big white dots (the Guardian article).

Kusama’s works are characterized by compulsion, repetition, and rhythmicity in a wide variety of mediums. In the exhibition, you see Accumulation sculptures such as phallus-covered Sex Obsession series (the second photo) and Food Obsession, consisting of objects covered with dry macaroni; Walking Piece, a series of colour slides with Kusama wearing a bright pink kimono walking the streets of New York; Self-Obliteration (YouTube Part 1 / part 2), a film documented her Body Festivals in 1967, in which naked participants were painted with brightly colored polka dots, along with images of her paintings and installations; large multi-part installations such as The Clouds and Accumulation sculptures; recent paintings with repeating motifs of eyes, flowers, hieroglyphic self-portrait in profile, and dots in an intense bright colours (second bottom photo); and mesmerising Infinity Mirror Rooms (bottom photo) that concludes the show.

Born in Matsumoto, Nagano Prefecture, she developed her passion for art from a young age, but at the same time started to suffer neurotic and obsessional symptoms. She studied Nihonga painting but was frustrated by its conventionality,   and started to teach herself about the European and American avant-garde from books and magazines. After her certain success in Japan, she decided to go to New York, center of the art world, in 1957, leaving Japan where is “too small, too servile, too feudalistic and too scornful of women.” Kusama came into contact with renown artists including Donald JuddClaes OldenburgAndy Warhol, and Joseph Cornell. She established herself as a prominent contemporary artist, with an identity of “outsider”, both as an Asian and as a woman in a male-dominated Western art world. In 1973, she returned to Japan in ill health. As an age of 82, she commutes to her studio from a mental institution where she lives and calls ‘home’ , and still work vigorously. Her obsessiveness in making art is largely coming from a desire to escape from psychological trauma, and art seems to be very therapeutic to her. →reference: LOUIS VUITTON×Yayoi Kusama site

Kusama’s life is more intriguing than her works for me. Her vitality and strength that helped her survive the tough period when the status of women and ethnic minority is subordinate, and made herself the most prominent female artist in Japan, is truly exceptional and amazing. However, the exhibition doesn’t succeed to fully express her power and intensity, unfortunately.

The Unilever Series: Tacita Dean @ Tate Modern

一昨年の「Miroslaw Balka: HOW IT IS」、昨年の「Ai Wweiwei: SUNFLOWER SEEDS」に続き、テート・モダンの第12回Unilever Series(ユニリーバ・シリーズ)作品は、イギリス人ヴィジュアル・アーティストTacita Deanの映像インスタレーション(10月11日〜翌年3月11日)。ユニリーバ・シリーズ初の動画作品だそうだ。

めまぐるしく移り変わる、白黒、カラー、そしてその上に手で彩色が施された様々な映像を紡いだ、音声・音響なしの35mm作品(11分)が、タービン・ホールに設置された13mもの高さの一枚岩に写し出される。近年のデジタル化に対し、アナログ映像技術の高さと美しさを誇示した、スケールの大きい作品。一枚岩は、スタンリー・キューブリックの名作「2001年宇宙の旅」に登場するミステリアスな黒い一枚岩を喚起させる。ビジュアル的には面白い部分もあるけれど、次々と現れるイメージの関係性が私には残念ながら全く分からない。

After “Miroslaw Balka: HOW IT IS“, “Ai Wweiwei: SUNFLOWER SEEDS“, Tate Modern‘s twelfth commission in the Unilever Series is British visual artist Tacita Dean’s visual installation (October 11  –  March 11, 2012). It is the first work in the Unilever Series devoted to the moving image.

This 11-minute silent 35mm film with a sequence of every changing black & white, colour, and hand-tinted images is projected onto a 13m tall white monolith at the end of a darkened Turbine Hall. The large scale work shows us a beauty of analogue film as well as its skilful techniques as opposed to recent overpowering digital images. It also evokes the gigantic mysterious black monolith from the Kubrick‘s science fiction masterpiece “2001: A Space Odyssey (1968).” Visually interesting at the beginning, but I got a bit bored soon as I couldn’t see a connection between each image, unfortunately…

Gerhard Richter: Panorama @ Tate Modern

テート・モダンの展覧会「Gerhard Richter: Panorama」(10月6日〜翌年1月8日)を観に行った。ドイツ人画家のゲルハルト・リヒターのこの大規模回顧展では、60年代に始まった50年近いキャリアの中から、写真を元に描いた具象画、スクイージーを用いて描いた抽象画、ポートレート、風景画、歴史的事件がモチーフの絵画、そしてガラスや鏡を使った作品、ドローイング、写真など、多様な技術とアイデアを用いたバラエティに溢れる作品を集めている。

リヒターは、多くの相反する作品を創り続けている。モノクロやグレーの抽象画に対し、色を多用した作品。丁寧かつ秩序だった落ち着いた作品に対し、自由でのびのびした筆遣いのもの。感情を抑制した静物画や印象派を思わせる美しい風景画、家族を描いた繊細な肖像画に対し、ナチスドイツ時代の家族のポートレートや、ドイツ赤軍(バーダー・マインホフ)メンバーの刑務所でのミステリアスな最後の死に顔、そしてアメリカ同時多発テロ事件など衝撃的な歴史的事件。カラーストライプを描いたシャープな作品(参考写真)は別として、カラフルな抽象画は好みではないけれど、感情や意見を声高に押し付けてこない、繊細な筆致で描かれた美しい写真のような具象画には、とても心動かされる。今年秋イチオシの展覧会です。

→参考記事:テレグラフインディペンデントファイナンシャルタイムズ

We went to see the Tate Modern’s new exhibition “Gerhard Richter: Panorama” (October 6 – January 8, 2012). This major retrospective of the German artist gathers a diverse range of Richter’s works with various techniques and ideas throughout his nearly 50-year of career since 1960s, including realistic paintings based on photographs, colourful and monochrome abstractions such as the squeegee paintings, portraits, landscapes and paintings of historical events, as well as glass constructions, mirrors, drawings and photographs.

Richter has produced many different kinds of works, which are often contradicted each other: monochrome grey works vs. multicoloured abstracts; well exercised and ordered realistic paintings vs. abstracts with unpredictable and free flow of blush strokes; impersonal still-life, impressionistic landscapes and delicate portraits vs. emotion provoking historical subjects such as family portraits under Nazi Germany, ‘mysterious’ deaths of the Baader Meinhof group at the jail, and 9/11 terrorist attacks. I am not a big fan of his colourful abstract paintings, except monochrome ones and color stripes such as this), but I was very moved with his photorealistic paintings with subtlety and tranquil beauty with delicate brush strokes, without screaming out his opinions and emotions. Very impressive, and must-see exhibition of this fall – highly recommended.

→ Related articles: Telegraph, IndependentFinancial Times

Barn [Scheune], 1984  (scanned image from Tate postcard)

Demo, 1977  (scanned image from Tate postcard)

Candle [Kerze], 1982 (scanned image from Tate postcard)

Seascape (Sea-Sea) [Seestück (See-See)] , 1970  (scanned image from Tate postcard)