Tag Archives: ポストモダニズム

Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990 @ V&A

Vodpod videos no longer available.

9月24日から始まったヴィクトリア&アルバート博物館の「Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990ポストモダニズム:スタイルと破壊)」(9月24日〜翌年1月15日)を観た。ポストモダニズムとは何か、それはどのように発生したかを探求するこの大規模展覧会では、「Less is more(より少ないことは、より豊かなこと)」をモットーに、機能第一で装飾や無駄を一切排したモダニズム建築への反発から始まり、建築のみならずアート、グラフィックス、音楽、ファッションの分野で70〜90年代のポップカルチャーを席巻したポストモダニズムの代表作品250点以上が、一堂に会している。

ポストモダニズム絶頂期に青春を過ごした身、展示物一つ一つに懐かしさを感じる反面、なんて悪趣味な時代だったんだろうと思う。最悪だったのはポストモダニズム絶頂期の80年代半ばか。装飾過多かつ原色多用、奇抜。バブル経済と相まって、いい意味でも悪い意味でも自由闊達、何でもありのイケイケの時代だった。でも経済停滞で元気のない今を思うと、希望と欲望に溢れた、いい時代だったんだなあ。

We went to see the V&A‘s new exhibition “Postmodernism: Style and Subversion 1970-1990” (September 24 – January 15, 2012), exploring what postmodernism means and where it came from. Started as a counter reaction against “less is more” stoic modernism architecture, postmodernism idea soon spread to the realm of pop culture such as art, graphics, music and fashions. The exhibition showcases more than 250 objects in a variety of genres to show us what is postmodernism all about.

I lived through the postmodernism era, and the show made me feel a bit nostalgic and sentimental, but at the same time made me realize how terrible the style of the period was! May be the worst time was the mid 1980s, when was the hype of postmodernism. Exaggerated, gaudy, and eccentric. So much freedom and no-holds-barred, in a good way and a bad way, together with an economic boom. But when I look back, in compare to now in deep recession, it was a very good time – full of desires, enthusiasm and hopes.

Andy Warhol, Dollar Sign (1981)

Altermodern: Tate Triennial @ Tate Britain

Altermodern<Gateway>>-Getabay

Altermodern」は、フランス人キュレーター・美術評論家のニコラ・ブリオー氏が監督した、テート・ブリテンの第四回トリエンナーレ展で、2月3日から4月26日まで開催されている。「Altermodern」は、ブリオー氏が定義した造語で、「標準化されたものや商業主義に対するリアクションとして、今日のグローバル化を背景に作られたアートを、ブランドとして確立する試み」を意味する。展覧会のマニフェストに「ポストモダニズムは死んだ」とあるように、ブリオー氏は、近年のグローバル化時代において、新しいモダニティ(現代性)が出現しているという。私の解釈が正しければ(少々不安だが)、Altermodernity (Alternative Modern:代替モダン) は、時間や場所、国境、文化、方法を超えた、新時代のアートらしい。

何となく分かったような分からなような。能書きはさておき、展覧会は、28人のイギリス人・外国人のアーティストの、写真、映画、ビデオ、インスタレーション、彫刻等、様々なメディアの、最近の作品が展示されている。先の説明と作品群とうまく結びつかないのだが、モダンアートにありがちな、玉石混淆の展覧会だった。このような展覧会のために、突飛もない作品がモダンアートで、自分には理解不能なものと思っている人が多いのも、仕方ないと思う。でも、面白いのも多かった。写真は、Subodh Gupta(インド)の作品「Line of Control」。ステンレス製用品(鍋や食器等)でできた、床から天井までという巨大なオブジェ。Tacita Deanタシタ・ディーン)の「The Russian Ending」は、白黒の自然災害・人的災害のイメージに、手書きのメモを施した、映画のストーリーボードのような作品。Franz Ackermannの、「<<Gateway>>-Getabay」は、部屋中に置かれた、カラフルなグラィフィティアート。一番面白かったのは、Nathaniel Mellorsの「Giantbum」の中の、機械仕掛けの食人族のゾンビの頭。気持ちが悪いほどリアルだが、笑える(ここをクリックすると動画が見れます)。

Altermodern‘ is the Tate Britain‘s fourth Triennial exhibition curated by French curator and art critic, Nicolas Bourriaud, opening from Febrrary 3 to April 26. Altermodern, a compound word defined by Bourriaud, is “an attempt at branding art made in today’s global context as a reaction against standardization and commercialism”. As in a exhibition manifesto,”postmodernism is dead”,  Bourriaud suggests that new modernity is emerging. If I understand correctly, Altermodernity (Alternative Modern)  is a new form of art, transcending the time, space, culture, border, and forms. Whatever.

Anways, the exhibition presents new and recent works by 28 British and international artists’ works in all media, from photography, film, video and installations, and as in many ‘modern art’ exhibition, it is a mixture of good and bad ones – that often gives a wrong impression that  modern art as ‘weird’ and only artists and art critiques would understand. However, some works are amusing and interesting. The work in the photo is a huge objects made of stainless steel utensils, ‘Line of Control’ by Indian artist Subodh Gupta. ‘The Russian Ending‘ by Tacita Dean is a photogravure on paper, with the black&white images depicting both natural and man-made disasters. Superimposed on each image are handwritten notes alluding to a working story board of a film. Franz Ackermann‘s ‘<<Gateway>>-Getabay’ is a graffiti-like colorful works. The funniest one is three heads of cannibal-zombies in ‘Giantbum’ by Nathaniel Mellors – it is surreal and creepy, but their facial expression is pretty comical (to see a video, click this).

Reblog this post [with Zemanta]