Tag Archives: プロダクトデザイン

Dieter Rams Exhibition @ Design Museum

デザイン・ミュージアムで、3月9日まで開催中の「Dieter Rams」展を見てきた。ドイツ人プロダクトデザイナーであるDieter Rams(ディーター・ラムス)は、20世紀後半で最も影響力のあるインダストリアルデザイナーの一人に数えられる。ラムスは1955年に独・家電メーカーのブラウン社に入社。1961年にデザインのチーフ・デザイナーに就任し、1998年の定年まで40年以上に渡って500以上の製品をデザイン・監修した。シンプルだけれどもエレガントで、機能的な彼のデザインは、インダストリアルデザインにおける「機能主義」派に分類される。

この展覧会では、ラムスの手がけたブラウン社と家具メーカーのVitsœ社の製品とともに、アップル社や無印良品、深澤直人等、彼の影響を受けた、現代のデザインも展示されている。簡潔で無駄がなく、気をてらわないラムスのデザインは、時が経っても飽きがこないから、壊れるまで安心して使える。自己主張しすぎず、他の製品ともしっくりくる。これぞプロダクトデザインの鑑。展示スペースもすっきりとモダンにデザインされており、なかなか見応えのあるデザイン展だ。

I saw the Dieter Rams exhibition (until March 09) at the Design Museum. The German product designer Dieter Rams is one of the most influential industrial designers of the late 20th century. Rams joined the German consumer electronics manufacturer Braun in 1955, where he became chief of design in 1961. He had designed and supervised more than 500 products in over 40 years, until his retirement in 1998. His design, simple but elegant and functional, is categorized as the Functionalist school of industrial design. The exhibition presents Rams’ landmark designs for Braun and furniture manufacturer Vitsœ, as well as his influence on today’s design such as products by Apple and Muji.

Rams design is clean, straightforward, and enduring, so we can use it until it gets broken, without getting tired of it. It doesn’t scream out for an attention, and fits to anything, anywhere. This is a model product design. The exhibition space is well organized and nicely designed – it is worth a visit if you like modernism.

Reblog this post [with Zemanta]

Brit Insurance Designs of the Year 2009 @ Design Museum

Brit Insurance Designs of the Year 2009Brit Insurance Designs of the year 2009

デザイン・ミュージアム(Design Museum)で行われた、第二回Brit Insurance Designs of the Year 2009展のプレビューに行ってきた。建築、ファッション、家具、グラフィックス、インタラクティブ、プロダクト、交通・乗り物の7つのカテゴリーで、この年最も優れたデザインが選ばれる。この展覧会は、イギリス、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、日本等、世界各国からの候補作を集めたもの。車や家具等の大きなものから、小物、建築の小型モデル、ビデオ等、いろいろなサイズ、形態がごっちゃになっていて、ちょっと統一感に欠ける感じ。逆に、7部門91の候補作の解説を掲載したパンフレットは、とても立派でよくできている。

テムズ川沿いにある、こじんまりしたデザイン・ミュージアムは、25年前にテレンス・コンランによってデザインされた。建築・ファッション・グラフィック・家具・産業デザイン等、あらゆる形態のコンテンポラリー・デザインの展示で知られる。過去には、ソウル・バスジャン・プルーヴェエットレ・ソットサスザハ・ハディッドなど、デザインの大御所のエキシビションも。1階にあるショップも小さいながらも、センスの良い商品が並んでおり、お土産にもぴったり。ウェブサイトもスタイリッシュだ。ただ、スペースに限りあるので、特に大御所のデザイナー等、ちょっと展示が物足りないなと思う事も多い。場所を移転して、ミュージアムを拡大するという噂もあるので、期待したい。

We went to a preview of Brit Insurance Designs of the Year 2009 exhibition at the Design Museum. This exhibition presents the nominated works from the world such as UK, Europe, USA, Australia, Japan etc, in 7 categories (Architecture, Fashion, Furniture, Graphics, Interactive, Product and Transport). The exhibition gave me a feeling of mix and match and lack of focus ー from big products such as a car or furniture, to small ones like jar tops or magazines. On the contrary, the information brochure, which explains 91 nominees in 7 categories with color photos,  is well made.

The Design Museum, which is located alongside River Thames, is designed by Sir Conran. This small museum devotes to contemporary design in every form from furniture to graphics, and architecture to industrial design. Past exhibitions include bog designers such as Saul Bass, Jean Prouvé, Ettore Sottsass, and Zaha Hadid etc. A museum shop on the ground floor is cosy but has a range of design objects. Website is well designed as well, and you can also buy their products at the webshop. Since the space is limited, we often feel like the exhibition is a bit shallow. There is a rumor that the museum is lookig for a new place to move, so we hope it will happen.

Reblog this post [with Zemanta]