Tag Archives: デイヴィッド・ホックニー

BP Walk through British Art @ Tate Britain

5月14日から始まったテートブリテンのBP Walk through British Artは、1500年代から現代に至るイギリス・アートのナショナルコレクションで、過去500年に制作された500以上の作品を20以上のギャラリールームに時系列に配している。Francis Baconフランシス・ベーコン)、John Constableジョン・コンスタブル)、William Hogarthウィリアム・ホガース)、 Thomas Gainsboroughトマス・ゲインズバラ)、 George Stubbsジョージ・スタッブス)、J.M.W. Turnerジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー)、Gwen JohnStanley SpencerL.S.LowryJohn Everett Millaisジョン・エヴァレット・ミレー)、Bridget RileyDamien Hirstダミアン・ハースト)、 David Hockneyデイヴィッド・ホックニー)、Rachel Whitereadなど、イギリスの名だたるアーティストの作品を含む膨大なコレクションには圧倒される。

時系列展示以外に、一つの作品 / アーティスト / テーマをより深く掘り下げるBP Spotlightコレクションシリーズの新しいディスプレイも見物。現在、コンスタブルThe CornfieldImage of the British SchoolMoving Images: Painting and Early Film、アート教育におけるBasic Design展のほか、Keith ArnattRose WylieDouglas Gordonなど近代アーティストのコレクションを見ることが出来る。イギリス人アーティストたちが描いた風景画を集めたLooking at the View展を含むと、テートブリテンだけで膨大な量のイギリスアートが楽しめるのだが、これを全部見て回るのは、なかなか目も頭も足も疲れる。途中でワインの一杯でも飲んで、ゆっくり見て回るのがお薦め。

BP Walk through British Art (from May 14) is a new chronological presentation of the national collection of British art in a chronological display – a walk through time from the 1500s to the present day. This massive collection of British art over the past 500 years comprises around 500 artworks in over 20 galleries, and includes works by major British artists such as Francis BaconJohn ConstableWilliam HogarthThomas GainsboroughGeorge StubbsJ.M.W. TurnerGwen JohnStanley SpencerL.S.LowryJohn Everett MillaisBridget RileyDamien HirstDavid Hockney, and Rachel Whiteread (more details on the press release).

Alongside this chronological circuit, Tate Britain hosts a new series of seasonal BP Spotlight collection displays, which offer more depth on particular artworks, artists or themes: current displays include Constable’s The Cornfield, Image of the British SchoolMoving Images: Painting and Early Film, and Basic Design in art education, as well as on recent artists including Keith Arnatt, Rose Wylie and Douglas Gordon. Together with Looking at the View” which explores the ways British artists have framed the view in their work, you can spend all day immersing yourself in British Art. Very interesting to see the British art all at once, but bit draining – I need a glass of wine in between.

ヘンリー・ムーアの作品を集めた新しい常設展

New permanent gallery devoted to Henry Moore with substantial display of his work

BP Spotlights on Rose Wylie

Advertisements

A Bigger Splash: Painting after Performance @ Tate Modern

テートモダンで「William Klein + Daido Moriyama」を観た後は、1950年以降の絵画とパフォーマンスの関係を考察した、もう一つの特別展「A Bigger Splash: Painting after Performance」へ。展覧会の名前は、デイヴィッド・ホックニーの1967年の作品「A Bigger Splash」から取られており、最初の展示室には、この作品と共にジャクソン・ポロックの「Summertime」が展示されている。アクション・ペインティングの画法で知られるポロックがキャンバスはアクションの場と考えたのに対し、ホックニーは絵画は「架空世界への舞台入口」ととらえており、現代アートの2人の巨匠の違った絵画へのアプローチの対比が興味深い。

展覧会は2部に分かれており、前半では、アクション・ペインティングから始まり、ヘルマン・ニッチュをはじめとするウィーン行動派のパフォーマンスアート、1960年代後半〜70年代の四次元絵画、美とジェンダーに対するステレオタイプへの抗議が高まった70年代に活躍した、シンディ・シャーマンなど「transformer(変形・変化させる人)」たちの作品と、1950年代から80年代初期にかけてのパフォーマンスとアートの関係を探る。後半9室は、アクション・ペインティングやドラァグ、舞台芸術など、前半展示されたアーティスト達の実験的作品にインスピレーションを受けた若い世代のアーティストの作品が展示されている。アーティストは展示順に、Edward Krasinski(写真2枚目)、Marc Camille Chaimowicz(同3枚目)、Joan Jonasジョーン・ジョナス、同4枚目)、Guy de CointetKaren Kilimnikカレン・キリムニック)、IRWINJutta Koether荒川 医、(写真5枚目)Lucy McKenzie(写真最後)。

感想?つまらないの一言。最初のホックニーとポロックの2作品とシンディ・シャーマンの変装写真以外、何も感じないし何も伝わってこない。前半の先駆者達の作品は、私の目には悪趣味に映る物が多いけれど、既成概念をぶち壊そうという気迫が少なくとも感じられるが、後半の若手アーティスト達の作品には、妙に落ち着いていてパワーもエネルギーも感じられない。テートの展覧会では久しぶりのハズレ。

After “William Klein + Daido Moriyama,” we saw another special exhibition running now at Tate Modern, “A Bigger Splash: Painting after Performance,” which explores the relationship between performance and painting since 1950. The exhibition takes its name from David Hockney‘s “A Bigger Splash” (1967, top photo), which is displayed together with Jackson Pollock‘s “Summertime” in the first room, showing two different approaches to painting: a canvas as a field of action for Pollock; and as a theatrical entrance into its fictional world for Hockney.

