Tag Archives: パブ

The Folly Bar & Restaurant @ Monument

Monument(モニュメント)駅のすぐ側にあるバー&レストラン、Folly(フォリー)。以前に書いたサウスバンクのRefineryや、同じくシティにあるAnthologist(アンソロジスト)と同様、Drake & Morganの経営。とにかく巨大な店で、1階のみならず地下1階もある。店内は羽根?に覆われたランプシェードや、テーブルによって色や形が違う椅子など、少し遊び心を加えた、カジュアルかつモダンに仕上がっている。でもその広大さのせいか、どうも落ち着かない。これが満席にでもなろうものなら、ウルサくて仕方がないんじゃないか。

シティのビジネスマンたちが朝食を取れるよう、平日の朝はなんと7時半からオープン。キッチンは日曜以外は夜10時まで休みなく開いており、いつでも食事が可能で、バーは週末は夜中までやっている。この日、まだ勤務時間中(休憩中?)の4時頃には、すでにビールやワインを飲んでいるスーツ姿のオジサンたちが、バーカウンターにちらほら。この国の人たちは本当に酒好きだ。夕方になると、平日でも、老若男女、パブやバーに群がって立ち飲みしている。

話は少しそれたが、Follyいわく「tried and tested recipes from across the globe(世界中のレシピを試した)」というメニューは、カジュアルなモダン・ブリティッシュ/ヨーロピアン/アメリカ/アジアと、何でもあり。でも普通に「グルメ」サンドイッチやハンバーガー、ステーキなどもある。私たちはステーキ・サンドイッチ(£8.75)を注文。サンドイッチとしては値がはるにも関わらずお子様サイズ、サラダやフライドポテトなどの付け合わせもない。その代わり、ホースラディッシュを混ぜた大量のマヨネーズのお皿が(カロリー高過ぎ!)。チャバッタはトーストされておらず、ステーキの味も平凡。はっき言って期待外れ。Follyは、食べ物にこだわりがある人のためのお店じゃなく、ちょっと洒落たパブで、手っ取り早く食事が必要な時や仕事帰り(仕事中でも)の一杯にぴったりの、シティに働く人たち向けのお店だと思う。

The Folly is a bar & restaurant near the Monument station. It is under Drake & Morgan management, as well as the Refinery in Southbank (I wrote it before) and Anthologist nearby in the City. The place is huge, and has two floors (ground floor & basement), decorated in casual chic with funky lampshades covered with furs(?) and chairs in different shapes and colours placed in different areas. It is so big and I felt a bit uncomfortable, actually. It was half empty when we went there, but I am afraid that I would loose hearing if the place is full.

The Folly opens from 7:30am on weekdays, for business people who want to have a breakfast before work. Kitchen opens all day without a break and you can dine anytime until 10pm (except Sunday). Bar opens even longer, until midnight on weekend. There were already some businessmen in suits, enjoying a glass of beer at the bar counter at 4pm (isn’t it still office hour or during a break?), when we left. Drinking is a national hobby in UK, and pubs & bars at 6pm are full of people, both sex from young to old, standing, inside and outside, and drinking – but why standing? Don’t they want to relax, sitting down??

I was distracted a little. The Folly “tried and tested recipes from across the globe”, and their food is kind of modern British/European/Americana/Oriental – whatever. But they have also ‘normal’ food such as ‘gourmet’ sandwiches, burgers, and steaks. We ordered steak sandwich (£8.75) today. It was rather pricey as a sandwich, but it was like a kid size and came alone – no chips or little salad. Instead, it came with mayonnaise mixed with horse radish, enough for five sandwiches (too much calories!). Ciabatta bread was not toasted and the steak was boring… it was a disappointment. The Folly is definitely not for foodies, but is more like a convenient and stylish pub for people working in the City, for a quick bite and a glass (or more) of beer after work.

Camden Passage Antique Market @ Angel, Islington

イズリントン・エンジェルにある有名なアンティーク・マーケット、Camden Passage(カムデン・パッセージ)。1960年代にアンティーク・マーケットが開かれるようになった。昔ながらの店構えを残すカムデン・パッセージは、外国人がイメージするイギリスを体現している。昨日のショーディッチのマーケットと比べるとずいぶん落ち着きがあって、のんびり散策するのにぴったり。トラムの車庫であった建物にテナントとして入っていたり、脇に入った小道に小さい店を構えていたり、屋台を出していたりと、店の形態も様々だ。

マーケットの開かれる毎週水・土曜日以外も開いている店もあり、またElk in the WoodsBreakfast Clubといったカフェやパブ、毛糸のお店Loopや可愛い雑貨屋のSMUG、オーガニックのフローズン・ヨーグルトを売るFrae、高級チョコレートを扱うPaul A Young、またイギリス人女優のSadie Frostサディ・フロストジュード・ロウの元妻)とJemima Frenchが経営するFrostFrenchと言うブティックもあって、マーケットがない日でも人通りが絶えない。

Camden Passage is known for its antiques shops, and hosts antique market founded in the 1960s on Wednesdays and Saturday mornings. The street still keeps old storefronts and signage and the good old Britishness that foreign visitors imagine of. It is much more tranquil and better looking in compare to the anarchic Shoreditch market, and perfect place for strolling around. There are different styles of shops: tenants in a former tram shed, small shops in an arcade or on a side alley, and market stools on the street.

