Tag Archives: デザインホテル

The Olde Bell Inn @ Hurley, Berkshire

3月も後半だというのに、イギリスは毎日凍えるような寒さで嫌になる。この寒さの中、きれいな空気を吸いに、ロンドン郊外の田舎へ足を伸ばしてみた。

宿泊地はMr & Mrs Smith過去ブログ参照)で見つけた、ロンドンとオックスフォードの中間に位置する小さな村・HurleyにあるThe Olde Bell。近くのベネディクト会修道院を訪れる人たちの宿泊所として1135年にオープンしたという、現在も営業中のイギリス最古の宿だそう。第二次世界大戦中は、ルマンディー上陸作戦前に、アメリカ諜報部の秘密基地として使われていた近くのLadye Place Mansionを訪れたチャーチル首相やアイゼンハワー米大統領なども宿泊したという由緒ある宿で、エリザベス・テーラーやケーリー・グラントといった錚々たるスターも宿泊者名簿に並ぶ。また、ダスティン・ホフマンの初監督作品「カルテット!人生のオペラハウス」の撮影場所としても使用されたらしい。ちなみに、Mr & Mrs Smithのメンバーになると(無料)、シャンパンのボトル一本が特典でつくのも魅力。

このホテル、敷地は意外に広くて、本館と隣接のMalt House、コテージ風客室を備えたCottage、そして道を挟んで、農業用の納屋を改装したBrick BarnとTithe Barn、Bell Lodgeに、合計48室有する。また、広々とした庭や野菜畑、テニスコートもある。私たちの部屋は、ヴィクトリア時代の建物で、図書館や音楽ルームなどが備わっているMalt Houseで、イギリス版Elle Decorationの初代編集者でインテリア・デザイナーのlse Crawfordがデザインした部屋の小さい方(1泊£135)。ロケーション、値段の割に部屋は狭いけれど、落ち着いた色調でセンスよくまとめられている。バスルームはシャワーのみだけれど、広くて使いやすい。難点は各部屋が水を使う度に聞こえるボイラー音が結構煩い事。眠りの浅い時など、起こされてしまう時もあった。

ディナー、朝食は本館1階にあるレストランで。数部屋に分かれたレストランは広々としていてテーブル数も多く、カントリースタイルをモダンにアレンジしたインテリアは洗練されている。地元産の食材を使った料理は新鮮で美味しく、値段はロンドン並みだけれど、その価値はあり。朝食は、田舎では珍しくフル・ブレックファストではなく、ビュッフェスタイルのコンチネンタル・ブレックファストのみ(温かい食事は別料金)なのが、ちょっと手抜きな印象。Booking.comのレビューでも朝食への不満がちらほら見られる。

Hurleyは小さいけれど、ロンドンやオックスフォードへのアクセスもいいので、住宅価格は国の平均の約5倍もするという裕福な村。特別な見所はないけれど、テムズ川縁をのんびり散歩するのもいいし、近隣の、レガッタで有名なHenley-on-Thamesや、National Trustが管理するお屋敷や庭園を訪れるのもいい。私達もこの旅行で4つNational Trust巡りをした(詳細は明日以降ブログに書く予定)。寒波で春の訪れまだ遠く、庭園には水仙程度しか花が咲いていなかったのが残念。

It’s been freezing cold in UK though it is almost April. Despite of the depressing weather, we traveled to countryside to breath fresh air.

The destination is a tiny village of Hurley in Berkshire, between London and Oxford, and we stayed at The Olde Bell that we found on Mr & Mrs Smith website. Free gift of a bottle of champagne for a member of Mr & Mrs Smith (and it’s free!) was a good incentive too (see details). The Olde Bell is the oldest still-working inn in Britain, first opened its doors in 1135 as a guest house for visitors to the nearby Benedictine Priory. During World War II, Sir Winston Churchill and Dwight D Eisenhower stayed this inn when they visited Ladye Place Mansion, next to the church, which was being used as a secret US intelligence base prior to the Normandy Landings. Other famous guests include Elizabeth Taylor and Cary Grant, and the inn was also used as the filming location for Dustin Hoffman’s first directorial film “Quartet“.

The inn has surprisingly large estate and has total of 48 rooms at the main building “The Inn” and the adjacent Malt House and The Cottage, and two converted barns of Brick Barn and Tithe Barn as well as Bell Lodge across the street. Also there are spacious gardens, vegetable garden and a tennis court as well. Our room “Malt House smaller” (£135/night) is in the victorian building of Malt House which has some gathering spaces such as library and music room, and the room is designed by lse Crawford, an interior designer and founding editor of British Elle Decoration. The room is relatively small with its location and the price, but chic and intimate – design costs. Bathroom has shower only but spacious and bright. The only problem is the noise caused every time someone use water in the bathroom – it woke me up sometimes during the sleep. 

