Tag Archives: フェスティバル

Carnaby Street 50th Anniversary

2010年は、カーナビー・ストリートCarnaby Street)の50周年記念の年。60年代に、モッズヒッピー・ファッションの中心地であったカーナビー・ストリートに、独立系のブティックやデザイナーたちが店を構え、また周辺の通りには、様々なアングラのミュージック・バーがあった。Wardour Streetの角にあった伝説的なクラブ・Marquee Clubでは、ビートルズザ・フーローリング・ストーンズなどが演奏し、彼らがたむろしたカーナビー・ストリートは、スウィンギング・ロンドンで、もっともクールな場所になった。

今もカーナビー・ストリートは、ロンドンの代表的なショッピング・ストリートの一つで、いつも観光客や若者で賑わっている。メイン・ストリートであるカーナービー・ストリートや周辺の小さな通り、Kingly court(キングリー・コート)、Newburgh Quarter(ニューバーグ・クォーター)など一帯には、ファッションや靴などのショップなどのほか、カフェやバー、パブ、レストランが並ぶ。

50周年を記念し、2010年は1年を通して、ファッションやデザイン、音楽に関連したイベントやフェスティバルが行われる予定。写真は、2月から開催されている展覧会で、カーナビー・ストリートの16世紀から現在までの歴史、特に60年代を中心に解説している。空き店舗を利用したと思われるこの展覧会は、ちょっと薄暗〜い感じで展示品のサイズも小さく、スペースを有効利用できてない感じ。写真もファッションも、もっとたくさん展示してほしかった。でも奥の左にあるブースでやっている、カーナビー・ストリートの歴史のビデオはなかなか面白い。

Year 2010 is Carnaby Street‘s 50th Anniversary. By the 1960s, Carnaby Street became an iconic fashion destination for he Mod and hippie styles. Many independent fashion boutiques and designers were located as well as various underground music bars in the surrounding streets. With bands such as The BeatlesThe Who, and Rolling Stones appeared in the area to work with the legendary Marquee Club located round the corner in Wardour Street, and shopped and socialized, it became one of Swinging London‘s coolest destination.

Today Carnaby Street is still one of the main shopping street in London and attracts many young people and tourists. The area including main Carnaby Street and surrounding streets as well as Kingly court and the Newburgh Quarter, offers fashion stores and boutiques as well as cafés, bars, pubs and restaurants.

Throughout 2010, Carnaby streets will host various events and festivals featuring fashion, design and music. Kicking off in February with an exhibition which includes a detailed history of the area, from the 16th Century to the present day, especially focusing on the sixties. This exhibition, using an empty store space, is a bit dark and the materials exhibited are rather too small. There is a big unused space in the middle and I wish they can show us more its iconic fashions and photos. However, I quite enjoyed the video being played on the back, showing the history of the street, especially during the hype in 60’s.

カーナビー・ストリートの歴史や一体のお店を網羅したガイド「Carnaby Essential Guide」。全36ページの50周年特別版。

Anniversary edition of 36-page “Carnaby Essential Guide,” listing shops in the area as well as history of the street.

Reblog this post [with Zemanta]

Taste of Christmas 2009 @ ExCel London

先週末12月4〜6日に、ドックランズ地区にあるコンベンションセンターExCel(エクセル・エキシビション・センター)で行われたTaste of Christmas(テイスト・オブ・クリスマス)に行ってきた。Taste of Christmasは、RoastClub GasconModern Pantryなど、ロンドンの14の有名レストランや、チョコレート、チーズ、ワイン、食材、台所用品等、国内外の150以上の食関係の店や会社が出店する大規模な食の祭典。会場内は、クリスマス用ショッピングにいそしむ人たちでごった返していて、お目当てのブースに近づくにも一苦労。試食や試飲も豊富で、会場を一周する頃にはにはお腹はいっぱい、すっかりほろ酔い気分だった。

Taste Festivalsが企画する「Taste」フード・フェスティバルは、ロンドンで夏(Taste of London)と冬(Taste of Christmas)の年2回ある他、国内ではバーミンガムやエジンバラ、海外でもオーストラリアやオランダ、南アフリカ、ニュージーランド、アラブ首長国連邦の9都市で、全13のフードフェスティバルが開催されている。私はたまたま無料チケットをもらったけれど、なんと入場料は前売りで£19、当日券で£22もする。けっこう無料券を配っていたり、2 for 1割引(2人で1人分)のプロモーションをしていたので、正規の値段を払って来てる人はあんまりいないんじゃないかと思うけど。会場内でも、当然物を買うのも飲んだり食べたりするのは有料。お店は現金やカードが使えるけれども、レストランのブースでは、Crown(2 crown = £1、£10/20 crown単位で買える)という会場内だけで使える通貨を買わないといけないといけくて、Crownが余らないように(または足りなくならないように)、計算しながら飲み食いしないといけないのが面倒くさい。どうして、決済に現金使っちゃいけないんだろう?変なシステムだわ。