The street is never be deserted as many shops open other than market days and there are also non-antique shops to attract visitors, such as cafés and pubs like The Elk in the Woods and The Breakfast Club, Loop yarn shop, SMUG lifestyle store, organic frozen yoghurt shop FraePaul A Young chocolaterie, and FrostFrench boutique owned by British actress Sadie Frost (Jude Law’s ex) and Jemima French.

Enhanced by Zemanta

The Wenlock Arms Pub: London Design Festival 2010

家から一番近いパブで、そこを通らなければどこにも行けない交差点の角にある「Wenlock Arms(ウェンロック・アームズ)」の店先に、「London Design Festival」と「Icon Design Trail」の看板が立った。2003年に始まったLondon Design Festival(ロンドン・デザイン・フェスティバル)は、世界で最も重要なデザイン・イベントの一つで、9日間の期間中、160以上のミュージアムやデザイン会社、ショップ、ギャラリーなどが参加、200以上のイベントや展示が行われる。その一環として、Wenlock Armsの向かいにオフィスを構えるデザイン会社・Established & Sonsは期間中、パブのスペースを使って、その哀愁漂う年季の入った狭い店内に、カラフルでモダンなデザインの椅子やテーブル、壁時計などを持ち込み、デザイン・ショールームに仕上げた(詳細)。中にいる客たちも、そのインテリアのミスマッチさと同様、何十年も毎日通っているような近所の常連方と、デザイン関係者らしいヨソ者が混在している。

今のアパートに住んで、かれこれ5年以上経つが、イギリスの伝統的なエール・ビールがあんまり好きではないせいもあるけれど、狭い店内に常連がたむろい、よそ者を寄せ付けない雰囲気(あくまで私の印象です)のWenlock Armsには入ったことがなかった。でも、タイムアウト誌で、ロンドンで「Real Ale真のエール)」が飲めるベスト・パブの一つに選ばれた(記事)、このパブに入るいいチャンスだった。取りあえずお薦めのエールをハーフ・パイント(285ml)で注文。味はやっぱり他のエール同様少し酸っぱくて好みじゃないけれど、値段は何と£1.50。気取ったカフェのコーヒーより安い。

でも、1836年に創業、1994年に再オープンしたこのWenlock Arms、10月か11月には取り壊されることになったそうだ。ウェブサイトでは、この名店を救おうという機運も盛り上がっているが(londonistブログ他)、バブル時代の日本のように再開発の進むこのエリアで、生き残れるだろうか。通りがかりによく見かける、飼い主のおばさんとこのパブに通っている犬(この方のブログの一番下の写真に写っている)も、Wenlock Armsがなくなったら淋しいに違いない。

ところで「パブ」の名の由来は、「パブリックハウス(Public House:コミュニティの社交の場)」だと、今日まで知らなかった。。。

We saw signboards of “London Design Festival” and “Icon Design Trail” in front of Wenlock Arms, the closest pub from us and we cannot go anywhere without going through in front of it. Established in 2003, the London Design Festival is one of the world’s most important annual design events. The nine-day Festival program is made up of over 200 events and exhibitions staged by around 160 partner organizations such as museums, design firms, shops, and galleries. As a part of it, a design firm Established & Sons, situated just across the street, decorated the Wenlock Arms with colorful and modern furniture and wall clocks, and transformed this historical but a bit shabby space into its design showroom (detail). The small pub was filled with mixed clienteles during this time, hard-core old regulars and a design crowd.

It’s been over 5 years since we moved in this current apartment, but we’ve never been to the Wenlock Arms just a stone’s throw, partly because I am not a big fan of British traditional Ale, but more than that, I thought the pub was exclusive to regulars (just my impression) and I would feel a fish out of water. But this event is a great opportunity for us to step into this well reputed pub, which was chosen as one of the London’s best real ale pubs by the Time Out magazine.  I ordered a half-pint (285ml) of ale recommended by a bartender. The taste is a bit sour for me and not my cup of tea as other ales, but the price is only £1.50 – even cheaper than a cup of espresso at a fancy café!

The Wenlock Arms, first opened as a pub in 1836 and was reopened in 1994, however, is now under threat of demolition – not sure when, but probably October or November. There are some people and online community trying to save the pub, including londonist, but I am afraid if they can make it under a big wave of redevelopment sweeping the neighborhood. A dog, which I often see with his (or her?) owner at the pub when I walk by, will be sad if his beloved pub is gone (he is in the photo on the bottom of this blog)…

…By the way, it was only today that I learned that ‘pub’ came from ‘public house’!

