Tag Archives: テート・モダン

The Unilever Series: Tacita Dean @ Tate Modern

一昨年の「Miroslaw Balka: HOW IT IS」、昨年の「Ai Wweiwei: SUNFLOWER SEEDS」に続き、テート・モダンの第12回Unilever Series(ユニリーバ・シリーズ)作品は、イギリス人ヴィジュアル・アーティストTacita Deanの映像インスタレーション(10月11日〜翌年3月11日)。ユニリーバ・シリーズ初の動画作品だそうだ。

めまぐるしく移り変わる、白黒、カラー、そしてその上に手で彩色が施された様々な映像を紡いだ、音声・音響なしの35mm作品(11分)が、タービン・ホールに設置された13mもの高さの一枚岩に写し出される。近年のデジタル化に対し、アナログ映像技術の高さと美しさを誇示した、スケールの大きい作品。一枚岩は、スタンリー・キューブリックの名作「2001年宇宙の旅」に登場するミステリアスな黒い一枚岩を喚起させる。ビジュアル的には面白い部分もあるけれど、次々と現れるイメージの関係性が私には残念ながら全く分からない。

After “Miroslaw Balka: HOW IT IS“, “Ai Wweiwei: SUNFLOWER SEEDS“, Tate Modern‘s twelfth commission in the Unilever Series is British visual artist Tacita Dean’s visual installation (October 11  –  March 11, 2012). It is the first work in the Unilever Series devoted to the moving image.

This 11-minute silent 35mm film with a sequence of every changing black & white, colour, and hand-tinted images is projected onto a 13m tall white monolith at the end of a darkened Turbine Hall. The large scale work shows us a beauty of analogue film as well as its skilful techniques as opposed to recent overpowering digital images. It also evokes the gigantic mysterious black monolith from the Kubrick‘s science fiction masterpiece “2001: A Space Odyssey (1968).” Visually interesting at the beginning, but I got a bit bored soon as I couldn’t see a connection between each image, unfortunately…

Gerhard Richter: Panorama @ Tate Modern

テート・モダンの展覧会「Gerhard Richter: Panorama」(10月6日〜翌年1月8日)を観に行った。ドイツ人画家のゲルハルト・リヒターのこの大規模回顧展では、60年代に始まった50年近いキャリアの中から、写真を元に描いた具象画、スクイージーを用いて描いた抽象画、ポートレート、風景画、歴史的事件がモチーフの絵画、そしてガラスや鏡を使った作品、ドローイング、写真など、多様な技術とアイデアを用いたバラエティに溢れる作品を集めている。

リヒターは、多くの相反する作品を創り続けている。モノクロやグレーの抽象画に対し、色を多用した作品。丁寧かつ秩序だった落ち着いた作品に対し、自由でのびのびした筆遣いのもの。感情を抑制した静物画や印象派を思わせる美しい風景画、家族を描いた繊細な肖像画に対し、ナチスドイツ時代の家族のポートレートや、ドイツ赤軍(バーダー・マインホフ)メンバーの刑務所でのミステリアスな最後の死に顔、そしてアメリカ同時多発テロ事件など衝撃的な歴史的事件。カラーストライプを描いたシャープな作品(参考写真)は別として、カラフルな抽象画は好みではないけれど、感情や意見を声高に押し付けてこない、繊細な筆致で描かれた美しい写真のような具象画には、とても心動かされる。今年秋イチオシの展覧会です。

→参考記事:テレグラフインディペンデントファイナンシャルタイムズ

We went to see the Tate Modern’s new exhibition “Gerhard Richter: Panorama” (October 6 – January 8, 2012). This major retrospective of the German artist gathers a diverse range of Richter’s works with various techniques and ideas throughout his nearly 50-year of career since 1960s, including realistic paintings based on photographs, colourful and monochrome abstractions such as the squeegee paintings, portraits, landscapes and paintings of historical events, as well as glass constructions, mirrors, drawings and photographs.

