Tag Archives: フレッシュ

Comptoir Libanais: Lebanese Canteen & Delicatessen @ Wigmore Street

中近東料理レストランLevantPashaKenzaのオーナーで、アルジェリア生まれのTony Kitousが、ヘルシーでフレッシュなレバノンの家庭料理を気軽に楽しめる店を、とオープンさせたカジュアル・レバニーズ・チェーン・Comptoir Libanais(コントワール・リバネ)。「レバノンのカウンター」を意味する名前のこのお店は、ヨーロッパ最大規模の都市型ショッピングセンター・Westfield Shopping Centreにある一号店のほか、私たちが行った、ロンドンのショッピング・エリアであるオックスフォード・ストリートの北を平行して走っているWigmore Street店など、ロンドンに計4店を展開する。

オレンジ色のシェードが目印のカラフルなお店の中に入ると、長いショーウィンドーには、中近東のスイーツや、ファラフェルコフタなどをPita (ピタ:中近東のパン)でくるくる巻いたWrap(ラップ)、フンムスババ・ガヌージュタッブーレなどのメゼが並んでいる。その向かいは、可愛い買い物かごや、オリーブ油やクスクス、ピクルスなどの食料品が並ぶ大きな棚と細長い客席。奥には、キッチュなチューインガムのパッケージや巨大な女性の顔が描かれた壁に沿って、テーブルが並んでいる。メニューの表紙にも同じ女性の顔。メゼ類は単品でも頼めるし、何種類かのメゼがのったplatter(盛り合わせ)もある。今日注文したのは、Mezze Platter(1人分£6.75)、Coffee & Cardamom cheesecake(コーヒーとカルダモンのチーズケーキ£2.95)、レモネード(£1.80)とフレッシュミントティー(£1.80)。Mはピタが2枚しかついてなかったのが不満らしいけれど、メゼ・プラッターはフレッシュで味もまずまず。元フランス領だけあって、西洋風スイーツにハーブでひとひねりしたチーズケーキは、ちょっと大きすぎるけれど、甘すぎず、カルダモンの味がエキゾチック。

Comptoir Libanaisは、ちゃんとした食事と言うより、気軽に食べれるランチやおやつにぴったり。店内はキッチュで明るくて居心地もよく、私的には、椅子の座り心地が悪いYalla YallaよりComptoirの方が好きだな。

The owner of Middle Eastern restaurants, LevantPasha and Kenza, Algeria-born Tony Kitous opened casual Lebanese chain Comptoir Libanais (which means “Lebanese counter”) canteen and delicatessens, where you can enjoy healthy and fresh home-style Lebanese dishes. After the first restaurant at Westfield Shopping Centre, now the chain has total of four places in London, including the one we went on Wigmore Street, parallel to the biggest shopping area in London, Oxford street.

You can easily spot Comptoir with its orange shade, and when you go through the entrance, you see a long show windows filled with middle eastern sweets, wraps with falafel or kofta, and a variety of meze such as HummusBabaghanoush and Tabbouleh. In front of the show windows, there are big shelves with cute shopping bags, groceries such as olive oils, cous cous and pickles, as well as long and narrow colorful tables for seating. On the back is also a seating area, surrounded by the walls with kitsch illustration of chewing gum packages and a huge face of a Lebanese? girl. The same girl is on the cover of the menu as well. You can order mezze à la carte or a platter with several meze on one plate. Today we ordered Mezze Platter (£6.75 for one person),  Coffee & Cardamom cheesecake (£2.95), Lemonade (£1.80) and Fresh Mint Tea (£1.80). Although M was not happy that they gave him only 2 small pita bread, the meze platter was fresh and good. The cheesecake was a bit too big, but not too sweet and quite exotic – it is a good twist to add exotic herb to a Western desert.

Comptoir Libanais is more for lunch or afternoon snack than formal dinner, but it is pretty fun, cute and comfortable to stay. For Lebanese, I prefer Comptoir than Yalla Yalla, where is also cute but its chairs are really uncomfortable.

Reblog this post [with Zemanta]

Kitchen Italia @ Covent Garden

Westfield shopping centre(ウェストフィールド:ヨーロッパ最大の都市型ショッピングセンター)に続き、コベントガーデンに最近オープンした、Kitchen Italia(キッチン・イタリア)の2号店。HushVillandryなどを経営する、元弁護士のJamie Barberがオーナーだ。入口はちょっとケバケバしいけれど、Wagamamaを思わせる長テーブルが何列か置かれた、カジュアルだけれどスタイリッシュな店内は、広々としていて明るい感じ。あのPizza Eastを手がけたのと同じ人物が内装を担当したそうだ。私たちは午後遅めに行ったのだけれど、出る頃にはすでに、シアターに行く前に食事に来た人たちが席を埋めつつあった。開店時間は、朝11時から夜11時半(日曜は10時半まで)。観劇の後でも食事できるよう、11時で閉まってしまう通常のレストランより少し遅くまで開いている。

キッチン・イタリアのフレッシュなパスタは手作りで、ピザは炭火で焼かれる。値段もリーズナブルで、パスタなどは全て10ポンド以下。メインはあまり種類はないけれど、炭火焼のステーキやチキンが£12.95でいただける。サイドディッシュもいろいろあるけれど、野菜類が少なく、ピザやフォカッチャ、ブレッドスティックなど炭水化物系が多くて、パスタと一緒に頂くにはちょっと重いかも。この日、私はカルボナーラ、Mはフレッシュトマトのパスタを注文。カジュアルイタリアンにしては、なかなか美味しい。カルボナーラも、生クリームを使った亜流ではなく、卵、パルメザンチーズ、パンチェッタ(ベーコン)を使った、正統派レシピだ。食後のカプチーノとエスプレッソに、一口大のイタリア製アイスクリームがついていたのも気が利いている。

