Tag Archives: フォトグラム

William Klein + Daido Moriyama @ Tate Modern

テートモダンの「William Klein + Daido Moriyama」(10月10日〜2013年1月20日)展は、アメリカ人フォトグラファーで映像作家のウィリアム・クラインと、1960年代の「プロヴォーク」ムーブメントで名を上げた森山大道という二人の写真家の、1950年代〜現代までの作品を展示。スナップショット、ブレやボケの意図的使用、粒子の粗いモノクロ写真といったヴィジュアル的に似た作風、そして、都市の貧困やグローバリゼーション、反戦デモやゲイ・パレードといった、人々の日常生活や政治的抗議行動を作品対象とするなど、共通点の多い二人の作品が同時に鑑賞できる。また、写真のみならず、グラフィックデザインを取り入れた、パイオニア的作品も展示されている。

最初の7部屋はクラインの作品室で、彼のホームタウン・ニューヨークや東京、ローマなどのストリート写真、ファッション写真、タイポグラフィーをモチーフとした初期の絵画、フォトグラム、「ポリー・マグーお前は誰だ?」や「ミスターフリーダム」等の風刺映画、コンタクトシート(ベタ焼き)にペイントを施した作品など、彼の抽象画家、映像作家、ドキュメンタリー作家、グラフィックデザイナーとしての多彩な作品群が見られる。対照的に、後半の森山大道の6室は、良く知られた東京の都市風景を撮影した作品や、様々な道路や高速の車窓からの光景、北海道の街角を捉えたスライドショー等、写真が主で、彼や他の写真家が自身の作品の発表の場とした雑誌「プロヴォーク」も展示されている。

確かに普通の人々や日常生活をテーマにした粒子の粗いモノクロの写真という作風は似ているが、作品から受ける印象は全く違う。対象に自身の存在を知らしめ、対象と交流して得た反応を撮る事を好んだクラインの作品は、エネルギーに満ち、対象が生き生きしている。逆に、森山の作品は、対象とは感情的に距離を保ち、時に挑戦的かつセンセーショナルに都会の暗部を見せつける。田舎の風景は、牧歌的で情緒があるというより、うら悲しくてどこか陰鬱だ。この展覧会を見る限りでは、私はクラインの写真の方が好きだな。

→写真上はクライン、下は森山作品。森山氏のインタビュー記事。参照写真:BBC / Telegraph

Tate Modern’s “William Klein + Daido Moriyama (Oct 10 – Jan 20, 2013)” is double retrospective of the influential American photographer and filmmaker William Klein and Japanese photographer Daido Moriyama who merged from Japanese Provoke movement of the 1960s. With work from the 1950s to the present day, the exhibition demonstrates the visual affinity between their urgent, blurred and grainy style of photography and also their desire to convey street life and political protest, from anti-war demonstrations and gay pride marches to the effects of globalisation and urban deprivation. The exhibition explores not only photography itself but also pioneering use of graphic design to their works.

First seven rooms showcase Klein’s street shots in his native New York as well as Tokyo and Rome, fashion shoots, early paintings incorporating typography, photograms, satirical films of Mister Freedom and Who Are You Polly Maggoo?, and painted contact sheets, to prove his diverse talent as abstract painter, filmmaker, documentarian and graphic designer. Unlike Klein’s wide-ranging works, Moriyama’s 6 rooms after Klein’s focus more on photography, especially his well-known cityscapes of Tokyo, as well as scenes from the various routes and highways throughout Japan, close-ups of everyday objects, slideshow of northern island of Hokkaido, and the issues of Provoke magazine in which Moriyama and his contemporaries showcased their works.

Both photographers captured the ordinary people and lives in grainy black & white photos. But impressions from their works are quite different. Klein wanted the viewer to be aware of his own presence at the scene and interacted with his subjects to provoke a response. His photos are vibrant and powerful. On the other hand, Moriyama emotionally detaches from his subjects, and his photos of urban life often provocative and sensational, disclosing darker side of the city that you don’t want to see. The scenes of the isolated countryside are sad and depressing, instead of peaceful or picturesque. Overall, I have to say that I prefer Klein to my fellow Japanese, Moriyama in this exhibition.

→above photos: Klein’s / below: Moriyama’s. More photos: BBC / Telegraph

Shadow Catchers: Camera-less Photography @ Victoria & Albert Museum

最近始まった、ビクトリア&アルバート博物館の「 Shadow Catchers: Camera-less Photography」展(10月13日〜2011年2月20日)は、5人の現代アーティスト(Floris NeusüssPierre CordierSusan DergesGarry Fabian MillerAdam Fuss)が、カメラを使わずに作り出した写真作品を集めた、ユニークな展覧会。

アーティストたちは、影を投げかけたり、光を操作したり、化学的に紙の表面を処理して、作品を作り出す。カメラを使わない写真には色々な手法があり、主なものには、印画紙の表面を直接加工して作り出すChemigram(ケミグラム)、光と印画紙の間に置いたオブジェが遮光また光の加減を弱め、その形を浮かび上がらせたりするLuminogram(ルミノグラム)、印画紙の上に直接物を置いて感光させるなどの方法により制作されたフォトグラムがある。時にはいくつかの手法を組み合わせることも。現実を記録したカメラ写真と違い、カメラを使わずに作られた作品は、どこかミステリアスで幻想的。小規模ながら興味深い展覧会だ。

V&A’s new exhibition “Shadow Catchers: Camera-less Photography” (October 13 – February 20, 2011)  is an unique show presenting the work of five contemporary artists; Floris Neusüss, Pierre Cordier, Susan Derges, Garry Fabian Miller and Adam Fuss, who work without a camera.

The artists create images on photographic paper by casting shadow and manipulating light, or by chemically treating the surface of the paper. Camera-less photographs can be made using a variety of techniques, the most common of which are the Photogram, the Luminogram and the Chemigram, and sometimes these methods are used in combination.

In compare to photographs taken by a camera, documenting reality, camera-less photographs are more enigmatic and somehow dreamlike. “Shadow Catchers” is in small scale, but fascinating and captivating.

Enhanced by Zemanta