Tag Archives: ブルック・シールズ

Nobuyoshi Araki’s ‘Geisha’ Bisazza Ad Banned

Bisazza Ad Campaign 2009Bisazza Ad Campaign 2009

9月29日付のBBCニュースによると、イタリアのインテリア用モザイクタイルの会社、BISAZZAの2009年広告キャンペーンで、縄で縛られ太ももがあらわになった着物姿の女性が、「既に行われたか、これから行われようとしている」性的暴力を示唆しているとして、ASA(Advertising Standards Authority/広告基準局:広告内容の公正さと正確さを監視するイギリスの広告基準審査機関)から広告の使用を禁止されたそうだ。この広告は、有名な日本人写真家・アラーキーこと荒木経惟によって撮影されたもので、「Elle Decoration」「Wallpaper 」「The World of Interiors」等に掲載された。BISAZZA社は、この写真は「芸術的」で、「過度の性的倒錯」を表すものではないと主張したが、ASAは、女性の服従的なポーズ、動揺したような表情、また着物の裾がまくり上げられて露になった太ももが、例え芸術的な処理がなされていても、性的暴力を暗示しているように見えると、同広告の使用禁止を命令した。

確かにアラーキーは海外でまあまあ人気がある。特に緊縛された着物姿の女性の写真なんかは、外国人の目にはエキゾチックに映るんだろう。男性にとってはそそられるのかもしれないが、彼の緊縛写真は女性差別的と捉えられることも多く、フェミニストたちの非難の的だ。亡き奥様の写真をはじめとする人物写真や都市風景等、他の作品は、とても良いものが多いのに、私も緊縛の写真はどうも好きになれない。対象の女性に愛があるとか言ってるけれど、私の目にはアラーキーと男性の「性欲」しか感じられない。イギリスでは、報道や表現の自由は大事だが、同時に犯罪、人権、また差別に対して敏感だ。小児性愛を喚起すると、ブルック・シールズの少女時代のヌード写真がテート・モダンの展覧会から排除されたことは昨日も書いた。日本の大人用漫画やポルノは、レイプや暴力、未成年との性交シーンが多すぎると有名だ。ちなみにイギリスのメディアでは、お色気満載のイタリアのテレビや広告も、男尊女卑的だとよく批判されている。

よって、私はこの禁止命令に賛成。

An advertisement showing a woman bound with rope and exposing her thighs have been banned by the Advertising Standards Authority (ASA), according to the BBC news on September 29. ASA said the image used by the Italian interior mosaic tile company BISAZZA implied sexual violence “had taken place or was about to”. The ads with the images of a Japanese geisha, taken by renowned Japanese photographer Nobuyoshi Araki, appeared in magazines such as Elle Decoration, Wallpaper and The World of Interiors. Bisazza told ASA that the image was “artistic” and did not show any “excessive perversion”. But the ASA replied that the geisha was “shown in a submissive pose, appeared visibly upset and was shown with her kimono pushed up to expose her thigh,” and the creative treatment could be seen to imply that sexual violence had taken place or was about to take place.

Araki is fairly popular abroad as well as his native Japan – especially his photographs of women in Kimono and tied with rope could be seen ‘exotic’ outside Japan. Though these photos are probably arousing for many men, but his works are often targeted by feminists as insults to women. His photographs of his late wife, portraits and city scape, other than ‘sexy’ ones, are very good and heart-warming, but his ‘bondage’ photos make me uncomfortable. Araki said he had love with his subjects, but I can’t feel any love but lust and men’s sexual desire. British strongly believe in freedom of speech and expression, but are also tough on crimes, human rights, and discriminations. Yesterday, I wrote that a nude photo of Brooke Shields when she was 10 year old was withdrawn, in relation to pedophilia. Japanese manga for adults and pornography are known for its violence, rape scene, and sex with minors. Also Italian ‘sexy’ TV programs and advertisements with full of half naked women are often under attack by British media, as male-chauvinistic.

My opinion: this ASA’s decision is completely reasonable.

