Tag Archives: ドイツ人

Schwitters in Britain @ Tate Britain

Tate Britainで開催中のSchwitters in Britain (1月30日〜5月12日)は、ダダイスム構成主義シュルレアリスムなど近代芸術運動で活躍し、詩、サウンド、絵画、彫刻、グラフィック・デザイン、タイポグラフィ、そして後にインスタレーションと呼ばれる様々な手法を用いたヨーロッパ・モダニズムの巨匠でドイツ人アーティスト、Kurt Schwittersクルト・シュヴィッタース)の展覧会。Schwitters in Britain展では、戦争避難民として1940年にイギリスに到着してから1948年の彼の死まで、イギリスで活動していた期間の作品を主に、商品パッケージや新聞の切れ端などありふれた素材を使った150以上のコラージュや、彫刻作品、絵画などが展示されている。シュヴィッタースは、芸術目的のため、想像しうる全ての物を組み合わせる「メルツ」という概念を生み出し、found object(偶然見つけたもの)や日常生活の中にあるものを抽象的コラージュ、インスタレーション、詩、パフォーマンスに用いるスタイルを確立。彼の作品は、リチャード・ハミルトンエドゥアルド・パオロッツィダミアン・ハーストなど、後のイギリス人アーティスト達にも大きな影響を与えた。

シュヴィッタースは、自身の作品がナチス政府に「退廃芸術」との烙印を押されたことにより、1937年にドイツを離れ、最初の3年は息子が居たノルウェーに滞在。ナチスのノルウェー占領を機に、1940年にイギリスに渡ったが、敵国国民として1941年に解放されるまで各地の収容所で過ごした。その後、ロンドンのアート界で活躍、イギリス人アーティストや美術批評家と交流を深めた。1945年に湖水地方に移住、自然の素材を作品に使い始めた。また、出身地・ハノーファーで作り上げた建築的大規模構成作品・Merzbau(メルツ建築/メルツバウ)と呼ばれる作品の一環として、ここでもMerz Barn(メルツ小屋、物置)を制作した。展覧会は、シュヴィッタースの遺志を受け継いで、アーティスト・Adam ChodzkoとLaure Prouvostが制作した委託作品で締めくくられている。

戦時のムードや彼の避難民としての経験を反映してか、シュヴィッタースの抑えた色調の作品は、控えめで少し陰鬱な印象で、先日書いたリキテンスタイン展とは正反対。多くの人は、偉大なアーティストでモダンアートのパイオニアであるシュヴィッタースの作品に感銘を受けているのであろうが、私は何故か彼の有名なコラージュ作品群を見ても何とも感じないのだ。彼の正統派作品のポートレートや風景画(参照:FT / Guardian)は悪くないのだが、ただ単に私の好みじゃないのですよ。。。

→展覧会の写真:Guardian

Schwitters in Britain (January 30 – May 12) at Tate Britain is the major exhibition to examine the late work of German artist Kurt Schwitters, one of the major artists of European Modernism, who worked in several genres and media including DadaConstructivismSurrealism, poetry, sound, painting, sculpture, graphic designtypography and installation art. Focusing on his British period from his arrival in Britain as a refugee in 1940 until his death in 1948, the exhibition showcases over 150 collages, often incorporated fragments from packaging and newspapers, as well as sculptures and paintings. Schwitters invented the concept of Merz, ‘the combination, for artistic purposes of all conceivable materials’, and pioneered use of found objects and everyday materials in abstract collage, installation, poetry and performance. His work has influenced later British artists such as Richard HamiltonEduardo Paolozzi and Damien Hirst

Schwitters was forced to flee Germany in 1937, when his work was condemned as ‘degenerate’ by Nazi government and first settled in Norway for  three years. He escaped to Britain in 1940 after the Nazi occupation of Norway but had been detained as an enemy alien until his release in 1941. Then he became involved with the London art scene, engaging with British artists and critics such as Ben Nicholson and Herbert Read. In 1945 Schwitters relocated to the Lake District, and began to incorporate natural objects into his work. The move also culminated in the creation of his sculpture and installation, the Merz Barn, a continuation of his Hanover architectural construction MerzbauThe exhibition ends with commissions by artists Adam Chodzko and Laure Prouvost made in collaboration with Grizedale Arts to explore the Schwitters’ legacy.

