Tag Archives: バービカン・センター

fix Café @ Whitecross Street

バービカン・センターと、ロンドン交響楽団のコンサートホールとして使われているSt Luke’s Churchを結ぶ、Whitecross StreetとRoscoe Streetの角に昨年10月オープンしたカフェ・fix。元は、ブリックレーンやGoswell Roadに店舗を持っていたCoffee@という小規模カフェチェーンがあったところで(Coffee@は昨年始めに倒産したよう)、ミッドセンチュリー風でちょっと使い古された感じの、センスのいい家具と、天井の高い広々とした店内は、ランチタイムを過ぎているというのに、かなりの人で埋まっていた。近くで働くクリエーターたちなのか、ノート型パソコンやiphone等のアップルユーザーが多く、また男性率も高い(シングル女性は要チェック?)。ちなみにfixではWIFIが使える。

注文したパニーノ・サンドイッチは、きれいにトーストして、茶色の持ち帰り用紙製パッケージで出してくれ、味もパッケージも合格点。でも、有機栽培フェアトレード(公正取引)のエスプレッソは、ちょっと薄くて味も今イチ。それに、陶器製エスプレッソカップではなく、大きな紙製カップに入ってくるのも、Mにとっては痛いマイナスポイントだ。でも、The London Tea Companyのオーガニック+フェアトレードのアールグレイは美味しかった。

Café fix was opened last October on Whitecross Street, which connects Barbican Centre and St Luke’s Church (used as a concert hall by London Symphony Orchestra/LSO) , at the corner of Roscoe Street. The place is used to be Coffee@, a mini café chain in London (also on Brick Lane and Goswell Road as well), but the chain went into administration at the beginning of 2009. The spacious café with high ceiling, furnished in mid-century style used furniture, was quite full even after busy lunch time. There are many creator-like Mac users typing apple laptops and playing with iphones (WIFI is available at fix), and more men than women (single women must check it out!). Panino sandwich M ordered, toasted and served in a nice brown take-out paper box, was quite good. But their “organic fairtrade” espresso in a paper cup (which M hates) was watery and tasteless. But my organic+fairtradde Earl Grey tea by The London Tea Company was quite lovely.

ホワイトクロス・ストリートは、毎日ランチ時に、タイ料理やメキシカン等、食べ物の屋台が出るので、ランチを買いにくる近くのオフィスで働く人や近所の住民で賑わう。また木曜、金曜はフードマーケットが開かれている。その中の屋台の1つに、アメリカ・アトランタで行われた、2009年ワールド・バリスタ・チャンピオンシップ(The 2009 World Barista Championship)で優勝した、Gwilym Daviesの屋台もある(彼は花のマーケットで有名なColumbia Road marketにも出店)。いつか世界一の彼のコーヒーを飲んでみたいと思っているのだが、ランチ時は混むので避けているため、まだその機会がない。しかし、コーヒー屋台のオーナーがバリスタの世界チャンピオンなんて、すごいと思いませんか?

Whitecross street hosts a small food market every week day at lunch time and serves a variety of lunch such as Thai or Mexican etc. to the workers at nearby offices and neighbors. A larger food market is held on Thursdays and Fridays, and the street has occasional food festivals. One of the market stool is of  Gwilym Davies, who won the 2009 World Barista Championship (he also has a stool at Columbia Road market). I want to try his “world’s No.1” coffee, but we avoid busy lunch time and we haven’t tried it yet. But isn’t it cool that the coffee vendor on the small street in London is the world barista champion?!

Reblog this post [with Zemanta]

Robert Kusmirowski: Bunker @ Curve Art, Barbican Centre

バービカン・センターのCurve Artで開催中の、ポーランド人アーティスト・Robert Kusmirowskiの作品「Bunker(塹壕)」(9月30日〜1月10日、入場無料)を観た。1973年生まれのKusmirowskiは、戦争体験者ではないが、世界大戦や冷戦等、「過去」にこだわった作品を作り続けており、Bunkerは使われなくなった、第二次世界大戦中の塹壕を再現した作品。「Curve」という名の通り、ギャラリー全体がゆるやかにカーブしていて、先に何があるか見えないので、何が待ち構えているか分からないスリルを感じる。薄明かりの中、腐食した水道管やボイラー、錆びた発電機や古い機械類、古びた缶や食料、そしてサバイバルのための道具等の中を歩いていく。使われなくなった線路がギャラリー端から端まで貫いており、寝室やトイレ、交信室や事務室なども妙にリアルだ。年代が経っているような効果を出すため、彼の膨大なコレクションからの古い品物に加え、ゴミ捨て場や解体場等で見つけたオブジェを使用。塹壕を見学したり、写真書類等を調べて、細部にまでこだわって再現したそうだ。この空間にいると、タイムスリップし、戦時中の落ち着かない、常に死と隣り合わせの恐怖を感じ、不安になる。良くできた作品だけれど、長くいると気分が滅入る。