We had dinner and breakfast at the Inn restaurant. This rustic-chic restaurant has few separate rooms and is more spacious than we expected. The food is a little bit pricey, which is almost the same level as London, but their delicious meal using local produce was worth its price. But breakfast was disappointing – it was continental breakfast instead of full breakfast, which is a rarity in British countryside (warm food costs extra) – this seems to me rather a lack of an effort. In fact, some people complains about the breakfast on Booking.com reviews.

Hurley is very small but an affluent village and house prices are approx five times higher than the national average (Wikipedia), due to its easy access to Oxford and London. It is nice to have a lovely walk on the Thames, or visiting Henley-on-Thames, famous for regatta race, and National Trust estates nearby. We visited four National Trust sites this time and I will write about them tomorrow. It was a shame that we couldn’t see those gardens with flowers due to this cold weather!

 

Dinner at the Inn restaurant

 

Continental Breakfast

Music Room at The Malt House

 

Town Hall Hotel @ Patriot Square, Bethnal Green

This Bright Fieldから南へ数分歩くと、エドワード様式の立派な建物が見えてくる。これは2010年にオープンしたTown Hall Hotelで、シンガポール人ホテル実業家のLoh Lik Pengが、以前は区役所として使われていた、1909年建造のこの建物を改装。大理石の床や柱、立派な階段を備えた吹き抜けのロビーの片隅には、ミッド・センチュリー風の椅子が並ぶなど、アールデコ装飾とモダンなインテリアを融合した、優雅なデザインホテルに生まれ変わった。また、ホテル内のパブリック・スペースには、繊細な木版画や鉛筆描きの壁画、ペルシャ絨毯から作られたmoose(アメリカヘラジカ)の頭など、イースト・ロンドンのアーティストの作品が飾られている。

ロンドンに住んでいる人には宿泊する機会がないかもしれないけれど、ホテルには、ポルトガル人シェフ・Nuno Mendesがプロデュースした、ミシュラン一つ星のViajanteともう少しカジュアルなCorner roomという、二つの人気レストランが入っており、多くのグルメたちが訪れる。

部屋については泊まった事がないので、ご興味ある方は、批評家のレビュー(Telegraph/Guardian)と、デザインホテルサイト・Mr & Mrs Smithをチェックしてみて。でも、ホテルのあるエリアは、お世辞にも柄の良いエリアではなく、世界のおもちゃのコレクションを有するV&A Museum of Childhoodと、以前にブログでも取り上げた、いくつかのカフェやレストランしかないので、ロンドン初心者にはあまりお勧めできないかも。

Walking down several minutes to the south from This Bright Field, you will see Town Hall Hotel, opened sometime in 2010 and housed in a grand Edwardian building in Bethnal Green. Singapore hotelier Loh Lik Peng has transformed this former council hall with Art Deco detailing (history of the building) into this elegant boutique hotel, keeping the old charms but adding modern fixtures. The atrium is classic and impressive, with designed marble floors and marble pillars as well as imposing staircases, and also has some contemporary feel with mid-century style chairs for guests to relax. Inside of the hotel’s public spaces, you can see artworks by East London artists, such as delicate woodcuts, murals in pencil, and a mounted moose head made from Persian carpet.

For people who live in London, including us, may not have a chance to sleep in. However, this hotel houses two popular restaurants which are produced by renowned Portuguese chef Nuno Mendes, michelin-stared Viajante and Corner room, that attract many foodie Londoners.

I can’t write about the rooms as I’ve never slept there, so check the critique’s reviews (Telegraph/Guardian) or Boutique hotel site Mr & Mrs Smith if you want to stay. However, the location is not central or sophisticated at all,there is nothing but V&A Museum of Childhood and some hip neighborhood cafés & restaurants, and I am not sure if I want to recommend this hotel to a foreign guest who comes to London for the first time…

80席を有するCouncil Chamber(区議会室)は、上映設備を備え、レクチャーや劇場などイベント会場として使用される。

Council Chamber contains equipment for film screening and can be used as a lecture or theatre style venue for up to 80 people.

