Tag Archives: ノッティング・ヒル

Granger & Co @ Westbourne Grove

Museum of Brands, Packaging and Advertisingに行った時にランチした、 Granger & CO。オーストラリアのセレブシェフ・Bill Grangerビル・グレンジャー)が昨年、ノッティング・ヒルのWestbourne Grove(ウェストボーン・グローヴ)にオープンさせた。1993年のシドニーのbills一号店を皮切りに、現在オーストラリアに3店、日本(神奈川・東京)に4店を展開、Granger & COはイギリス第一号店となる。グレンジャーは数年前にロンドンに移住。イギリスのTV番組に出演したり、レシピ本も9冊(日本では2冊)出版しているそう。

ライトウッドを基調にレモンイエローの椅子を配し、気取らずセンスよくまとめた今どきのインテリア。現在快進撃中のダウンアンダー系(オーストラリア・ニュージーランド)カフェ&レストランと同じく、カジュアルダイニングを提供するGranger & COも人気。予約不可なので、混雑する時間帯は待ち時間も長いという。All Day Diningでいつでも食事できるので、ランチとディナーの間のお茶タイムがリラックスできてお薦め(ランチは5時までいただける)。新鮮で良質な材料を使い、ありきたりに見えるメニューもちょっとひねりが利いていて、味は上々。ポッシュなエリアのせいか、値段はランチでも一皿10ポンド超とお高めだけれど、ボリュームがあるのでお腹は充分満たされる。

We had lunch at Granger & CO, when we went to Museum of Brands, Packaging and Advertising. This is the UK’s first venue of an Australian celeb chef & restauranteur Bill Granger. He set up his first restaurant in in Sydney in 1993, and now he has total of eight venues in the world: one in London, three in Australia, and four in Japan. He also published 9 cook books, and appeared on British TV after moving to London a couple of years ago.

The restaurant is spacious and bright, finished in trendy style of ‘casual-chic’ with light woods x lemon yellow chairs. Like other down-under (Aussie & Kiwi) eateries, Granger & CO is popular, offering good casual dining. There may be a queue during busy time, as they don’t accept reservation – now many newcomers of this kind has no bookings policy that often makes food critiques mad. It offers all-day dining and lunch is served until 5pm, so between lunch and dinner time would be the best time to go for relaxing atmosphere. Their dishes are easy to understand, unlike other down-under fellows Caravan and St. Ali, but have a bit of twists with ingredients and condiments that make their food different from other restaurants. Reflecting the posh area of Notting Hill, dining costs more than Shoreditch, with a casual lunch dish costs over £10. But the dish, using good quality fresh ingredients, is big enough to give my stomach a satisfaction.

ラム肉ミートボールのトマト&タマリンドソースあえ(左 / £10.50)とセサミチキン、ベーコン、アボカドマヨネーズのサンドイッチ(右 / £10.50)/ lamb meatballs with tomato & tamarind (left, £12.50) and Sesame chicken sandwich with bacon & avocado mayonnaise (right £10.50)

Museum of Brands, Packaging and Advertising @ Notting Hill

ノッティング・ヒルにあるMuseum of Brands, Packaging and Advertising(ブランド・パッケージ・広告博物館)に行った。この博物館には、ビクトリア朝から現代まで、Robert Opie Collection(ロバート・オピー・コレクション)所蔵の日用品や食料品等1万2,000点以上の品物が展示されている。

オピー氏は、16歳だった1963年に、タバコやコーンフレークの箱など様々な商品パッケージの収集を始めた。現在そのコレクションはパッケージのみならず、瓶、ラベル、広告やプロモーション用品、おもちゃやゲーム、旅行、交通、レジャー、娯楽に関するアイテム、漫画、雑誌、新聞、土産物、ポストカード、歌詞カード、ポスター、パンフレット等々、日常生活に存在するありとあらゆるもの50万点以上と膨大な数になるそう。時系列になっている展示室に並べられたこれらの品々から、イギリスの消費生活とその変遷が垣間みられる。

私のような外国人をもノスタルジーを感じさせる、非常に興味深いコレクションだけれど、とにかく狭い。こんなにたくさんの品々が、小さく薄暗い部屋にぎゅうぎゅうに詰められているのは、本当に残念。もっと明るく広々としたスペースで、1点1点じっくり眺めたいと思う。

I went to the Museum of Brands, Packaging and Advertising in Notting Hill. This tiny museum features over 12,000 original household products and food package, from Victorian times to the present day, from the Robert Opie Collection.