We went to see “Bunker” by Polish artist Robert Kusmirowski at Curve Art in Barbican Centre (Sep 30 to Jan 10, entrance free).  Bunker is an recreation of a disused WWII era bunker. Although Kusmirowski was born in 1973 and had never experienced World War II, he obsesses with the ‘past’ and have created installations based on WWII and the following cold war. As its name suggests,  Curve Art gallery doesn’t have any straight line, and I was thrilled as I couldn’t see what was waiting ahead. In dim light, we walked through corroded pipes and boilers, rusted generators, electrical gauges and other obsolete machines as well as old cans and survival supplies. Abandoned rail track runs through entire gallery, and bedroom and toilet, communication room look very real. In order to create decay and aging effects, Kusmirowski has used found objects from his own large collection, as well as items collected from junkyards and demolition sites. He visited existed bunkers and studied documents and photography to ensure that smallest details are realistic. In the gallery, I felt as if I had been transported through time to WWII period when people were constantly facing fear of death, and it made me nervous. Bunker is well-done artwork, but it is quite creepy.

Bunkerは、200以上のイベントを企画し、ポーランドの文化をイギリスに紹介する、「POLSKA! YEAR」の一環のアート作品。「POLSKA(ポルスカ)」は、ポーランドの国名で、野原を意味するそうだ。POLSKA! YEARは、2009年春から始まって、2010年まで続く。このブログを書くにあたって、初めてこのイベントの存在を知った。そう言えば、テート・モダンで開催中の「How It Is」も、ポーランド人アーティスト・ミロスワフ・バウカの作品だった。

2004年に東欧諸国10カ国が欧州連合(EU)に加盟してから、イギリスはアイルランドとともに、東欧の新加盟国からの移民を無制限に受け入れたので、ポーランドを中心に東欧からの移民が大量に流れ込み、現在ポーランド生まれのポーランド人は約50万人にものぼるという(古くからのポーランド系イギリス人を含むと約100万人)。ポーランドの食材店やバー等も見かけるし(でも何故かあんまりレストランは見かけない)、スーパーにもポーランド食品のコーナーもある。うちの近所にも、ポーランド人の教会があり、日曜のミサの後は、ここはポーランドか?と思う程たくさんのポーランド人が出てくる。近年の不況のせいで、人口流入のスピードはダウンしているというけれど、今でも年々たくさんのポーランド人がやってくる。働き者で知られた彼らの労働力や、彼らの購買力なしでは、イギリスはもう機能しないかもしれない。

Bunker is a part of POLSKA! YEAR in the UK, which comprises over 200 projects presenting the most interesting achievements of Polish culture to British public. ‘Polska’ is Poland in Polish, and is derived from the word Polanie or “people of the fields.” POLSKA! YEAR started in spring 2009 and continue through 2010. I have never heard of this event until I started to do a little research about this blog entry. I guess “How It Is” by Polish artist Mirosław Bałka at Tate Modern is also a part of it as well.

Since the 2004 EU enlargement, there has been an massive influx of migration from 10 new member states of former eastern bloc to UK and Ireland, due to its liberal immigration policies and restrictive policies adopted elsewhere, and Polish is the biggest in number among others. Currently the Polish-born population in the UK is around half a million, and the total of Polish British is estimated about 1 million. Now I see many Polish grocery stores and bars (but not many restaurants), and supermarkets has a large corner of Polish foods. There is a Polish church in our neighborhood, and the area looks like a Polish town after the Sunday mess. Although east European immigration levels falling due to the recent economic downturn, but still large number of Polish are coming every year. Polish are known as a hard worker and now are a big consumer power as well, and British economy may not function without them anymore.

Reblog this post [with Zemanta]

Steve Reich: Music for 18 Musicians @ Royal Festival Hall

Vodpod videos no longer available.

Vodpod videos no longer available.