Enhanced by Zemanta

Tufnell Park Tavern @ Tufnell Park

2週間前にオープンしたばかりのガストロ・パブ、Tufnell Park Tavern(タフネル・パーク・タバーン)。近所に住む友人のお薦めで行ってみた。店内は、伝統的なロースト料理や地中海風メニュー等、きちんとした食事を出すパブ・エリアと、軽食やお茶の出来るデリに分かれていて、パブはダークブラウンを基調とした伝統的なパブのインテリア、打って変わって、デリはミント・グリーンの壁にカントリー調のテーブルや椅子で明るくまとめられている。また、天気の良い日は、外のガーデン席に座って、太陽の光を満喫するのもいい。

パブ、デリともに、オープン・キッチンで作られる料理やデザート類は、フレッシュな材料を使ってしっかりと作られていて、パブと言えど飲み物だけではもったいない。ぜひお腹も空かして行きたい。私たちは、今日は、デリでピザをオーダー。オーブンから出てきたばかりのピザは、熱々でパリッとしていて、Mは今までロンドンで食べたピザの中で一番というほど。ブルーベリー・マフィンも、甘さ控えめで、しっとりしていて美味しかった。

We went to Tufnell Park Tavern, just opened two weeks ago, as my friend who lives nearby recommended as a great gastro pub. The inside is divided into pub area, where you can have a proper meal such as traditional roast and Mediterranean inspired dishes, and deli area where you can have a light meal and a cup of tea/coffee. The pub area decorated with dark wood in good taste is traditional pub-ish and quite impressive. On the other hand, the interior of the deli is more cheerful and bright, with peppermint green walls and country-style furniture. There is also garden seating area and it is quite busy when it’s sunny.

The food and desert for both pub and deli, cooked in the open kitchen, are fresh and great, as my friend told me – you should difinately go there with an empty stomach, instead of just having a drink. We ordered pizza at deli counter today. Freshly baked pizza was popping hot and crunchy, and M said that the pizza was the best he ever had in London. Blueberry muffin was not too sweet and lovely as well.

Reblog this post [with Zemanta]

Carnaby Street 50th Anniversary

2010年は、カーナビー・ストリートCarnaby Street)の50周年記念の年。60年代に、モッズヒッピー・ファッションの中心地であったカーナビー・ストリートに、独立系のブティックやデザイナーたちが店を構え、また周辺の通りには、様々なアングラのミュージック・バーがあった。Wardour Streetの角にあった伝説的なクラブ・Marquee Clubでは、ビートルズザ・フーローリング・ストーンズなどが演奏し、彼らがたむろしたカーナビー・ストリートは、スウィンギング・ロンドンで、もっともクールな場所になった。

今もカーナビー・ストリートは、ロンドンの代表的なショッピング・ストリートの一つで、いつも観光客や若者で賑わっている。メイン・ストリートであるカーナービー・ストリートや周辺の小さな通り、Kingly court(キングリー・コート)、Newburgh Quarter(ニューバーグ・クォーター)など一帯には、ファッションや靴などのショップなどのほか、カフェやバー、パブ、レストランが並ぶ。

50周年を記念し、2010年は1年を通して、ファッションやデザイン、音楽に関連したイベントやフェスティバルが行われる予定。写真は、2月から開催されている展覧会で、カーナビー・ストリートの16世紀から現在までの歴史、特に60年代を中心に解説している。空き店舗を利用したと思われるこの展覧会は、ちょっと薄暗〜い感じで展示品のサイズも小さく、スペースを有効利用できてない感じ。写真もファッションも、もっとたくさん展示してほしかった。でも奥の左にあるブースでやっている、カーナビー・ストリートの歴史のビデオはなかなか面白い。

Year 2010 is Carnaby Street‘s 50th Anniversary. By the 1960s, Carnaby Street became an iconic fashion destination for he Mod and hippie styles. Many independent fashion boutiques and designers were located as well as various underground music bars in the surrounding streets. With bands such as The BeatlesThe Who, and Rolling Stones appeared in the area to work with the legendary Marquee Club located round the corner in Wardour Street, and shopped and socialized, it became one of Swinging London‘s coolest destination.

Today Carnaby Street is still one of the main shopping street in London and attracts many young people and tourists. The area including main Carnaby Street and surrounding streets as well as Kingly court and the Newburgh Quarter, offers fashion stores and boutiques as well as cafés, bars, pubs and restaurants.

Throughout 2010, Carnaby streets will host various events and festivals featuring fashion, design and music. Kicking off in February with an exhibition which includes a detailed history of the area, from the 16th Century to the present day, especially focusing on the sixties. This exhibition, using an empty store space, is a bit dark and the materials exhibited are rather too small. There is a big unused space in the middle and I wish they can show us more its iconic fashions and photos. However, I quite enjoyed the video being played on the back, showing the history of the street, especially during the hype in 60’s.

カーナビー・ストリートの歴史や一体のお店を網羅したガイド「Carnaby Essential Guide」。全36ページの50周年特別版。

Anniversary edition of 36-page “Carnaby Essential Guide,” listing shops in the area as well as history of the street.

Reblog this post [with Zemanta]