Tag Archives: テート・モダン

Van Doesburg and the International Avant-Garde @ Tate Modern

テート・モダンの「Van Doesburg and the International Avant-Garde」は、ヨーロッパにおけるアバンギャルドの重要人物であるオランダ人アーティスト、テオ・ファン・ドースブルフをテーマとした、イギリス初の大規模な展覧会。デ・ステイルの発起人でもあるファン・ドースブルフは、アート、デザイン、著作活動、詩、建築等多方面で活躍した。アーティスト、建築家、デザイナーたちが参加したこのアート・ムーブメントは、第一次大戦後のヨーロッパに、精神的ハーモニーと秩序を打ち立てると言う新しいユートピア的な理想を追求、垂直と水平という厳密な幾何学をベースにしたインターナショナル・スタイルを押し進めた。この展覧会は、ファン・ドースブルフのオランダ新造形主義の推進者的役割、彼のダダイスト的パーソナリティ、バウハウスへの影響、国際構成主義とのつながり、そして「コンクリート・アート」グループの創設にスポットを当てている。ジャン・アルプコンスタンティン・ブランクーシモホリ=ナジ・ラースローピエト・モンドリアンフランシス・ピカビアヘリット・リートフェルトクルト・シュヴィッタースゾフィー・トイバー等の350点以上の作品の他、ファン・ドースブルフの、ストラスブールにあるCafé Aubetteの絵画とデザイン、家具、タイポグラフィー、雑誌、ステンドグラス、映画、音楽、彫刻等を展示している。

ドースブルフのアート自体は、少し暗い感じで線も弱く、特段印象に残っていないのだが、計11室に渡る、デ・ステイルに影響を受けた、偉大なアーティストたちの多彩な作品群には圧倒される。当時のライフスタイルと考え方にに大きな影響を与えたアートムーブメントに連なる、シンプルだけれどカラフルで、インパクトのある作品たちは、80年以上近くも前のものと思えないほどモダンで、古さを感じない。第一次世界大戦と第二次世界大戦の合間という激動の時代の最中にあって、新たな理想を打ち立てたアーティストやデザイナー、建築家たちの強いエネルギーと情熱が、今でも強く感じられる。ファン・ドースブルフは、モンドリアンをはじめとする仲間と比べて、アーティストとしてはさほど高い評価を受けていないけれど、リーダーシップを発揮し、彼の理想をヨーロッパ中に広め、ムーブメントの成功につなげたことが、彼の偉大な功績だと言えるだろう。

Van Doesburg and the International Avant-Garde” at Tate Modern is the first major UK exhibition, devoted to the Dutch artist Theo van Doesburg, pivotal figure of the European avant-garde. Van Doesburg, who practiced in art, design and writing, poetry and architecture, founded the movement and magazine De Stijl. This artistic movement of painters, architects and designers sought to build a new utopian ideal of spiritual harmony and order in the aftermath of World War I, advocating an international style of art and design, based on a strict geometry of horizontals and verticals. This exhibition explores van Doesburg’s role as promoter of Dutch Neoplasticism, his Dada personality, his efforts to influence the Bauhaus, his links with international Constructivists, and his creation of the group Art Concret. Including over 350 works by key artists as Jean Arp, Constantin Brancusi, László Moholy-Nagy, Piet Mondrian, Francis Picabia, Gerrit Rietveld, Kurt Schwitters and Sophie Taeuber, the exhibition features van Doesburg’s Counter-Composition paintings and designs for the Café Aubette in Stasbourg, as well as furniture, typography, magazines, stained glass, film, music, sculpture etc.

Van Doesburg’s works are kind of gloomy and weak, and I was not so impressed. But the exhibition includes a variety of works by great artists and designers who were influenced by the movement, is quite spectacular. Simple, colorful, and powerful works are still modern and strong, after more than 80 years – I can still feel the energy, and passion of the artists and designers of the art movement that affected the lifestyle and values during the period in turmoil between WWI and WWII. Although van Doesburg had never gained high recognition as an artist in compare to his fellowmen such as Mondrian, but his leadership and efforts to spread his ideal to whole Europe, which led the movement to great success, are the significant achievement that deserves great recognition.

*今日は、カメラのレンズが汚れていて、綺麗な写真が撮れませんでした。すみません!