10月31日(土)にRoyal Festival Hall(ロイヤル・フェスティバル・ホール)であったコンサート「Steve Reich: Music for 18 Musicians」に行ってきた。Mがスティーヴ・ライヒのファンで、2006年にもバービカン・センターでのコンサートに行ったのだが、彼はちょくちょくロンドンに来ているようで、時々コンサートの案内を見かける。

今回のコンサートでは、ロンドンに本拠を置く室内オーケストラ、London Sinfonietta(ロンドン・シンフォニエッタ)と共演。二人が手拍子で音楽を奏でる「クラッピング・ミュージック(手拍子の音楽)」、パット・メセニーのために作曲された「エレクトリック・カウンターポイント」、打楽器奏者4人と鍵盤楽器奏者2人が演奏する「六重奏曲(Sextet)」、そしてミニマル・ミュージックを代表する作曲家であるライヒの代表作の一つである「18人の音楽家のための音楽(Music for 18 Musicians)」の4曲が演奏された。私の勝手な感想(ライヒファンの方の気を害したらごめんなさい)。ライヒ本人が演奏したクラッピング・ミュージックは、フラメンコのミュージシャンの方が上手。エレクトリック・カウンターポイントは、パット・メセニーの音楽は、男のセンチメンタリズムっぽくって嫌いなので(Mは大ファンだけど)×(バツ)。残り2曲はなかなか良かった。しかし、ミニマル・ミュージックは「反復音楽」と呼ばれるだけあって、多少の違いはあるものの、ずーっと同じような音楽が延々と続く。「六重奏曲」は25分間だけれど、「18人の音楽家のための音楽」は何と1時間。同じリズムの繰り返しが眠気を催し、気づくとウトウト、夢も何回も見たが、起きても眠りに落ちる前と同じような音楽が流れているから、聞き逃した気がしない。ミニマル・ミュージックの醍醐味は、微細な変化を聞き取ることらしいが、私はそこまでの域に達っしていないし、達する気もない。でも、起きていても寝ていても気持ちの良いコンサートだった。

そう言えば、この日はハロウィーンだったけれど、全く仮装したり騒いでる人たちは見なかったな。

We went the Royal Festival Hall for the concert “Steve Reich: Music for 18 Musicians” on Saturday, October 31. M is a fan of Steve Reich, and we also went to his concert at Barbican Centre a while ago. It seems that Reich comes to London once in a while, as I see the information of his concerts in London sometimes.

In this concert, Reich played together with London Sinfonietta and performed four of his works – Clapping Music for two musicians clapping, Electric Counterpoint composed for Pat Metheny, Sextet for percussion and keyboards, and Music for 18 Musicians, one of the most important work of Reich as a pioneer of minimalist music. Here is my stupid opinions (and I am sorry if I offend some of the loyal Reich fans). Probably Flamenco musicians would do a better job for Clapping Music. I don’t like Pat Metheny as his musics represents men’s sentimentalism for me, so I couldn’t stand Electric Counterpoint. I like other two works, but as minimalist music is often defined as reiteration of musical phrases, and the similar rhythms continue on, and on, and on, from the start to the end. Sextet was 25 minutes and it was OK, but Music for 18 Musicians was almost 1 hour! The repetition of the music made me dose off sometimes and I even had several dreams during the concert, but I didn’t feel like I missed a lot because the music sounded the same as when I fell a sleep. The whole point of minimalist music is supposed to enjoy a small and slow transformation as the music progress, but I unfortunately haven’t reached the level (and I am afraid I never will).  However, it was a pleasant concert for me either when I was awake or sleeping.

By the way, the day of the concert was Halloween but I didn’t see anyone in a crazy costume or partying…

London Sinfonietta: Steve Reich Post Concert Talk
Post Concert Talk


London Sinfonietta: Steve Reich

Reblog this post [with Zemanta]

Handel Remixed / David Daniels @ Barbican Hall

Handel Remixed / David Daniels @ Barbican

9月19日、バービカン・ホールで催されたコンサート、「Handel Remixed / David Daniels」に行ってきた。クラシック音楽に関しては中学・高校の音楽のクラスの知識並みだけれど、クラシックの中ではバロック音楽が好きなこと、このコンサートの主役のデービッド・ダニエルズがMの好きなオペラ「Theodra」に出ていたこと、現代音楽を交えたちょっと趣向の変わったコンサートだということ、またバービカンは近所だし、ということでチケットを購入した。

このコンサートはヘンデルの没後250周年を記念し、マイケル・ナイマンニコ・マーリージョン・タヴナージョスリン・プーククレイグ・アームストロングの5人の現代音楽作曲家に、ヘンデルの音楽を元に作曲を依頼。ヘンデルのアリアオラトリオの間にこれらの曲を挟む形のコンサートなので、「ヘンデル・リミックス」。Academy of St Martin in the Fields(アカデミー室内管弦楽団)が演奏、デービッド・ダニエルズがソロイストとして舞台に立った。ヘンデルの音楽はもとより、カウンターテナーのダニエルズの声は繊細で透き通っていて、聞いていてとても気持ちがいい。5人の作曲家の曲はヘンデルというよりも映画音楽のようだったりして、正統派の音楽ファンやお偉い批評家の方はあまりお気に召さなかったようだけれど、クラシック初心者の私は充分楽しませていただいた。特に、アンコールのオンブラ・マイ・フは、心に沁み入る素敵な演奏だった。

We went to a concert “Handel Remixed / David Daniels” at Barbican Hall on September 19. My knowledge in classical music is at high school music class level, but we decided to go to this concert because 1) we like baroque among other classical music, 2) it was the concert of the singer David Daniels who performed in the opera ‘Theodra‘ that M likes, 3) this was a unique concert that classical music met contemporary music, and 4) Barbican is only 10 minutes away by bicycle.