Richter has produced many different kinds of works, which are often contradicted each other: monochrome grey works vs. multicoloured abstracts; well exercised and ordered realistic paintings vs. abstracts with unpredictable and free flow of blush strokes; impersonal still-life, impressionistic landscapes and delicate portraits vs. emotion provoking historical subjects such as family portraits under Nazi Germany, ‘mysterious’ deaths of the Baader Meinhof group at the jail, and 9/11 terrorist attacks. I am not a big fan of his colourful abstract paintings, except monochrome ones and color stripes such as this), but I was very moved with his photorealistic paintings with subtlety and tranquil beauty with delicate brush strokes, without screaming out his opinions and emotions. Very impressive, and must-see exhibition of this fall – highly recommended.

→ Related articles: Telegraph, IndependentFinancial Times

Barn [Scheune], 1984  (scanned image from Tate postcard)

Demo, 1977  (scanned image from Tate postcard)

Candle [Kerze], 1982 (scanned image from Tate postcard)

Seascape (Sea-Sea) [Seestück (See-See)] , 1970  (scanned image from Tate postcard)

Frieze Art Fair 2011 @ Regent’s Park

今年で9年目を迎える、ロンドン最大のアートの祭典・Frieze Art Fair 2011(フリーズ・アートフェア)が今日から始まった(〜16日まで開催)。33カ国から集まった173のギャラリーが持ち込んだ、1,000人以上のアーティストたちの作品を一度に観ることが出来る(昨年のブログ参照)。

London’s biggest art event, Frieze Art Fair 2011 started today (til 16th, Sunday). It houses 173 galleries from 33 countries, showcasing contemporary art works of more than 1,000 artists (see also last year’s blog entry).

ゲルハルト・リヒターの「Strip 2011」。彼はこのフェアで最も作品が高く売れるアーティストで、現在彼の回顧展がテート・モダンで開催されている。この作品は既に売約済みで、そのお値段は不明だが、最低でも110万ユーロは下らないそう(参考:Evening Standard)。

Strip 2011 by Gerhard Richter, the most expensive artist in the fair, whose retrospective is currently running at Tate Modern. The work is already reserved, with estimated price of at least €1.1 million (see details at Evening Standard article).

Cornelia Parker(コーネリア・パーカー)の「30 Pieces of Silver」(参考:Evening Standard

Cornelia Parker’s 30 Pieces of Silver (see details at Evening Standard article)

ジュリアン・オピーの作品 /Julian Opie’s work

Warm Broad Glow” by Glenn Ligon

↑ 私のお気に入りの作品たち/These are the works I like in the fair.

会場内には、Gail’s Caféの他、HIXLocanda LocatelliSketch(VIPルーム内)といった有名レストランのブースも。

There are drinking & eating booths including Gail’s Café, as well as London’s popular restaurants such as HIXLocanda Locatelli, and Sketch (VIP room).

“Miró” Exhibition @ Tate Modern

スペイン人シュルレアリスム・アーティスト、ジョアン・ミロの大規模回顧展「Miró」展(4月14日〜9月11日)が、1964年テート・ブリテンでの開催以来、約50年ぶりにテート・モダンで開かれている。

出身地のカタルーニャ地方をモチーフにした初期の作品から、アンドレ・ブルトンとの交友とシュルレアリスム運動への傾倒、勃発したスペイン内戦への不安や怒りと絶望感を反映した感情的な作品、そして原色を多用した三連祭壇画を代表とする、後期のバランスの取れた幅広い作品など、約60年に渡って、バルセロナとパリで作製された、150以上の絵画、ドローイング、彫刻、プリントが一堂に会している。

極めてラテン的で、明るく自由奔放、躍動感溢れるミロの作品は、肩の力が抜け、何だか楽しい気分にさせてくれる。人生に疲れた人にお勧め。美術館を後にする時、きっと心が少し軽くなっているはずです:)

Tate Modern‘s “Miró” exhibition, which is the first major retrospective of Spanish Surrealism artist Joan Miró in London in nearly 50 years since 1964 at Tate Britain,  just started today (April 14 – September 11).

