Tag Archives: ブラジル

Mira Schendel @ Tate Modern



テートモダンで開催中のMira Schendel展(9月25日〜2014年1月19日)は、20世紀のブラジルアート界における最も重要なアーティストの一人で、ヨーロッパのモダニズムをブラジルで再構築した、Mira Schendel(ミラ・シェンデル)の回顧展。1950年代の初期の作品から1987年の最期のシリーズ作品まで、250以上の絵画、ドローイング、彫刻作品が集められている。

1919年にチューリッヒでユダヤ系の両親の元に生まれたシェンデルは、イタリアでカトリック教徒として育てられた。この経験が、後のアート制作における精神的かつ哲学的アプローチに繋がっている。1938年、イタリアでユダヤ人を排斥する法律が成立したことに伴い、イタリア国籍を剥奪され、大学を去ることになったシェンデルは、ユーゴスラビアを経て1949年にブラジルに移住、アーティストとしてのスタートを切る。またインテリのグループに参加、哲学者や精神科医等と交流することによって、美的感覚や哲学についての関心を深めた。初期の頃は、生活のためにグラフィックデザイナーとして働き、本の表紙やポスター、イラストレーション等も手がけている。

シェンデルは多作で多面性を持つアーティストとして知られる。独学で、ジョルジョ・モランディジョルジョ・デ・キリコパウル・クレーなどの作品から静物画、非対称性、建築的構成を学び、彼女の作品には、レトリスムカラーフィールド・ペインティングミニマル・アートコンセプチュアル・アートの要素が見られ、ブラジルのアバンギャルドに衝撃を与えたConcrete art具体芸術)やNeo-concre art(新具体芸術)運動に貢献したが、特定のアートムーブメントには属さなかった。生涯、ブラジルやヨーロッパの詩人や哲学者、神学者たちと交流を続け、宗教や哲学の問題や、物質的・文化的・言語学的置換を作品の重要なテーマとした。また、東洋の宇宙観や中国の水墨画からも影響を受け、水墨画風の作品も制作している。

言葉やイメージの組み合わせ、空間や時間を象徴するらせん形のモチーフ、半透明のライスペーパーの使用などに代表されるシェンデルの作品は、繊細で静謐、そして奥が深い。ブラジル以外ではあまり知られていないのが意外だ。

Mira Schendel exhibition at Tate Modern (Sep 25 – Jan 19, 2014) is a major retrospective of one of the most significant and influential Brazilian artists of the 20th century, Mira Schendel, who reinvented European Modernism in Brazil. The show features more than 250 paintings, drawings and sculptures, from her early paintings during the 1950s to her last series in 1987.

Schendel was born in Zurich in 1919 to parents of Jewish heritage, but grew up in Italy as a Catholic, and this experience contributed to her profoundly spiritual and philosophical approach to her art making. In 1938, she was stripped of her Italian nationality and forced to leave university when anti-Semitic laws were introduced in Italy. After fleeing to Yugosalvia and then Brazil in 1949, she began her career as an artist. She joined an intellectual circle and there explored ideas concerning aesthetics and philosophy. She also worked as a graphic designer, producing book covers, posters and illustrations to make a living at her early career.

Schendel was a prolific and complex artist. Largely self taught, she drew inspiration for her still-lifes, interiors and asymmetrical, architectonic compositions from artists such as Giorgio Morandi, Giorgio de Chirico and Paul Klee. Her works contain elements of Lettrism, Color Field paintingMinimalism and early Conceptual art, but she was never associated with a single movement while having contributed to the Concrete art and Neo-concre art movements that stormed the Brazilian avant-garde. In life, Schendel was an keen reader and continued correspondence with poets, philosophers and theologians throughout Brazil and Europe, and as a result, physical, cultural and linguistic displacement are key themes in her work, together with issues of religion and philosophy. She was also influenced by Far Eastern cosmovision and created works inspired by Chinese painting.

Schendel’s work, characterized by such as combining word and image, using spiral motifs which signify an image and an investigation of space and time, or applying on semi-transparent rice papers, and is rather quiet and delicate yet profound. It is surprising that she is little known outside Brazil!

