Tag Archives: フェスティバル

Festival of the World @ Southbank Centre

今年の夏のロンドンオリンピック・パラリンピックにあわせ、サウスバンク・センターでは、Festival of the World(6月1日〜9月9日)が開催されている。スポーツや芸術が若者の夢や向上心を刺激すると考えた、近代オリンピックの創立者であるピエール・ド・クーベルタン男爵にインスピレーションを得たというこのフェスティバル、芸術は人々の人生を変えられることを証明するのを目的に、アート、音楽、ダンス、詩、文学、コメディなど世界の文化イベントの他、マーケットや「urban beach(人工ビーチ)」など、様々な催しが行われている。明日29日から始まるパラリンピックと同時に、障碍を持つアーティストたちの作品を紹介するイベント「Unlimited(8月30日〜9月9日)」もスタートする予定。

Southbank Centre has been hosting Festival of the World this summer from June 1 to September 9, coinciding with the London 2012 Olympics/Paralympics. The festival is inspired by the founder of the Olympic movement, Baron Pierre de Coubertin who believed that the arts and sport could raise the aspirations of young people. During the period, Southbank offers a variety of international cultural events such as art, music, dance, poetry, literature, and comedy, as well as markets, urban beach and more to demonstrate how art can transform lives. Corresponding with the start of Paralympic Games tomorrow on August 29, ‘Unlimited‘ (Aug 30–Sep 9) will showcase art and culture commissions by disabled and deaf artists.

中でリラックスしたり遊んだりできる、かまくら型のユニークな「London Earth Creature」は、エコ建築のスペシャリスト・Small Earthの作品。

London Earth Creature” is the unique playscape for play & relax, designed and built by eco-build specialists Small Earth.

廃材を使用して大規模作品を創っているロンドンベースのアート集団・Robots>>>>の「Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down(下を見なければ全てが美しく見える)」。2011年のFestival of Britainで使用した木材や鉄を再利用している。

“Everything Is Beautiful When You Don’t Look Down” by the London-based arts collective Robots>>>>, who build large sculptures from recycled and reclaimed materials, have made these figures predominantly from wood and steel used at Southbank Centre’s 2011 Festival of Britain.

世界から集められた布地で作られた、15mの高さの「Under the Baobab(バオバブの木の下で) 」は、Pirate Technicsが制作。

15 metres tall “Under the Baobab” is made from stacks of fabric rings using material from around the globe, created by Pirate Technics.

Trey WatkinsとCameron Brownの二人のアーティストの作品「Perspectives(視点)」。一見、無造作に置かれたアルファベットだけれど、一定のアングルから見るとメッセージが浮かび上がる。

Perspectives‘ designed by artists Trey Watkins and Cameron Brown. At first they appear to be random letters, but when you see them from certain vantage points they line up to reveal hidden messages.

たくさんの緑色のバスケットを使った、韓国人アーティスト&デザイナー・Choi Jeong Hwaチェ・ジョン・ファ)の「Time after Time(何度も何度も)」。

Korean artist and designer Choi Jeong Hwa‘s “Time after Time“, using thousands of green carrying baskets.

AL_A “Timber Wave”: London Design Festival @ V&A

9月17日から25日まで、毎年恒例のLondon Design Festival 2011(ロンドン・デザイン・フェスティバル)が開催中。ロンドンのあちこちに点在する、美術館、デザイン事務所、ショップ、ギャラリーなどの参加施設の前に立てられた、フェスティバルのアイコンである赤い立て看板を、よく目にする。フェスティバルに参加しているヴィクトリア&アルバート博物館V&A)でも期間中、インスタレーションやトーク、ワークショップなどのスペシャルイベントが行われている(詳細はV&Aウェブサイトで)。

V&Aの見所は、Cromwell Road(クロムウェル・ロード)側入口に設置された、Amanda Levete Architects and Arupによる巨大インスタレーション作品「Timber Wave(木の波)」(9月17日〜10月15日)。通常家具作りに使われるラミネート技術をアメリカンオークに施し作り上げた、12mもの高さの格子模様の立体的な螺旋は圧巻。木とは思えないしなやかさと木独特の生命力が感じられる。

London Design Festival 2011 came back to the city – from September 17 to 25, you see a festval’s icon, red signboard in front of the participating organizations such as museums, design firms, shops, and galleries, all over London. Victoria & Albert Museum is also a part of the festival and visitors can enjoy commissioned installations and displays as well as special events, talks and workshops throughout the period (details are at V&A website).