*I didn’t notice that the lens of my camera was dirty, and I couldn’t take a good picture today…sorry!

Reblog this post [with Zemanta]

Michael Rakowitz @ Tate Modern Level 2 Gallery

テート・モダンLevel 2 Gallery(テムズ川に面した入口の外にある)で22日に始まった展覧会「The worst condition is to pass under a sword which is not one’s own(最悪の状況は、自分のものではない刀の下を通り過ぎること)」。アメリカ人アーティスト・Michael Rakowitz(マイケル・ラコヴィッツ)が、サダム・フセイン政権下、彼が好んだジュール・ヴェルヌの小説や映画スター・ウォーズG.I.ジョーワールド・レスリング・フェデレーション(World Wrestling Federation)等の西欧のSFやファンタジーと、イラクのモニュメントや軍や科学活動のつながりを描き出している。

入口は、壁一面が、バグダッドの「Swords of Qādisiyyah/Hands of Victory(勝利の手)」モニュメント前で、米軍兵士や関係者がポーズを決める写真で、埋め尽くされている。次の部屋は、真ん中に日本の兜、第一次世界大戦のドイツ軍ガスマスク、ダース・ベイダーのヘルメット、サダム決死隊(フェダイン・サダム)のヘルメットが並んでウィンドーに飾られており、その周りには、スターウォーズや西洋文化がサダムやイラク軍に与えた影響を示す、手書きの文章が添えられた鉛筆画の展示。次の部屋には、Swords of Qādisiyyahをモチーフとした大型作品「Victory Arch (Strike the Empire Back Series) 」(1980年のスターウォーズのポスターに酷似)が鎮座。足元には、G.I.ジョーのパーツが埋め込まれた、透明のプラスチックでできたサダム決死隊のヘルメットが転がっている。

私はSFには興味がなく、ジュール・ヴェルヌも読んだことがないし、スター・ウォーズも観ていない。プロレスも、子供の頃父親が家のテレビを独占してみていたせいか、大嫌い。G.I.ジョーも、小さい頃に親しんだMに聞くまで知らなかった。伝えようとしていることは分かるけれど、なにぶん興味がない分野なのであんまり心に響かない。でも、アメコミっぽい彼の鉛筆書きのイラストは、なかなかいい味出している。

American artist, Michael Rakowitz‘s new exhibition at Tate Modern Level 2 Gallery (located outside of the entrance facing the Thames river), “The worst condition is to pass under a sword which is not one’s own” started on 22 January. This exhibition investigates the Sadam’s fascination with western science fiction and fantasy, including Star Wars, Jules Verne, World Wrestling Federation and GI Joe, and its influence on Iraqi military and scientific activities during the Saddam regime, according to Tate.

One wall at the entrance is covered with the photos of posing American soldiers and others, taken in front of Swords of Qādisiyyah (Hands of Victory) in Bagdad. In the next room, Fedayeen Saddam helmet together with Japanese samurai helmet, WWI German gas mask, Darth Vader mask are displayed in a show case in the center of the room, surrounded by Rakowitz’s pencil drawn illustrations with handwritten texts, representing the links between Iraq and modern Western culture. The third room hosts “Victory Arch (Strike the Empire Back Series) ” which is resemble to the Swords of Qādisiyyah monument and 1980 Star Wars poster, with Fedayeen helmets made of clear urethane plastic with colorful plastic GI Joe parts.

I am no fan of Si-Fi, and have never read Jules Verne or seen Star Wars. I hate professional wrestling, probably because my father always monopolized only one TV in the house, watching pro wrestling when I was a child. I’ve never heard of GI Joe until M told me about it – he used to play with it. I understand what he is trying to do, but it doesn’t impress me because of the subject matter I am not into – but I like his American comics-style pencil drawn illustrations.