More than 150 paintings, drawings, sculptures and prints, created in Barcelona and Paris, across the six decades of his career are gathered under one roof; from early paintings of his native Catalonia, his experimental style inspired by Surrealism and a friendship with André Masson, anxiety, anger and despair-driven works during Spanish civil war, to a rich variety of mature and balanced works at the later period including triptychs with intense colors.

Miró’s exuberant, dynamic and quite ‘Latin’ works let our hair down and gives us energy – highly recommended for people who are tired and stressed out, or who lost hope in life. I guarantee that you’ll leave the museum, feeling a bit better :)

Vodpod videos no longer available.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Hydrogen Bus @ Southbank Mix

Bankside Mix(バンクサイド・ミックス)に最近オープンしたVapianoに行った時に見かけた、Hydrogen Bus(水素バス)。調べてみたら、EUのCUTE(Cleaner Urban Transport for Europe)プロジェクトの一環として、2003〜2007年に試用期間を経て、昨年12月から本格的に運用開始されたという(tfl informationガーディアン紙記事)。同時に、イギリス最大の水素供給ステーションが東ロンドンのLeytonにオープンした。

ロンドンでは毎年、4300人が大気汚染によって命を落としているという。水素バスは、水蒸気を排出するだけで、大気汚染はゼロ。タンク一杯の水素で、18時間以上運転可能だそうだ。現在、水素バスが走っているRV1ルートは、ロンドン塔テート・モダンサウス・バンク・センターロンドン・アイコヴェント・ガーデンなど、主な観光地を結ぶので、環境に優しい都市・ロンドンをアピールするのにぴったり。環境保護に執念を燃やすボリス・ジョンソン市長は、オリンピックの開催される2012年には、15台の水素タクシーを含む最低150台の水素自動車の導入を目標としている。しかし、水素燃料のタクシーがたったの15台って、少なくない?助成金が出てもコストがかかり過ぎて、この不況の中、個人経営のタクシーには敬遠されるのか。

ちなみにバンクサイド・ミックスのVapianoは、壁一杯の窓から入る太陽光で明るく広々としていて、しかもオープンから間もないせいか客も少なく、ゆったりできる。テート・モダンやバラ・マーケット(周りのレストランはいつも混んでいる)に行くなら、穴場です。

We saw a hydrogen Bus stopping at a bus stop in front of the Bankside Mix, when we went to newly opened Vapiano at the Bankside Mix. After a trial of three hydrogen buses in London between 2003 and 2007 as part of the EU-sponsored CUTE (Cleaner Urban Transport for Europe), the UK’s first permanent hydrogen bus was launched in December 2011 (tfl information / the Guardian article). At the same time, the UK’s largest hydrogen refuelling station opened in Leyton, east London.

It is said that more than 4,300 people lost their lives in London due to poor air quality every year. All that comes out of these hydrogen buses is water vapour and the vehicle can operate for more than 18 hours without refueling. RV1 route, where currently hydrogen buses are operated, connects popular tourist attractions such as the Tower of London, the Tate Modern, the South Bank arts complex, the London Eye and Covent Garden – perfect to appeal ‘clean’ London to visitors. Green-obsessed London mayor Boris Johnson aims to encourage a minimum of 150 hydrogen-powered vehicles on the road by 2012 including 15 hydrogen-powered taxis. Great, but isn’t the number of hydrogen taxis too small? Probably cost conscious self-employed taxi owners don’t want to spend too much money to upgrade to low emission vehicles under this recession, even with some financial incentive from the city government.

By the way, I recommend Vapiano at the Bankside Mix when you go to the Tate Modern or nearby Borough Market where restaurants around are always packed – it is spacious and bright with plenty of sunshine coming through floor-to-ceiling windows, and not many people know it at this moment as opened recently.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information