Tag Archives: ナチス

Schwitters in Britain @ Tate Britain

Tate Britainで開催中のSchwitters in Britain (1月30日〜5月12日)は、ダダイスム構成主義シュルレアリスムなど近代芸術運動で活躍し、詩、サウンド、絵画、彫刻、グラフィック・デザイン、タイポグラフィ、そして後にインスタレーションと呼ばれる様々な手法を用いたヨーロッパ・モダニズムの巨匠でドイツ人アーティスト、Kurt Schwittersクルト・シュヴィッタース)の展覧会。Schwitters in Britain展では、戦争避難民として1940年にイギリスに到着してから1948年の彼の死まで、イギリスで活動していた期間の作品を主に、商品パッケージや新聞の切れ端などありふれた素材を使った150以上のコラージュや、彫刻作品、絵画などが展示されている。シュヴィッタースは、芸術目的のため、想像しうる全ての物を組み合わせる「メルツ」という概念を生み出し、found object(偶然見つけたもの)や日常生活の中にあるものを抽象的コラージュ、インスタレーション、詩、パフォーマンスに用いるスタイルを確立。彼の作品は、リチャード・ハミルトンエドゥアルド・パオロッツィダミアン・ハーストなど、後のイギリス人アーティスト達にも大きな影響を与えた。

シュヴィッタースは、自身の作品がナチス政府に「退廃芸術」との烙印を押されたことにより、1937年にドイツを離れ、最初の3年は息子が居たノルウェーに滞在。ナチスのノルウェー占領を機に、1940年にイギリスに渡ったが、敵国国民として1941年に解放されるまで各地の収容所で過ごした。その後、ロンドンのアート界で活躍、イギリス人アーティストや美術批評家と交流を深めた。1945年に湖水地方に移住、自然の素材を作品に使い始めた。また、出身地・ハノーファーで作り上げた建築的大規模構成作品・Merzbau(メルツ建築/メルツバウ)と呼ばれる作品の一環として、ここでもMerz Barn(メルツ小屋、物置)を制作した。展覧会は、シュヴィッタースの遺志を受け継いで、アーティスト・Adam ChodzkoとLaure Prouvostが制作した委託作品で締めくくられている。

戦時のムードや彼の避難民としての経験を反映してか、シュヴィッタースの抑えた色調の作品は、控えめで少し陰鬱な印象で、先日書いたリキテンスタイン展とは正反対。多くの人は、偉大なアーティストでモダンアートのパイオニアであるシュヴィッタースの作品に感銘を受けているのであろうが、私は何故か彼の有名なコラージュ作品群を見ても何とも感じないのだ。彼の正統派作品のポートレートや風景画(参照:FT / Guardian)は悪くないのだが、ただ単に私の好みじゃないのですよ。。。

→展覧会の写真:Guardian

Schwitters in Britain (January 30 – May 12) at Tate Britain is the major exhibition to examine the late work of German artist Kurt Schwitters, one of the major artists of European Modernism, who worked in several genres and media including DadaConstructivismSurrealism, poetry, sound, painting, sculpture, graphic designtypography and installation art. Focusing on his British period from his arrival in Britain as a refugee in 1940 until his death in 1948, the exhibition showcases over 150 collages, often incorporated fragments from packaging and newspapers, as well as sculptures and paintings. Schwitters invented the concept of Merz, ‘the combination, for artistic purposes of all conceivable materials’, and pioneered use of found objects and everyday materials in abstract collage, installation, poetry and performance. His work has influenced later British artists such as Richard HamiltonEduardo Paolozzi and Damien Hirst

Schwitters was forced to flee Germany in 1937, when his work was condemned as ‘degenerate’ by Nazi government and first settled in Norway for  three years. He escaped to Britain in 1940 after the Nazi occupation of Norway but had been detained as an enemy alien until his release in 1941. Then he became involved with the London art scene, engaging with British artists and critics such as Ben Nicholson and Herbert Read. In 1945 Schwitters relocated to the Lake District, and began to incorporate natural objects into his work. The move also culminated in the creation of his sculpture and installation, the Merz Barn, a continuation of his Hanover architectural construction MerzbauThe exhibition ends with commissions by artists Adam Chodzko and Laure Prouvost made in collaboration with Grizedale Arts to explore the Schwitters’ legacy.