Council Chamberの隣のAnte-Chamber

Ante-Chamber, next to Council Chamber

Cambridge Heath Roadに面した、Viajanteレストランへの入口

Entrance to Viajante on Cambridge Heath Road

ホテルの南側にはモダンな建築と赤い煙突

Modern architecture and industrial chimney on the south side of the hotel

Mr & Mrs Smith New Italy Hotel Collection

Mr & Mrs Smithの新しいホテルガイド、 「Mr & Mrs Smith Hotel Collection: Italy」が、先月21日に出版された。Mr & Mrs Smithの他のガイドと同じく、スタイリッシュなデザイン、美しい写真にセンスのいい色使いと、素敵な本に仕上がっている。掲載されているホテルも、プチホテルから中規模デザインホテル(大規模高層ホテルチェーンはない)、シティホテルからリゾート、そして値段もリーズナブルなところから長期滞在は考えられない高級ホテルまで、Mr & Mrs Smithならではのテイストの良いホテルが集められている。

強いて欠点をいえば、ライトグレーやスモーキーイエローなど、薄い色の背景に白地の文字がとても読みにくいこと。旅行雑誌の記事のように、ライターの個人的体験を綴ったホテルレビューが、ちょっと長くて鬱陶しいこと。ルネッサンス・アートのYES/NOチャートが意味不明なこと。パスタのイラストがパスタに見えないこと(写真の方が分かりやすいと思う)、か。

Mr & Mrs Smith‘s new hotel guide,” Mr & Mrs Smith Hotel Collection: Italy” is published last month. Like other Mr & Mrs Smith‘s gudes, the book is stylishly made: cool design, nice photos, and sophisticated colours. Hotels selected for the book are sleek and chic, typical of Mr & Mrs Smith, and in good variety: from petit B&B to moderate size boutique hotels (but neither skyscrapers nor international mega chains on the book); affordable to upscale that makes me hesitate to stay long; city hotels as well as country retreats.

If I have to list up shortcomings of the guide, it would be: hard-to-read white types on light colours like light gray and smokey yellow; hotel reviews based on writer’s personal experiences, like in articles on travel magazines, are a bit long and irritating (a list of facts is well enough on a guide); make-no-sense YES/NO chart for “HOW TO…identify Renaissance art”; and illustrations of pasta which don’t look like pasta – photos maybe easier to understand this case.

Mr & Mrs Smith: “Times 2 for 1” / “Hotel Collection: France”

去年、コッツウォルズ旅行の際に使った、Mr & Mrs Smithのキャンペーン(参照エントリー、今年はタイムズ紙とタイアップ、イギリス国内とヨーロッパを中心にした70のスタイリッシュなホテルに、2泊で1泊分の値段で泊まれる、お得な「Times 2 for 1」キャンペーンをやっている。このキャンペーンを利用するには、日曜を除く先週土曜日から今日までのタイムズ紙に掲載されたパスワード6つの中から3つを集めないといけないのだけれど、お許しをもらって、ここにパスワードを書かせてもらえた。ウェブサイトの中程にあるパスワード欄に、boutique/luxury/seductionの3つのパスワードをインプットして「submit codes」をクリック。そうすると、リストにある希望のホテルをオンラインで予約することができる。また、電話でも予約を受け付け可能。予約は11月30日が締め切り、1月9日までに宿泊を終える事が条件なので、予約はお早めに。

Mr & Mrs Smith‘s “2 for 1 nights” campaign that we used for last year’s Cotswolds trip comes back this year (see related post), teamed up with the Times this time as “Times 2 for 1“. With this great two-for-one offer, you can stay at one of the 70 stylish hotels listed, mainly in the UK and Europe, for two nights with the price of one night. The rule is to collect three of six passwords printed in the Times from the last Saturday till today, except Sunday. But here, with a permission, I can tell you the passwords – hurray! Go to Mr & Mrs Smith’s web page and type boutique/luxury/seduction in the password sections, and click “submit code” – and you are able to book a hotel of your choice online. Alternatively you can book online if you prefer. Just don’t forget that bookings must be made by 30 November 3o, 2010 for stays up to January 9, 2010.

Mr & Mrs Smithはホテル・ガイドも発行している。これは今年7月に出版されたフランス版ホテルコレクション。パリの洗練されたシティホテルから豪華なシャトー・ホテル、田舎の素敵なヴィラやゲストハウスなど、厳選された12地域の32軒のホテルが、その地域の情報とともに掲載されている。写真もとてもきれいだし、レイアウトも洒落ている。少しざらっとした表面の、コーティングされていない紙の匂いや手触りもいい。この本を見ていると、今すぐにでもカバンに荷物を詰めて、バカンスに行きたくなってしまう。

Mr & Mrs Smith also publishes hotel guides, as well as hotel reservation service. This is Mr &  Mrs Smith Hotel Collection: France, published in July this year. You can find 32 fabulous accommodations carefully selected in 12 destinations, from Paris’ contemporary hotels to gorgeous châteaux and cosy country side villas, together with beautiful photos and useful local information. The layout of the book is quite sophisticated, and I love the touch and smell of its uncoated papers. When I look at those pretty hotels, I feel an urge to pack my suitcase right now and go on vacation tomorrow!

Enhanced by Zemanta