Reblog this post [with Zemanta]

Robert Kusmirowski: Bunker @ Curve Art, Barbican Centre

バービカン・センターのCurve Artで開催中の、ポーランド人アーティスト・Robert Kusmirowskiの作品「Bunker(塹壕)」(9月30日〜1月10日、入場無料)を観た。1973年生まれのKusmirowskiは、戦争体験者ではないが、世界大戦や冷戦等、「過去」にこだわった作品を作り続けており、Bunkerは使われなくなった、第二次世界大戦中の塹壕を再現した作品。「Curve」という名の通り、ギャラリー全体がゆるやかにカーブしていて、先に何があるか見えないので、何が待ち構えているか分からないスリルを感じる。薄明かりの中、腐食した水道管やボイラー、錆びた発電機や古い機械類、古びた缶や食料、そしてサバイバルのための道具等の中を歩いていく。使われなくなった線路がギャラリー端から端まで貫いており、寝室やトイレ、交信室や事務室なども妙にリアルだ。年代が経っているような効果を出すため、彼の膨大なコレクションからの古い品物に加え、ゴミ捨て場や解体場等で見つけたオブジェを使用。塹壕を見学したり、写真書類等を調べて、細部にまでこだわって再現したそうだ。この空間にいると、タイムスリップし、戦時中の落ち着かない、常に死と隣り合わせの恐怖を感じ、不安になる。良くできた作品だけれど、長くいると気分が滅入る。

We went to see “Bunker” by Polish artist Robert Kusmirowski at Curve Art in Barbican Centre (Sep 30 to Jan 10, entrance free).  Bunker is an recreation of a disused WWII era bunker. Although Kusmirowski was born in 1973 and had never experienced World War II, he obsesses with the ‘past’ and have created installations based on WWII and the following cold war. As its name suggests,  Curve Art gallery doesn’t have any straight line, and I was thrilled as I couldn’t see what was waiting ahead. In dim light, we walked through corroded pipes and boilers, rusted generators, electrical gauges and other obsolete machines as well as old cans and survival supplies. Abandoned rail track runs through entire gallery, and bedroom and toilet, communication room look very real. In order to create decay and aging effects, Kusmirowski has used found objects from his own large collection, as well as items collected from junkyards and demolition sites. He visited existed bunkers and studied documents and photography to ensure that smallest details are realistic. In the gallery, I felt as if I had been transported through time to WWII period when people were constantly facing fear of death, and it made me nervous. Bunker is well-done artwork, but it is quite creepy.

Bunkerは、200以上のイベントを企画し、ポーランドの文化をイギリスに紹介する、「POLSKA! YEAR」の一環のアート作品。「POLSKA(ポルスカ)」は、ポーランドの国名で、野原を意味するそうだ。POLSKA! YEARは、2009年春から始まって、2010年まで続く。このブログを書くにあたって、初めてこのイベントの存在を知った。そう言えば、テート・モダンで開催中の「How It Is」も、ポーランド人アーティスト・ミロスワフ・バウカの作品だった。

2004年に東欧諸国10カ国が欧州連合(EU)に加盟してから、イギリスはアイルランドとともに、東欧の新加盟国からの移民を無制限に受け入れたので、ポーランドを中心に東欧からの移民が大量に流れ込み、現在ポーランド生まれのポーランド人は約50万人にものぼるという(古くからのポーランド系イギリス人を含むと約100万人)。ポーランドの食材店やバー等も見かけるし(でも何故かあんまりレストランは見かけない)、スーパーにもポーランド食品のコーナーもある。うちの近所にも、ポーランド人の教会があり、日曜のミサの後は、ここはポーランドか?と思う程たくさんのポーランド人が出てくる。近年の不況のせいで、人口流入のスピードはダウンしているというけれど、今でも年々たくさんのポーランド人がやってくる。働き者で知られた彼らの労働力や、彼らの購買力なしでは、イギリスはもう機能しないかもしれない。

Bunker is a part of POLSKA! YEAR in the UK, which comprises over 200 projects presenting the most interesting achievements of Polish culture to British public. ‘Polska’ is Poland in Polish, and is derived from the word Polanie or “people of the fields.” POLSKA! YEAR started in spring 2009 and continue through 2010. I have never heard of this event until I started to do a little research about this blog entry. I guess “How It Is” by Polish artist Mirosław Bałka at Tate Modern is also a part of it as well.

Since the 2004 EU enlargement, there has been an massive influx of migration from 10 new member states of former eastern bloc to UK and Ireland, due to its liberal immigration policies and restrictive policies adopted elsewhere, and Polish is the biggest in number among others. Currently the Polish-born population in the UK is around half a million, and the total of Polish British is estimated about 1 million. Now I see many Polish grocery stores and bars (but not many restaurants), and supermarkets has a large corner of Polish foods. There is a Polish church in our neighborhood, and the area looks like a Polish town after the Sunday mess. Although east European immigration levels falling due to the recent economic downturn, but still large number of Polish are coming every year. Polish are known as a hard worker and now are a big consumer power as well, and British economy may not function without them anymore.

