Tag Archives: ビジュアル・アート

Julian Opie Installation @ Barbican Centre

Vodpod videos no longer available.

バービカン・センターの屋外テラス・Lakesideに置かれている、イギリス人ビジュアル・アーティストJulian Opieジュリアン・オピー)のLEDインスタレーション作品。イギリスを代表する現代美術家のジュリアン・オピーは、フラットでポップな色使いに、太線と点で描かれた、ディテールを省いたシンプルな人物ポートレートが作風の、Michael Craig-Martin(マイケル・クレイグ・マーティン)と並んで、私のお気に入りのアーティストの1人。

この作品は、今年夏にバービカン・センターで開催されていた、「Watch Me Move: The Animation Show」の一環らしい。オレンジ色のLEDディスプレイ2台に、女性(左/写真)と男性(右/写真)が歩く姿が写し出されている。催眠術のように、ずーっと見ていても飽きない。

This is a LED installation by British visual artist Julian Opie, placed on the Lakeside outdoor terrace at the Barbican Centre. His signature portraits are characterised by minimal details composed of black outlines and circle and flat colours. He is one of my favorite artists, together with Michael Craig-Martin.

I believe that this work is a part of this year’s summer show “Watch Me Move: The Animation Show” at Barbican. Two orange LED displays, woman on the left (photo) and man on the right (photo), are showing them walking. It is hypnotic and I can watch them all day!

Rivington Place @ Shoreditch

ショーディッチにあるRivington Place(リビングトン・プレイス)は、ビジュアル・アートの文化的多様性を促進するため、アーティスト/キュレーター/ライターを代表する機関のIniva(Institute of International Visual Art)と文化的アイデンティティや人権問題を提唱する国際写真アート・エージェンシーのAutograph ABPが共同で建設した、ビジュアル・アート・センター。1968年のHayward Gallery(ヘイワード・ギャラリー)以来、約40年ぶりに公的資金で設立されたこのセンターは、ガーナ系イギリス人建築家David Adjaye(デイヴィッド・アジャイ)がデザイン、2007年10月5日にオープンした。センターには、無料で入れるギャラリー・スペース、Stuart Hall Library(スチュワート・ホール図書館)、そしてInivaとAutograph ABPのオフィスが入っており、1階にはカフェLati Riもある。

Rivington Place is a visual arts center built by Iniva (Institute of International Visual Art / arts institution that represents artists, curators and writers) and Autograph ABP (international photographic arts agency that addresses issues of cultural identity and human rights), to reflect and promote cultural diversity in visual arts. This is the first publicly funded build of its kind since the Hayward Gallery’s opening in 1968 more than 40 years ago. It was designed by Ghanian British architect David Adjaye, and opened on 5 October 2007. The Rivington Place houses gallery spaces (free entry), the offices of Iniva and Autograph ABP, and the Stuart Hall Library, as well as a café Lati Ri on the ground floor.

明後日27日には終わってしまうけれども、1階ギャラリーでは「Ever Young: James Barnor」展が開催中。1940年代後半から70年代初頭まで、独立へと向かうガーナと多民族化が進むロンドンとイングランドを舞台に撮影された、カラーとモノクロの写真が展示されている。上の階の「The Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois」展は、アメリカで奴隷制度が廃止されてまだ35年しか経たない1900年のパリ万博で、アフリカ系アメリカ人のポートレート写真を展示した「American Negro Exhibit」の中から選んだ200枚を展示したもの。

Although ending soon on 27th, just the day after tomorrow, the ground floor gallery hosts “Ever Young: James Barnor,” introducing Barnor’s street and studio photographs, both color and black&white, taken in two societies in transition from the late 1940s to the early 1970s; Ghana which was moving towards its independence, and England, especially London, which was becoming a cosmopolitan, multicultural metropolis. On the upper floor, “the Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois” showcases a selection of 200 portraits from the American Negro Exhibit at the 1900 Paris Exposition Universelle, only thirty five years after the abolition of slavery.

「Ever Young: James Barnor」展の立派な大型カタログ(16ページ/無料)と、少し見栄えが劣る「The Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois」のインフォメーション、そしてリビングトン・プレイスの秋/冬のイベント情報冊子。シンプルだけれどインパクトのあるデザインもいい。

A good-looking large size catalogue of “Ever Young: James Barnor” (16 pages / free), a lesser-cost information leaflet of “the Paris Albums 1900: W.E.B. Du Bois” and the Rivington Place’s Autumn/Winter brochure. All of them are designed nicely – simple but eye-catching and good color choice.