A gigantic installation of ‘Timber Wave‘ by Amanda Levete Architects and Arup (September 17 – October 15) at the Cromwell Road entrance is one of the highlight at the V&A festival program. The three-dimensional latticework spiral is made of American red oak, using lamination techniques normally used in furniture making, and applied to create a piece 12m high. It has un-treelike flexibility and treelike vitality – spectacular.

Festival of Britain @ Southbank

ロンドンはこのところ晴れ続き、最高気温26度と、ロンドンとしては真夏並みの毎日。明日からのイースターホリデーもお天気だそうで、サウスバンクで明日から始まるFestival of Britainにはもってこいの良い陽気になりそう。

イギリスの文化と創造力を祝うFestival of Britainは、今年で60周年を迎える。フェスティバルが始まった1951年のロンドンは、第二次世界大戦の傷跡もまだ生々しく、再開発が必要だった。そんな中、フェスティバルはイギリス人に戦争からの復興と、破壊された都市の再構築における、より品質の高いデザインの発展と促進のために企画された。

主催するサウス・バンク・センターでは、9月4日の終了まで4ヶ月に渡り、ミュージシャンのレイ・デイヴィスの「Melt Down」やYBAアーティスト、トレイシー・エミンの「Tracey Emin: Love is What You Want」展など、
著名アーティストや思想家たちのパフォーマンスやトーク、イベントなどが開催される予定。

It’s been incredibly nice in London these days with a year-worth of sunshine and maximum temperature of 26° like a summer time. The weather is supposed to remain good and dry during upcoming Easter weekend, which is perfect for the opening of Festival of Britain from Good Friday tomorrow in Southbank.

The Festival of Britain, celebrating  British culture and creativity, marks its 60th anniversary this year. The first festival was held in 1951 just after Word War II, when much of London was still in ruins and redevelopment was badly needed. The Festival was an attempt to give Britons a feeling of recovery and progress and to promote better-quality design in rebuilding of British towns and cities following the war.

This year, Southbank Centre hosts a variety of performances, new outdoor environments, talks and events by some of Britain’s leading artists and thinkers, including rock musician Ray Davies‘s ‘Melt Down‘ and  “Tracey Emin: Love is What You Want“, for four months until September 4.

川の側のQueens Walkでは、ヴィンテージ水着の展示や貝で出来た洞窟など、アーティストたちによってカスタマイズされた、イギリスのビーチにつきもののカラフルなBeach Hut(ビーチ小屋)が並ぶ(写真はオープニング前)。海鳥の保存協会が啓蒙活動を行う、Mark Dion製作のMobile Gull Appreciation Unit(カモメへの理解のための移動式ユニット)も、ご愛嬌(写真)。

On the Queens Walk next to the Thames, colourful Beach Hut, typical on British beaches, customised by artists to contains something different, such as n exhibition of vintage beachwear and a shell grotto. Mark Dion’s Mobile Gull Appreciation Unit, which plays host to different seabird preservation societies, is a bit freaky but cute, and guaranteed to catch people’s attention (photo).

同じくQueen’s Walkに作られた、70mの長さのURBAN BEACH。水着姿で日焼けに勤しむ人々で一杯のパリ・プラージュと違い、子供の砂場と化している。

70-metre beach “URBAN BEACH” on the Queen’s Walk. The beach becomes a kids playground, in compare to French counterpart of Paris Plage, which is more like an outdoor tanning salon.

きつねはペット、それとも害獣?わらブロックで出来た作品「Urban Fox」は、そんな問題を提起。すごく悲しそうな表情にキュンとくる(写真)。この作品メイキングのビデオはここをクリック。

Is fox pet or pest? “Urban Fox” created out of straw bales brings up such a debate. The fox looks very, very sad (photo). Click here to see it being build.