Schwitters work using muted colours is rather understated and somehow gloomy, probably reflected the atmosphere of the war time and his life experience as a refugee. Completely oposite to the ambience of the Lichtenstein exhibition. He must be a great artist and a pioneer of modern art, and probably many people love the exhibition, but I don’t feel anything by looking at his famous collages, though I like his conventional portraits and landscape paintings (such as in FT and Guardian). His work is just not my cup of tea…

→See more photos: Guardian

Advertisements

Migrations: Journeys into British Art @ Tate Britain

テート・ブリテンで1月31日から開催中の展覧会「Migrations: Journeys into British Art」(8月12日まで)に行った。イギリスにおける交通、政治、経済の発展は、多くの外国人アーティストたちを惹き付けてきた。この展覧会は、1500年代から現在まで、これらの「migrant(移住)」アーティストたちがイギリスのアート界に及ぼした影響を探求している。

16世紀に宗教改革八十年戦争等の混乱を避けてイギリスに移り住んだ、フランドルやオランダの風景・静物画家は、新しいスタイルの肖像画法をもたらし、北ヨーロッパからやってきた17世紀アーティストたちは、海や風景画といった新しい絵画のジャンルを導入した。18世紀には、イタリアで学び新古典主義を確立した様々な国のアーティストたちがロンドンに定住、1768年のRoyal Academy of Arts(ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツ)設立にも貢献した。19世紀には、多くのイギリス人や、ジェームズ・マクニール・ホイッスラーといったアメリカ人アーティストが、パリでアートを学んだが、その後彼らはパトロンを求めてロンドンに移り住んだ。また同時に、普仏戦争から逃がれてきたフランス人アーティストたちも多かった。20世紀初期には、ユダヤ人アーティストやユダヤのアートが話題を呼び、1930〜40年代には、モンドリアンモホリ=ナジ・ラースローナウム・ガボなど、ナチスドイツを逃れてヨーロッパ中からやってきた人々がモダニズム主義を持ち込んだ。50〜60年代には旧植民地の国々からアートを学びにやってきたアーティストたちがモダニズムに傾倒、概念的アプローチを取り、カウンターカルチャーの一翼を担った。80年代はBlack Audio Film Collectiveなど、移民のバックグラウンドを持つアーティストたちが、アートを通して、人種的マイノリティとしての自分と、イギリス人としてのアイデンティティの模索を行った。Zineb SediraSteve McQueen(俳優のスティーブ・マックィーンと同姓同名のイギリス人アーティスト/映画監督)といった現代アーティストたちは、映像を使って現実をドキュメントし、またそのリアリティに疑問を投げかけている。

500年間に渡って、違う文化を持つアーティストたちとの交流によって形作られてきたイギリスのアートの変遷と、その背景にあるイギリス・世界の歴史を知ることができる面白い展覧会だと思うが、テートにしては、ちょっと小粒というかインパクトがないというか、あまり心に残らないのが残念。

写真:ガーディアン紙フォトギャラリー

We saw a Tate Britain‘s exhibition, Migrations: Journeys into British Art (January 31 –  August 12). Developments in transport, artistic institutions, politics and economics have attracted artists to come to Britain, and the exhibition exploring how British art has been shaped by migrant artists from abroad from 1500 to the present day.

In the 16th century, Flemish and Dutch landscape and still-life painters  including Anthony van Dyck, came to Britain through moments of political and religious unrest and  introduced a new style of portraiture. 17th century European migrants brought new genre, such as marine and landscape painting, to UK. During the 18th century, artists from different countries who studied in Italy and developed a neoclassical style, settled in London and contributed in founding of the Royal Academy of Arts in 1768. Many 19th-century British and American artists, such as Whistler, studied in Paris and established themselves in London for patronage, as well as French artists who also escaped the Franco-Prussian war and its political aftermath. In the early 20th century, Jewish artists and Jewish art were explored in Britain. In the 1930-40s, European artists such asMondrian, Naum Gabo and Laszlo Maholy-Nagy, escaped from Nazi Germany and brought modernist principles. In the 50-60s, artists from the Commonwealth countries came to study and engaged with modernism. They took a conceptual approach and became a part of a counterculture. In the 80s, British artists of immigrant backgrounds, such as the Black Audio Film Collective, explored race and national identity. Present time contemporary artists, including Zineb Sedira and Steve McQueen, use moving image for both documenting and questioning reality,

Migrations is an interesting exhibition, showing us the development of British art over 500 years, interacting with people from different cultures from time to time, as well as a bit of British and world history. But it lacks of punch in some way, and didn’t give me something that remains in my heart.

→more photos: Guardian photo gallery

Miroslaw Balka: How It is @ Tate Modern

Miroslaw Balka: What It Is?Miroslaw Balka: What It Is?

