Tag Archives: プロジェクト

“Diver” by Ron Haselden @ Diespeker Wharf, Regent’s Canal

エンジェルからの帰り、Regent’s Canal(リージェンツ・カナル)を歩いていた時見た光景。調べてみると、子供たちの描いた絵を元にして、アーティスト・Ron Haselden(ロン・ハーセルデン)が制作された「Diver(ダイバー)」だそうだ。これは、600人のロンドンの小学生とハーセルデンのコラボレーションで、Paddington Basin(パディントン船着き場)からオリンピック開催地まで、リージェンツ・カナル沿いのの9マイルの遊歩道を、8つのanimated light sculptures(動く光の彫刻)で飾ろうという、オリンピック・アート・プロジェクト「GAMES」の一環。ロンドンの様々な場所を、著名アーティストによる光のインスタレーションで飾ろうというプロジェクト「Art Lights London」によって制作された。残り7つのインスタレーションも随時設置される予定で、運河沿いを行き交う人々の目を楽しませてくれそう。

Diver」は2月2日夜、飛び込みのオリンピック銀メダリストであるPeter Waterfield(ピーター・ウォーターフィールド)によって点灯、お披露目された。改装されたビクトリア時代の製材所・Diespeker Wharf横にクレーンで吊り下げられたこの作品は、今年度末まで見ることができる。暗くなってライトアップされた方が綺麗だと思うが、薄暗い運河沿いを歩くのはちょっと怖いので、夜見に行かれる方は気をつけて。

This is what I found when I was walking back on Regent’s Canal from Angel. Later I found out by googling, that it is called “Diver“, created by artist Ron Haselden from drawings by local schoolchildren. This is the first of eight animated light sculptures of an Olympic art project “GAMES”, which is an collaboration between 600 London primary school children and Haselden, and is produced by “Art Lights London“, a cultural initiative to creating a series of light installations by renowned artists. The rest of seven sculptures will be placed along 9-mile trail of Regent’s Canal from Paddington Basin to the Olympic site, and will entertain pedestrians and cyclists passing through the canal , together with “Diver“.

This light sculpture was unveiled and switched on by British Olympic silver medallist diver Peter Waterfield on February 2. You can see this work suspended from a crane at the Victorian timber mill Diespeker Wharf, until the end of this year. It must look better after dark with lights, but be careful when you walk along the dim-lighted canal at night!

Advertisements

London’s One Room Hotel: “A Room for London” Art Project @ Southbank Centre

Vodpod videos no longer available.

Southbank Centre(サウスバンク・センター)の上に乗っかった船。これは、London 2012 Festivalの一環のアートプロジェクト「A Room for London」、テムズ川を見下ろす一部屋だけのホテル。London 2012 Festivalは、北京オリンピック終了後の2008年9月より4年間に渡って行われている文化芸術プログラムCultural Olympiad(カルチュラル・オリンピアード)のハイライトとして、6月21日から9月9日まで、ロンドン・オリンピックの開催中、無料コンサートやアート展など、約1000ものパフォーマンスやイベントが催される他、フェスティバル前にも様々なカウントダウンイベントが行われる予定。

この「A Room for London」は、ジョゼフ・コンラッドの1899年出版の小説「Heart of Darkness(闇の奥)」に出てくる、テムズ川を出発しアフリカのコンゴに至る旅に使われたriverboat(川船)にインスピレーションを得て、David Kohn ArchitectsとアーティストのFiona Bannerが制作した。一晩限り、二人まで宿泊可能で宿泊料は£120〜、公的プロジェクトだからか、メディアも注目する期間限定の特別ホテルなのに、値段はかなり控えめ。あいにく昨年9月9日に始まった1〜6月の予約は開始12分で満室になったけれど、7〜12月の予約は来週19日正午に始まる。メディアでも取り上げられているので応募多数と予測されるけれど、想い出作りに、運試しに申し込んでみるのもいいかも。

予約詳細はこちら

A classic boat appeared on the top of Southbank Centre, overlooking the river Thames – this is an arts project “A Room for London” and it is a part of the London 2012 Festival. The London 2012 Festival is a huge cultural celebration, coinciding with the Olympic and Paralympic Games in London, and a culmination of the a four-year programme of cultural events “Cultural Olympiad“, started in 2008 just after Beijing Olympic. From June 21 to September 9, 2012, there will be 1,000 performances and events such as free concerts and art exhibitions, as well as countdown events before the Festival opens.