I went to Taste of Christmas (Dec 4 – 6) at ExCel exhibitions and conference centre in Docklands, London. Taste of Christmas is one of the biggest food festivals in UK, and gathers London’s 14 popular restaurants and over 150 shops and companies selling food & drinks and anything related to food, together under one roof. It is perfect place to shop groumet foods for Christmas, from chocolate and sweets, cheese, chutneys and dips, cheese, wine and alcoholic drinks, to gifts and kitchen products. It was so full of people that it’s hard to approach to the booth I wanted to take a look at. There were plenty of samples and tastings, and I was quite full and tipsy when I came out of the exit.

Taste Festivals organizes 13 ‘Taste’ food festivals across the countries and abroad; twice in London summer (Taste of London) and winter (Taste of Christmas) as well as Birmingham and Edinburgh, and 9 oversea cities in Australia, Netherlands, South Africa, New Zealand, Ireland and UAE. I got complimentary tickets but normally the ticket costs £19 (£22 on the door)! I heard they gave away lots of complimentary tickets and had 2-for-1 offer, so I believe many people at the Taste of Christmas didn’t pay full amount of the ticket or at all. You have to pay food and drinks at the festival (of course) in addition to the entrance fee – so this expensive entrance fee seems quite a rip-off!  You can use cash as well as credit card at the shops, but you have to buy ‘Crown‘ when you want to eat from the restaurants booths. Crowns are the currency of Taste of Christmas (2 Crowns = £1), and come in booklets of £10/20 Crowns. It is really annoying system that you have to calculate to finish all the Crowns you have, or you have to buy an additional booklet of Crowns cost £10, if you don’t have enough Crowns to buy your food – why can’t we use cash???

Reblog this post [with Zemanta]

Confluence: Akram Khan & Nitin Sawhney @ Sadler’s Wells

Vodpod videos no longer available.

 

ダンスがメインの劇場、Sadler’s Wells Theatre(サドラーズ・ウェルズ劇場)で開催中のSvapnagata Festivalの演目、「Akram Khan & Nitin Sawhney: Confluence」を見た。友人が、一緒に見る予定だった人が突然来れなくなったというので、講演の前日に誘ってくれたのだ。前から数列目と言うとても良い席で、パフォーマンスを目の当たりにできた。

Svapnagata(サンスクリット語で「Dreaming(夢見ている)」の意) Festivalは、2週間に及ぶインド音楽とダンスのフェスティバル。Confluence(26〜28日)はそのトリを務める公演で、世界初演となる。Confluence(合流、群衆、集合)は、Zero Degreesゼロ度・2005年)やBahok(バホーク・2008年)でも共作した、バングラデシュ系イギリス人のダンサー/振付師であるAkram Khanアクラム・カーン)とインド系イギリス人の作曲家・Nitin Sawhneyニティン・ソーニー)がコラボ。彼らのルーツである南アジアの文化的・精神的影響を探る作品だ。

ゼロ度は、私たちの好きなイギリス人アーティスト・アントニー・ゴームリーが製作した人形を舞台で使っているというので、同じくサドラーズ・ウェルズで見たのだが、その時に、カーンのダンスに初めて出会った。Confluenceでも彼の魅力は充分生かされ、北インドの古典舞踊カタック(Kathak)の踊り手でもあるカーンの、しなやかで力強いダンス、流れるような手の動き、ぶれない高速旋回、そして足に鈴をつけて踊るカタックの見事なステップが、半透明のスクリーンに幽玄的にぼんやりと浮かび上がる、スクリーンの後ろで演奏するミュージシャンたちの奏でるソーニーの美しい音楽と見事にマッチしていて、観客を魅惑・熱狂させた。古典舞踊とコンテンポラリー・ダンス、そして伝統的音楽と現代音楽を融合させた、素晴らしいパフォーマンスだった。残念だったのは、1時間ちょっとという短い公演時間。もっと見たかった!