Schwitters work using muted colours is rather understated and somehow gloomy, probably reflected the atmosphere of the war time and his life experience as a refugee. Completely oposite to the ambience of the Lichtenstein exhibition. He must be a great artist and a pioneer of modern art, and probably many people love the exhibition, but I don’t feel anything by looking at his famous collages, though I like his conventional portraits and landscape paintings (such as in FT and Guardian). His work is just not my cup of tea…

→See more photos: Guardian

Advertisements

Gerhard Richter: Panorama @ Tate Modern

テート・モダンの展覧会「Gerhard Richter: Panorama」(10月6日〜翌年1月8日)を観に行った。ドイツ人画家のゲルハルト・リヒターのこの大規模回顧展では、60年代に始まった50年近いキャリアの中から、写真を元に描いた具象画、スクイージーを用いて描いた抽象画、ポートレート、風景画、歴史的事件がモチーフの絵画、そしてガラスや鏡を使った作品、ドローイング、写真など、多様な技術とアイデアを用いたバラエティに溢れる作品を集めている。

リヒターは、多くの相反する作品を創り続けている。モノクロやグレーの抽象画に対し、色を多用した作品。丁寧かつ秩序だった落ち着いた作品に対し、自由でのびのびした筆遣いのもの。感情を抑制した静物画や印象派を思わせる美しい風景画、家族を描いた繊細な肖像画に対し、ナチスドイツ時代の家族のポートレートや、ドイツ赤軍(バーダー・マインホフ)メンバーの刑務所でのミステリアスな最後の死に顔、そしてアメリカ同時多発テロ事件など衝撃的な歴史的事件。カラーストライプを描いたシャープな作品(参考写真)は別として、カラフルな抽象画は好みではないけれど、感情や意見を声高に押し付けてこない、繊細な筆致で描かれた美しい写真のような具象画には、とても心動かされる。今年秋イチオシの展覧会です。

→参考記事:テレグラフインディペンデントファイナンシャルタイムズ

We went to see the Tate Modern’s new exhibition “Gerhard Richter: Panorama” (October 6 – January 8, 2012). This major retrospective of the German artist gathers a diverse range of Richter’s works with various techniques and ideas throughout his nearly 50-year of career since 1960s, including realistic paintings based on photographs, colourful and monochrome abstractions such as the squeegee paintings, portraits, landscapes and paintings of historical events, as well as glass constructions, mirrors, drawings and photographs.

Richter has produced many different kinds of works, which are often contradicted each other: monochrome grey works vs. multicoloured abstracts; well exercised and ordered realistic paintings vs. abstracts with unpredictable and free flow of blush strokes; impersonal still-life, impressionistic landscapes and delicate portraits vs. emotion provoking historical subjects such as family portraits under Nazi Germany, ‘mysterious’ deaths of the Baader Meinhof group at the jail, and 9/11 terrorist attacks. I am not a big fan of his colourful abstract paintings, except monochrome ones and color stripes such as this), but I was very moved with his photorealistic paintings with subtlety and tranquil beauty with delicate brush strokes, without screaming out his opinions and emotions. Very impressive, and must-see exhibition of this fall – highly recommended.

→ Related articles: Telegraph, IndependentFinancial Times

Barn [Scheune], 1984  (scanned image from Tate postcard)

Demo, 1977  (scanned image from Tate postcard)

Candle [Kerze], 1982 (scanned image from Tate postcard)

Seascape (Sea-Sea) [Seestück (See-See)] , 1970  (scanned image from Tate postcard)

Dieter Rams Exhibition @ Design Museum

デザイン・ミュージアムで、3月9日まで開催中の「Dieter Rams」展を見てきた。ドイツ人プロダクトデザイナーであるDieter Rams(ディーター・ラムス)は、20世紀後半で最も影響力のあるインダストリアルデザイナーの一人に数えられる。ラムスは1955年に独・家電メーカーのブラウン社に入社。1961年にデザインのチーフ・デザイナーに就任し、1998年の定年まで40年以上に渡って500以上の製品をデザイン・監修した。シンプルだけれどもエレガントで、機能的な彼のデザインは、インダストリアルデザインにおける「機能主義」派に分類される。

この展覧会では、ラムスの手がけたブラウン社と家具メーカーのVitsœ社の製品とともに、アップル社や無印良品、深澤直人等、彼の影響を受けた、現代のデザインも展示されている。簡潔で無駄がなく、気をてらわないラムスのデザインは、時が経っても飽きがこないから、壊れるまで安心して使える。自己主張しすぎず、他の製品ともしっくりくる。これぞプロダクトデザインの鑑。展示スペースもすっきりとモダンにデザインされており、なかなか見応えのあるデザイン展だ。

I saw the Dieter Rams exhibition (until March 09) at the Design Museum. The German product designer Dieter Rams is one of the most influential industrial designers of the late 20th century. Rams joined the German consumer electronics manufacturer Braun in 1955, where he became chief of design in 1961. He had designed and supervised more than 500 products in over 40 years, until his retirement in 1998. His design, simple but elegant and functional, is categorized as the Functionalist school of industrial design. The exhibition presents Rams’ landmark designs for Braun and furniture manufacturer Vitsœ, as well as his influence on today’s design such as products by Apple and Muji.