言葉や詩を探求したシリーズ作品・Graphic Objects。1968年のヴェネツィア・ビエンナーレにお目見えした。

Graphic Objects, a collection that explores language and poetry, first shown at the 1968 Venice Biennale

Still Waves of Probability, 1969

60年代のグラフィックデザイン作品。50年近くも前と思えないモダンさ。

Schendel’s graphic design work in 60s is still amazingly fashionable and modern in present time

Advertisements

Yoobi Temakeria Sushi @ Lexington Street, SOHO

Yoobiは、ブラジル風手巻き寿司を出す、ロンドン初の「temakeria」。「ブラジル風」寿司というと驚くかもしれないけれど、実はブラジルは世界最大の日系人人口を擁する国。コーヒー園で働くために1908年に移民が始まって以降、約100年間で13万人の日本人がブラジルに移住、現在約150万人の日系人が住むといわれる(Wikipedia)。去年リバプールストリート駅近くにオープンした、アメリカ発のレストラン・Sushisambaも同様のコンセプト(日本、ブラジル、これまた日系人の多いペルーのフュージョン料理)だが、カジュアルなyoobiと比べて値段も張る。

「yoobi」という店名は、日本語の「指」からきているそう。ここの手巻き寿司は、独自の米のブレンド、持続可能な魚、新鮮なワサビ、地元産の野菜など、クオリティーの高い食材を使用しているという。梨、ワカモレケッパーハラペーニョ、トマト、フィラデルフィアチーズ、クルトンなど、びっくりするような材料を使った寿司もあるが(メニュー)、さすがにいきなりクリエイティブ過ぎる寿司を頼む勇気はなく、無難にwasabi tuna(£3.20)、scottish salmon(£3.20)、yellowtail(ハマチ。£6.50)を注文。なんちゃって寿司の多いロンドン、最初yoobiに対しても半信半疑だったけれど、これらの手巻き寿司は丁度いいサイズで、値段も許容範囲、すし飯も具材も期待したより美味しかった。次はもう少し変わったメニューにも挑戦してみよう、かな??

Rio meets Tokyo in London. Yoobi is London’s first temakeria, serving freshly made temaki (‘hand roll’ sushi in Japanese), with Brazilian influence. It may sound crazy, but Brazil has more experience in sushi than British. Brazil has the largest Japanese population in the world outside of Japan. The first Japanese immigrants arrived in Brazil in 1908 to work in the coffee plantations, as a result of the decrease in the Italian immigration to Brazil. As of 2000, there were between 1.4 and 1.5 million people of Japanese descent in Brazil (Wikipedia). US-born Sushisamba has the similar concept, that mixes the cuisines of Japan, Brazil, and Peru (another country where a large number of Japanese descendants live), but it is more upscale than yoobi which is more like fast food.

The name ‘yoobi’ is derived from the word ‘yubi’, Japanese for fingers, which reflects the ‘hands on’ nature of their food, according to them. Their temaki rolls are made with high quality natural ingredients; from their own rice blend to sustainably-sourced fish and from fresh wasabi to locally sourced vegetables. Some of their ingredients are never used in Japan, such as asian pear, guacamole, capers, jalapeño, tomatoes, philadelphia, and croutons (menu), and I didn’t have enough courage to try those creative recipe. Instead, we chose safe option of fresh wasabi tuna  (£3.20), scottish salmon (£3.20) and yellowtail (£6.50). At the beginning, I was a bit suspicious about yoobi, as many sushi in London are phony, but those temaki rolls were in reasonable size and pricing was justifiable, and the taste was enjoyably good. Next time, I promise to try a little bit more challenging kinds.

Brazilian’s Demonstration @ Trafalgar Square

6月初旬、公共交通料金値上げに端を発し、全土に広がったブラジルのデモ(詳細)、2週間以上経った今でも、汚職撲滅、公共サービスの向上、お金のかかりすぎるW杯反対など、社会のあらゆる不満が噴出し、収まる気配を見せない。

先週17日、たまたまトラファルガー広場を通りかかったら、叫び声や音楽やら何やら騒がしいので、野次馬根性で見に行ってみたら、ブラジルの国旗だらけ。最初コンフェデ杯の応援かと思ったら、どうやら母国のデモに呼応し、ロンドンでも抗議に集まったようだ。でも、ラテン気質のブラジル人、本人たちはいたって真剣なんだろうけど、笑顔で記念撮影したりお喋りに花を咲かせたり、イギリスの真面目顔の参加者がひたすら叫ぶデモと違い、どこか楽しそう。ブラジルに行ったことがないので、これほどの人数のブラジル人が勢ぞろいするのを見るのは初めて。ちなみにWikipediaによると、2007年の統計ではロンドンには違法合法合わせて13〜16万人以上のブラジル人が住んでおり、主に清掃業、ホテル、宅配便やデリバリー、建設業に従事しているそうだ。

Public demonstrations in Brazil has spread nationwide and has no sign of cooling down after over two weeks (wikipedia). Initially organized to protest increases in bus, train, and metro ticket prices in early June, but came to include other subjects such as corruption, crimes, poor public service such as education and public health, and high-priced World Cup and Olympics.