The exhibition is divided into two parts: the first half studies the relationship between performance and painting from the 1950s to the early 80s. The first part includes action paintings, works by Viennese Actionists using bodily actions, four dimensional painting (late 1960s – 70s), and works by “transformer” artists such as Cindy Sherman during the 1970s when stereotypical ideas of beauty and gender were challenged. In the second part, each room is devoted to a single artist/group of younger generation, whose approach to painting is inspired by their predecessors’ experiments in art form, such as action painting, drag and the idea of the stage set. Total of nine rooms are used for international artists, in order of Edward Krasinski (2nd photo), Marc Camille Chaimowicz (3rd), Joan Jonas (4th), Guy de Cointet, Karen Kilimnik, IRWIN, Jutta Koether, Ei Arakawa (5th photo), and Lucy McKenzie (bottom).

My opinion about the show? Boring. I didn’t feel anything, except the two key works by Hockney and Pollock, and Cindy Sherman’s photos of herself transformed into different characters. Many experimental art or performance art are not to my taste, but the pioneers of these art forms had at least enthusiasm to destroy the convention and to create a new style of art, and I could feel it, but works by younger counterparts don’t carry any passion and spark. It was one of the worst exhibition I have seen at Tate in recent years.

by Edward Krasinski

by Marc Camille Chaimowicz

by Joan Jonas

by Ei Arakawa

by Lucy McKenzie

Picasso and Modern British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンの大規模展「Picasso and Modern British Art」(2月15日〜7月15日)は、テート曰く、イギリスにおける、論争の的であり同時にセレブリティとしてのパブロ・ピカソの出現と、モダンアート確立への貢献、そしてイギリスのアートへの影響を追った、最初の展覧会。Weeping Woman泣く女:1937年)やThe Three Dancers(3人のダンサー:1925年)を含むピカソの作品60点以上と並び、彼の影響を受けたイギリス人アーティスト7人(ダンカン・グラントパーシー・ウインダム・ルイスベン・ニコルソンヘンリー・ムーアフランシス・ベーコングラハム・サザーランドデイヴィッド・ホックニー)の作品が、合計150点以上展示されている。

しかし、この展覧会を見た後でも、ピカソとイギリスのアートは自分の中でいまいち結びつかない。ピカソのダイナミックで自由、そして情熱的な絵は、どちらかというと抑え気味で繊細、影のあるイギリスのアーティストたちの作品と隔たりを感じる。テートもパンフレットの中で、「どのアーティストもピカソを盲目的に模倣しているわけではなく、ピカソの一要素を取り入れて、独自のアートを形成している」と書いているが、それでも私には、タイトルのように大々的に二つを結びつけるには少し無理があるように思う。

そもそも、ピカソは母国スペインとフランスとの関連は強いが、イギリスとは、1919年にセルゲイ・ディアギレフのバレエ「The Three Cornered Hat三角帽子)」の背景・衣装を手がけたのと、大成功をおさめた1960年のテート・ブリテンでの回顧展以外、これといったつながりは見当たらない。

良質な展覧会を常に提供するテートの他の展覧会同様、見る価値はあったと思うけれど、テーマである「ピカソとイギリスのモダンアート」の繋がりは、少し弱い気がする。

Tate Britain‘s major exhibition, Picasso and Modern British Art (Feb 15  –  Jul 15)  is the first exhibition to trace Pablo Picasso‘s rise in Britain as a figure of both controversy and celebrity and his role in the acceptance of modern art in Britain, and explores his influence on British art. The exhibition brings together over 150 artworks; over 60 Picasso’s including Weeping Woman (1937) and The Three Dancers (1925) are on display, alongside with works by seven leading British artists who gained an inspiration by Picasso: Duncan Grant, Wyndham Lewis, Ben Nicholson, Henry Moore, Francis Bacon, Graham Sutherland and David Hockney.

To be honest, even after seeing the exhibition, I can’t really relate Picasso to British art. There is a substantial difference for me, stereotypical or not, between Picasso’s vibrant, passionate and free-spirited works with those British artists’ rather subtle, restrained, and sometimes gloomy works, though I can see some influence. Tate’s information states that “none followed Picasso slavishly and all took something from Picasso as part of the distinctive development of their own art”, but still the connection is too week to be spotlighted, for me. 

Also Picasso was more associated with native Spain as well as France, and it seems that he had little connection to Britain, other than his London visit in 1919, working on the scenery and costumes for Diaghilev’s ballet The Three Cornered Hat, as well as successful 1960 retrospective at Tate

It was worth to see the exhibition as others at Tate as always (they always do a good job), but I was not really convinced of the theme.