Mr. Opie started to gather contemporary packaging from cereal boxes to cigarette packs, when he was 16 in 1963. Since then the collection has expanded and now  contains over 500,000 items – not only packaging but also anything seen in everyday life; bottles, labels, signs, promotional and advertising material as well as toys, games, travel, transport, leisure, entertainment, comics magazines, newspapers, souvenirs, and ephemera such as postcards, song sheets, posters and brochures. By walking thorough the exhibition rooms in chronological order, you can observe daily life in Britain and its change over decades.

Impressive collection that make even a foreigner like me nostalgic, but the museum is so stuffy – too much things in such a tiny and dark space. I felt a bit dizzy and claustrophobic at the end… I wish I can see those items up close in more relaxing and generous space!

エリザベス女王のダイアモンド・ジュビリー(戴冠60周年)記念商品の数々 / Queen’s Diamond Jubilee products

Modernist T-Towels: Kensal Green and Trellick Tower

コヴェント・ガーデンにあるLondon Transport Museum(交通博物館)で買った、「People Will Always Need Plates」のModernist T-Towelsティー・タオル)。デザインが素敵なので買ったから、お皿拭きには使わない。イギリス製でコットン100%のこのティー・タオルは、スクリーン印刷の鮮やかなカラーで、Trellick Towerトレリック・タワー)とKensal Green(ケンサル・グリーン)の街並がデザインされている。ほかの図柄も欲しかったのだけれど、9種類あるモダニスト・デザインコレクションのうち、この2種類しか売っていなかった。ノッティング・ヒルの北にあるトレリック・タワーは、1972年に完成したロンドンを代表するモダン建築で、建築家・Ernő Goldfinger(エルノ・ゴールドフィンガー)によって設計された、ブルータリズム様式の公共住宅。ロンドン北西部に位置するケンサル・グリーンは、これと言った特徴のあるエリアではないけれど、クイーンのフレディ・マーキュリーが火葬された場所で、著名人が多く眠るKensal Green Cemeteryがある。

I bought these Modernist T-Towels (Tea Towels) by People Will Always Need Plates at London Transport Museum in Covent Garden. The 100% cotton tea towels is proudly made in UK, and feature Trellick Tower and houses in Kensal Green in rich screen-printed colours. I got them for its design, so I won’t use them for drying dishes. I wanted to buy other design as well, but the shop had only these two design among 9 modernist design collection. Trellick Tower is a 31-storey block of public housing in north of Notting Hill, designed in the Brutalist style by architect Ernő Goldfinger and completed in 1972. Kensal Green on northwest London is not exciting area, but there is the Kensal Green Cemetery which is one of the finest Cemeteries in London and is known that Queen’s Freddie Mercury was cremated there.

ロンドンの交通の歴史を物語る、London Transport Museum。2005年からの改修工事の後、2007年11月にリニューアルオープンしたコヴェント・ガーデンの博物館のほかに、Acton(アクトン)にある Depot(倉庫)にもコレクションを展示している。ここのショップがなかなか、センスの良い品揃えを誇っている。買い物袋のデザインもモダンで、これを手に入れるために買い物したくなる。オンライン・ショップもあって、海外発送もしてくれる。コヴェント・ガーデンのど真ん中にあって交通の便もいいし、ロンドンに数多あるチープな店で粗悪品を買うぐらいなら、ロンドン土産はぜひここで。

London Transport Museum conserves and explains London’s transport heritage. The main museum in Covent Garden was reopened in November 2007 after two years of refurbishment. Its Acton Depot also holds the majority of the Museum’s collections which are not on display in the museum. The museum shop has a good selection of products, and its modern and stylish shopping bags is another reason to shop there. The museum has an online shop as well and delivers to worldwide (→details). The museum is located in the heart of Covent Garden, so grab London’s souvenirs there, rather than shopping trashes at cheap and ugly stores around London.