レベル2の外のテラスに展示された、アート・インスタレーション(アーティスト、作品名は不明)。詩?が書かれたたくさんの紙が天井から吊るされ、その天井に貼られた何本のワイヤーには、紙飛行機が。

Art installation outside Level 2 on the Riverside Terrace (I can’t find who made this and what is the title). Strings of papers with poetry? are attached from the ceiling, and paper aeroplanes are on the wires coming out of the ceiling.

*****

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

*情報がほとんどなくなってきたので、残念ですが、今回で最後とします。また情報がありましたら、不定期でお知らせします。

* Due to less and less number of charity information available recently, I stop this as of today. However, I will put up any information when I find.

2010 Angel Canal Festival @ Regent’s Canal

昨日、家のそばのRegent’s Canal(リージェンツ運河)を通りかかったら、毎年恒例のAngel Canal Festivalが行われていたので、ちょっと立ち寄ってみた。1980年代に始まったこのフェスティバルは、City Road Lock and BasinからPackington Parkの間のTowpath沿いに、慈善団体の資金集めのために食べ物や運河にちなんだ小物、工芸品、本などを売る約70の屋台が並び、Fun-fair(移動遊園地)、コンサート、Narrow Boat(ナロウボート、運河用の細長い荷役船)が体験できるボート・トリップ、そしてレガッタやボート・レースなど、一日中いろいろなイベントが開催される。

運営は主にボランティアでまかなわれ、入場料は無料。屋台からチラシまで、なんだか学園祭を思わせる手作り感満載で、よく言えばほのぼのしているというか、悪くいえば素人臭いというか。また来たくなるような魅力的なイベントとは言いがたいけれど、まあ皆頑張っているので、気持ちだけ、手作りマフィンとブラウニーを買ってフェスティバルを後にした。

屋台やイベントはともかく、イギリスの運河名物のナロウボートが結集するこのフェスティバル、興味のある人には面白いかも。£1のプチ・ボート・トリップでちょっとした運河体験をしたり、ボートを通すための閘門の開閉を見たり(写真下)、また現在は、住居や余暇の別荘、短・長期旅行用として使われていて、水洗トイレやシャワー、暖房、電化製品、衛星放送用アンテナ等も備えている、ナロウボートの中を見学できるのも、フェスティバルならでは。

Yesterday, we stopped at the annual Angel Canal Festival when we came back from lunch in Angel. This annual festival, started in 1980’s, is based around City Road Lock and Basin and along the tow path to Packington Park, and there are around 70 stalls selling from canalware and crafts, books, to refreshments, to raise funds for local and national charities. A variety of events are held all day such as fun-fair, music, boat trips and viewing of Community Boats, regatta and bell-boat race in the Basin.

The festival is run by volunteers, and an entrance is free. From the stalls to the posters and leaflets, everything about the festival was amateurish and handmade-ish, and it was like a typical community event or a high school festival. It was quite grungy in a way and it was not really attractive event that I want to come back every year, but I understand it is a non-profit local festival and the volunteers do their best. I just bought muffin and brownies, took a little stroll, and left the festival in 10 minutes.

The festival may be interesting for some, as Narrow Boats, one of the attractions in England’s canals, get together in one area. You can observe the narrow boats going through a lock gate (photo below), experience a mini boat trip with small money for £1, or observe inside of the boats that are now commonly used for holidays, weekend breaks or as permanent residences, equipped with modern convenience such as central heating, flush toilets, shower or bath, home electronics, satellite television and mobile broadband.