Inspired by the riverboat captained by Joseph Conrad while in the Congo in 1890, later recreated in his novel Heart of DarknessDavid Kohn Architects and artist Fiona Banner created this unique art project. General public can rent out this space for £120〜 for up to two people for one night only. The price is quite reasonable with the premium to stay at the special art project with  limited period and public attention – probably because it is a public event for everybody. Unfortunately the riverboat is sold out during January–June, just 12 minutes after going live on September 8th last year, but bookings for the period of July to December will go on sale online at 12pm on January 19 next week. The competition is expected to be high, but you can try your luck!

booking details are here

For Japan Charity Auction: Architecture for Humanity @ HotShoe Gallery

明日6〜8時、Farringdon(ファリンドン)にあるHotshoe Galleryで、津波の被害を受けた東北地方の長期再建に役立てるため、写真のチャリティ・セール/オークション「For Japan」が行われる。8月2〜5日の間、日本や日本文化をテーマとした、世界中から寄せられた写真の中から選ばれた100点を展示。その売上げは、「Architecture for Humanity」の仙台プロジェクトオフィスに直接贈られる。

Architecture for Humanityは、貧困地帯や災害地において、建築の観点から人道的・緊急支援を行うNPOで、現在仙台で、孤児院、アート&ミュージック・セラピーセンター、地方レベルでの経済復興のための中小ビジネス支援イニシアティブ「urban acupuncture」、日本政府の復興10年計画に含まれていない小さな漁村の再建など様々なプロジェクトを行っている。

There will be a charity print sale/auction of photographs, “For Japan,” tomorrow between 6-8pm at Hotshoe Gallery in Farringdon, to raise funds for the long term reconstruction of the tsunami devastated north east region of Japan. The photographs, which evoke and celebrate Japanese culture, were submitted from all over the world, and selected 100 photographs have been on show from August 2 to 5. The proceeds will go directly to the Architecture for Humanity project office in Sendai.

Architecture for Humanity is a non profit organisation which offers building and design support in response to humanitarian and emergency needs. It is working in Sendai on a number of projects including an orphanage, an art and music therapy centre, an ‘urban acupuncture’ initiative to help get small businesses back on their feet to kick start economic recovery on a local level, a small scale fishing village reconstruction (rebuilding along the coastline is not included in the Japanese government’s 10 year plan).

Hydrogen Bus @ Southbank Mix

Bankside Mix(バンクサイド・ミックス)に最近オープンしたVapianoに行った時に見かけた、Hydrogen Bus(水素バス)。調べてみたら、EUのCUTE(Cleaner Urban Transport for Europe)プロジェクトの一環として、2003〜2007年に試用期間を経て、昨年12月から本格的に運用開始されたという(tfl informationガーディアン紙記事)。同時に、イギリス最大の水素供給ステーションが東ロンドンのLeytonにオープンした。

ロンドンでは毎年、4300人が大気汚染によって命を落としているという。水素バスは、水蒸気を排出するだけで、大気汚染はゼロ。タンク一杯の水素で、18時間以上運転可能だそうだ。現在、水素バスが走っているRV1ルートは、ロンドン塔テート・モダンサウス・バンク・センターロンドン・アイコヴェント・ガーデンなど、主な観光地を結ぶので、環境に優しい都市・ロンドンをアピールするのにぴったり。環境保護に執念を燃やすボリス・ジョンソン市長は、オリンピックの開催される2012年には、15台の水素タクシーを含む最低150台の水素自動車の導入を目標としている。しかし、水素燃料のタクシーがたったの15台って、少なくない?助成金が出てもコストがかかり過ぎて、この不況の中、個人経営のタクシーには敬遠されるのか。