ロンドンにイタリアンは数あるけれど、安っぽいインテリアの、ステレオタイプのイタリアン・トラットリアか、高級イタリアンが幅を利かせる中で、ついに、おいしいイタリアンを気軽に、かつ洗練された場所でいただけるレストランが、ロンドンの中心部に出来たのが嬉しい。

After the original in Westfield shopping centre, the second Kitchen Italia just opened in Covent Garden. The owner, Jamie Barber, is an ex-lawyer and also owns Hush and Villandry restaurants. Although the entrance is a bit flashy with bright electric signage, the interior is casual but stylish with Wagamama-ish wooden long tables, created by the same person who did Pizza East, and the place is spacious and bright. We went there late afternoon, but when we left, there were already many people coming for pre-theater dinner. The opening hour is 11am – 11.30pm (10:30pm on Sundays). It opens a bit longer than usual restaurants that close at 11pm, so that people can have late dinner without rush after the musicals or shows.

Kitchen Italia’s pastas are handmade and fresh, and pizzas are char-grilled. The price is quite reasonable – a variety of pastas are all below £10, and mains such as chargrilled thin steak and chicken are under £13, though not much choice. There are many side dishes on the menu, but not much vegetables and quite a lot of carbohydrates such as pizzas, foccacia, and bread stick, which are a bit too heavy for a stomach to have with pastas. On the day, I ordered spaghetti alla carbonara and M had fresh tomato spaghetti, and these dishes were quite good as in a casual Italian restaurant. Their carbonara is not a cheat with cream but with eggs, parmesan cheese and pancetta (Italian bacon), as in the traditional recipe. It was a good gesture of them to give us a small ice cream in a cute package, with cappuccino and espresso after meal.

There are numerous Italian restaurants in London, I am glad that finally casual but chic Italian place comes out, other than stereotypical cheap trattorias with red and white table cloths or posh Italian that charge you hundreds.

Reblog this post [with Zemanta]

UK Sandwich/Cafe chain: EAT.

EAT. EAT. Tottenham Court Road

EAT.(EAT. Cafe)は、イギリスのサンドイッチ・チェーンで、1996年に最初の店をチャリング・クロス駅横にオープン。現在ロンドンを中心にイギリスに95以上の支店を展開する。サンドイッチの他にも、サラダ、日替わりのパイやスープ、寿司、デザート類を扱う。大量生産された食品を仕入れるのではなく、毎朝自社のキッチンで手作りされ各店に配達される、賞味期限はその日限りの「フレッシュ」なメニューが成功の秘密だ。また、ブラウンとホワイトのシンプルなロゴと、白木造りの椅子とテーブル等のインテリアが、他のチェーン店に比べてモダンで、カフェのチェーンの中では私たちの一番押し。ロンドンの至る所でEAT.を見かけるが、私たちのお気に入りは、トッテナムコートロードにあるお店。メゾネット形式の店内は広々としていて、ガラス張りの両サイドから、ロンドンでは貴重な太陽光が降り注ぐ。外にもテーブルがあって、夏の間は人通りの多いトッテナムコートロードを行き来する人々を観察できる、格好の場所だ。

イギリスは、南アジアからの移民が主にやっているCorner Shops(コンビニのように何でも扱う小規模の店)を除き、スーパーからファッション・ブティック、カフェ、ファーストフード、レストラン、ドラッグストア、本屋、文房具屋等まで、チェーンストアが氾濫している。個人店主の手が出ない、駅前の一等地や繁華街等地価の高いエリアは、チェーンストアのオンパレードだ。また最近の不況で、個人営業主が次々と倒産・閉店せざるを得ない中、資本力のあるチェーンがその空白を埋めつつあり、チェーン化が加速しているように感じる。

EAT. (EAT. Cafe) is a sandwich chain with over 90 branches in the UK, mainly in London. EAT. opened its first shop near Charing Cross rail station in 1996. There are sandwiches, wraps, soups, pies, salads, sushi, and desserts on their menu. The secret of their success is the ‘freshness’ of the foods – don’t buy a mass-produced sandwich, soup or salad from any factory but make them all by themselves by hand in their kitchen every morning, with a 1 day shelf-life. Their simple brown and white logo and natural interiors with white wood tables and chairs is warm but modern, and this is the reason why we like EAT. among other chains. Our favorite EAT. is the one on the Tottenham Court Road – this mezzanine style shop is pretty airy with lots of sunshine through large windows on both sides. The outside tables on the sideway of busy Tottenham Court Road are the perfect spot of human watching on a nice day.

Other than Corner Shops mainly owned by South Asian immigrants, UK high streets are occupied by a gang of chain stores, from supermarkets to a fashion boutiques, cafes, fast food, restaurants, drug stores, book stores, and stationary stores etc. There are chain stores one after the other on the busy high streets and around stations, where mum and pap stores cannot afford the rent. Especially under the recent recession, many independent stores have no other choice but to close their stores, and chains backed by big capital have been filling the space and expanding their empires.

Reblog this post [with Zemanta]