Reblog this post [with Zemanta]

POP LIFE: Art in a Material World @ Tate Modern

POP LIFEPOP LIFE

10月1日より、テート・モダンの新しい展覧会「POP LIFE: Art in a Material World」が始まった。アンディ・ウォーホルは在りし日、「Good business is the best art.(よいビジネスは、最高のアート)」とのたまったが、「POP LIFE」は、1980年代から現在まで、商業とメディアを巻き込み、自身を「ブランド」として確立したアーティスト達に注目。ポップ・アーティスト元祖のウォーホルから始まり、キース・ヘリングジェフ・クーンズ等のアメリカ人アーティスト、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YABs)の代表のダミアン・ハーストトレイシー・エミン、そして日本代表・村上隆と、マスコミ露出とセンセーショナルな作品で名を売ったアーティストたちの、カラフルで派手、良い意味でも悪い意味でも「POP(大衆的)」な作品が、一堂に展示されている。ブルック・シールズが10歳だった頃に撮影されたヌード写真が、当局によって「わいせつ物」として撤去されたとのエピソードや、一卵性双生児を自身の作品の前に2人揃って座らせるというダミアン・ハーストのアイデアも、ニュースになった。

露骨な性描写あり、動物のホルマリン漬けあり、馬の死体あり、巨乳のフィギュアヒロポン)あり、映画の中のナチスドイツ将校のポートレートありと、挑発的な作品のオンパレード。サーペンタイン・ギャラリーで行われた「ポパイシリーズ」の可愛いキャラクターものと打って変わった、クーンズの、自身と元妻&元ポルノ女優チッチョリーナの絡みの巨大な彫刻と写真で一部屋を埋め尽くした「アート」は、アートと呼べるのか?「ポップ」にリタッチされた以外は、ポルノ以外の何者にも見えない。マスコミお騒がせアーティスト、エミンの作品は、私生活暴露とアートの境界があやふやで、露出狂&悪趣味の代表格。村上の作品は、外国人の「奇妙な日本人」のステレオタイプを増幅するだけ。メイドカフェとか原宿のゴスロリ系の少年少女たちのおかげで、悲しいかな、イギリスでは日本と言えば「変な国」のイメージがかなり定着してるのだ。この展覧会では、ウォーホルの作品が、至極まっとうに見える。子供連れの方はご注意を!

と偉そうに言っている私も恥ずかしながら、アーティストの罠にはまり、密かに展覧会を楽しんだ、ゴシップや下世話なことが好きな大衆の一人なんである。

A new exhibition of Tate ModernPOP LIFE: Art in a Material World” started from today. Andy Warhol claimed “Good business is the best art.” – Tate Modern brings together artists from the 1980s onwards who have embraced commerce and the mass media to build their own ‘brands’. The exhibition includes; American pop artists Andy Warhol, Keith Haring, and Jeff Koons; YBAs (Young British Artists) Damien Hirst and Tracey Emin; and the Japanese king of pop Takashi Murakami and more – who have created sensational ‘arts’ and their own styles, have happily exposed themselves to media, and as a result, have sold their works for millions. Their artworks are colorful, loud, and ‘pop’ in good ways and bad ways. There were some episodes hit the news: a nude photograph of Brooke Shields when she was 10 years old was withdrawn after a warning from Scotland Yard that it could violate obscenity laws; and Damian Hirst was looking for identical twins to let them sit in front of his painting.

Bald sex scenes, a female figurine with big breasts,  a baby cow immersed in formaldehyde in a vitrine, dead horse, Nazi officers in movies – full of provocative works there. On contrary to his funny & cute “Popeye series” at Serpentine Gallery, Koons’ huge sculpture and photographs of himself having sex with his ex-wife and ex-porn star Cicciolina, filled in one entire exhibition room – are these ‘arts’? For me these are mere pornography other than the fact that they were retouched to look ‘kitsch’ to moderate its obscene nature.  Scandalous artist Emin’s works are exhibitionistic and vulgar. Murakami sadly reinforce the stereotypical image of eccentric Japan – unfortunately many British have a image of Japanese as ‘weirdos’, thank to Maid cafes and girls & boys in gothic lolita fashion in Harajuku, often seen in the British media. In “POP LIFE”,  Warhol’s works look the most decent among all others, after all. Be aware, if you have small children with you!