13日にテート・モダンで始まった 、ユニリーバ・シリーズ(The Unilever Series)の今年の作品、「How It Is」。ユニリーバ・シリーズは、毎年違うアーティストに作品を依頼し、テート・モダンのTurbine Hall(タービン・ホール)を作品の場として提供。毎回、趣向の違う大型作品は、メディアの話題を呼ぶ。How It Isは、生と死、戦争を主なテーマとするポーランド人アーティスト、ミロスワフ・バウカ(Mirosław Bałka)の作品で、ホールの真ん中に、ナチス・ドイツがユダヤ人を収容所に送る貨物車またはガス室を彷彿させる、圧倒的な存在感のある巨大な真っ黒い鉄製のコンテナがそびえる。長いスロープを上がって中に入ると中は真っ暗。方向感覚が麻痺し、無力感や、訳の分からない恐れや不安を感じる。しかし収容所やガス室に送られたユダヤ人たちが感じた恐怖は、ただのアート作品で安全な場だと知っている私たちの感じるものとは比べ物にならない程大きかったろう。コンテナから出る時、入口からの明かりと人々のシルエットが何とも幻想的だった。問題は、訪れた人々が携帯の明かりでうろうろしているのが目障りだったこと。ガーディアン紙等の批評家の意見も同様で、作品は良いが来訪者の行いが問題。特に遠足だかで来る子供や学生のグループは走り回ったり叫んだりと、アート作品が台無しだったとのこと。私が行った時は大人がほとんどだったので、コンテナ内は静かだったから良かったけれど。

コンテナは、もっと奥深いかと思っていたら、突然真っ黒のベルベットで覆われた壁に当たりそうになった。全く気づかなかった。こんなんで安全面は大丈夫かと思っていたら、案の定、既に一人、壁にぶつかってけがした人がいるそうだ。テート・モダンによると、初日に訪れた約1万2500人のうちの1人しか怪我しなかったんだから、危険性は低いと言うが、子供が中で走り回ったりしたら、壁や人にぶつかったりと、かなり危ないんじゃないかと思う。テート・モダンでは、Robert Morrisの「Bodyspacemontionthings」Carsten Höllerの巨大な滑り台Doris Salcedoのホールを縦断する割れ目など、過去にもけが人が出ている作品もある。安全面を考慮して明かりをつけたら意味がなくなるし、かといって放置しておくと後何人けが人が出るかも分からない。さて、テート・モダンはどんな対策をとるのか(それとも取らないのか)。

This year’s Unilever Series at Tate Modern, started from October 13, is “How It Is” by Polish artist Mirosław Bałka. Every year, the Unilever Series commissions an artist to make a work of art exclusively for Tate Modern’s Turbine Hall, and its large scale unique artworks often grab media attention. Balka’s How It Is is a terrifying gigantic black steel container, resemble to a freight train for carrying Jewish to a Nazi concentration camp or a gas chamber, stays in the middle of the hall. Going up the long slope, you enter into a empty dark space. The darkness gives us a sense of loosing direction, helplessness or unexplainable anxiety. But you know you are inside the artwork, and you are safe – our fear is nothing compare to the Jewish who were sent to a dreadful concentration camp during WWII. The view from the inside of the container, when I was walking toward the exit, was pretty striking with black silhouettes of the people, and gave me a great sense of relief from the brief frightening uncertainty. Yes the artwork is thoughtful and awesome, but the people are the problem. The glow of the mobile phones ruined the purpose of the artwork and annoyed me. The Guardian art critique especially complained about a gang of kids in a school trip screaming and laughing, running all over the place, completely spoiled the artwork. Thank God, there were no kids but discreet adults only when I went there.

I thought the container was much bigger, and I almost hit myself to the wall covered with soft velvet – I never noticed I was so close to the end of the space. I was wondering if it was safe for everyone, and just I expected, someone got injured by bumping into the wall on the very first day. According to the Tate Modern, only one person out of 12,5000 people visited on the day got injured and it is still pretty safe. But it could be highly possible that hyperactive kids run around in the dark and hit others or walls. There were some incidents of injury in the Tate exhibition in the past, such as Robert Morris’ Bodyspacemontionthings,  Carsten Höller’s giant stainless steel slides and a long crack running the length of the hall by Doris Salcedo. It must be a big dilemma for the museum, to choose safety or to respect the art’s sake – what Tate Modern is going to do (or do nothing)?

Miroslaw Balka: What It Is?

Reblog this post [with Zemanta]