Enhanced by Zemanta

Mark Wallinger curates The Russian Linesman @ The Hayward Gallery

The Russian Linesman 1The Russian Linesman

ここのところアートネタ続きだが、2007年のターナー賞受賞者で、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YBA)の一人である、Mark Wallingerマーク・ウォリンジャー)が手配・監督をした展覧会、「The Russian Linesman」を、サウスバンクヘイワード・ギャラリーに見に行った。ヘイワード・ギャラリーの属するサウスバンク・センターは、ロイヤル・フェスティバル・ホール、クイーン・エリザベス・ホール、ヘイワード・ギャラリーの3施設で構成。先日ブログで書いたバービカンと同じくブルータリズム様式で建てられた、ヨーロッパ最大規模の芸術施設だ。ヘイワード・ギャラリーは1968年創設。常設の展示はなく、年3〜4回、ビジュアル・アート、近年は特にコンテンポラリー・アートに焦点を当てた企画展が開催される。

タイトルの「The Russian Linesman」は、サッカーファンなら誰でも知っている1966年サッカーワールドカップの決勝(イングランド対西ドイツ戦)のエピソードからきている。この試合で、ソ連の線審が、イングランドのストライカー・Geoff Hurstの放ったゴールを有効にし、それがイングランドの勝利にもつながった。このゴールはクロスバーに当たって跳ね返り、その際ボールがゴールラインを超えたかが議論の的になったのだが、このロシア人の線審は、試合後、なぜゴールを有効にしたかを問われた際、「スターリングラード」と答えた。これは、第二次世界大戦有数の激戦となった、スターリングラード攻防戦(独ソ線)を指す。ソ連人(正確にはアゼルバイジャン人。多数のアゼルバイジャン人がソビエト軍に従軍し死亡した)線審は、ドイツ人の恨みから、イングランドに有利な判断を下したようだ。

主旨は、 「exploring notions of the liminal: thresholds between physical, political or metaphysical realms」(物理的、政治的、形而上学的の領域の境界、「閾値」の概念を探求)という難解なものだが、写真、ビデオ、彫刻、絵画等、いろんなジャンルの作品を集めたこのエキシビジョンは、通常と違った見方を提供してくれる面白い試みだ。上の写真は、Thomas Demandの「Poll」という作品で、2000年のアメリカ大統領選(ブッシュvsゴア)で、ゴアが僅差で破れたフロリダの事務所を、紙で再現したもの。精巧に作られているがうつろさが漂う。フランス人のPhilippe Petitが、1974年に、ニューヨークのツインタワー2棟にワイヤーを渡して綱渡りする映像。イタリア未来派の作家・Renato Giuseppe Bertelliの、どの角度から見ても同じ、だまし絵のようなムッソリーニの頭像。東ドイツ時代のベルリンの映像をリメイクし、過去と現在の映像を並列した、Amie Siegelの「Berlin Remake」等々が印象的だった。

マーク・ウォリンジャーは最近、ケント州のエブスフリート(Ebbsfleet)駅に建築予定のランドマークのコンペティションに勝ち、高さ50mという、自由の女神より大きい、巨大な白馬の彫刻を作る事になった。出来上がりがとても楽しみだ。

We went to see a ‘The Russian Linesman‘, curated by 2007 Turner Prize winner and one of the YBAs (Young British Artist), Mark Wallinger, at the Hayward Gallery at Southbank. The Southbank Centre, the Hayward Gallery, Royal Festival Hall, and Queen Elizabeth Hall, is one of the biggest arts complex in Europe, and recognizable for its brutalism architecture, like the Barbican Centre which I wrote the other day. The Hayward Gallery was founded in 1968; it does not house any permanent collections and hosts three or four major temporary exhibitions each year, focusing visual art from all periods, but mainly contemporary art in recent year.

The title ‘The Russian Linesman’ comes from the Soviet linesman who ruled that England striker Geoff Hurst had scored a goal in the final of the 1966 World Cup, in which England beat West Germany 4-2. After this controversial decision, the ball hit the cross bar and bounced down over the line, the linesman was asked why he made the decision and replied ‘Stalingrad’, refer to the Battle of Stalingrad. He was from Azerbaijan, but a thousands of Azerbaijani recruited into the Red Army, died in the war.

The concept of the exhibition, ‘exploring notions of the liminal: thresholds between physical, political or metaphysical realms’ is a bit too complicated for me, but the exhibition itself, collecting works from  all kind of genres such as photography, video installation, sculpture, painting, gave us a different perspectives in art and subjects. The top photo is the work of Thomas Demand ‘poll,’ recreates the office in Florida out of paper and cardboard, a battle ground for the controversial US presidential election 2007 (Bush vs Gore), gives an impression of emptiness. The video footage of French high wire artist, Philippe Petit crossing between the twin towers in New York, in 1974. Italian Futurism artist, Renato Giuseppe Bertelli’s Testa di Mussolini (head of Mussolini), a profile of Mussolini from every angle with its circular shape. Amie Siegel’s ‘Berlin remake’, juxtaposes footage from East German state films and her own remakes….It was pretty enjoyable exhibition after all.

Last week, Mark Wallinger won the competition for the new Ebbsfleet Landmark in Kent, with his idea of 50m high giant white house, which is bigger than the statue of Liberty! Can’t wait to go and see it.

Reblog this post [with Zemanta]