Reblog this post [with Zemanta]

Daylesford Organic Cafe @ Pimlico Road

Daylesford Organic Cafe @ Pimlico RoadDaylesford Organic Cafe @ Pimlico RoadChedder and Tomato Sandwich @Daylesford Organic Cafe

スローンスクエアを南下、エレガントなアンティーク・ストアやアート・ギャラリーの並ぶピムリコ・ロードにある、Daylesford Organic Cafe(デイルズフォード・オーガニック・カフェ)。デイルズフォード・オーガニックは、コッツウォルズ地方に農場と本店がある、オーガニック食料品店。コッツウォルズにある農園をはじめ、フランス・プロバンス地方にあるワイナリー等、自社所有の土地で生産・加工された製品を主に扱う。コッツウォルズにあるファームショップの他、ロンドンではセルフリッジズハーヴェイ・ニコルズに出店、ノッティング・ヒル(カフェ/ストア/レストラン)とピムリコ・ロード(カフェ/ストア)にも店舗を構える。ピムリコ・ロードのカフェの向かいにはガーデニング・フラワーショップもある。

外のテーブルは、近所に住む有閑マダムや上品な装いの女性、エレガントな老夫婦、仕立ての良さそうなスーツの男性が、ワインを片手に軽食をつついたり、午後のお茶を楽しんだりしている。エンジェルあたりのカフェにたむろしている人々とは全く別世界の人種だ。白や明るいベージュで仕上げた明るい店内は、地下1階・地上2階に分かれ、新鮮な肉類、ジャム、野菜等、農場直送のオーガニック食品で溢れている。入口のデリカウンターでは、パスタサラダや焼き菓子類が並び、買い物客の食欲を刺激する。しかし値段は、オーガニックだけあって高い。注文したチェダーチーズとトマトのサンドイッチで£7.95、直径5cm程度のイチジクの2口大のケーキでも£2.50する。でもお味の方は、値段負けしない美味しさだったので満足。

肉類やデリ食品もお高いので、手頃なオーガニックの牛乳と卵を購入した。生物分解性の詰め替え用プラスチックパックに入っている牛乳は、なかなか洒落たデザイン。エコロジーにも配慮した、優等生的姿勢である。美味しくてヘルシーな食べ物がいっぱいの素敵な店だけれど、しょせん庶民の手の届かないロンドン西部の富裕層のお店。常連は無理でも、たまにカフェでお茶でもして、豊かな気持ちになろう。

Go down to the south from Sloane Square and turn on the left on Pimlico Road, you will find Daylesford Organic Cafe, after going through classy antique stores and art galleries. Daylesford Organic, based in Cotswolds,  is an organic grocery store specialising in everything organic from their farms, estate, creamery, bakery and their own kitchen. Other than the Farmshop in Cotswolds, Gloucestershire, there are stores in Notting Hill (store/cafe/restaurant) and Pimlico Road (store/cafe), as well as Selfridges and Harvey Nichols in London. They also have the garden and flower shop across the cafe on Pimlico Road.

Outside in the cafe area, ladies in expensive outfits, an elegant old couple, and a gentleman in nice tailored suits were enjoying a charcuterie platter with a glass of wine, or a cup of tea with cakes – it is completely different kinds of people from ones hanging around some bars in Hoxton. The three-floored extensive store, decorated in white and light beige, was filled with fresh organic meats, vegetables and fruits, and organic products directly from their farms. A variety of dazzling salads, pastries and cakes was there to lure a shopper at the entrance. But you have to pay for these goodies and the price was high –  modest Cheddar cheese, tomato and chutney sandwich cost £7.95 and two-bites size tiny pastry with fig was £2.50. However, the cost worth it.

The products sold in the stores are normally costing the earth, so we just bought eggs and milk pouches. The milk in a biodegradable bags are elegant, ecological, and well designed. Impressive and mesmerizing store with beautiful foods – but unfortunately the grocery is only for privileged few.

Daylesford Organic Milk in Biodegradable package

Reblog this post [with Zemanta]