Tag Archives: デザイン事務所

AL_A “Timber Wave”: London Design Festival @ V&A

9月17日から25日まで、毎年恒例のLondon Design Festival 2011(ロンドン・デザイン・フェスティバル)が開催中。ロンドンのあちこちに点在する、美術館、デザイン事務所、ショップ、ギャラリーなどの参加施設の前に立てられた、フェスティバルのアイコンである赤い立て看板を、よく目にする。フェスティバルに参加しているヴィクトリア&アルバート博物館V&A)でも期間中、インスタレーションやトーク、ワークショップなどのスペシャルイベントが行われている(詳細はV&Aウェブサイトで)。

V&Aの見所は、Cromwell Road(クロムウェル・ロード)側入口に設置された、Amanda Levete Architects and Arupによる巨大インスタレーション作品「Timber Wave(木の波)」(9月17日〜10月15日)。通常家具作りに使われるラミネート技術をアメリカンオークに施し作り上げた、12mもの高さの格子模様の立体的な螺旋は圧巻。木とは思えないしなやかさと木独特の生命力が感じられる。

London Design Festival 2011 came back to the city – from September 17 to 25, you see a festval’s icon, red signboard in front of the participating organizations such as museums, design firms, shops, and galleries, all over London. Victoria & Albert Museum is also a part of the festival and visitors can enjoy commissioned installations and displays as well as special events, talks and workshops throughout the period (details are at V&A website).

A gigantic installation of ‘Timber Wave‘ by Amanda Levete Architects and Arup (September 17 – October 15) at the Cromwell Road entrance is one of the highlight at the V&A festival program. The three-dimensional latticework spiral is made of American red oak, using lamination techniques normally used in furniture making, and applied to create a piece 12m high. It has un-treelike flexibility and treelike vitality – spectacular.

The Book Club Cafe, Bar & Restaurant @ Shoreditch

東ロンドンのショーディッチのLeonard Streetに最近できた、カフェ/バー/レストラン、The  Book Club。バー/クラブ・Queen of Hoxtonと同じオーナーが経営、以前はHOMEというバーだったビクトリア時代の倉庫があった建物にある。元倉庫のレンガ壁と広々としたスペースを生かした、2階に分かれたフロアは、ビンテージ風の家具や長テーブルが置かれ、地階にはビリヤード台、1階には卓球台が置いてある小部屋もある。また、トークやワークショップ等の文化イベントも開催されており、週末等にはDJも入る(イベントスケジュールはこちら)。客層は場所柄、デザイン事務所やファッション、メディア等で働くクリエーターや、ヒップな若者が多い。Wi-Fiは無料、プライベート・ミーティングルームや映写施設もある。ちなみにイギリスでは、カフェやパブで、一般客に混じってビジネス・ミーティングをしているのをよく見かける。テーブルが小さかったり、うるさい場所でもやってるので、気が散らないのだろうかといつも思う。

オープン時間は朝8時から深夜まで(木・金・土は午前2時まで)、時間帯によって食事メニューも変わる。夜はお皿のサイズで値段が決まるユニークなシステムで、グループ用に大鍋でパスタやシチューも注文できるそうだ。私たちは遅めのランチで、スパゲティ・ミートボールと、Bangers&Mashソーセージとマッシュポテト)を注文。ソーセージ&マッシュはまずまず。スパイシーなトマトソースとミートボールは美味しかったけれど、スパゲティは品質が良くなく、ゆで過ぎだったのが残念。

The Book Club is a recently opened café/Bar/Restaurant, located on Leonard Street in a former Victorian warehouse (where used to be the HOME bar) in Shoreditch, East London. Run by the same people as the Queen of Hoxton, this former warehouse with brick walls and vast 2-floor spaces is decorated with vintage-style furniture and long tables, and has a pool table and a DJ area downstairs and a ping-pong table in a small room on the corner of the ground floor. The Book Club also offers a variety of creative and cultural events as well as parties and DJ nights (event schedules are here), and attracts creative workers and hip twenty-somethings who live or work around the area. Wi-Fi is free, and you can also use private meeting rooms and screening facilities. I often see people having a business meeting in a café or a pub in UK and always wonder if they are not distracted: sometimes it is noisy and a table is too small to spread documents.

The Book Club opens all day from 8 am to midnight (until 2 am on Thursdays, Fridays, and Saturdays), and the menu changes accordingly. In the evening, diners pay by plate size and large groups can purchase huge pots of pasta or stew. We ordered Spaghetti with Italian Meatballs and Bangers&Mash for our late lunch. Bangers&Mash is not bad, and spicy tomato sauce for the pasta was good, but disappointment was the spaghetti – it was a cheap kind and mushy + far away from al dente…

Reblog this post [with Zemanta]