Bisazza Ad Campaign 2009

Reblog this post [with Zemanta]

POP LIFE: Art in a Material World @ Tate Modern

POP LIFEPOP LIFE

10月1日より、テート・モダンの新しい展覧会「POP LIFE: Art in a Material World」が始まった。アンディ・ウォーホルは在りし日、「Good business is the best art.(よいビジネスは、最高のアート)」とのたまったが、「POP LIFE」は、1980年代から現在まで、商業とメディアを巻き込み、自身を「ブランド」として確立したアーティスト達に注目。ポップ・アーティスト元祖のウォーホルから始まり、キース・ヘリングジェフ・クーンズ等のアメリカ人アーティスト、ヤング・ブリティッシュ・アーティスト(YABs)の代表のダミアン・ハーストトレイシー・エミン、そして日本代表・村上隆と、マスコミ露出とセンセーショナルな作品で名を売ったアーティストたちの、カラフルで派手、良い意味でも悪い意味でも「POP(大衆的)」な作品が、一堂に展示されている。ブルック・シールズが10歳だった頃に撮影されたヌード写真が、当局によって「わいせつ物」として撤去されたとのエピソードや、一卵性双生児を自身の作品の前に2人揃って座らせるというダミアン・ハーストのアイデアも、ニュースになった。

露骨な性描写あり、動物のホルマリン漬けあり、馬の死体あり、巨乳のフィギュアヒロポン)あり、映画の中のナチスドイツ将校のポートレートありと、挑発的な作品のオンパレード。サーペンタイン・ギャラリーで行われた「ポパイシリーズ」の可愛いキャラクターものと打って変わった、クーンズの、自身と元妻&元ポルノ女優チッチョリーナの絡みの巨大な彫刻と写真で一部屋を埋め尽くした「アート」は、アートと呼べるのか?「ポップ」にリタッチされた以外は、ポルノ以外の何者にも見えない。マスコミお騒がせアーティスト、エミンの作品は、私生活暴露とアートの境界があやふやで、露出狂&悪趣味の代表格。村上の作品は、外国人の「奇妙な日本人」のステレオタイプを増幅するだけ。メイドカフェとか原宿のゴスロリ系の少年少女たちのおかげで、悲しいかな、イギリスでは日本と言えば「変な国」のイメージがかなり定着してるのだ。この展覧会では、ウォーホルの作品が、至極まっとうに見える。子供連れの方はご注意を!

と偉そうに言っている私も恥ずかしながら、アーティストの罠にはまり、密かに展覧会を楽しんだ、ゴシップや下世話なことが好きな大衆の一人なんである。

A new exhibition of Tate ModernPOP LIFE: Art in a Material World” started from today. Andy Warhol claimed “Good business is the best art.” – Tate Modern brings together artists from the 1980s onwards who have embraced commerce and the mass media to build their own ‘brands’. The exhibition includes; American pop artists Andy Warhol, Keith Haring, and Jeff Koons; YBAs (Young British Artists) Damien Hirst and Tracey Emin; and the Japanese king of pop Takashi Murakami and more – who have created sensational ‘arts’ and their own styles, have happily exposed themselves to media, and as a result, have sold their works for millions. Their artworks are colorful, loud, and ‘pop’ in good ways and bad ways. There were some episodes hit the news: a nude photograph of Brooke Shields when she was 10 years old was withdrawn after a warning from Scotland Yard that it could violate obscenity laws; and Damian Hirst was looking for identical twins to let them sit in front of his painting.

Bald sex scenes, a female figurine with big breasts,  a baby cow immersed in formaldehyde in a vitrine, dead horse, Nazi officers in movies – full of provocative works there. On contrary to his funny & cute “Popeye series” at Serpentine Gallery, Koons’ huge sculpture and photographs of himself having sex with his ex-wife and ex-porn star Cicciolina, filled in one entire exhibition room – are these ‘arts’? For me these are mere pornography other than the fact that they were retouched to look ‘kitsch’ to moderate its obscene nature.  Scandalous artist Emin’s works are exhibitionistic and vulgar. Murakami sadly reinforce the stereotypical image of eccentric Japan – unfortunately many British have a image of Japanese as ‘weirdos’, thank to Maid cafes and girls & boys in gothic lolita fashion in Harajuku, often seen in the British media. In “POP LIFE”,  Warhol’s works look the most decent among all others, after all. Be aware, if you have small children with you!

Sounds very critical, but I am one of the masses who like gossips and craps, and I fell the artists’ trap and quite enjoyed the exhibition, pretty embarrassed to say,…

POP LIFE

Reblog this post [with Zemanta]