When we were around Trafalgar Square on 17th last Monday, we heard shouts and musics nearby. So we came closer to the noise, and found lots of Brazilian flags. At the beginning I thought Brazilian football fans gathered to watch the Confederations Cup game, then realised that this was a demonstration to support the protests in their home country. In compare to British demonstrations with serious looking protesters screaming and showing out angrily, Brazilian counterparts looked rather happy and enjoyed taking photos and chatting with their friends. I’ve never been to Brazil and never seen so many Brazilians together in one place! According to Wikipedia, community groups estimated in 2007 that between 130,000 and 160,000 Brazilians were likely to be living in London (I guess including both legally and illegally), and their most common jobs were involved in the cleaning industry, hotel work and catering, other services, couriers, and theconstruction industry.

 

Olympic Women’s Football Quarter Final @ Cardiff Millenium Stadium

私のオリンピック体験2番目は、ウェールズの首都・カーディフミレニアム・スタジアムで行われた女子サッカー準々決勝、日本対ブラジル戦。カーディフまではパディントン駅から電車で2時間ちょっと。Super Off-Peak Returnという混雑時以外に使用できる割安切符でも往復£67.50(約8250円)かかる(see past entry for more about train fare)。ロンドンの会場で行われる試合は、チケット代にゾーン1〜9内乗り放題の1日券が含まれているのに、ロンドン以外の会場だと何もなし。甚だ不公平だ。そもそも「ロンドン・オリンピック」と銘打っているにも関わらず、男女ともサッカーの試合は、ウェンブリー・スタジアムで行われる数試合を除き、グラスゴーニューカッスルマンチェスターコヴェントリー、カーディフと、ロンドン以外のスタジアムで行われる。ロンドンは、ウェンブリー・スタジアムに加え、3万5000人以上収容できる大規模スタジアムが5つもあるのに(エミレーツ・スタジアムスタンフォード・ブリッジホワイト・ハート・レーンブーリン・グラウンド)、どうしてオリンピックで使用わないんだろう?LOCOGロンドンオリンピック・パラリンピック組織委員会)が、他都市にもオリンピック気分を味わってもらうためにそうしたのではないかと勝手に推測しているのだけれど、各地への移動を強いられる選手たちやサポーターにとっては、移動時間も出費もかかるし、たまったもんじゃない。

でも、2−0で日本が勝ったし、カーディフの人たちは皆フレンドリーだったし、翌日カーディフ観光も楽しんだということで、無駄足ではなかった。またカーディフ観光については後日書きます。

My Olympic game no.2 was the women’s football quarter final at Millennium Stadium in Cardiff. Cardiff is about two hours away by train from London Paddington station, and it cost £67.50/pp for Super Off-Peak Return fare, which is cheaper than normal fare but not cheap for supporters travelling from London (過去のエントリー. It is unfair that an Olympic ticket for any London venue includes one day travel card which you can travel free of charge within zone 1-9 (basically anywhere in London), but nothing for non-London venue. It’s a bit strange as it is called ‘London’ Olympic, but most of the Olympic football games both women’s and men’s tournaments are held outside London, except some at Wembley Stadium; in Glasgow, New Castle, Manchester, Cardiff and Coventry. London has five large football stadium with a capacity of over 35,000; Wembley StadiumEmirates StadiumStamford BridgeWhite Hart Lane, and Boleyn Ground, and I don’t understand why these stadium can’t be used for the Olympics! I guess that LOCOG intends to share some excitement with other British cities, but it is not nice for footballers and supporters who have to travel all over the country to see the games.

However, Japan beat Brazil 2-0 and we enjoyed sightseeing of Cardiff the day after, so it was worth it at the end of the day. And everyone was nice in Cardiff :) I will talk about my trip to Cardiff later.