The concert was planned to celebrate the 250th anniversary of Handel‘s death by commissioning five composers, Michael Nyman, Nico Muhly, John Tavener, Craig Armstrong and Jocelyn Pook, to write works based upon Handel’s music. These new songs were played in between Handel’s original arias and oratorios, therefore, it was called ‘Handel Remixed’. Countertenor David Daniels and Academy of St Martin in the Fields performed in the concert.Daniels’ sensitive and pure voice was beautiful, and was very relaxing as well. Some songs by the five composers sounded more like movie soundtracks than Handel, and some hardcore Handel fans and the Telegraph and the Guardian critique didn’t seem to be impressed by the concert, but the concert was fantastic for us as a classic music novice and we like the concept of classic music with modern touch. Especially “ombra mai fu” (original version) for the encore was so beautiful and moving.

Vodpod videos no longer available.

Reblog this post [with Zemanta]

Vicky Christina Barcelona @ Barbican Centre

Barbican brochure February 2009

バービカン・センター(バービカン)で、ウディ・アレン監督の新作「それでも恋するバルセロナ(Vicky Christina Barcelona)」を見た(なんて恥ずかしいタイトル。。。)。今週末は、ロンドンのフリーペーパー・The Londonpaperとのタイアップで、映画代が£5.00(通常£7.50)に。今日はバレンタインデーだったので、映画館は結構混んでいた。バービカンは、コンサートホール、3つの映画館、2つの劇場、2つのアートギャラリー、図書館、バー・レストランが入る、ヨーロッパ最大の文化施設。家から歩いて20分ほどなので、よくお世話になっている(特に映画)。金融街シティの北側にあるバービカン(ラテン語で砦の意味)は、1950~70年代にかけて流行した「ブルータリズム」という、コンクリートを多用した近代建築群としても知られる。

「Vicky Christina Barcelona」(日本語題名が気に食わないので英語名で呼びます)は、ニューヨークからヨーロッパに映画撮影の場を移したウディ・アレンが、久々に本領を発揮したロマンティック・コメディで、第66回ゴールデングローブ賞作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞した作品。夏のバルセロナを舞台に、ハビエル・バルデム演ずる、ラテン系女たらしの画家と、違った個性を持つ3人の魅力的な女性(自由奔放でキュートなスカーレット・ヨハンソン、現実的なレベッカ・ホール、情熱的なペネロペ・クルス)との関係を、持ち前のユーモアを交えてうまく描いている。ロンドンで製作した3作は、今イチ評判が良くなかったけれど、ウディ・アレンは、人間関係を描かせたら、本当に一流だ。私はニューヨークに6年住んでいたので、ニューヨークが舞台のアレンの映画にはとても親近感を感じる。ニューヨークが舞台の次作にも期待したい。

We saw a Woody Allen’s new movie ‘Vicky Christina Barcelona’ at the Barbican Centre (Barbican). We could get the tickets for £5.00@ (normally £7.50) , with The Londonpaper promotional offer. Today is a Valentine’s day and cinema was pretty busy. Barbican Centre is the largest performing arts centre in Europe, containing 1 concert hall, 3 cinemas, 2 theaters, 2 art galleries, library, and bars and restaurants. We go there often, especially to see a movie, as it is only 20 min walks to get there. Barbican, located on the north of the  financial district the City, is also know for its Brutalist architecture using a lot of concrete, which was popular in 50’s to 70’s.

Vicky Cristina Barcelona, a fourth movie of Woody Allen shot in Europe, is 2008 Golden Globe Award-winning/Academy Award-nominated film. The movie wittily portrays the complicated relationship among one man and three different type of women – a Latin-lover artist (Javier Bardem), his passionate yet unstable ex-wife (Penélope Cruz), and two young American women spending a summer in Barcelona, free spirited Christina (Scarlett Johansson) and down-to-earth Vicky (Rebecca Hall). Previous three movies filmed in London were not well reputed, but this movie was really the result of Allen’s excellent observation in relationships. We used to live in New York, so I feel a lot of sympathy to his movies shot in New York. I can’t wait to see Allen’s upcoming movie this year, ‘Whatever Works‘ with ‘Curb Your Enthusiasm‘ star Larry David, which was shot again in New York.

Reblog this post [with Zemanta]