ちなみにバンクサイド・ミックスのVapianoは、壁一杯の窓から入る太陽光で明るく広々としていて、しかもオープンから間もないせいか客も少なく、ゆったりできる。テート・モダンやバラ・マーケット(周りのレストランはいつも混んでいる)に行くなら、穴場です。

We saw a hydrogen Bus stopping at a bus stop in front of the Bankside Mix, when we went to newly opened Vapiano at the Bankside Mix. After a trial of three hydrogen buses in London between 2003 and 2007 as part of the EU-sponsored CUTE (Cleaner Urban Transport for Europe), the UK’s first permanent hydrogen bus was launched in December 2011 (tfl information / the Guardian article). At the same time, the UK’s largest hydrogen refuelling station opened in Leyton, east London.

It is said that more than 4,300 people lost their lives in London due to poor air quality every year. All that comes out of these hydrogen buses is water vapour and the vehicle can operate for more than 18 hours without refueling. RV1 route, where currently hydrogen buses are operated, connects popular tourist attractions such as the Tower of London, the Tate Modern, the South Bank arts complex, the London Eye and Covent Garden – perfect to appeal ‘clean’ London to visitors. Green-obsessed London mayor Boris Johnson aims to encourage a minimum of 150 hydrogen-powered vehicles on the road by 2012 including 15 hydrogen-powered taxis. Great, but isn’t the number of hydrogen taxis too small? Probably cost conscious self-employed taxi owners don’t want to spend too much money to upgrade to low emission vehicles under this recession, even with some financial incentive from the city government.

By the way, I recommend Vapiano at the Bankside Mix when you go to the Tate Modern or nearby Borough Market where restaurants around are always packed – it is spacious and bright with plenty of sunshine coming through floor-to-ceiling windows, and not many people know it at this moment as opened recently.

**********

↓ 東日本巨大地震チャリティ情報 / Japan Earthquake & Tsunami Charity Information

Urban Smart Projects “For the love of Dog” by Teddy Baden @ Banner Street

ステンシルアーティスト、Teddy Badenの「Dogs on Whitecross Market」がなくなってしばらく経つWhitecross Streetに、彼の新しい作品「For the love of Dog(犬のために)」が登場した。これは、道路脇にある信号機のコントロールボックス(traffic signal boxes)をアートで飾ろうという「Urban Smart Projects」の一環で、Banner Streetとの交差点にある。また、このプロジェクト作品も同じWhitecross Streetにある。

Urban Smart Projectsは、ロンドン以外でも様々な都市で行われているそう。ちなみに、オーストラリア・ブリスベーンでのプロジェクトの様子は、この方のブログに詳しい。イギリスでは、カウンシル(区役所)は住民から通報を受けると、公共の建物や道路周辺、記念碑などからグラフィティを消去する義務を負う。そのために使われる多額の税金を考えると、逆の思考でいっそアートで塗りつぶしてしまえというのがプロジェクトの主旨。加えて、地域に活力を与え、観光にもビジネスにもプラスになるという、まさに一石二鳥のプロジェクトだとのこと。でもプロのアーティストの作品ばかりじゃないから、玉石混淆だけれどね。

It’s been a while since stencil artist Teddy Baden‘s “Dogs on Whitecross Market” was gone from Whitecross street, but his work is back! His new work “For the love of Dog“, located on Banner Street and Whitecross street, is a part of Urban Smart Projects which aims to turn cities into brighter places by painting of traffic signal boxes with original artwork. You also can see this work on the Whitecross Street as well.

The projects work in a lot of different cities, including Brisbane, Australia (details are here). In UK, a local council is usually responsible for removing graffiti from public buildings, street furniture or monuments when reported. According to the project, the concept is to paint traffic signal boxes, instead of wasting taxpayers’ money for graffiti removal, as well as to provide positive impacts to local communities and delivering a host of positive tourism & business outcomes. It’s a win-win situation – though the works are a mixture of good and bad, as not all of the paintings are done by professional artists.