Rams design is clean, straightforward, and enduring, so we can use it until it gets broken, without getting tired of it. It doesn’t scream out for an attention, and fits to anything, anywhere. This is a model product design. The exhibition space is well organized and nicely designed – it is worth a visit if you like modernism.

Reblog this post [with Zemanta]

Design Real @ Serpentine Gallery

Design Real(デザイン・リアル)」は、サーペンタイン・ギャラリー初のデザインをテーマにした展覧会。ドイツ人プロダクト・デザイナーKonstantin Grcicコンスタンチン・グルチッチ)に展覧会のオーガナイズを依頼、この10年間に大量生産された、日常生活の中で使用されている、「リアル」で実用性のある、優れたデザインの製品43点が集められた。家具や家庭用品から技術的製品・産業機器までを網羅した展示品43点のうち、深澤直人加湿器安積伸メガフォン京セラのナイフDaiwaのルアー、タタメット、ヤマハのEZ-TP、三宅一生のA-POCの7点が日本の製品だ。

これらのアイテムの配置・展示方法も、グルチッチが担当。デザイナーらしい、ユニークな展示も特徴だ。通常の展覧会と異なり、展示品には、椅子、ベッド、ほうき等のカテゴリー以外、商品名を含めていっさい説明はない。展示品について知りたければ、無料展示ガイド(下の写真の「Design Real」と書いてある紙の裏)の作品リストの他、ベンチ代わりとなる砂袋が円形に積まれたギャラリー中央の部屋に設置されたアマゾン・キンドル(電子ブックリーダー)から、展覧会専用のウェブサイトwww.design-real.comにアクセスすれば、詳細を知ることができる。

普段見過ごしがちな、日常生活の中のデザインを取り上げるというコンセプトは、アート専門のギャラリーとしては画期的なのだろうが、デザイン・ミュージアムあたりが企画しそうな展覧会で、デザイン界では目新しいものではない。また43点と言う展示品数も、見終わった後にこれだけ?という感が否めず、大規模デザイン・ショップの方がより充実してるんじゃないかと思う。色々な種類の製品を一個一個展示するより、一つのカテゴリーに絞って、例えば、世界から良いデザインの椅子を一堂に集める、という企画の方が面白いんじゃないだろうか。ちょっと批判的になってしまったが、展覧会のウェブサイトは、よくできていると思う。白と黒のシンプルなデザインもスタイリッシュだし、知りたい製品をクリックすると、製品説明、会社説明、デザイン、歴史等、情報が盛りだくさんで、ゆっくり時間をかけて見てみたくなるウェブサイトに仕上がっている。

Design Real is the Serpentine Gallery’s first exhibition dedicated to design. The gallery invited German product designer Konstantin Grcic to curate this exhibition of contemporary product design. The exhibition presents a total of 43 ‘real’ items produced in the last decade: a wide range of mass-produced products that have a practical function in everyday life, from furniture and household products to technical and industrial innovations.

Grcic was also in charge of the gallery space and his unique exhibition style is worth to mention. There is no information about the product whatsoever except its category, such as chair, broom, and bed, – no product name, no explanation, nothing. If you want to know more than that, a piece of free exhibition information (printed “Design Real” in the photo below) can give you very basic information such as product name, designer, manufacturer, or you can access its dedicated internet site www.design-real.com via Amazon Kindles, sitting on the sandbags piling up in circle in the dark room in the center of the gallery.

The concept of exhibition, to focus on the design of everyday life objects maybe groundbreaking for an art gallery, but it is common project that place like Design Museum would plan or have planned already, and nothing new to the design world. Though Serpentine is a small gallery but still only 43 items barely fill up the space and we were like “that’s it??” after we saw everything –a large design shop may do a better job than this exhibition. Maybe they should have focused on one category instead of presenting so many categories of products: for example, to show 43 well-designed chairs from all over the world would be more impressing. However, I have to admit that their website is well-done – black and white simple but sophisticated interface design, and its abundant information about the items, manufacturers, designs, histories are well worth to take time to explore.

Reblog this post [with Zemanta]