I went to see “Akram Khan & Nitin Sawhney: Confluence“, a part of Svapnagata (meaning ‘dreaming’ in Sanskrit) Festival, two-week festival of Indian music and dance, at the Sadler’s Wells Theatre which specialises in dance. My friend asked me to join her the day before, as she got a spare ticket because her friend couldn’t make it. She got great seats which were only few rows away from the stage and we could see the performance up close.

Confluence (Nov 26 to 28), which was the festival’s climaxes and its world premiere, is a joint creation by Bangladeshi-British dancer/choreographer Akram Khan and Indian British composer Nitin Sawhney, who also previously collaborated in Zero Degrees and Bahok. In Confluence, Khan and Sawhney explore their cultural and psychological mix of influences.

I went to see Zero Degrees at the Sadler’s Wells because British Artist Antony Gormley was also involved in the creation, and it was my first experience with Khan’s mesmerizing dance. Khan, also a dancer of Northern Indian classical dance Kathak, showed us his elastic but powerful dance, streaming hand movements, stable high-speed turns, and beautiful steps of Kathak and the sound of the bells worn around his ankles, and these perfectly matched with Sawhney’s beautiful music on its simple stage. The scenes that silhouettes of musicians who were playing behind the screen came to dimly appear through the thin screen was pretty mysterious. It was a stunning performance which mixed classical Indian dance / contemporary dance and traditional music / modern music, and excited the audiences. I wish the performance was a bit longer (it was only 1 hour and 15 min)!

photo: Morley von Sternburg

photo: Morley von Sternburg

Reblog this post [with Zemanta]

east festival @ London East End

east Festival 2009 brochureAllofUs Digital Installation: After Xenakis and Le Corbusier

3月5日から10日まで、ロンドン・イーストエンドで、Mayor of London(大ロンドン市長)主催、「East」フェスティバルが開催中だ。期間中は、Central East 地区(シティショーディッチホクストンホワイトチャペルスピタルフィールズ)、ハックニーストラットフォードのエリアで、パフォーマンス、アート、歴史、ファッション、デザイン、映画、食などに関連する、300以上のイベントが行われている。以前にも、私の住むハックニー区について書いたが、東部ロンドンは、南アジア系等多様な移民文化を感じさせるとともに、アーティストやクリエイターが多く住むエリア。ストラットフォードは、2012年ロンドン・オリンピックの開催地となっている。

上の写真は、「AX&L(After Xenakis and Le Corbusier)」という、スピタルフィールズ・マーケットに設置された、インタラクティブ・インスタレーション。バービカン・センターで開催中の「Le Corbusier: The Art of Architecture」(ル・コルビジェ:アートとしての建築)展と、現代音楽作曲家のIannis Xenakisヤニス・クセナキス)のコンサート/映画に触発された、このコンクリート製の石臼のようなインスタレーションは、デザイン・コンサルタントのAllofUsが、2人のマエストロの数学的原理を採用して、East(東)の音とスペースを構成したものらしい。石臼のように上の部分を回すと、奥のスクリーンの映像と音楽が、それに呼応する。でも正直、映像と音楽が何を意味しているのかよくわからなかった。スクリーンも小さく、インパクトがない。またスクリーンの映像、情報デザインも、よくできている、とは言いがたい。ありがちな、意図は高邁だが、結果は???な「アート」か。

From March 5th to 10th, East End of London is hosting the  ‘East‘ festival (curated by Mayor of London), celebrating the rich creative mix of the area. The festival features more than 300 events covering performance, art, history, fashion and design, film and food, across Central East (The City, Shoreditch, Hoxton, Whitechapel, Spitalfields), Hackney and Stratford. As I wrote about a borough of Hackney, where we live, East London has the unique mix of a variety of immigrant cultures and cutting edge arts and creations. Stratford will be the primary location of the 2012 Summer Olympics.

The photo above is an interactive installation ‘AX&L‘ (After Xenakis and Le Corbusier) at Spitalfields Market. Inspired by the Barbican’s exhibition ‘Le Corbusier: The Art of Architecture‘ and the modernist composer Iannis Xenakis documentary/concert, design consultancy AllofUs has adopted the mathematical principles of the two masters to form sound and spatial compositions especially for East. When you turn the top of this concrete ‘piloti’, the screen and music corresponds to the movement. However, its screen is too small and doesn’t give much impact. I also didn’t understand how the images and sounds represent the east end, and graphics and information design is not quite well done as well – another ‘great idea but the result is weak’ installation.

Reblog this post [with Zemanta]