Enhanced by Zemanta

The Sky Arts Street Galleries: Rankin

芸術・アート専門チャンネルSky Artsが、イギリス人の人気写真家・Rankinと組み、イギリスの6都市(ロンドン、マンチェスター、バーミンガム、エジンバラ、ニューキャッスル、リバプール)の街角を屋外アートギャラリーに変えるというプロジェクト「Sky Arts Street Galleries」が8月16日から始まった。

Rankinは、ファッションやポートレートを手がける写真家で、ケイト・モスやマドンナなどのセレブから、エリザベス女王やブレア元首相など著名人を撮影したポートレート写真で有名。また彼の写真は、ナイキやコカ・コーラ、ロレアルなど大手企業の広告にも使われている。慈善活動も行っており、女性の地位向上を目指す「Women’s Aid」の広報キャンペーンに参加したり、昨年開催した「Rankin Liveランキン・ライブ)」では、22年間の活動をまとめた回顧展とともに、1000人の一般人を撮影したポートレート写真を展示、その被写体は£50でそのポートレートを受け取り、その収益は全てOxfamオックスファム)に寄贈された。

Sky ArtsはRankinにStreet Galleriesプロジェクトの作品づくりを委託。モダン・アート(写真最上)クラシック音楽(写真上から2枚目)、デザイン(写真3枚目左)、文学など様々なアートの形を表現した、Rankinの16枚の作品は、ロンドンでは、Tottenham Court Road(トッテナムコートロード)沿いのビルボード、ポスター、バス停、電話ボックスなど様々な場所で、目にする事ができる。

Art-oriented television channels, Sky Arts has launched the “Sky Arts Street Galleries” on August 16th, a new project that will transform the streets of the six UK cities (London, Manchester, Birmingham, Edinburgh, Newcastle and Liverpool) to an outdoor art gallery, in association with popular British portrait and fashion photographer, Rankin.

Rankin is world famous for his iconic images from A-list celebrities such as Kate Moss and Madonna to Queen Elizabeth and former prime minister Tony Blair. He also has shot some world-renowned campaigns including Nike, Coca Cola and L’Oreal. He also involves in some charity activities. He has donated his services to publicity campaigns for the charitable organization “Women’s Aid“. Last year, he produced “Rankin Live“, where he brought the retrospective of the last 22 years of his photographic work, together with the portraits of 1,000 British public. Each person who took part received a print of their portrait for £50, and all the profits were donated to Oxfam.

Sky Arts commissioned Rankin to produce sixteen images, each representing a different form of art such as modern art (the top photo), classical music (the second photo), design (left on the third photo), literature and so on. You can see his works at billboard, poster, bus stop, phone box and advertising space, all on Tottenham Court Road.

Enhanced by Zemanta

Concrete and Glass Exhibition @ 20 Hoxton Square Projects Gallery

今日、通りがかりに、ホクストン・スクエアの北側にある20 Hoxton Square Projectsに立ち寄った。20 Hoxton Square Projectsは、2007年に新進気鋭の現代アーティストに活動の場を提供する目的でオープンした、共同プロジェクト用スペース。今日が最終日だったConcrete and Glass(5月13日〜27日)は、音楽と現代アートを融合したイベントで、最初、その展示スペースにはう〜ん。。。という感じの作品ばかりが目についたが、実は奥の部屋に秀作が隠れていた。

We passed by Hoxton Square today and dropped in 20 Hoxton Square Projects on the north of the square. Launched in 2007, 20 Hoxton Square Projects is a collaborative project space, operating as a platform for emerging contemporary artists. We saw the music and art event Concrete and Glass on its last day (May 13 to 27),  and at first, I thought it was another weird but dull ‘contemporary’ art exhibition, but the hidden gems were literally hided in the small rooms on the back of the gallery.