Enhanced by Zemanta

Whitecross Street Party “Rise of the Non-Conformists”

ロンドンの夏は、色々なフェスティバルやアート・イベント、コンサートなどイベントが盛りだくさん。今日、Whitecross Streetを通りかかったら、通り沿いの建物にカラフルなアート作品が。何事かと調べてみたら、ロンドン東部・南東部のアーティストやダンサー、ミュージシャンを取り上げた文化イベント・CREATE10の一環で、25・26日に行われたパーティを皮切りに、9月5日まで6週間開催されているストリート・アート・イベント、「Whitecross Street Party “Rise of the Non-Conformists”」だと判明。30人以上のストリート・アーティストの作品が通りのここかしこに飾られている。

でも、「Non-Conformists(型破りな人たち)」と言う割には、彼らの作品には新鮮味がないなあ。どこでも見かけるような、普通のグラフィティ/ストリート・アートだし。ステンシル・アーティストでこのイベントのキュレーターのTeddy Badenの作品は個人的に好きだけれどね(上から2つ目の写真の左)。

→Whitecross Streetのグラフィティを書いた過去のエントリーはこちら

There are all kinds of events, festivals and concerts taking place in London in summertime. When we passed by Whitecross Street today, we saw colorful art works here and there on the building on the street. I was curious what it was, and found out that it is a 6-week art event Whitecross Street Party “Rise of the Non-Conformists”, started with street party on July 25 & 26, running until September 5. It is a part of CREATE10, a cultural program with home-grown talent from across east and southeast London, featuring more than 30 artists.

The festival is called “Rise of Non-Conformists”, but the artworks are kind of ordinary graffiti/street arts that you can see anywhere in London, and are sort of conformist in a way the street arts are – though I personally like the work of stencil artist and curator of the event Teddy Baden (in the second top photo on the left).

→My past entry about graffiti on Whitecross Street is here.

Enhanced by Zemanta

Carnaby Street 50th Anniversary

2010年は、カーナビー・ストリートCarnaby Street)の50周年記念の年。60年代に、モッズヒッピー・ファッションの中心地であったカーナビー・ストリートに、独立系のブティックやデザイナーたちが店を構え、また周辺の通りには、様々なアングラのミュージック・バーがあった。Wardour Streetの角にあった伝説的なクラブ・Marquee Clubでは、ビートルズザ・フーローリング・ストーンズなどが演奏し、彼らがたむろしたカーナビー・ストリートは、スウィンギング・ロンドンで、もっともクールな場所になった。

今もカーナビー・ストリートは、ロンドンの代表的なショッピング・ストリートの一つで、いつも観光客や若者で賑わっている。メイン・ストリートであるカーナービー・ストリートや周辺の小さな通り、Kingly court(キングリー・コート)、Newburgh Quarter(ニューバーグ・クォーター)など一帯には、ファッションや靴などのショップなどのほか、カフェやバー、パブ、レストランが並ぶ。

50周年を記念し、2010年は1年を通して、ファッションやデザイン、音楽に関連したイベントやフェスティバルが行われる予定。写真は、2月から開催されている展覧会で、カーナビー・ストリートの16世紀から現在までの歴史、特に60年代を中心に解説している。空き店舗を利用したと思われるこの展覧会は、ちょっと薄暗〜い感じで展示品のサイズも小さく、スペースを有効利用できてない感じ。写真もファッションも、もっとたくさん展示してほしかった。でも奥の左にあるブースでやっている、カーナビー・ストリートの歴史のビデオはなかなか面白い。

Year 2010 is Carnaby Street‘s 50th Anniversary. By the 1960s, Carnaby Street became an iconic fashion destination for he Mod and hippie styles. Many independent fashion boutiques and designers were located as well as various underground music bars in the surrounding streets. With bands such as The BeatlesThe Who, and Rolling Stones appeared in the area to work with the legendary Marquee Club located round the corner in Wardour Street, and shopped and socialized, it became one of Swinging London‘s coolest destination.

Today Carnaby Street is still one of the main shopping street in London and attracts many young people and tourists. The area including main Carnaby Street and surrounding streets as well as Kingly court and the Newburgh Quarter, offers fashion stores and boutiques as well as cafés, bars, pubs and restaurants.

Throughout 2010, Carnaby streets will host various events and festivals featuring fashion, design and music. Kicking off in February with an exhibition which includes a detailed history of the area, from the 16th Century to the present day, especially focusing on the sixties. This exhibition, using an empty store space, is a bit dark and the materials exhibited are rather too small. There is a big unused space in the middle and I wish they can show us more its iconic fashions and photos. However, I quite enjoyed the video being played on the back, showing the history of the street, especially during the hype in 60’s.