試合後のインタビュー / Interviews after the game

試合後の鮫島彩選手 / Aya Samejima of Japanese team

Cabana Brazilian Barbecue @ Central St Giles, Covent Garden

Central St Gilesに入っているブラジリアン・レストラン・Cabana(カバナ)に行った。オリンピック・サイトにあるWestfield Stratford Cityに第一号店があり、ここは第二号店。側面ガラスに覆われた、陽当たりのいい明るい店内に入ると、大きなオープンキッチンが見える。ここのメニューは、Skewers(ブラジル風串焼きバーベキュー・シュラスコ)とブラジルのストリートフード(小皿料理)、サラダ、サイドディッシュ、そして1950年代にサンパオロで二人のシリア人兄弟が始めたというシリアの平パンを使った「Beirut」というサンドイッチ等々。

注文したのは、Chimichurri Black Gold Steak(チミチュリ・ソース味のステーキ113.4g:£5.95)、Chilli Cumin Lamb Fillet(チリとクミンで味付けしたラム肉フィレ113.4g:£5.95)のSkewer串焼き2品と、Black bean soup shot(黒豆のスープ£2.95)、Biro-Biro rice (ガーリック、ハーブ、ネギ、エシャロット入り炒めご飯£2.85)、そしてCassava chips(キャッサバのフライ£3.45)の計5品(写真上・写真)。Skewerは2皿とも、お肉も柔らかくて味つけもいい。ライス、スープ、キャッサバも美味しい、んだけれども、全体的に量が少ない。メニューはオンス表記だったので、実際に肉を見るまでどのくらいの量が分からなかった。黒豆のスープなんて、お子様用?と思うような小さなカップ入り。ウェイトレスのお姉さんから、お肉のお代わりが必要ならこれを裏返して、ってコースターのようなものを渡されたが、Rodizio Ricoという食べ放題で人気のブラジリアン・チェーンと違い、追加オーダーになるという(まあ値段的に仕方ないけれど)。ということは、レストラン側も、これじゃ全然足らないことを知っていて量設定をした、確信犯なのか。Mはもう1皿欲しいとごねたけど、私は何となく嵌められたような気がして悔しいので、意地で追加は頼まず。結局Mが全然物足りないというので、カフェに移動してケーキでお腹を誤摩化したのだった。

Cabana is a Brazilian barbecue restaurant at Central St Giles. This is their second venue after Westfield Stratford City in Olympic site. The restaurant is spacious and lots of light coming through all-glass walls, and there is a big open kitchen on one side. Their menu consists of skewers, Brazilian street food (small dishes), salad, side dishes, and ‘Beirut’, Syrian flatbread sandwich invented in Sao Paulo in the 1950’s by two Syrian brothers.

We ordered total of 5 dishes (photo above & photo); Chimichurri Black Gold Steak (4oz/113.4g £5.95), Chilli Cumin Lamb Fillet (4oz/113.4g £5.95), Black bean soup shot (£2.95), Biro-Biro rice (£2.85) and Cassava chips (£3.45). The skewers meat were both succulent, and all the dishes passed our criteria. However, the portion was too small and failed to fill up M’s empty stomach. The menu is written in ounce which I still don’t know how to convert, and we had no clue how much until we actually saw the dishes. Black bean soup was literally  ‘shot’, served in kid’s portion. A friendly waitress gave us a coaster to flip if we need more meat, but this would be a new order, not like popular Rodizio Rico with all-you-can-eat barbecue. It is understandable considering the price, but I believe the restaurant know that the amount is not enough and and is sure people have to order more! I was too upset about their ‘conspiracy’ and didn’t want to order more, fighting with M who wanted to, and we ended up going another café to satisfy M’s stomach…

ナプキンには可愛いサッカー選手のイラスト / cute illustration of a footballer on a paper napkin

Central Saint Giles Designed by Renzo Piano

イタリア人建築家・Renzo Piano(レンゾ・ピアノ)がデザインし、2010年5月に完成したCentral Saint Giles。レンゾ・ピアノのイギリス初の作品となったこのビル群は、オフィス、住居、ショップ&レストランの商業スペースを兼ね揃えた複合施設で、外側は13万4千もの光沢のあるテラコッタ・タイルで覆われている。日本の三菱地所も出資しているというこのビル、Tottenham Court Road(トッテナム・コート・ロード)駅東側という好立地ということもあり、住居部分は、ロンドンでの拠点にするため、またロンドンで勉強する子女の住居として、主に香港、シンガポール、マレーシア人に買われたらしい。建物には、屋上緑化をはじめ、環境に優しい様々な仕掛けが施されており、バイオマス・ボイラーは80%の暖房と温水をまかない、冷却タワーから排出される水は灌漑用、そして水洗トイレに再利用されるそうだ。