Clarisse d’Arcimolesの作品「The Good Old Days」。今年3月に取り壊されたHollowayにある計571室の公共住宅「Market estate」で、76人のアーティストが取り壊し前日の3月6日に、60年代に「ユートピア」のビジョンを体現して建設されたこの住宅へのオマージュとして、建物全体を使って行ったアート・イベント、Market Estate Projectの参加作品。1967年に最初の住人の一人として移り住み、そこで40年以上の歳月を過ごしたJimmy Watts(ジミー・ワッツ)氏のポートレートとして、Market estateに詰まった彼の「古き良き日々」を再現している。70年代のキッチュな家具に古い写真等が飾られた、今にも元住人のWatts氏がひょっこり帰ってきそうなこの部屋には(帽子やコートがかけられた玄関まで忠実に再現)、彼の人生とその思い出に溢れていて、彼のことを全く知らないにも関わらず、見ているだけで何だか胸が熱くなる。

The Good Old Days” by Clarisse d’Arcimoles is a part of Market Estate Project, taken placed at Market estate, a 571-flats council estate has just been destroyed in Holloway, North London, on the day before its demolition. On March 6, right before the bulldozers moved in, 76 artists transformed the entire estate into a creative playground, and made of the formerly public and private living spaces a rich final memory of the estate, once represented a Utopian vision of modern urban planning in the 1960’s. In this work, d’Arcimoles has taken a portrait of Mr Jimmy Watts, one of the first resident to have moved into the Market estate in 1967 and spent most of his life in the estate until the demolition. Reconstructing memories and his “good old days”, the old man’s former residence filled with 60–70’s kitsch furniture and old photographs (she also made detailed entrance with his hat and coat hanging as well), was so real and touching and made me feel sentimental, though I don’t know anything about him.

Vodpod videos no longer available.
SUKI CHANのビデオ・インスタレーション「Sleep Walk Sleep Talk (2009)」。現代社会における「freedom(自由)」を探求するロンドンのアート・プロジェクト、Free to Airの最初の委託作品で、「freedom of speech(発言の自由)と「freedom of expression(表現の自由)」を探求している。2つのスクリーンに同時に映し出される、無機質な夜のロンドンのオフィス街の光景と、仕事の後、大都会で束の間の自由時間を満喫する人々の姿を対比させた映像は、「自由」という概念を強く表現できていない気はするけれども、スタイリッシュで魅惑的で、目が離せない。上映時間は結構長かったけれど(15分くらい?ネットで探してもどこにも上映時間が書かれていないので正確なところは不明)、通常ビデオ作品は最後まで見る忍耐力がない私が、退屈することなく最後まで観た。

SUKI CHAN‘s two-screen video installation, “Sleep Walk Sleep Talk (2009)” is the first commissioned project of Free to Air, a series of exhibitions and events that will extend across London over a four-year period, exploring ideas of freedom of speech and expression in contemporary society. I didn’t see a strong correlation between her work and “freedom of speech and expression”, but London’s office block and fast-blinking lights and speeding commuters at night and the transitory freedoms people find in an urban metropolis after work, projected on two screens, was so stylish and mesmerizing, and I couldn’t take my eyes off the screens. Usually my patience doesn’t last with long video installations, but I saw all of this work without being bored (I am not sure how long, probably 15 min or so – I couldn’t find anywhere how long it is).

上記の展覧会とは関係ないけれど、ホクストン・スクエアに設置された、現代アーティスト・Marc Quinn(マーク・クイン)の作品。向かいにあるホワイト・キューブ・ギャラリーで開催中の「Marc Quinn: Allanah, Buck, Catman, Chelsea, Michael, Pamela and Thomas」展の一環。マーク・クインは、エレファント・パレードにも参加している。

Sculptor Marc Quinn‘s works, sitting in the middle of Hoxton Square (though nothing to do with 20 Hoxton Square Projects). These giant orchids are a part of “Marc Quinn: Allanah, Buck, Catman, Chelsea, Michael, Pamela and Thomas” at White Cube Gallery across the street. Marc Quinn also participates in Elephant Parade London 2010.

Reblog this post [with Zemanta]