Tag Archives: ナイフ

“Change” Anti-Knife Carrying Campaign by Ben Eine @ Old Street

以前、「Alphabet Graffiti」について取り上げたグラフィティ/ストリート・アーティスト、Ben Eineベン・アイン)の作品「Change」が今年9月に、オールド・ストリート駅の西に登場した。これは2006年9月に、背中を20回以上も刺されて殺された若者・Tom-Louis Eastonくんの家族と友人が設立した慈善団体「Flavasum Trust」が、「anti-knife carrying campaign(ナイフ携帯反対キャンペーン)」のために委託した作品。イズリントン・カウンシル(区役所)は、この作品を1年間以内に限って残す事を許可し、ベン・アインは無償でこの仕事を引き受けたそうだ。

An graffiti/street artist, whom I wrote his work “Alphabet Graffiti” a while ago, Ben Eine‘s work “Change” appeared in last September on the west of Old Street station .  This is a commission for “anti-knife carrying campaign” by the Flavasum Trust, a charity set-up by the friends and family of Tom-Louis Easton, a young musician who was stabbed in the back over 20 times to death in September 2006. Islington Council has given permission for the work to stay up for a year, and Ben did the work for free.

ガーディアン紙の記事によると、イギリスの若者の死のうち40%はナイフによるものだそうだ。その数は、ヨーロッパの中ではドイツやスロベニアなどと並んで低いらしいけれど、近年、ギャング・メンバーや不良少年たちが「護身用」としてナイフを持ち歩き、ギャング間で抗争を起こしたり、時に一般人も殺めたりして問題となっている。

According to the Guardian’s article, knives were used in almost 4 out of 10 killings of British youths. Although its number is one of the lowest knife death rates in Europe along with Germany and Slovenia, some of young people become gang members to give them status and carry a knife for a sense of security, resulting in murders during a gang war and occasionally invovling a stranger.

2007年12月、人通りの多いエンジェル駅の近くで昼2時30分頃、「ガンをつけた」とギャング・メンバーにいちゃもんをつけられ、公衆の面前で刺殺された16歳の少年・Nassirudeen Osaweくんが描かれたグラフィティ(関連記事1/2)。事件現場そばで撮影。

A graffiti of 16-year old boy Nassirudeen Osawe, who stabbed to death by a group of gang members for ‘dirty look’ at them, in front of many shoppers and passerby near busy Angel station around 2:30 pm in December 2007 (related article 1/2). Photo taken near the crime scene.

Enhanced by Zemanta
Advertisements

Design Real @ Serpentine Gallery

Design Real(デザイン・リアル)」は、サーペンタイン・ギャラリー初のデザインをテーマにした展覧会。ドイツ人プロダクト・デザイナーKonstantin Grcicコンスタンチン・グルチッチ)に展覧会のオーガナイズを依頼、この10年間に大量生産された、日常生活の中で使用されている、「リアル」で実用性のある、優れたデザインの製品43点が集められた。家具や家庭用品から技術的製品・産業機器までを網羅した展示品43点のうち、深澤直人加湿器安積伸メガフォン京セラのナイフDaiwaのルアー、タタメット、ヤマハのEZ-TP、三宅一生のA-POCの7点が日本の製品だ。

これらのアイテムの配置・展示方法も、グルチッチが担当。デザイナーらしい、ユニークな展示も特徴だ。通常の展覧会と異なり、展示品には、椅子、ベッド、ほうき等のカテゴリー以外、商品名を含めていっさい説明はない。展示品について知りたければ、無料展示ガイド(下の写真の「Design Real」と書いてある紙の裏)の作品リストの他、ベンチ代わりとなる砂袋が円形に積まれたギャラリー中央の部屋に設置されたアマゾン・キンドル(電子ブックリーダー)から、展覧会専用のウェブサイトwww.design-real.comにアクセスすれば、詳細を知ることができる。

普段見過ごしがちな、日常生活の中のデザインを取り上げるというコンセプトは、アート専門のギャラリーとしては画期的なのだろうが、デザイン・ミュージアムあたりが企画しそうな展覧会で、デザイン界では目新しいものではない。また43点と言う展示品数も、見終わった後にこれだけ?という感が否めず、大規模デザイン・ショップの方がより充実してるんじゃないかと思う。色々な種類の製品を一個一個展示するより、一つのカテゴリーに絞って、例えば、世界から良いデザインの椅子を一堂に集める、という企画の方が面白いんじゃないだろうか。ちょっと批判的になってしまったが、展覧会のウェブサイトは、よくできていると思う。白と黒のシンプルなデザインもスタイリッシュだし、知りたい製品をクリックすると、製品説明、会社説明、デザイン、歴史等、情報が盛りだくさんで、ゆっくり時間をかけて見てみたくなるウェブサイトに仕上がっている。

Design Real is the Serpentine Gallery’s first exhibition dedicated to design. The gallery invited German product designer Konstantin Grcic to curate this exhibition of contemporary product design. The exhibition presents a total of 43 ‘real’ items produced in the last decade: a wide range of mass-produced products that have a practical function in everyday life, from furniture and household products to technical and industrial innovations.

Grcic was also in charge of the gallery space and his unique exhibition style is worth to mention. There is no information about the product whatsoever except its category, such as chair, broom, and bed, – no product name, no explanation, nothing. If you want to know more than that, a piece of free exhibition information (printed “Design Real” in the photo below) can give you very basic information such as product name, designer, manufacturer, or you can access its dedicated internet site www.design-real.com via Amazon Kindles, sitting on the sandbags piling up in circle in the dark room in the center of the gallery.

The concept of exhibition, to focus on the design of everyday life objects maybe groundbreaking for an art gallery, but it is common project that place like Design Museum would plan or have planned already, and nothing new to the design world. Though Serpentine is a small gallery but still only 43 items barely fill up the space and we were like “that’s it??” after we saw everything –a large design shop may do a better job than this exhibition. Maybe they should have focused on one category instead of presenting so many categories of products: for example, to show 43 well-designed chairs from all over the world would be more impressing. However, I have to admit that their website is well-done – black and white simple but sophisticated interface design, and its abundant information about the items, manufacturers, designs, histories are well worth to take time to explore.

Reblog this post [with Zemanta]