Tag Archives: プチホテル

Mr & Mrs Smith New Italy Hotel Collection

Mr & Mrs Smithの新しいホテルガイド、 「Mr & Mrs Smith Hotel Collection: Italy」が、先月21日に出版された。Mr & Mrs Smithの他のガイドと同じく、スタイリッシュなデザイン、美しい写真にセンスのいい色使いと、素敵な本に仕上がっている。掲載されているホテルも、プチホテルから中規模デザインホテル(大規模高層ホテルチェーンはない)、シティホテルからリゾート、そして値段もリーズナブルなところから長期滞在は考えられない高級ホテルまで、Mr & Mrs Smithならではのテイストの良いホテルが集められている。

強いて欠点をいえば、ライトグレーやスモーキーイエローなど、薄い色の背景に白地の文字がとても読みにくいこと。旅行雑誌の記事のように、ライターの個人的体験を綴ったホテルレビューが、ちょっと長くて鬱陶しいこと。ルネッサンス・アートのYES/NOチャートが意味不明なこと。パスタのイラストがパスタに見えないこと(写真の方が分かりやすいと思う)、か。

Mr & Mrs Smith‘s new hotel guide,” Mr & Mrs Smith Hotel Collection: Italy” is published last month. Like other Mr & Mrs Smith‘s gudes, the book is stylishly made: cool design, nice photos, and sophisticated colours. Hotels selected for the book are sleek and chic, typical of Mr & Mrs Smith, and in good variety: from petit B&B to moderate size boutique hotels (but neither skyscrapers nor international mega chains on the book); affordable to upscale that makes me hesitate to stay long; city hotels as well as country retreats.

If I have to list up shortcomings of the guide, it would be: hard-to-read white types on light colours like light gray and smokey yellow; hotel reviews based on writer’s personal experiences, like in articles on travel magazines, are a bit long and irritating (a list of facts is well enough on a guide); make-no-sense YES/NO chart for “HOW TO…identify Renaissance art”; and illustrations of pasta which don’t look like pasta – photos maybe easier to understand this case.

Advertisements

The George Hotel @ Shipston-on-Stour, Cotswolds

The George HotelThe George Hotel

先週、4泊5日のコッツウォルズ旅行をした。ホテルは、ストラットフォード・アポン・エイボンチッピング・カムデンに近い、コッツウォルズ北部のShipston-on-Stourにある、The George hotel。先日書いた、Mr & Mrs Smithを通じて予約した。お値段は£90–£150と、Mr & Mrs Smithのセレクトの中ではリーズナブル。今回はキャンペーンを利用したので、1泊£110のところ、2泊で1泊分のお値段と、大変お得だった(その代わり、ホテルで最低2回夕食をとる事が条件)。

古い建物を改装したThe George Hotelは、もとの建物の特徴を所々生かし、ブラウンを基調としたモダンなインテリアとアンティークがうまくミックスされた、可愛いプチホテル。マシュマロやチョコレート、ストロベリー等、部屋毎に食べ物のテーマが決まっていて、私たちが泊まったのは「アスパラガス」ルーム。部屋には、大きなアスパラガスの写真が飾ってある。部屋には、紅茶やハーブティ、ホットチョコレート、コーヒーも自由に飲めるようになっており、アメニティは、モルトン・ブラウンを使用する等、気配りもうれしい。ただ、ベッドのマットレスの左側のスプリングが壊れていて、4泊目に私と寝る側を変わるまで、Mは寝苦しい夜を過ごすはめになった(私は特に気にならなかったが、Mは背が高い=体重も重いため、辛かったらしい)。ガストロ・パブ(おいしい食事を提供するパブ)も併設しており、地元で取れた材料を生かしたイギリス料理が楽しめる。お味の方はまあまあ、可もなく不可もなくといったところだが、従業員も皆フレンドリーで、サービスはとても良かった。

We traveled to Cotswolds last week for 4 nights and 5 days. We stayed at The George hotel in Shipston-on-Stour, on the north of Cotswolds near Stratford-upon-Avon and Chipping Campden. We reserved the hotel via Mr & Mrs Smith, as I wrote the other day. Room rates is £90–£150, and it is reasonable among Mr & Mrs Smith’s selection. We used a promotional offer for ‘2 for 1 nights’, so it was a big bargain, though we had to had a dinner at the hotel at least twice during our stay.

The George Hotel is a stylishly converted cosy inn, with warm modern decor mixed with original features of the building and antiques. Each room has its own culinary theme, such as Strawberry, Marshmallow, and Chocolate, and we stayed in the ‘Asparagus’ room. There are a selection of tea, herb teas, coffee, and hot chocolate in the room. Molton Brown toiletries is another good addition to the stay. The only ‘problem’ was the mattress — the spring was broken on the left side and M has had uncomfortable nights until we switched our sides on the last night. He suffered more than me, as he is a tall man. The hotel has a gastropub (a pub specializes in high-quality food) that you can try local products. The food is OK (not great, but not bad as well), but everyone who works there is friendly and very nice — we had a pleasant time.

Reblog this post [with Zemanta]