商業エリアは、最初はテナントも少なく閑散としていたが、またかのジェイミー・オリバーのブリティッシュ・Union Jackをはじめ、ハンバーガー店・Byron、ブラジルのストリートフード・Cabana、イタリアンのZizzi(味はファミレス並みでお勧めしないけど)、スイーツの美味しいカフェ・Peyton & Byrne、そしてヘルシー・ファーストフードを謳うPod(近日オープン)と、チェーン系レストランが徐々にオープン、なかなかの賑わいになった。チェーンばかりであまり特別感はないけれど、ロンドンのど真ん中という立地に加え、レストランは広くて席数が多いので、食事難民になりかけた時に便利かも。

Central Saint Giles is a mixed-use development (residence, office and commercial spaces) on the east of Tottenham Court Road station. Designed by renowned Italian architect Renzo Piano as his first work in UK, the façades of this building complex is covered by 134,000 green, orange, lime and yellow glazed terracotta tiles. Due to its excellent location, many housing units are reported to have been sold to buyers from Hong Kong, Singapore and Malaysia seeking accommodation for visits to London and for their children who study here. The development has been designed with a number of features intended to reduce its environmental impact: biomass boilers which provide 80% of the heating and hot water; re-use of the water discharged from the cooling tower for irrigation systems and the flushing toilets; planted roof terraces to absorb rainfall.

The commercial spaces were hardly occupied at the beginning, but little by little the spaces have been filled up by restaurants and cafés – Jamie Oliver (again!) ‘s British Union Jack, our favorite hamburger Byron, Brasilian street food CabanaZizzi Italian, café with yummy sweets Peyton & Byrne, and ‘healthy’ fast food Pod (opening soon). Mostly chains and nothing special, but the complex is located in the heart of London and the restaurants are large and have lots of seating, so it may be useful when you can’t find any place to eat – or if you are a big fan of Jamie and wants to contribute to his business!

Zizzi Italian

Jamie Oliver’s Union Jack

Brasilian Street Food, Cabana

Canela Brazilian / Portuguese Café / Bar @ Covent Garden

コベントガーデンに程近い、Upper Saint Martin’s Lane中程にあるラウンドアバウト近くにある、ポルトガル/ブラジリアン・カフェ/バー、Canela(カネラ)。このコヴェント・ガーデン店の他、カーナビー・ストリートにもお店がある。

黒木のインテリアでまとめられた小さな店内はシックでカジュアル、アットホームな感じで居心地がいい。フード類は、黒豆と肉を煮込んだシチューをご飯にをかけた、国民食とも言えるFeijoadaフェジョアーダ)やPão de queijoポン・デ・ケイジョ、チーズパン)、チョリソなどと言ったポルトガル料理や、サンドイッチ、サラダなど。デザートは、今やロンドンのいろんなカフェで見かけるPastel de Nataパステル・デ・ナタ)のほか、CanelaならではのBrigadeiro(ブラジルのチョコレート・ボール)、Quindimキンジン)など、ちょっと変わったものもいただける。

Canela is a Brazilian / Portuguese Café / Bar near a roundabout on Upper Saint Martin’s Lane in Covent Garden. They also have a branch near Carnaby Street as well.

Ccasual-chic interior of the café, decorated with black wooden tables and wine shelves, is cozy and you’ll feel comfortable like at home. Their Portuguese/Brazilian-inspired food ranges from the national dish Feijoada (a stew of beans with meats, served with rice), chorizo, and Pão de queijo (cheese breads), to more ordinary sandwiches and salads etc. On their desert menu, you find Pastel de Nata (custard tarts), now quite popular throughout London, or more rare Brazilian sweets such as Brigadeiro (chocolate balls) and Quindim.

温めてクリームをかけていただく、Banana cinnamon cake(バナナとシナモンのケーキ)に、Galão(ガラォン、ポルトガル風グラス入りカフェオレ)を注文。エスポレッソにシナモンスティックがついてくるのが、Canela風。でもブラジル人のウェイトレスのお姉さんにケーキの注文を忘れられていて、せっかくのコーヒーが冷めてしまったのが残念。

We ordered warm Banana cinnamon cake is served with cream and cinnamon powder, espresso, served with cinnamon stick, and Portuguese style caffè latte Galão. It was a shame that a Brazilian waitress forgot my cake and Galão got cold while I was waiting…

Reblog this post [with Zemanta]