Sounds very critical, but I am one of the masses who like gossips and craps, and I fell the artists’ trap and quite enjoyed the exhibition, pretty embarrassed to say,…

POP LIFE

Reblog this post [with Zemanta]

Futurism Exhibition @ Tate Modern

FuturismFuturism

テート・モダンで6月12日〜9月20日まで開催中の、「FUTURISM」(未来派)展を観た。この展覧会は、1909年にフランス・フィガロ誌に掲載された、未来派創始者であるイタリア人詩人・フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティ(Filippo Tommaso Marinetti)の「Manifesto(未来派設立宣言)」100周年を記念し、ローマのScuderie del Quirinale(スクデリエ・デル・クイリナーレ)、パリのMusée National d’Art Moderne / Centre Georges Pompidouポンピドゥー・センター)、そしてロンドンのテート・モダン美術館が共同企画したもの。

ローマでの展覧会をすんでのところで見逃した未来派ファンのMは、かなり期待していたが、見終わって少し物足りなさを感じた。産業革命以降機械化が進み、急速に社会情勢が変化していく中で起こったこのアート・ムーブメントがヨーロッパのアート界に与えた影響を探る、というコンセプトだが、肝心の未来派作品の展示が手薄なうえ、未来派とムッソリーニとの繋がりや、アーティストのファシズムに傾倒する政治的思想等、この運動と切っても切れない社会情勢の表現が薄い。フランスのキュビスム、ロシアのクボ=フトゥリスム、イギリスのヴォーティシズム等、未来派に影響を受けた他国のアート・ムーブメントの展示も中途半端で、浅く広くの無難な展覧会になってしまっている。いつも充実した企画展を誇るテート・モダンの展覧会としては、残念な出来だ。

芸術界に影響のある3カ国の重要美術館共同企画の「鳴り物入り」の展覧会をけなすのは私たちだけかな?と思ってネットで批評をチェックしてみたら、ガーディアン紙のアート批評家も同じようなことを書いていたので、ちょっと安心。

私たちのお気に入りの作品は、イギリス人画家のデイヴィッド・ボンバーグ(David Bomberg)の「The Mud Bath」。大胆な色使いや構図が印象的な作品です。

We went to see the ‘FUTURISM‘ exhibition (Jun 12 – Sep 20) at Tate Modern. To mark the 100th anniversary of the ‘Manifesto’ of Futurism, published by Italian poet Filippo Tommaso Marinetti in Paris daily Le Figaro in 1909, the Scuderie del Quirinale, in conjunction with the Musée National d’Art Moderne / Centre Georges Pompidou in Paris and with the Tate Modern in London, planed a major exhibition about Futurism to celebrate the movement’s historical and international role over European art.

Futurism fan M missed to see the exhibition in Rome and had a high expectation about the show, but ended up being disappointed. The concept is to explore the Futurists’ new style that broke with old traditions and expressed the dynamism, energy and movement of their modern life, and its influence in Europe. However, the exhibition overall was shallow and superficial due to not focusing on Futurism only – the display of works of Futurism was weak, and the relationship with of the Futurism movement with Mussolini and its artists’ devotion to fascism were not well presented. The display of art movement influenced by Futurism in other countries, such as France’s Cubism, Russian Cubo-Futurism, and Vorticism in UK, were insufficient as a result of the focus of the show was dispersed into different art movement in Europe. It’s a shame as the show of Tate Modern, which has normally a good reputation to plan excellent exhibition made such a mediocre presentation of the exciting theme like Futurism.

We were worrying that we were the only one who are negative about Tate Modern’s exhibition, but found by google-ing that the Guardian art critique also criticized the show in the same way we felt – this made us feel better.

The work in the photo is our favorite piece in the show – “The Mud Bath” by David Bomberg. Its bold colors and composition really caught our eyes.

The Mud Baths by David Bomberg

Reblog this post [with Zemanta]