カーナビー・ストリートの歴史や一体のお店を網羅したガイド「Carnaby Essential Guide」。全36ページの50周年特別版。

Anniversary edition of 36-page “Carnaby Essential Guide,” listing shops in the area as well as history of the street.

Reblog this post [with Zemanta]

Taste of Christmas 2009 @ ExCel London

先週末12月4〜6日に、ドックランズ地区にあるコンベンションセンターExCel(エクセル・エキシビション・センター)で行われたTaste of Christmas(テイスト・オブ・クリスマス)に行ってきた。Taste of Christmasは、RoastClub GasconModern Pantryなど、ロンドンの14の有名レストランや、チョコレート、チーズ、ワイン、食材、台所用品等、国内外の150以上の食関係の店や会社が出店する大規模な食の祭典。会場内は、クリスマス用ショッピングにいそしむ人たちでごった返していて、お目当てのブースに近づくにも一苦労。試食や試飲も豊富で、会場を一周する頃にはにはお腹はいっぱい、すっかりほろ酔い気分だった。

Taste Festivalsが企画する「Taste」フード・フェスティバルは、ロンドンで夏(Taste of London)と冬(Taste of Christmas)の年2回ある他、国内ではバーミンガムやエジンバラ、海外でもオーストラリアやオランダ、南アフリカ、ニュージーランド、アラブ首長国連邦の9都市で、全13のフードフェスティバルが開催されている。私はたまたま無料チケットをもらったけれど、なんと入場料は前売りで£19、当日券で£22もする。けっこう無料券を配っていたり、2 for 1割引(2人で1人分)のプロモーションをしていたので、正規の値段を払って来てる人はあんまりいないんじゃないかと思うけど。会場内でも、当然物を買うのも飲んだり食べたりするのは有料。お店は現金やカードが使えるけれども、レストランのブースでは、Crown(2 crown = £1、£10/20 crown単位で買える)という会場内だけで使える通貨を買わないといけないといけくて、Crownが余らないように(または足りなくならないように)、計算しながら飲み食いしないといけないのが面倒くさい。どうして、決済に現金使っちゃいけないんだろう?変なシステムだわ。

I went to Taste of Christmas (Dec 4 – 6) at ExCel exhibitions and conference centre in Docklands, London. Taste of Christmas is one of the biggest food festivals in UK, and gathers London’s 14 popular restaurants and over 150 shops and companies selling food & drinks and anything related to food, together under one roof. It is perfect place to shop groumet foods for Christmas, from chocolate and sweets, cheese, chutneys and dips, cheese, wine and alcoholic drinks, to gifts and kitchen products. It was so full of people that it’s hard to approach to the booth I wanted to take a look at. There were plenty of samples and tastings, and I was quite full and tipsy when I came out of the exit.

Taste Festivals organizes 13 ‘Taste’ food festivals across the countries and abroad; twice in London summer (Taste of London) and winter (Taste of Christmas) as well as Birmingham and Edinburgh, and 9 oversea cities in Australia, Netherlands, South Africa, New Zealand, Ireland and UAE. I got complimentary tickets but normally the ticket costs £19 (£22 on the door)! I heard they gave away lots of complimentary tickets and had 2-for-1 offer, so I believe many people at the Taste of Christmas didn’t pay full amount of the ticket or at all. You have to pay food and drinks at the festival (of course) in addition to the entrance fee – so this expensive entrance fee seems quite a rip-off!  You can use cash as well as credit card at the shops, but you have to buy ‘Crown‘ when you want to eat from the restaurants booths. Crowns are the currency of Taste of Christmas (2 Crowns = £1), and come in booklets of £10/20 Crowns. It is really annoying system that you have to calculate to finish all the Crowns you have, or you have to buy an additional booklet of Crowns cost £10, if you don’t have enough Crowns to buy your food – why can’t we use cash???

Reblog this post [with Zemanta]